ここから本文です

>>2068

>強度とは何の強度なんでしょう
>疲労強度試験で繰り返し荷重を加えるのを時間短縮で最後まで加えてなかったとか?

強度といってもいろいろありますよ。疲労強度も強度の一つですし、引張強度や衝撃強度、金属の硬度などは物理的強度です。また耐腐食性のような化学的強度もあります。

アルミのばあいは原料となるアルミインゴットの純度が物理的、化学的強度に大きな影響を与えるんです。

アルミは化学的には鉱石のボーキサイトからアルミナ(酸化アルミニウム)を作って電気分解して作りますが、アルミナの純度によって品位が決まるんです。高純度のアルミほど延展性がよくて化学的にも腐食されにくいんです。

一方、現在ではアルミインゴットの大部分はアルミの空き缶のリサイクルで作られたものなんです。アルミ缶用のアルミは最低の品位のアルミが使われていますから、リサイクルアルミをそのまま使って作ったアルミ板は粗悪品なんですね。精製して品位を上げて使わないと駄目なんです。

だから神戸製鋼のアルミ板はリサイクルのアルミインゴットから手抜きをして品位の低いアルミを使ってる可能性がありますね。もしそうだとすれば非常にやばいと思いますね。。。。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託