ここから本文です

とうとう最後の事業?のカメラも終わりですね。

思い出せば・・・・・
*映像技術と自負して15位年前に映像圧縮技術を讃えてた馬鹿が居ました。DVD、HDDの競争に一切出てこないまま挙句にHDDレコーダーの欠陥商品を出し終わる。

*テレビを自負し液晶テレビで倍速を語り、法螺がバレて発煙液晶テレビを出して終わる。

*カメラは業務用監視カメラ?とか詠い売れず終わる。

今度はドライブレコーダー、バックカメラと語ってる。もうマーケット需要は始まってるのに一切業界では需要が無いメーカー

今回の自動車の車載カメラのマーケットを過去と同様に逃すと過去の会社としての戦力商品は惨敗の撤退!全滅! 
これって企業の実力です。

株価は明らかに経営実績に伴い低迷してます。
VHSが売れてた頃は4000円付近もありましたが現在は実質24円です。 なぜ存続してるか不思議!
あっ 合併してるねw