ここから本文です

日立は絶好調。
しかし、ここはいつまでたっても低空飛行のまま。
日本企業の中でいち早く成果主義を導入したが、それでこの会社は強くなったのか?
競争力をどの競合他社よりも高め、収益力を向上させたのか?

多くの社員を知っているが、疲れ果てているぞ。
やる気以前の問題で、まったく覇気が無い。
不幸せそのものを見るようだ。

社員も幸せにできない。
競争力も、収益力も、新規事業も起こせない。
既存事業を惰性で続け、赤字を垂れ流しながら「垂直統合」の名のもとに、大赤字部門を抱えながらゆっくりと沈んでいく。

いつまでこんな経営とも言えない素人の思いつきのような舵取りをやるつもりだ。