ここから本文です

kddiはauライフデザインの囲い込みとしてauの保険を売りたいのだから賭ける費用はもちろんkddi持ち。
ライフネットは小資本なのでCMなどを費用対効果に合わせながら事業費を使う必要があったが、
kddiは大資本なので最初は大赤字の事業費だろうがお構い無しに知名度とシェアを上げてどんどん生産性を上げる方法が取れる。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン