ここから本文です

収支相等の原則

読み方:しゅうしそうとうのげんそく

収支相等の原則とは、保険集団ごとに、保険期間中の保険料の総額・運用益の合計と、保険金の支払総額・経費の合計が一致するように、保険料を算定することをいう。
つまり、入ってくるお金と出ていくお金が同じ額となることを意味する。
保険において、保険事故の発生する確率が高いことを知りながら契約しようとする者が多いと、収支相等の原則を崩し、保険制度の健全性を損なう恐れがある。
保険料は、「大数の法則」と収支相等の原則に基づいて、「予定死亡率」「予定利率」「予定事業費率」用いて計算される。