ここから本文です

気に入ったレポート CX-8in北海道
https://news.infoseek.co.jp/article/goodspress_138312/
吉田由美の眼☆「マツダの深化」に必須の“躍度”を雪道ドライブで実感!(最終部分)

特に、CX-8は車重が1.9トンもあるのに、発進からスーッとスムーズに滑り出していきます。その様子はどこか、クルマの動きが体に馴染んでいく感覚。また、路面をしっかり捉えているのに変な突き上げはなく、むしろ、この重さと2930mmという長いホイールベースが、CX-8のしっとりとしたオトナの走りを実現しているのではないかと思います。特にセカンドシートの乗り心地が抜群! 雪道なのに、危ういシーンは一切ありませんでした。

雪道に強く、おまけにスタイリッシュでカッコいいCX-8。ミニバンブームの次に来るのは、7人乗りSUVになるではないかと思う今日この頃です。

1 車重が1.9トンもあるのに、発進からスーッとスムーズに滑り出して
2 ミニバンブームの次に来るのは、7人乗りSUVになるではないかと思う今日この頃
  です。

レポートの通り、エコ&クリーンが優先される時代に何に乗るか?ヨタやンダやオッサンの
最新エコカーは大概試乗やレンタカーで体験した
しかし乗り味で感動は無かった、と言うより、乗り味はガマンするレベル、我慢の度合いが
大きいか、マァ許容の範囲か?だったけど
CX-8(2WD)に試乗して来たけど1、2の点でこの試乗レポートに禿同なのだ
oyaji的な使い方に合致するマツダはスカイアクティブーXを待つことなく提供されていたのだ。今は4WDか、2WDに迷っている
このタイミングまで今の愛車に乗りつづけ、中途半端な決断で前述のような乗り味にガマン
するレベルのエコ優先の車に乗り換えなくて良かったと心底思う