ここから本文です

>>128

本日、1月13日(土)

ナデックスから中間報告書が届いていたので、読み終えた。
全般的に、非常に良く分かる内容だったと思うが、強いて言えば、ナデックスの主力商品の写真付きの説明があれば、更に良く理解できたと思う。

ナデックスは昨年の8月頃購入している。
株価は現在、倍以上に騰がっている。
保有株数の半分を売却しても残りの株数は恩株となる。

チャートを見ると、昨年の11月28日と29日に窓が開いて上昇している。
HPを見ると、11月28日、2018年4月期の中間業績予想の上方修正をしている。
良い企業(自己資本比率55%以上、有利子負債4億、利益剰余金118億、現金40億、時価総額163億、発行株数960万株、PER、PBR、利回り等)だと判断していたので、放置していた。

昨年の12月5日、2Q決算を発表しているが、これは、11月28日に周知の事実なので、新鮮味がなく、以降、株価は軟調になるだろうと思われるが、どうした訳か、株価は堅調な足取りを辿り、年初来高値を更新している。
https://www.nadex.co.jp/ir/pdf/04_3/68_2_H291205.pdf

◎2018年4月期、2Q時における通期業績予想の進捗率
52%、78%、78%、78%
・・・驚異的な進捗率
・・・3Q実績と言っても良いほどの進捗率
・・・ナデックスは季節性がある訳でもな、四半期毎で言えば、下期の方が良いぐらい
・・・どうして、上方修正しないのか不思議に思う
・・・3Q決算発表時点で、業績の上方修正の蓋然性は極めて高いと推量する

1995年上場以来の最高値は2006年1月16日につけた1860円がある。
この1860円も単なる通過点のような気がしてならない。

1/12(金)1,697 前日比-39(-2.25%)

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託