ここから本文です


現状、この会社は発展途上にあり欠点だらけで、改善余地は大いにある。 だからこそ、その伸びしろに期待するけなげな個人投資家も多い(約2000人以上)。  
今日は会社に苦情や叱咤激励の電話が殺到して社長も大変でしょうね。  

こんな会社こそ企業買収の対象にされるのだ。