ここから本文です
現在位置:
岡本硝子(株) - 株価チャート

157

---(0.00%)
  • 前日終値
    157(03/23)
  • 始値
    156(09:00)
  • 高値
    158(14:14)
  • 安値
    155(09:11)
  • 強く買いたい
  • 売りたい
  • <<
  • 670 643
  • >>
  • 670(最新)

    yamato 3月24日 11:56

    以下の記事や、中期経営計画、前期の有価証券報告書で気になる部分を抜粋。


    岡本硝子 車載ディスプレイ向けカバーガラス市場に攻勢


    2016年06月08日


    h
    ttp://www.kagakukogyonippo.com/headline/2016/06/08-25000.html


    岡本硝子は、車載ディスプレイ市場に攻勢をかける。
    カバーガラスの形状多様化や機能性薄膜による反射防止などの付加価値を高め差別化を図り、成長市場を取り込んでいく。

    外部からガラスを調達して加工しているが、2020年度以前を目標に関係会社のJ3DD(新潟県柏崎市)での生産に着手する考え。

    J3DDではHUD(ヘッドアップディスプレイ)用薄板ガラスを生産しているが、耐久性に優れる車載グレードに対応すべく新設備の導入を検討する。


    気になるのは、

    ガラスの外部調達をやめる点と、新設備導入検討の部分の理由が具体的な点。




    中期経営計画説明会
    (2016~20年度)

    2016年6月25日



    16ページ


    ディスプレイ用カバーガラス

    ・カーナビ用カバーガラス試作案件増加

    さらに薄板成型技術による曲面パネルへ
    機能性薄膜商品のカーナビ用等カバーガラスへの展開



    17ページ


    薄板成型事業(自動車ヘッドアップディスプレイ向け)


    自動車ヘッドアップディスプレイ(HUD)向けガラス部品

    開発ステージから試作・量産試作ステージへ

    ■ 顧客(Tier1メーカー)からの引き合いが
    より確度の高いものに

    例) 顧客において
    試作サンプルを製作し
    自動車メーカーへプレゼン

    自動車メーカーから受注し
    部品ベンダー選定の段階

    ■ 欧州主要Tier1へのアプローチを開始


    例)の書き方が匂う・・・。


    岡本硝子株式会社 S1007ZFX:有価証券報告書 ‐ 第70期(平成27年4月1日 ‐ 平成28年3月31日)


    持分法適用関連会社であるJAPAN 3D DEVICES株式会社は、設立後2年目に入り、自動車部品1次サプライヤー1社への量産出荷が始まりました。

    JAPAN 3D DEVICES株式会社は、複数の自動車部品メーカーに向けた試作も重ねておりますが、量産には至らず当期純損失となっております。



    71期の有価証券報告書はどう変化してくるのか。

  • 現在は、
    (3)ingの中の3ing。
    3ingの中の訂正波ロ継続中。
    日柄からみて今週から来週で終了。
    仮にここから下げたとしても、153~154で終わるはず。
    ひょっとすれば、今日でロ波は終了してハ波に移行するかも?

  • 「京急など4社、シャープ製モバイル型ロボット電話「ロボホン」を用いた観光客向けレンタルサービス提供
    羽田空港のグローバルWiFiカウンターで貸し出し。日本人もレンタル可能」

    あまり材料にはならないかな

  • 以下の講演内容の『画期的な2つの打開策』が気になります。


    次世代ホログラム技術:Egarim & Holo-Window~フォトポリマーが開く高度ホログラム技術の応用〜


    9月16日(金)


    株式会社 エガリム
    代表取締役 加瀬澤 寿宏


    h
    ttps://opto2016.icsbizmatch.jp/SeminarDetail/jp?val=ZQvA6s2mf6E


    ホログラム普及の2大障壁となる、フォトポリマーの製造普及とホログラム映像、ホログラムコンテンツへの外部からの邪魔な照明器具(ホロライトや強力な光を有する照明)による表現方法を取り除く、画期的な2つの打開策をご紹介します。

    更に、これら2大障壁を取り除き、ホログラム技術の普及並びに光技術の更なる発展に貢献すべく、採光型太陽光発電ユニットHolo-Windowの開発過程もご紹介しようと考えております。

  • 以下IRを見て、何がすごいのかさっぱりわからなかった私。
    エガリムの解説ページを見て愕然としました。


    h
    ttp://www.ogc-jp.com/wp-content/uploads/2016/09/採光型太陽光発電ユニットの原理実証機がインターオプト2016に出展-20160915.pdf

    (上記より一部抜粋)

    採光型太陽光発電ユニットは、これまで発電に使用していなかった窓ガラスで発電ができることから、
    様々なインフラへの応用が可能と考えております。



    エガリムの解説ページで

    『様々なインフラへの応用』

    が具体的にわかります。


    h
    ttps://www.egarim.co.jp/製品-サービス/holo-window/


    例えば、ホログラム自体は透明なフィルムであるため、これまで景観を損ねるとして敬遠されていた建物側面やビルの窓、高速道路の防音壁、本格的な普及が見込まれる電気自動車の窓やボディーへの応用や、電力の確保が難しい場所も数多くあるトンネル内で車のヘッドライト光を集光しての各種センサー用電源の確保など、その応用は多岐にわたります。


    あとは・・・。


    Holo-Window は、窓にホログラムを張り付けるだけのシンプルな構成で、 従来は捨てられていた太陽光エネルギーを発電に回すことが可能な、太陽光発電に高付加価値を与えるものと期待されます。


    上記コメント下の比較表を見てください。

    集光型をオハラが切り捨てた理由が・・・。

    (私は画像の貼れないので、先ほどのエガリムのページでご確認ください。)


    岡本硝子×エガリム

    思ったよりすごかった。

  • >>658

    今回は出資するハンズオン形式ですから更に楽しみなんですよ。

    IRを読むとこの期間はとりあえず決められています。つまりそれまでに勝算ありと見込んでいるのだと僕は予想しています。

  • >>656

    株五郎さんからコメントをいただけたことに感謝します。
    右目の調子が悪いということですが、大切な目ですから、お大事になさってくださいね。
    PCも目に悪影響なので、こちらの投稿へのお返事は必要ございません。
    よろしくお願いします。

    日経朝刊一面トップの記事の件、ありがとうございます。


    東電改革、進展へ布石 会長に日立・川村氏で最終調整

    2017/3/18

    政府は過半数の株式を持つ東京電力ホールディングスの経営陣を刷新する。
    次期会長に日立製作所名誉会長の川村隆氏を起用する方向で最終調整に入った。

    政府は新体制への移行をにらみ、政界からも一目置かれる経済人を周到に有識者会議に集めた。

    川村氏のほか、経済同友会の小林喜光代表幹事や日本商工会議所の三村明夫会頭、KDDIの小野寺正会長、経営共創基盤の冨山和彦最高経営責任者(CEO)らだ。



    『政界からも一目置かれる経済人』




    企業改革、さらば英雄待望論=経営共創基盤CEO・冨山和彦

    毎日新聞2017年3月17日


    パナソニックが、日本マイクロソフト会長の樋口泰行氏を経営幹部に招へいする画期的な人事を発表した。
    樋口氏はパナソニック出身であり、名門企業における「出戻り」という点も異例だ。



    経営共創基盤CEO・冨山和彦


    パナソニック社外取締役
    オムロン社外取締役
    ぴあ社外取締役
    経済同友会副代表幹事
    財務省財政制度等審議会委員
    内閣府税制調査会特別委員
    内閣官房まち・ひと・しごと創生会議有識者
    内閣府総合科学技術・イノベーション会議基本計画専門調査会委員
    金融庁スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議委員
    経済産業省産業構造審議会新産業構造部会委員



    会社は頭から腐るという本を出されている冨山和彦さん。
    会社を立て直すときには、頭から立て直すを徹底されておられますね。


    株五郎さんのおっしゃる、社外取締役の派遣、そして、その後の岡本硝子の勇躍を描いた明確なビジョンの提示・提携・協業などの話題を期待しています。
    岡本毅社長が、テレビやマスコミに取材されて、岡本硝子飛躍についての明るいコメントを言う頃には株主も・・・。


    上記投稿分作成に時間をかけすぎました。
    遅くなりすみません。

  • >>656

    > 共創基盤のすごさが、3/18(土)日経朝刊一面トップに掲載されています。

     東電改革が進まない理由は、政界に強いパイプを持つ東電OBが、政治力を背景に改革に抵抗してきたため。
     その打開策として経産省が昨年10月に、有識者会議を設けた。
    当然その会議には政界からも「一目おかれる経済人」を集めた。今回東電会長に打診された日立名誉会長、経済同友会代表幹事、日本商工会議所会頭、KDDI会長、そして「経営共創基盤の富山CEO」ら5人だ。

    愚生は今迄、共創基盤なんて・・・と思っていましたが、今回の記事ですごさの一端を推し量ることができました。

  • >>643

    数日前から右目の調子が悪いので、詳しくは書けませんが、
    共創基盤のすごさが、3/18(土)日経朝刊一面トップに掲載されています。
    社外取締役が派遣されるころには、もう少し話題になるかな?とも思います。

  • 去年経済番組でミラーレスの特集やってた時、ここと一緒に紹介されてた会社、市光工業(株)だと思ったが
    あそこ、随分上がってるね 約3倍

  • 654

    uritarou 売りたい 3月18日 19:56

    専門的な知識を持っている人の書き込みが少ないから株価があがらないのかそうかそうか。じゃあ売りだ

  • 私がトッキを持っていたころみたいに専門的な知識を持っておられる方からの投稿が増えればカソード研究所みたいにストップ高4連騰も夢ではありません。

  • >>649

    ×(白色LEDを製作する際に)⇒(白色LEDに)○

    でした。

    あと、特許公開文をコピーしただけで、非常にわかりづらくなりごめんなさい。

    現在、引越し準備や、子供の卒園・入学準備などが重なり、中期経営計画の中期事業展開の部分と、各種情報との照らし合わせの作業ができていないので、正確性に欠けますことお許しください。

    h
    ttp://www.ogc-jp.com/wp-content/uploads/2016/06/ogc-jp-1606271.pdf


    中期経営計画(25ページ)の中期連結業績目標の中にある、

    新規事業(固体光源用、車載部品用、フリット、偏光子、海洋・特機等)のウェイトは、2020年度に向けどんどん大きくなっています。

    こんなに都合よくいくのかな?
    共創基盤が付いているから大丈夫か!
    でもやっぱり少し不安。
    そんな気持ちから、素人(私)が岡本硝子の技術について調べています。
    ふーん程度で見て、間違いがあればぜひご指摘ください。

    本日は連投にて失礼いたしました。

  • >>646

    蛍光体分散ガラスの特許ですよね。


    h
    ttp://patent.conceptsengine.com/p/2017025122

    従来の一般的な方法では青色の光を白色にする際に、(白色LEDを製作する際に)以下の問題点があった。

    ①青色LEDの高出力化に伴い、黄色蛍光体の被覆材料である樹脂が劣化し、白色光が黄色化する。

    ②青色LEDの青色光と黄色蛍光体による黄色発光を合成しただけであって、赤色光や緑色光の成分がないことから、疑似白色光に留まり、演色性に劣る。

    ③温度の上昇に伴って蛍光体の発光輝度が低下する。

    解決のために、様々な技術が開発された。(省略)

    それらの技術では、赤色蛍光体としてはCASN又はSCASNを封止し焼結できるガラス封止材は確立されているとは言えず、特にCASN又はSCASNとLAGを同時に焼結し蛍光体分散ガラスを得るのに適した無機ガラスが実用化されていなかった。


    岡本硝子の発明は、

    CASN又はSCASNを劣化させることなく分散させた、耐熱性や耐久性に優れた蛍光体分散ガラスを実現した。
    また、本発明により、CASN又はSCASNとLAGを同時に焼結し分散させることが可能となり、演色性のよい白色光を得るための蛍光体分散ガラスとして利用することができる。


    日本電気硝子の蛍光体 ルミファスの説明を読んだら上記の意味がなんとなくつかめました。


    h
    ttp://www.neg.co.jp/rd/topics/product-lumiphous/


    省エネ照明の光源として利用が広がっているLED。
    中でも白色LEDは、次世代照明器具の光源として期待されており、家庭や店舗の照明や車のヘッドライト、懐中電灯の光源をはじめ様々な用途に用いられています。

    省エネルギーは今後の重要なテーマです。
    照明の分野でその担い手となるLEDの用途はさらに広がり、ハイパワー化されていくと考えられています。
    また、レーザー光源の活用や応用も進むでしょう。
    こうした分野に対し、熱や水に強く、様々な形状にできるガラスは可能性に満ちた素材だと考えています。
    日本電気硝子は有機EL照明などにも応える新たなガラス素材の開発を通して、照明分野の発展や高機能化、さらに省エネルギー社会に貢献していきます。


    日本電気硝子の買い煽りではありません(笑)

  • >>645

    そんなことないですよ(^-^)

    yamatoさん、色々ご自分で調べているのですから立派だと思います。
    ちなみに昨月だったかな岡本は蛍光体分散ガラスの特許公開されていました。

  • >>644

    いえ!

    わたしはふくさんのイナゴでここに来ましたから(笑)

    なので、ふくさんの存在にありがとうございます。

    なんです。

    これからもふくさんの投稿を参考に、株のスタイルを学ばせていただきます。

    勝手ながらよろしくお願いします。

    (掲示板の皆様、先ほど『最後の投稿にします』と言ったばかりなのにすみません。)

  • 今日はこれで最後にします。
    連投すみません。

    一番気になる共創基盤。
    今後のカギであり、最も注目したいところですね。


    h
    ttp://www.ogc-jp.com/wp-content/uploads/2017/02/適時開示-2月10日.pdf

    上記より抜粋

    ガラス硝材の開発力を生かしたガラスフリットは鉛フリーでの高い機能性を評価され販売は拡大しており、薄膜技術を応用した赤外線透過フィルター等は、IoT、AR(拡張現実)技術、VR(仮想現実)技術、自動車自動運転技術の本格化により大きな成長が期待できると考えております。


    これらの製品群、新分野に注力するためには技術力に加えて、新たな経営手法の獲得が必要となってきました。


    たとえば、当社はこれまで部品メーカーとして製造及び販売をおこなってきましたが、素材であるガラスフリットはどのように事業運営していくのか、IoT、AR(拡張現実)技術、VR(仮想現実)技術において広範な応用が期待される赤外線透過フィルター等をどのように商品展開するかなどです。


    そのため、コスト分析、変動予算の作成、プライシング戦略の策定、ターゲットとするマーケットと潜在顧客の選定などにつき、当社グループの人的資源の不足を補うため、IGPI より ハンズオン(常駐協業)を含む経営支援を受けることといたしました。



    以下は、私が以前勤めていた、住宅会社の話です。(恐縮ですが・・・)


    その会社に入って半年、経営者が有名なFS研というコンサルティング会社と契約を結びました。
    結果、年6棟建築の住宅会社が、年30棟以上を建築するまでに成長しました。

    『優位性がない』ことを悩んでいた会社でした。

    当時、経験とデータに裏打ちされた経営手法、後継者・社員育成が始まり、現場は一時騒然としたことを覚えています。
    辞めると相談する方がすぐ出ました。

    その方はどうなったのかというと、年20棟を受注するスーパー営業マンになりました。

    コンサルは、会社の宝を見つけ、育て、活かすのだとわかり心底驚きました。


    話は戻ります。

    岡本硝子

    高い技術力(人材力)・業界での知名度がある。

    ミネベア・ミツミとのつながりもある。


    岡本硝子×共創基盤=○○


    期待しか浮かばない。
    昨日追加して、本日含み損(泣)
    でも、まだまだ追加します。

  • <<
  • 670 643
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順