ここから本文です

>>539

抗がん剤のP1ということは普通は容量設定を行うことになると思います。
低容量から初めて副作用が許容できれば、さらに増量して投与ということではないかと思います。
いままで、僕が今まで行ったことがある臨床試験(治験ではありません)では、3例問題なければdose escalation していくという方法で、1例落ちたら、5例行いそのうち4例許容範囲ならドセをあげるという方法でした。
勝手な想像ですが、5段階容量が設定してあり、1例も許容できない副作用がでなかったということではないかと
妄想します。
試験のデザインがわからないのでよくわかりませんが・・・

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン