ここから本文です
現在位置:
(株)ツツミ - 株価チャート

1,859

+22(+1.20%)
  • 前日終値
    1,837(08/22)
  • 始値
    1,838(09:00)
  • 高値
    1,900(09:00)
  • 安値
    1,838(09:00)
  • 強く売りたい
  • <<
  • 121 99
  • >>
  • 121(最新)

    dip***** 強く売りたい 8月23日 03:39

    ジュエリーショップで買い物する時代はとうに終わった。

    コオマン欲しさに買いに来る男性もいないだろ

    街に出ればわかると思うが、数百円のジュエリーをつけてる人がたくさんいる。

  • 114に続いて、1か月ぶりの投稿です。

    今日の1Q決算発表を見ました。
    相当厳しいですね。
    最も驚くのは、売上の落ち込みです(前年同期比:4,593百万円→3,828百万円)。
    その結果として、営業利益△13百万円に沈みました。

    ジュエリー需要は、3Q(10~12月)がピークになるので、1Qの結果だけでの判断は早計ですが、それにしても酷い。
    ツツミのビジネスモデルは限界にあると思います。
    少子高齢化の進行で、もはやジュエリー需要が伸びることはありません。
    またEコマースが花盛りとなり、宝飾品でも店頭販売の苦戦は続くはずです。

    ツツミには有り余る体力(自己資本)があるので呑気に構えているんでしょうが、業績はずるずると下降し、いずれは損益分岐点を下回る可能性もあります。
    もう売ろうかなあ?
    5年後のQUOカード5000円を楽しみにしていましたが、5年後のツツミは赤字が定着しているかもしれません。

    小口の個人株主としては、MBOを願うばかりです。

  • 決算は良くなかったみたいですねでも株価は反応うすですね。今後モニタリングが必要ですね。

  • 115

    kabuaki 様子見 7月2日 20:35

    3,000円クオカード到着。3年間保有でワンランクアップした。でもまだ買値を下回っている。
    1500円台に突っ込んだ時ナンピンできなかったのが残念。
    あと2年所有して5,000円クオカードゲット!!

  • 113に続いて投稿します。

    本日、株主総会後の「第44期報告書」と株主優待の「QUOカード」が届きました。
    ありがとう。

    しかしながら、かなりショックです。
    QUOカードは定型デザインのものです。
    少しぐらい経費がかかっても、オリジナルのデザインを採用できないものでしょうか?(ジュエリー会社でっせ!)
    さらに驚いたのは、報告書の体裁と内容です。
    20年前と同じスタイルのままではないかと思うぐらい、ダサい。

    真面目に株主と向き合って、コミュニケーションしようという姿勢が感じられません。
    オーナーが株式の2/3以上を握っており、現金たっぷりで銀行のチェックもないから、我が身を写す鏡がないのでしょう。
    それにしてもセンスがない。
    宝飾業界の会社としては、誠に恥ずかしい。

    これでは、いつまでたっても「TUTUMI」にブランド力は付かないでしょう。
    「Tiffany」とまでは言いませんが、せめて「4℃」に少しでも近づける努力をしてほしい。

    財務は盤石やし、株主優待もええから、当分ホールドしますが、今後は厳しくツツミを見ていきたい。

  • 112に続いて投稿する100株株主です。

    いよいよ明日は「株主総会」ですね。
    ワシは、「お土産なし」宣言のため出席を断念しましたが、やはり期待に胸が高鳴ります。(ウソです。)
    どうか、出席された株主の御方は、この掲示板でご報告いたただければ幸いでございます。

    なお、ワシの爆買い3銘柄は、やっと買値を上回りました。(瞬間風速かもしれません。)
    日経平均も2万円を超えて、いい調子です。
    ツツミの安定した値動きは評価していますが、もちろん急騰してもOKです。(ワシはずーとホールドやから、あんまり関係ないけど…。)

  • 111に続いての投稿です。

    最新の四季報におけるツツミの記述は、次の通りです。

    【下げ止まり】
    店舗数は小幅純減(前期純減6)続く。改装は前期(16)並み高水準。積極的な改装効果で客単価上昇、客数減補い既存店売上は横ばいに持ち直す。低採算のコイン比率低下など製品構成改善も効き営業益下げ止まり。店舗減損特損見込まず。

    【業績見通し】
          売上高  営業利益 経常利益  純利益  1株益(円)  1株配(円)
    単17. 3   19,172   869   969    -921   -50.6    30
    単18. 3予  18,200   900   1,000   610   34.7    30
    単19. 3予  18,000   950   1,050   640   36.4    30

    単純化すれば、売上は微減傾向で、利益は横ばい、との見通しですね。
    株価にプラスになる要素は、残念ながら有馬温泉。
    1株益と1株配がほとんど同じ(配当性向が100%近い)というのは、喜ぶべきか、悲しむべきか…。
    財務抜群やから、いくら赤字でも配当維持はできる会社ですが、何のために上場しているんでしょうねえ?

  • >>110

    110に続いて投稿します。

    本日、ツツミから株主総会の案内が届きました!
    ワシは、大阪在住であり、サラリーマンの身でありながら、6月29日(木)には、何としても「蕨市民会館2階201号室」に駆けつけねばならないと決心しました。

    …が、案内通知の最後のページには、「株主総会にご出席の株主様へのお土産のご用意はございません。」と記されていました。
    どうして、ジュエリー業界でありながら、ダイヤモンドのネックレスぐらい用意できないんでしょうか?
    悔しさのあまり、ワシは総会出席を断念しました。

    この無念を晴らすべく、ご出席の株主様には、以下の2点についてご質問いただけないでしょうか?
    ①減損損失のうち、特に土地(△1,337百万円)について、取得の経過及び利用状況
    ②今後におけるMBOの予定(TASAKIを参考として)

    質問追及の次第によっては、会社はかなり困ってしまうかもしれませんが、企業の説明責任に観点からは避けては通れないと思います。
    大変ぶしつけなお願いですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • >>108

    108に続いて投稿します。

    dipさんご投稿のとおり、「ツツミ」と「堤真一」とは関係ありません。
    でも、昔の二枚目俳優の堤真一なら、女心を掴むCMキャラクターに採用できたでしょう。
    現在の堤真一さんは、三枚目キャラが不思議と似合っていますので、女心をくすぐるCMキャラクターとしてOKかもしれません。
    なお、ワシにオファーがあれば、格安でCMキャラクターを務めてもよろしいで。

    悲報です!
    今日、久しぶりに地下街の「TUTUMI」を見ました。(以前、ワシが定点観測していたお店です。)
    お客様は誰もいません。
    3人の店員さんが、ガラスケースを拭いたり、書類仕事をしていらっしゃいました。

    こうもヒマでは、店員さんもお気の毒です。
    店員さんの給料体系はどうなっているのでしょうか?
    ①固定給、②歩合給、③固定給+歩合給 のいずれかでしょうが、このご時世、多少なりとも歩合給の要素はあると思います。
    宝飾店のイメージを壊さない程度に、お客様を店内に誘導する仕掛けを考えていただけないでしょうか?(3人のうちの1人がサクラになって、楽しそうに店内を見て回るなど…)

    この際、眞子さまがご結婚され、私人になられた後に、CMキャラクターになっていただくことはできないんでしょうか?(無理やろうなあ…)

  • >>105

    105に続いて投稿します。

    どうしたんでしょう?
    昨日と今日で、ツツミの株価は100円UPしました。
    こんな地味~な銘柄でも、動きはあるもんです。
    きっと、ツツミの将来性に気づかれた投資家が、数多くいらっしゃるのでしょう。

    ところで、ワシの爆買い3銘柄は、引き続き「落ちるナイフ」でございます。
    ・日立造船(550円×1000株)→ 526円
    ・日本郵船(200円×2000株)→ 204円
    ・GNI(440円×1000株) → 412円

    これで、ツツミの含み益分は露と消えました。
    ワシは見る目がありません。
    ツツミを1600円で買ったことが、唯一の勲章です。
    あとは、ツツミのMBOに期待するしかない、切羽詰まった状況でございます。

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 103に続いて投稿します。

    と言っても、特に新しい「ツツミ」情報はありません。
    今日は、最近の世界情勢とワシの投資動向について、グチを書いてしまいます。

    まずは世界情勢ですが、
    ・隣国のカリアゲ君 → 派手なパフォーマンスは止めて、人民の生活レベル向上に力を向けてほしい。
    ・フランス大統領選 → EU派のマクロンさんが勝利して一安心。(39歳とは若すぎるけど…。)
    ・韓国大統領選 → 野党の文さんが予想どおりの勝利ですが、賢そうな人やから現実路線を歩んでほしい。
    ・トランプマンのロシア疑惑 → FBI長官を解任して墓穴を掘って、任期途中で大統領職を投げ出すのではないか?

    ワシは以上のことぐらいしか知りませんが、とにかく理解不能なことが多いです。

    次にワシの投資動向ですが、最近金遣いが荒くなって、低迷株をたくさん買ってしまいました。
    ・日立造船(550円×1000株)→ ゴミ焼却工場などのプラント建設会社。株式併合(10→1株)前なら一株50円台
    の超低位銘柄。
    ・日本郵船(200円×2000株)→ 三菱系の有名な船会社。借金1兆円を抱えて低迷中の銘柄(無配)。
    ・GNI(440円×1000株)→ 中国で新薬を売ってるバイオベンチャー。MSワラント発行により株価急降下中の銘柄(当然無配)。

    いずれも「落ちるナイフ」を掴んでしまいました。
    ボロ株に150万円近くも使うたワシは阿保です。(キラキラと輝く超優良財務の「ツツミ」を買い増すべきやった。)
    事と次第によっては、今後、掲示板に雑文を書く気力を無くすかもしれません…。(諸兄はマネをなさらないよう、祈っております。)

  • >>102

    ほんまですねえ。

    長期投資家さんの試算なら、少なくともツツミの資産価値は460億円はありそうです。
    現在のツツミの時価総額は420億円なので、清算すれば「おつり」が出ますね。(まあ、従業員への特別退職金など、いろいろと出費はあるでしょうが…。)

    No.93にも書いたとおり、そもそもツツミが上場している意味(必要性)がよくわかりませんね。(株式市場でツツミ株を買った者が言うのも変ですが…。)
    でも、配当30円とQUOカード(5年以上で5千円)が貰えるのなら、個人投資家として十分満足できるので、ワシは掲示板に駄文を書きながらホールドするつもりです。

    追伸:お得感で言えば、ミサワホーム(100株×@1000円レベル)も、配当20円+QUOカード2千円で、ワシのお気に入りです。(財務は悪いけど、トヨタの孫会社です。)

  • >>101

    デビアス社が管理していない鉱山が増えてきて、供給量の増加に対して需要の増大が追い付いていないから、という世界的な需給バランスの変化が大きいように感じます。

    2018年3月期予想についてですが、2017年3月期から考えると減収増益予想です。
    現状の国内宝飾品市場の環境を考えれば減収なのは妥当ではないでしょうか。
    粗利益率をもう少し高めれば利益予想は達成出来るので、無茶な利益予想でもないと感じます。

    国内宝飾品業界はもう結構前から厳しい状態です。
    同業他社の決算を見ると、その厳しさがよく分かります。
    昔は儲かっていたらしいですけど、今から20年以上前の話だと聞いたことがあります。

    私もここの優待と資産価値を考えて3月に新規投資を開始しました。
    ここはあらゆる負債を合わせても18.02億円ですが、現金が377億円(一株当たり2144円)、商品及び製品154.7億円(今叩き売っても50億円くらいの価値はあるのでは)、土地82.66億円(半額以上では売れるのでは)、差入保証金38.78億円(2割以上は返って来るのでは)といった感じですから、今解散するのなら少なくとも今の株価よりは戻って来るお金の方が多いと考えています。

  • >>100

    長期投資家さま、お返事ありがとうございます。

    おっしゃるとおり、かつてはデビアス社がダイヤモンド業界を牛耳って、様々なPRでダイヤモンド価格を維持していたようですが、近年の世界市場ではダイヤモンド原石の価格下落が続いているようですね。(ツツミ株主としては心配です。)

    本日発表の前期決算は、4月26日に発表済みの「減損損失の計上及び通期業績予想の修正に関するお知らせ」と同じ内容となりました。
    注目していた今期予想ですが、前期からの横ばいです。

          (売上) (営業利益) (経常利益) (純利益):百万円
    前期    19,172    869     969    △921
    今期予想  18,200    900    1,000     610

    これを保守的と見るか、背伸びしていると見るかで、今後の株価が変化するんでしょうね。(たぶん株価に対してプラスにはならないでしょう。)

    前期決算では、営業利益率が「869÷19,172=4.5%」です。
    ジュエリー業界はもっと儲かる商売と思っていましたが、かなり苦しそうです。
    固定資産の減損損失(△1,573 百万円)にも不信感を抱いています。(監査法人に厳しく指摘されたんでしょうね。)

    ワシとしては、株主優待があるから売却は考えていません。(が、TASAKIのようにMBOを実施ししてくれれば喜んで手放しまっせえ。)

  • >>99

    ダイヤモンドは有名な話ですが、元々はデビアス社が流通を牛耳っていたのと、そのデビアス社が様々なダイヤモンドのイメージ戦略を行ったからです。
    「ダイヤモンドは永遠の輝き」や「スイート10ダイヤモンド」なんかはデビアス社が行った広告で、一般人にまで浸透しました。

    ところで、決算が発表されました。
    前期も今期見通しもイマイチですね。

  • 98に続いて投稿します。

    ツツミの前期決算発表は5月12日(金)なんで、もうちょっと先です。
    今日は、ツツミのBS(資産の部:流動資産)について考えたいと思います。(固定資産の減損損失1,573百万円計上で心配になったからです。)

    3Q(H28.12)のBSでは、「流動資産」として56,922百万円あり、その内訳は次のとおりです。
    ・現金及び預金    36,260百万円 →キャッシュリッチです!
    ・受取手形及び売掛金 1,887百万円  →ジュエリーは掛け売りが多いんでしょうか?
    ・商品及び製品    15,747百万円 →ジュエリーの在庫ですが、売れ残りは減損してるんでしょうか?
    ・仕掛品       477百万円   →作成中のジュエリー原価でしょうね
    ・原材料及び貯蔵品  2,211百万円  →これはジュエリーの原石の仕入れ値でしょうね
    ・その他       344百万円   → ?
    ・貸倒引当金     △6百万円

    そもそもジュエリーは、人々が共同幻想によって「高価なもの」とされています。
    もしも、この共同幻想が破綻すれば、ジュエリー業界も破綻します。
    少なくとも「商品及び製品」は、減損損失を余儀なくされます。

    なぜ、ダイヤモンドの価格は維持されているんでしょう?
    ワシにはわかりません。
    ゴールンデンウィークの最中、根源的な疑問を感じた100株株主に、皆様どうかヒントをお与えくださいませ。

  • <<
  • 121 99
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン