ここから本文です
現在位置:
(株)長野銀行 - 株価チャート

1,978

-9(-0.45%)
  • 前日終値
    1,987(10/19)
  • 始値
    1,987(09:00)
  • 高値
    1,987(09:00)
  • 安値
    1,975(14:08)
  • <<
  • 98 71
  • >>
  • 98(最新)

    oio***** 様子見 9月4日 10:23

    監査役ニュース
    2017年09月02日
    アピックヤマダ 会計不祥事に関する再発防止策を公表 リーダーは身をもって範を示せ
    日本経済新聞 2017年9月1日 2:19配信記事より

    半導体製造装置のアピックヤマダは今春発覚した不適切会計問題を受けて再発防止策を策定した。社外監査等委員らで構成する再発防止委員会の設置が柱。月例で委員会を開き、再発防止に関する取り組みを評価する。

    売り上げ計上基準が不明確だったことが不適切な会計処理を招いたとして、計上の要件を明確化し、10月から経理規定を改定する。会計不祥事が明らかになったアピックヤマダですが、大項目が7つ、全8ページに渡る再発防止策を策定しました。

    その中心にあるのが「再発防止委員会」です。全監査等委員、全取締役、全部門長により構成され、原則月次で開催し、具体的なアクションプランの策定と進捗確認、評価を行うとのことです。

    その他具体策について、まず過日開示された第三者委員会報告書で挙げられた、再発防止策案は以下の通りです。
    (略)
    これに対し、策定された再発防止策は以下の項目となります。
    (略)
    今回のリリースを読む限りでは、第三者委員会報告書の内容を網羅的に受け止め、また全社一丸となって再発防止に取り組む姿勢が見えてきます。
    (略)

    しかしながら、今回の不正は少なからず社長以下の役員が主体的に関与していたことが第三者委員会報告書からも明らかになっています。

    また、その後の社内処分では関与役員は大幅な減給となりましたが、続投という判断が下されています。

    従業員はいわば「従わされた」側であるのに、全社一丸の対応というのは少し違和感を感じます。

    責任を取るという事は、「処分を受けて終わり」ではありません。

    続投という判断をされたのであれば、ぜひまずはご自身のこれまでのお考えを入れ替えて、真摯な反省と改善を実行していっていただきたいと感じています。

    ちなみに、第三者委員会報告書末尾にあった、体調不良者は回復したのでしょうか。
    会社の生まれ変わりと合わせ、心配しています。
    http://blog.livedoor.jp/corporateauditor/archives/3584430.html

  • 徒然なるままに・・・・
    1単位100株で購入出来る株をわざわざ1000株、10000株で
    押し目するのも結構だが(勝つ気がない大馬鹿?)・・・
    100株単位で押し目する投資家を素人・貧乏投資家と呼ぶ時点で・・・・
    言った本人こそ、「ど素人」・「浪費投資家」である。
    まっ、10000株単位も「嘘」だと思うが、それを口に出した時点で
    そいつは「大嘘つき」か「見栄っ張り」とすぐにバレるから気を付けな!
    最後の忠告としておく♪

  • 徒然なるままに・・・・
    いよいよ最後の1日が始まろうとしている・・・・
    先週は日経平均が大きく110円も下げたにも関わらず
    システナの頑張り、中低位株の値上がり等も有り
    含み益は52万程度嵩上げされ10週+1日で460万増えた♪

    安く買えるのは、売り坊のお蔭!
    ポジティブに「ありがとう」と言って買うか・・・・
    ネガティブに「あの野郎!」と言って見送るか・・・・
    投資家のセンスがダイレクトに試される瞬間で有る♪

  • ↓>88~>91

    単に取引銀行と言うだけで、無関係な内容でつまらんコメント
    張り付けるんじゃねぇよ!
    馬鹿ちんが!
    とっとと消しやがれ!

  • 91

    oio***** 様子見 7月27日 14:55

    アピックヤマダ㈱ 第三者委員会報告書

    第六 本件不適切な会計処理に係る主な役職員の関与状況・・・・・70頁

    3 小出取締役
    小出取締役は,本件不適切な会計処理に係る売上計上に関しては,顧客の承諾があるため問題とは考えていない,顧客の承諾をもって検収とする考え方は,AYC が従来から採用している基準である,と主張している。

    しかしながら,小出取締役は,平成29 年3 月に売上計上した得意先B 社案件に関して,会計監査人に現地調整未了の事実が発覚することを回避するために,外注先A 社の作業工数の改竄等を自ら提案し,実行させた。

    このような改竄行為をした理由について,小出取締役は,会計監査人と売上計上の可否について議論することが面倒くさかったからである,また会計監査人の担当者と相性が合わなかったからである,等と供述している。

    この点,小出取締役は,経理・財務担当の取締役として,AYC の売上計上基準についても,一定水準以上の知見が求められる立場にあるが,当委員会に対して,顧客の承諾があればたとえ残件があっても売上計上が可能であるとの(実現主義の観点からは問題のある)考え方について,会計理論に照らした根拠を何ら示すことができなかった。

    小出取締役の,このような会計理論に対する認識の欠如が,会計の職業的専門家である会計監査人と議論するのではなく,資料を改竄して議論を回避するという行動を選択させたものと推認される。

  • 90

    oio***** 様子見 7月27日 14:54

    アピックヤマダ㈱ 第三者委員会報告書
    第三者委員会報告書(抜)68頁

    (3) 正当化
    AYC においては,社内規程等の恣意的な解釈及び運用が行われており,一部の役職員は,顧客の承諾(なお,この承諾の意味が拡大解釈されていることについては,既に述べたとおり)があれば,残件があっても,また現地調整が未了であっても,製品を合格とし,売上計上することは可能であると主張する。

    また,事実と異なる内容の作業報告書等を作成していた理由については,本件不適切な会計処理の関与者は,品質保証部における社内合格基準が厳し過ぎることから,売上計上を行うためにこのような対応を行っただけであり,売上計上それ自体は社内規程等に従った正しい処理であると主張している。

    また,事実と異なる証憑書類の作成・改竄については,当該証憑書類の作成・改竄の関与者は,会計監査人の対応が「教科書的な対応しかしない」「原理主義的である」「融通が利かない」「厳し過ぎる」「杓子定規である」ことから,会計監査人に事実関係を知られることにより,売上計上が否定されることを回避するために行っただけであり,売上計上それ自体は,やはり,社内規程等に従った正しい処理であると主張している。
    このように,本件不適切な会計処理の関与者の主張は,不合理なものであるが,いずれも,その過程において書類の改竄等があったとしても,最終的な売上計上それ自体は社内規程等に基づく正しい処理であったと,行為を正当化するものである。

  • 89

    oio***** 様子見 7月27日 14:54

    アピックヤマダ㈱ 第三者委員会報告書
    第三者委員会報告書(抜)68頁

    4 本件不適切な会計処理に係る不正のトライアングル
    本件不適切な会計処理は,上記のとおり,売上計上基準の恣意的な解釈に基づき行われていたものであるところ,これを実行する手口として,AYC においては,事実と異なる証憑類の作成・改竄が行われていた。
    この点を踏まえると,本件は,会計上は誤謬ではなく,不正と評価し得るものであると認められる。
    そこで,本件不適切な会計処理が行われた動機,機会及び正当化について整理すると,以下のとおりである。

    (1) 動機
    本件不適切な会計処理は,AYC の経営幹部である,押森社長,小出取締役,大屋常務,営業A 部長及び生管C 部長の関与の下に行われたものであるが,上記のとおり,これら本件不適切な会計処理の関与者の主たる動機は,年間の売上高に係る予算の達成にあったと考えられる。

    (2) 機会
    本件不適切な会計処理の関与者である経営幹部には,特に会計的な知見を有する者はおらず,既に述べたとおり,社内規程等について,恣意的な解釈及び運用を共有し,これに基づき部下への指示等を行っていた。指示等を受けた者の中には,本来であれば,厳格に合格判定基準を運用すべき品質保証部も含まれていた。

    そのため,AYC 社内においては,内部統制上の本来遵守すべきルールに関して,恣意的な解釈及び運用が横行し,本件不適切な会計処理に係る売上計上が是正されなかった。

  • 88

    oio***** 様子見 7月27日 14:53

    アピックヤマダ㈱ 第三者委員会報告書 
    第六 本件不適切な会計処理に係る主な役職員の関与状況 69頁

    1 押森社長
    押森社長は,本件不適切な会計処理に係る売上計上に関しては,顧客の承諾があるため問題ではない,と主張する。

    しかしながら,押森社長は,平成29 年3 月に売上計上した得意先B 社案件に関して,営業A 部長から,工場の電源が確保できなかったため製品の現地調整は未了であることについては報告を受けており,また,外注先A 社の作業工数の改竄等に関しては認識していたとも供述しており,事実と異なるサービスレポートの作成等を黙認している。

    仮に,売上計上に関し問題が一切ないとの認識であるならば,このような作業工数の改竄等は必要ないところ,これを黙認していることは,売上計上に関しては問題ないとの押森社長の供述と矛盾する。

    また,押森社長は,日頃,「売上にこだわった活動をするべきである」「予算の達成は,目標ではなく義務である」等と述べ,売上予算の達成を強く求める経営方針を掲げていた状況が認められるが,このことと,3 期連続で赤字が続いた翌期である平成27 年3 月期以降に特に売上の前倒し計上が増加したことを考え合わせると,本件不適切な会計処理の実行には,経営者である押森社長の姿勢が強く影響した可能性は否定できない。

  • 徒然なるままに・・・・
    9週目は日経平均が前週より19円余り下がったにも関わらず
    含み益は8.5万円増加し+408万まで伸びた。
    残り1週間どこまで伸ばせるか・・・・
    RIZAP、ラクちゃんに続く銘柄探しが次の目標となるが、
    もし1週間以内に探し出せればタイムカプセルを残して

    ここを去る予定だ。。。

  • 徒然なるままに・・・・
    先々週、先週と計画作成・出張等で忙しく飛び回っていた。
    ようやく、一息つく事が出来た。ほっ♪
    6週間+1日の増加額は380万まで増えたが・・・・
    7週目は日経の下げもありー54万減で+325程度で推移
    8週目+1日は先々週の下げからの戻りも有り+72万増加した。
    5/18からの含み益増は+400万弱まで伸びてきている。
    来週は、北朝問題の時仕込んだ銘柄が初動を迎えているので
    更に増加を加速すると思われる。
    2top体制も軌道に乗って来た!残り半月、彼の成長が楽しみだ♪

  • もう向こうは大丈夫・・・掛け違えたボタンは治ったから!
    撤収でOK!奴は自滅するだけ。 No Problem!

  • 徒然ならないままに・・・・
    今週は2017後期の方針展開の為非常に忙しい為、先週の結果のみ記載
    先週の含み益増加額は、一気に100万突破した。
    6週間+1日の増加額は380万を超えた。

  • 6/29引けで明らかに3銘柄の初動値動き有り・・・・要確認!
    各担当は解析後報告➡全銘柄便乗予定「NG」は報告要。

  • 徒然なるままに・・・・
    5月19日以来5週間+1日連続で口座総資産が増え続けている。
    自分個人の口座総資産合計であり他の方はもっと増えているとも思うが、
    すでにその額が280万にも及ぶ増加と成った。さすがに6週連続は
    考えにくい状況ではあるが。。。・・・皮肉にもこの状況が始まる前日
    5月18日は、投資音痴の「寄り成り一座」と、うちの「279」が未来
    予測で対立の始まった日でもある。完全な理論武装の279の論述に対し
    奴は論点のすり替えを繰り返し挙句の果てに最後の逃げ口上を吐き去って
    その場から逃げ去っていった。。。結局その次の日から我々の予測通り
    大商いが始まった訳である!奴にはこの場と「八十二銀行」の掲示板の中で
    いろんな有益な事を分かりやすく丁寧に教えて上げてきたつもりだ。
    その教えこそ「我々の資産トレードのポリシー」なのだ!
    奴はたぶんそんなことは何も気づかぬまま自然に学習出来たと思う。
    是非これから自らのトレードに生かして貰いたいものだ!・・・続く

  • イレギュラーケースとなるが、6/21~7末までW-Top体制で行く事で
    了承された。掲示板も11年ぶりに来てみたが、以前とまったく
    変わっていない。「嘘」と「欺瞞」に溢れている。中には一部ではあるが
    真剣にその企業を応援しているらしい方も見受けられるが、「裏の顔」は
    少ない情報では計り知れない。また少しここから離れたいと思う。
    残り1ヶ月あまりだが・・・それなりに楽しもう^^v

  • 徒然なるままに・・・・
    仕掛けは突然に。。。。part2
    さすがに4週目は+50までは行かないが+15以上は確保できた。
    日経平均及び日経先物は右肩下がりぎみの中で大健闘だが・・・
    反省の大きい1週間だった。利確銘柄全4銘柄の内2つが値上がり
    率はほんのわずかなので金額的にはOK、心情的にも次の方の為に成りOK!
    逆にラクちゃんを手放した瞬間に下落が始まり非常に心苦しい。もう1銘柄も・・・
    この心情的な申し訳なさは株トレードをやる限り逃れる事は出来ない。
    もう一つ大きな反省点がある。それはIPO2日目の当日決済をうっかり
    忘れていた事。それに初値決定後の当日決済解除すら忘れていた事(これ重大ミス)
    昨日、当日決済分は68.7万しか無かったが2日後~4日後決済余剰金は320万程度
    確保できていたので、BBSも「ちくり」予想の当日底値74.0~73.5で目標の3口は
    購入出来てたはずである。初値が付くまでは押し目出来ずとも、初値が付いた瞬間に
    当日決済の限定は解除されてたはずなので、とんでもないミスを犯してしまった。
    大いに反省すべき点で有り、恥ずかしい >69の考察が何も生かされていない!
    最悪・最低だ!

  • ↓3199が止まらない・・・・+260.31 とほほ・・・
    もう1銘柄売るに売れない銘柄がある・・・
    6724は平均株価2分割後@493の為+376.88
    これも掟破りとなるが、地元優良企業(自分も関係者だった)のため
    売るに売れない・・・・とほほっ

  • 3199綿半HD 何なんだこの上がり方は・・・・
    ここはIPOで640円で1口当たってセカンダリーも簡単に寄りで1口買えた(同額)んで
    どうせ大して上がらないだろうと株価が2倍強に成った時点で恩株化しちゃった
    のに・・・・・まったく何なんだ~~今日も上がりで既に損益率+254.22%
    しかし株価は読みずらい!  
    トリプルアクセルバーガーに成長だが・・・ここは売れん・売らん(掟破り)

  • このコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • >>70

    ↓1325まで来ないかもとも思いましたが・・・・
    あっという間に売れちゃいました。有難うございました。
    感謝いたします。大丈夫です!きっと「夢」は叶うと思います。
    幸あらん事をお祈り致します。

  • <<
  • 98 71
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン