ここから本文です

ニュース

ワイヤレスゲート9419.Tを見直したい。
BtoC(一般消費者向け)のWi−Fi、WiMAXサービスを提供するワイヤレス・ブロードバンド事業が主柱。子会社のLTE−Xが産業用IoT(モノのインターネット)を推進しており、IoT検証キットの販売も開始している。筆頭株主はヨドバシカメラ。Wi−Fi、WiMAXは20年の東京五輪開催をにらみ、さらに普及が加速すると見られているだけでなく、デジタル教科書普及のため総務省が20年までに全国すべての小・中・高校にWi−Fiを導入する方針も打ち出しており、まさに国策に沿う銘柄。
18年12月期連結の営業利益は10億2400万円(前期比11.1%増)、純利益は5億7200万円(同24.1%増)の見通し。ワイヤレス・ブロードバンド事業は「ワイヤレスゲートWi−Fi+WiMAX」、公衆無線LANとも販路やサービスなどの拡大を進める計画。BtoB(企業向け)のワイヤレス・ビジネスドメイン事業はLTE−Xが売上高を伸ばすと見ている。
期末配当は29円(前期末28円)と増配が続く見通し。
株価は2月14日に1103円まで押してから底入れ、ここダメ押しを入れた。昨年来高値は1829円(17年1月10日)。

◎注目株関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS−EXPRESS ]

提供:モーニングスター社 (2018-02-26 09:32)

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!