ここから本文です

浜岡原発は廃炉に!! 

 浜岡原発(静岡県御前崎市)が東海または東南海地震で破壊された場合、果たして東京は大丈夫なのか。・・・・・

浜岡原発は内外の原発・地震専門家の間で建設当初から「世界一危険な原発」と言われ続けてきた。その主な理由は、
 ➀東海地震震源域の中心部に原発が位置していること。
 ➁原子炉建屋の地下には脆い活断層が縦横に広がっていること。
などが挙げられる。

 民主党政権時代、菅首相は原発専門家からの強い要請で浜岡原発を停止させたが、自民党政権に代わった今、電力各社は自民党(安倍政権)の原発推進政策に乗じて再稼働に向けた動きを活発化させている。
 仮に浜岡原発で福島と同程度の事故が発生した場合、地元はもとより、偏西風直下にある神奈川や東京、埼玉などの人口密集地は甚大な放射能汚染に晒されることは明らかだ。
 神奈川、東京のゴーストタウン化、これは、すなわち日本国の滅亡と言っても過言ではない。そういう意味では、前述の菅首相の英断は高く評価されるべきであろう。

 中部電力殿においては、原発に頼らないエネルギー供給を進め、他方、原発稼働は決してコスト安とならないことを自覚すべきです。

 繰り返しますが、狭小国土と地震国日本に危険な原発は不要。
 浜岡原発は一刻も早く廃炉にすべきです。