ここから本文です
仮想通貨総合

仮想通貨総合

  • 8,323
  • 106
  • 2018/06/18 19:12
  • rss
  • <<
  • 8323 8304
  • >>
  • ブラジル大手バス会社がビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン決済導入!


    ニュース 更新日 2018.06.18

    ブラジルの大手バス会社であるGBSグループのBrasil SulとViaçãoGarciaにて、オンラインチケットの購入時にビットコイン(Bitcoin/BTC)、ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)、ライトコイン(LiteCoin/LTC)での決済が可能になることが明らかになりました。

    国内バス業界にて初の仮想通貨決済導入

    2社でのビットコイン決済はすでに6月6日(水)より可能。ウェブサイトのチケット購入画面にて「ビットコイン決済」を選択すると画面に支払い用のQRコードが表示され、ユーザーがウォレットアプリでQRコードを読み取ることでビットコインでの決済ができます。ビットコインキャッシュとライトコインでの決済は7月からできるようです。なお、ブラジルのバス業界にて、仮想通貨決済を導入したのはGBSグループが初といわれています。
    ブラジルでは仮想通貨事業が活発になってきており、大手取引所Huobi(フオビ)もブラジル進出を発表しています。また、ブラジル最大の銀行Itaú Unibanco(イタウ・ウニバンコ)をはじめ、計5つの銀行や送金サービス業者がRippleNet(リップルネット)に加入するなど、仮想通貨によるキャッシュレス化も進んできていることがうかがえます

  • 新規参入がどんどん出るので仮想通貨全体の時価総額は上がるでしょう。

    しかし、下記にしても金融庁と事前協議を開始したところだから、まだ先の話。

    既に新税済みの会社を認可しないで放置しておくことは出来ない。

    下記も取引所ではなく、仮想通貨自体の発行、販売目的で金融庁に申請するケース。

    2018年06月18日 12時16分 JST
    岡山県の過疎村が全国初の独自仮想通貨を発行へ。何のために?
    人口1470人。森に囲まれた西粟倉村が、攻めの投資を始めた

    独自の仮想通貨を発行し、一般の人々に買ってもらって資金を集めるICO。
    全国で初めて岡山県西粟倉村が手がけると6月13日、発表された。

    ICOってなんだ
    最近、仮想通貨のニュースでたびたび取り上げられるICO。

    簡単に言えば「企業が独自に発行した仮想通貨を売って、事業を立ち上げる際の資金を集める仕組み」のことだ。
    株式を発行して資金を集める、新規株式公開(IPO)に似ているが、証券会社など金融機関を仲介しないため、取引の手数料を抑えられて、機動的にお金を集めることができる。
    だが、株のシステムのように厳密な審査や上場基準などがないため、信用リスクが高い。加えて、仮想通貨は価格が乱高下しやすいなどのデメリットもある。
    仮想通貨やICOをめぐっては、2018年1月に起きたコインチェックからの仮想通貨NEM大量盗難事件を受けて、金融庁が仮想通貨交換業への監督を強化。事業者への立ち入り検査や行政処分が相次いだ。
    こうした状況で、新たな仮想通貨交換業者の認可やICO実施の取り組みなど、仮想通貨ビジネスを推進する取り組みがほぼ停止状態になっている。

    百年の森林構想の中心的役割を担っている「西粟倉森の学校」が、ブロックチェーンの技術開発をする福岡県飯塚市の企業「chaintope」などと関わりがあったことから、「ICOを地方自治体でも実施できるのではないか」と村に提案。
    勉強会を重ね、2017年11月からは共同研究を始めるなど、本格的に検討していた。

    村の広報担当者は「仮想通貨や、ICO自体の印象が良くないと思われることもある。
    だが、ICOに関する自主規制ルールの策定を目指す、日本仮想通貨事業者協会や金融庁と連携し、ルールに則った運用をすることで、安心して応援してもらえるようにしたい」と話す。

  • ビットコインでBISが辛辣な分析-デジタル台帳に「根本的な欠陥」
    Edward Robinson
    2018年6月18日 10:05
    国際決済銀行は仮想通貨が「さまざな欠陥」を備えていると主張
    ブロックチェーンが決済システムの負担を担うのは不可能と分析
    国際決済銀行(BIS)は仮想通貨業界に対し、プライムタイムの主役となる準備ができておらず、主流の金融サービスに関する限り、準備が決して整わない可能性もあるとの見解を明らかにした。


      BISは年次経済報告の一部として17日に公表した24ページの辛辣な分析で、ビットコインなどの仮想通貨が、この自称「資産クラス」への爆発的な関心と投資を促した非常に高い期待の実現を妨げる「さまざな欠陥」を備えていると主張した。


      BISは、仮想通貨が国際経済における真の交換手段としての役割を果たすにはあまりにも多くの操作や不正にさらされやすく、過剰な電力を消費し、あまりにも不安定だと指摘。コンピューターの分散型ネットワークを通じて発行や取引、記録の管理が行われる仮想通貨の非集中的性質についても、重要な強みではなく根本的な欠陥であるとの認識を示した。


      さらに仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーン(分散型デジタル台帳)が、各国の決済システムが現在担っているデジタル小売り取引の処理を行うには何が必要かという点を巡っては、非常に多くの台帳の規模が膨らむ過程で、個人のスマートフォンやサーバーなどあらゆるものに圧倒的な負担がかかると予想し、「関連する通信量によってインターネットが停止する恐れもある」と分析した。

  • テクノロジー2018年6月18日 / 15:10
    仮想通貨、利用者増えるほど問題悪化する恐れ=BIS

    [ロンドン 17日 ロイター] - 国際決済銀行(BIS)は17日、仮想通貨について、拡張性がないと指摘した上、利用者が増えれば増えるほど、信頼性と効率性が失われる公算が大きいとする報告書を公表した。

    BISは、大規模なネットワークで使われるいかなる通貨も、価値安定への信頼性と効率的に拡張できる能力が求められると指摘。だが、仮想通貨が依存する分散型ネットワークは脆弱なため、信頼性が即座に失われ得ると警告した。
    さらにBISは、仮想通貨の規模が拡大するほど、ネットワークは渋滞する傾向にあると付け加えた。
    BISの調査部門のヒュン・ソン・シン氏は、国家の通貨は利用者がいるから価値があるが、仮想通貨を保有する多数の人々は投機目的で保有していると指摘。紙幣であれ、仮想通貨であれ、利用者がいなければ、価値はなくなってしまうと主張した。

  • 新規参入がどんどん出るので仮想通貨全体の時価総額は上がるでしょう。

    しかし、下記にしても金融庁と事前協議を開始したところだから、まだ先の話。

    既に新税済みの会社を認可しないで放置しておくことは出来ない。

    また、下記がまさしく取引所ではなく、仮想通貨自体の発行、販売目的で金融庁に申請するケース。

    やまねメディカル

    (コード番号 2144 : JASDAQ)

    暗号通貨事業に関するお知らせ

    当社は、本日開催の取締役会において、成長の第2ステージと位置付ける総合ケアセンター事
    業に続いて、暗号通貨発行を伴う新事業を第3ステージの主力事業として位置付け、社会の急速
    な高齢化の進行に伴い深刻化する諸問題へのソリューション提供事業に加えて、新たに生じ拡大
    する多様な需要に応える新事業の展開に全力で取り組んで行くことを正式に意思決定いたしまし
    た。
    これに伴い、暗号通貨推進室、暗号通貨研究室、全社横断的な暗号通貨事業推進会議を組成し
    て、社内での推進体制を整備いたしました。
    また、これを受けて、暗号通貨の発行を伴う新事業を進めるために、金融庁と事前協議(事前
    審査を含む)を開始しましたが、新事業の詳細については、金融庁との協議を踏まえた上で改め
    てお知らせする予定です。

  • おやおやおやw?

    今日の仕事終わったから覗いてみたら、まだ投資君、大暴れしてくれちゃってるのww??
    「逆指標」の凍死君がSBIの買いポジ、「信用」でとったみたいだから
    暇見てSBIの「現物」、利確しますねwwwww

    仮想通貨総合 おやおやおやw?  今日の仕事終わったから覗いてみたら、まだ投資君、大暴れしてくれちゃってるのww?

  • 今日もリップル2.29%安。
    しかし日経平均が171円安にもかかわらず、SBIホールディングスはわずか-0.33%

    損切り出来なければ、なんぼでも損するでしょ。

  • ほんと、びっとこ敗者って素人というより、凝り固まってるよね。

    なんでも、最初にやった人が勝ちなんだよ。

    仮想通貨も、みんなが知る前に、人気化する前に買った人だけが勝ったという事。

    誰が考えてもわかる事だよね。

    状況が変わってるんだから、戦力を変えないと勝てないに決まってるだろ(笑)

  • 今、暗号通貨を売却することは、2001年にアップルの株を売るようなことだ

    Posted on 2018年6月18日 in ビットコイン, 総合 // 0 Comments

    「今、暗号通貨を売ることは、2001年にアップルの株を売るようなものだ」そう語るのは、暗号通貨取引プラットフォームeToroのCEO Yoni Assia氏である。

    彼はブルームバーグのインタビューで暗号通貨スタートアップの95%は失敗に終わると話し、2000年代初頭のドットコムバブルと比較した。

    ドットコムバブルでも、多くの資金が投資され、失われ、失敗したプロジェクトがたくさんあるとしているが、ICOの市場規模はこれまでになく大きなもので、生き残る企業には巨大な可能性を秘めていると話し、ブロックチェーンはインターネットと同じように変形可能であると説明した。

    暗号通貨に投資することは「10年前のインターネット投資と同じくらい良い」と話している


    総悲観で買う
    大阪の地震で株も仮想通貨も下がっているが恐怖で買える人間が稼げる

  • ビットコインやリップル等の送金性に特化した仮想通貨はいずれ淘汰されるだろう。

    ここがポイント!
    2018年に動く可能性の高いリップル関連のプロジェクトは他にも、三菱UFJ銀行の次世代国際送金システムなど多く存在します。しかしその中にはリップルのシステムは使うがXRPという通貨を使うわけではないものも多いうえ、それらはXRPの価格上昇にあまりつながっていません。

    つまり将来的にリップル社は有望であるが、XRP(リップル社が発行している仮想通貨)が必ずしも有望であるとは限らない。
    三菱UFJコインやみずほのJコインが流通しだせば、実際に使用されるのは価格が変動しない三菱UFJコインやみずほのJコインとなるだろうから、ビッドコインやリップルの存在意義は大幅に低下するだろう。

  • 去年が仮想通貨元年とか言ってる時点で終わってるよ
    所詮はメディアの情報に振り回されてる情報弱者でしょ
    だから、ネットに出回ってる情報しか書き込めないんだよね
    勉強熱心なのはいいんだけど、それらは全て無駄な努力だと認識しないといけないね

  • でもビットコインは終わりかな
    需要はあるけど、それらを考えても10万円台が妥当じゃないかな
    まあ、世の中は常に変化してるから絶対はないんだけどね

  • >>8307

    はい~

    ド下手のびっとこ敗者登場~

    去年が仮想通貨元年、年末年始バブルで現在バブルは弾け、下がり続けている。

    高値で掴んじゃった損切り出来ない物が、簡単に大儲けするチャンスだって~

    一般的には、みんなが気付けば、終わりなんだよ。

    それに、こないだsvu***が凄いですねって返信してたんだから、svu***と仲良くしなよ。同類として。

  • 仮想通貨が誕生してからもう少しで10年になるね
    ことあるごとにオワコンと叫び続けた輩が、簡単に大儲けするチャンスをとことん逃してきた歴史でもあるんだよね

  • Amazon、Uberがリップルと提携するメリットは?

    現在、Amazonは世界13ヶ国で利用されているECサイトです。会員数については詳しく公表されていませんが、Jeff Bezos氏が株主宛てに送った書簡から有料版のAmazonプライム会員は世界全体で1億人を突破していることが分かっています。

    多くのユーザーを抱えるAmazonがリップルと提携するメリットの1つとして考えられるのが、現在の決済システムでかかっている手数料コストの削減です。リップルを導入することにより、クレジットカード決済などでかかっている手数料コストを大幅に削減できるというメリットが考えられます。また、決済コストの削減メリットはUberも同様です。

    また、両社ともに世界展開しているサービスですが、各国の法人口座で管理されている資金を、リップルと提携・導入することにより低コストかつスピーディーに国際送金することができるということも想定されるメリットとして考えられます。
    このように銀行口座で管理することに比べて、送金時間とコストを大幅に削減できることがAmazonとUberがリップルと提携するメリットといえるでしょう。このことを考えると、噂されるリップルとAmazon、Uberの提携の可能性はゼロではないといえるのではないでしょうか。

    リップルとAmazon、Uberの提携が実現するのはいつか?

    2018年5月現在、リップルからAmazon、Uberとの提携がいつになるのかという公式発表はされていません。しかしながら、仮想通貨投資家やリップラーからはリップルとAmazon、Uberの提携に関するトピックは現在も注目され続けています。
    もし、提携が実現すればリップルの価格にも大きく影響するでしょう。引き続き、リップルとAmazon、Uberの提携に関するトピックに注目したいところです。


    去年から噂されているが火の無い所に煙は立たない
    私も去年12月に税金の事とこの件があったので半分しか利確しなかった
    これだけで1000円は超える

  • 私を攻撃する目的で即ハンを作成し、投稿の全てが私の攻撃投稿、口の利き方もしらない馬鹿は即無視リスト入り。

  • >>8302

    セキュアボルト(securvault)の運営会社は現在不明です。

    どこの国か、運営会社も不明な取引所でわざわざ取引することもないとおもうけどな。

  • <<
  • 8323 8304
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ