ここから本文です
  • 今回はオンライン為替投機ゲームFXをプレイしたいと思います。
    このゲームは多人数で金を奪い合うゲームです。
    世界中の参加者全員が敵で他プレイヤーの金を狙っていますが、ほとんどの人が負けるという、ゲームとしては実に面白くない要素があります。
    プレイヤーはまず、プランクトンからスタートし、クジラをはじめとした生物が起こす巨大マネーの波に乗り、食べられないよう注意しながら生き残る事を目指しましょう。
    波乗りに慣れたら他プランクトンを食べながら進化していきましょう。肉食魚に進化しても巨大なサメやシャチ、クジラには適いませんので上手く立ち回る(泳ぎ回る?)事を覚えましょう。
    荒れ狂う波の中、プレイヤーの金をかけた投機ゲームが繰り広げられています。
    ではゲームスタート。

  • <<
  • 350 331
  • >>
  • 350(最新)

    ヨシラ 4月24日 00:36

    ドル円4時間足。私的にはほぼ確実に届くだろうと思っていたラインまで上がってました。一旦、このラインで押しがあるかと思いますので、上抜くかどうか様子見したいと思います。
    ウォルフのターゲットが110円台にあり、下落トレンドのラインも110円台まで下がってきていますので、最大このあたりまで上げ余地がありそうです。2/2高値110.48といったところも意識されるかと思います。
    下は108.15、107.9でサポートとなります。

    オンライン為替投機ゲームFX ドル円4時間足。私的にはほぼ確実に届くだろうと思っていたラインまで上がってました。一旦、このラインで

  • ドル円4時間足。上昇トレンドを一旦割り込みましたが、安値は切り上げて推移していますので基本的にはまだ上昇中です。108円手前がレジスタンスとなっていますので、高くなった時に買うより押し目買いを狙った方が無難そうですね。ウォルフでは現時点で110円台がターゲットになりますが、きっかけがないと難しいのかなと思っております。

    アノマリーですがセルインメイと言われる通り、5月相場は4月相場で買いが入った反動でリスク資産全体が弱い傾向があります。一応気に留めて取引したいところです。

    オンライン為替投機ゲームFX ドル円4時間足。上昇トレンドを一旦割り込みましたが、安値は切り上げて推移していますので基本的にはまだ

  • ユーロドルのショートを一旦利食いしました。
    多少反発があるかと思いますので、スキャルピングで買いをするかもしれませんが基本的にはトレンドの転換か維持か注目したいところです。
    ユーロドルの下落が確定すればスイングでいけそうですね。

  • ユーロドル4時間足。一般的にハーモニックのシャークパターンと言われる形からの反転です。
    長期の上昇トレンドを試す形となるかと思いますので1.228前後での動きを見たいところです。一応1.23ちょうどもサポートとなります。
    私的には上位足での上昇トレンド、短期の上昇トレンド割れから1.235前後で少し売っていますが、一旦1.228より上で利食いする予定です。
    買いポジションがかなり溜まっている点から長期の上昇トレンド割れなら大きな調整が入るかと思いますので基本的にはここでの動きを注目しています。

    オンライン為替投機ゲームFX ユーロドル4時間足。一般的にハーモニックのシャークパターンと言われる形からの反転です。 長期の上昇ト

  • ユーロポンド4時間足。かなり弱く見えていたユーロポンドでしたが3月中旬からのレンジに戻ってきました。
    現在チャネルライン、および3/27の高値付近で上値を抑えられている形です。
    基本的にユーロドルは下がりそうですので、あまり上値を追いかけられる地合いとはなりにくいと思いますので、ちょっと触りにくいところです。ポンドは全般的にイギリスの経済指標が弱含んでいる点、カーニー総裁会見での5月利上げ観測後退を受けて弱い推移となっています。

    オンライン為替投機ゲームFX ユーロポンド4時間足。かなり弱く見えていたユーロポンドでしたが3月中旬からのレンジに戻ってきました。

  • なぜイギリスポンドがファンダメンタルズ的に買いにくいのか?

    1.消費者物価指数の上昇と購買力低下
    高い消費者物価数の上昇に賃金上昇が追い付かず購買力の低下、貨幣価値の低下が同時に起きている。

    2.恒常的な経常収支赤字
    貿易赤字、経常収支の赤字が恒常的になっており、ポンド売り他通貨買い圧力も比例して恒常的に発生する。

    3.ブレグジットによる国境問題
    EU側が北アイルランドの国境問題を取り上げた点。大筋合意となった中でこれが完全に合意できなかった主因の一つである事は間違いない。
    北アイルランド問題は宗教問題として有名だが、プロテスタント側がイギリス寄り、カトリック側がEU寄りとなっており、EUが通商交渉等を有利に進めるためこの問題を利用している。
    北アイルランドでは近年カトリックの信者がプロテスタントの数を超えているという調査結果もあり、再び緊張が高まっている。カトリック側はイギリスからの独立というより、アイルランドへの編入(アイルランドの統一)を目指している。EU寄りの合意になってもイギリス寄りの合意になっても、この問題は直ちに解決に向かう事はなさそうで、スコットランド独立問題に飛び火する可能性も高い。

    4.ブレグジットによる金融業の衰退懸念
    イギリスの金融業は盛んでGDPに占める割合は3~4%となっている。単一パスポート制度からの離脱は20年末まで延期されたが、離脱することに変わりがなければ金融機関のEU圏への移行は止められそうにない。
    金融業界以外の産業全体のパフォーマンスはEU圏内の厳しい規制から開放され、金融業の衰退をカバー出来得るが金融機関の問題はより短期の問題で、産業構造の急変という意味合いでは現時点ではリスクと言わざるを得ない。また、関税同盟からの離脱でもEU圏への輸出のため、製造拠点をイギリスに置く外資系企業の撤退も予想され、2~3年のスパンで考えると懸念材料が多い。

  • ユーロドル4時間足。落書き
    ユーロドルは現状、上抜いた下落トレンドへのリテストが入った後、反発気味に推移しています。
    4/10に揉んでいたところで、押し目買いが入りやすいところと重なっていますね。
    現状、まだ上昇の方が優位な感じですが、私的にはファンダ面ですがかなりユーロ買いが溜まっているので、下がり始めたら戻り売りを入れるスタイルでいきたいと思っています。上昇局面は無視、下落局面は売ってみるという感じです。
    私はファンダメンタルズとテクニカルを併せてやっていますが、これは一長一短だと思いますのでこのスタイルが一番正しいと言えるかはよくわかりませんが。。

    基本的には現状ならリテストで上昇したあと、レジスタンスで売るといった感じです。売買タイミングはテクニカルでやらないとベストなタイミングはわかりません。決して私が売るタイミングがベストだったという事はありませんが(笑)
    現状狭い範囲でレジサポがあるのでスキャルピング程度となります。
    もう一度、下落トレンドに潜ってくればデイトレやスイングで取引したいところです。

    オンライン為替投機ゲームFX ユーロドル4時間足。落書き ユーロドルは現状、上抜いた下落トレンドへのリテストが入った後、反発気味に

  • ユーロポンド4時間足。
    3/22にレンジ下限を割って戻していましたが、今日はこの下限も割って推移しています。
    BOEが5月に利上げするという観測があり、ポンドは相対的に強い動きとなっています。
    基本的に、ポンドは長期的に弱気で見ていますのでユーロと並んで売り目線でしたが短期的に見ると売りからであればユーロドルなどの方が差益を狙い易そうな地合いですね。
    もう少し上位足を見ると0.83というところも見えてきていますので、その方向だとポンドドルなどの売りはおいしくないですね。ファンダ的な側面で私はどの通貨に対してもポンド買いだけはやらないので、現時点ではポンドをスルーしておきます。

    オンライン為替投機ゲームFX ユーロポンド4時間足。 3/22にレンジ下限を割って戻していましたが、今日はこの下限も割って推移して

  • 全く相場と関係ない話。

    シリアが化学兵器を使った可能性が高いという事で、世間・市場では、恐らくアメリカがシリアを報復攻撃するということがほぼ確実視されています。
    私はこういう軍事の部分ではほぼ反米です。(※アメリカのエンターテイメントは大好きです)
    昨年トンキン湾事件の事をこちらで書いたことがありましたが、アメリカの歴史というのは陰謀でもなんでもなく露見しているものだけでも開戦の引き金となった事件や事象がアメリカの工作だったという事が数多くあります。米西戦争、朝鮮戦争、湾岸戦争、ベトナム戦争、イラク戦争等、公文書等で露見したアメリカの工作等が数多くあり、日本ではほとんど触れられませんしメディアで報じる事は皆無です。戦争したいアメリカが開戦のきっかけを自ら作るというのは世界の常識です。
    日本では陰謀論などと言って嘲笑する雰囲気もありますが、陰謀は露見しなければただの妄想のようなものですが露見したものを知っている人からすると、普通のこととして考えが及ぶ事なのだろうと思います。それが事実かどうかではなく想像出来得る範囲という意味です。(まだ露見していない陰謀論について)
    なぜ陰謀論が世界ににあふれているかというと露見した工作が世にあふれ日本以外はそれを堂々と報道してきたからにすぎません。
    近年の事件で言うと戦争ではないですがキアッソ米国債事件というものがありました。海外では長時間・長期間報道されましたが当事国である日本では少し触れただけでほとんど報道されませんでした。
    これまではアメリカは正義の味方ではないというのを理解してもらうためにあえて書いた部分です。

    私は化学兵器だろうと、通常の爆撃だろうと道義的に責められるべきものと考えています。
    子供が口から泡を吹いて死ぬのか、爆発・爆風などで死ぬ、場合によってはバラバラになったりがれきに潰されて死ぬのかの違いでしかありません。
    結果死ぬのなら私はどちらも悪だと思います。
    数千人が無差別爆撃で死亡しても、化学兵器を使わなければいいんでしょうか?。これはアメリカなどが化学兵器を使用していないからで、自分たちの思想を他国に押し付けているだけです。
    アメリカが行った枯葉剤や劣化ウラン弾を使った空爆などはどうなのか、これは他国から見て残忍な事と映るかもしれません。それでもアメリカを報復に空爆などすることはありません。
    これはただの正義の味方ごっこで力の強い者が弱い者に対して暴力をふるっているにすぎません。
    私はそもそも空爆やミサイル攻撃自体が道義的にどうかを問われるべきだと思います。
    第二次世界大戦、我が国は無差別の爆撃で多くの罪のない国民をアメリカ人に虐殺され、核爆弾と言う最悪の殺人兵器を実際に使われました。
    その上、近年では落とした当事国のアメリカ大統領を歓喜で向かい入れるという一部に狂気的な思想を持つ方もいるようです。米国大統領が謝罪されるなら許す人は多いだろうと思いますが、謝罪もなしに本当に心の底から許せる人がいるのでしょうか? メディアを見ているとアメリカの美化ばかりで、日本国民全員が本当に歓迎しているのかよくわかりませんが。。
    私は近代史をしっかり教えるという事が如何に大事かを痛感させられました。
    日本の歴史教育が如何におかしなことを教えているか。それを基に9条の議論をしたところで正しい判断が出来るはずがないと思います。
    アメリカの悪い部分だけを書いていますが、民主主義、技術革新、エンターテイメント等の発展に寄与しているのは事実で、総合的に見て私はアメリカが好きです。その点、中国共産党は悪でしかないですね。
    私は日本が大好きで、他国の歴史を見ると日本に生まれて幸せだなと感じます。こんなに偉大な歴史がありながらおかしな思想が蔓延る現状を残念に思います。

  • ユーロドルの利食いとしては一旦3/21安値1.224あたりを目標としています。今確認したところ4/3に書いたレートが間違っていたみたいです。失礼いたしました。

  • ユーロドルは予想通り、上昇トレンドへのリテストから現状落ち始めているといったところです。少し上抜きましたが、すぐに跳ね返された格好です。
    もう少し待って下げ確認から売った方が確実かと思いますが、すでにユーロドルのショートを仕込んだところです。
    ポンドは今日も上昇トレンドに挟まれて振幅していますね。ユーロが落ちれば落ちそうだと思いますが、もう少し様子見でしょうか。

    オンライン為替投機ゲームFX ユーロドルは予想通り、上昇トレンドへのリテストから現状落ち始めているといったところです。少し上抜きま

  • ドル円は下落トレンドに上値を抑えられ、下値では短期の上昇トレンドでサポートされる形。
    まだ上っぽいですが、リスクオフ材料が立て続けに出てくれば危ないですね。
    先ほどの下落で大分、ロングが軽くなっていれば案外今日中に上値トライがあるかもしれませんね。
    ただしADP雇用統計の発表がありますのでご注意を。

    オンライン為替投機ゲームFX ドル円は下落トレンドに上値を抑えられ、下値では短期の上昇トレンドでサポートされる形。 まだ上っぽいで

  • ユーロドル4時間足落書き。ユーロドルは短期的な上昇トレンド割れとなっています。
    売り方向で考えていますが、ソフトの仕様かわかりませんが、この下にもトレンドラインがありますが下位足にすると見えなくなっていますので、こちらもご覧になった方がいいかと思います。
    3/21安値1.234辺りが意識されそうですが、リテストを試してから落ちるイメージで見ています。
    また上昇トレンドに戻る可能性ももちろんありますが。はっきりラインを割れているので、現状は下の可能性の方が高いと考えています。

    オンライン為替投機ゲームFX ユーロドル4時間足落書き。ユーロドルは短期的な上昇トレンド割れとなっています。 売り方向で考えていま

  • ポンドドルは上昇トレンドの1つを割ってリテストで跳ね返され、ウェッジ状にじり上げ傾向。1.408のレジスタンスで跳ね返されてこの後どのようになるか様子見中です。
    市場もどちらに動くのか見極めている様子ですので、上下に振幅した推移となっています。この下にもう一つ引けるトレンドラインがあって、これを割り込めるか跳ね返すかといったところです。
    上位足を見ると、上昇トレンドで間違いないですが、このトレンドラインからはかなり上方に乖離していますので、しっかり割り込めばこの辺りまでの調整はあり得るのではないかと考えています。
    ユーロドルも似たような状況です。
    しつこいようですが割り込めばユーロ売り・ポンド売り方向でまたトレードしていこうと思います。
    書いていたら下がってますが・・・

    オンライン為替投機ゲームFX ポンドドルは上昇トレンドの1つを割ってリテストで跳ね返され、ウェッジ状にじり上げ傾向。1.408のレ

  • 日足ですが、特に書くことはないですね。。
    106.4-6、上値のトレンドラインがレジスタンスです。ここを上抜くと、107.9あたりや下のレンジ幅分の上昇を見込めます。
    書くことがないので、私のシナリオの落書きを書いておきます(笑)
    この通りにいくとは思いませんが、現状私はこのような推移を想定し、また外れた場合のシナリオも常に考えてトレードしています。

    ※この通りにいくとは限らず外れる可能性が高いのでこれを基にしたトレードはくれぐれもしないでください。

    オンライン為替投機ゲームFX 日足ですが、特に書くことはないですね。。 106.4-6、上値のトレンドラインがレジスタンスです。こ

  • 押し目狙いで、3/23の戻り高値まで押してくれたのでここでサポートを確認後、押し目買いが入った形。
    サポート確認後も少し不安定でしたが、現状しっかりした上昇ですね。
    レジスタンスとしては106.4-6にかけて少し重いかなと思いますので、ここ抜けで再度入る前提で利食いするのもありかと思います。現状4時間足で3波目に当たるかと思いますので、ちょうどこのレジスタンスくらいで4波に入りそうです。
    後で日足も出すかと思いますが、106.4を抜けた直上にもレジスタンスが控えておりますので、ちょっとやりにくいですが、ここを上抜け出来れば、もう一段の上昇を見込めそうです。

    オンライン為替投機ゲームFX 押し目狙いで、3/23の戻り高値まで押してくれたのでここでサポートを確認後、押し目買いが入った形。

  • ドル円、ポンドドルとも損切して、ようやく損失を昨日中に取り返せました。裁量取引はセンスのない私にはやはりいけません。。
    ただ、チャートを見ての取引だとしても確率は100%ではないですし思い切りがないとエントリー出来ないので、ある意味、裁量ではあると思うんですけどね。また反省して、再度仕切り直したいところです。
    甘い見通しをした根拠の部分としては2月~3月中旬まではレパトリが多くその後反転する傾向がある点、下落トレンドの横抜き、日足エリオット波動5波目形成中だったことです。アノマリーで10月も理由なくリスク資産を売る事がありこちらも昨年はやられていたかと思います。(書いたかはわかりませんが笑) 今思えば昨年はアノマリーがことごとく逆にいった年でした。。

    さて週足では下落トレンド、日足でも下落トレンドのため損切はしっかり入れて取引したいところですが、綺麗に反転しそうな形となっています。通常は1点目から4点目を結んだラインまで上昇する傾向がありますが、まずは106.4程度まで狙った取引を行う予定です。押しが入ってからエントリーしたいと思います。
    ファンダ面ではおよそ、買える状況でもないので正直怖いですね。。

  • ポンドドル、現状3/19高値付近で戻り売りが入っていてダブルトップになるかといったところ。
    2/16高値更新まではまだ下目線で考えています。ストップを少し上に置いて戻り売りで入っています。
    FOMCに向けて少しポジション落としますが、少しは持ってみようかと思います。
    ドル円、完全なる裁量取引になりますが少し買って様子を見ています。

    FOMCは利上げは確実で、今年の利上げ回数が4回か3回かというところが注目点となっています。

  • <<
  • 350 331
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順