ここから本文です
  • 為替レートの変動は、その国の金利、景気動向、インフレ率、財政政策、金融政策、政治動向など様々なマクロ的要因で生まれます。
    ところが、それらマクロ指数だけを見て、為替変動=上がる下がるが予想できるかと言えば、ノーと言わざるを得ません・・・・ 
    それは、為替ディーラーの売買行動にあります。 
    マクロ指数の先取りポジ取り、キャリートレード、利確のためのポジ決済、ロスカット狙いのSまたはLポジの大量取引など人的要因で動くことも大きいと思います・・・・

    そんな複雑怪奇な為替をマクロ=ファンダ、人的=マインドの観点から為替の動きを妄想し、売買したいと思います。  

    投稿に当たっては、たとえご自分の意見を異なる場合でも、乱暴な言葉、誹謗中傷はお止め下さい。 
    ★マナーを守ってくださる方の投稿を歓迎します。
    宜しくお願いします。

  • <<
  • 1817 1794
  • >>
  • 1817(最新)

    凡人 5月19日 00:17

    まだクローズしていませんが・・・・・・
    今週は上出来の1週間でした。

    前回投稿した通りの妄想のままトレード。
    米朝会談が終わるまで、または会談自体が消滅する事態にならなければ、EUR/USDは落ちる。
    HFのEURショートも入って、予想以上に下落しました。

    ただし・・・・・・
    途中、3点ほどハラハラすることも。
    1点目は、米朝会談の延期の示唆。 トレードに関係なければWELCOMEですが・・・・・
    ここである程度戻るかに思えました。殆ど影響なし。

    2点目は、3月のユーロ圏経常収支。
    営業日数・季節調整後で320億ユーロの黒字となり前月から改善。
    ここも正直戻すと思っていましたが、反応は薄かったですね。

    1,2点目ともにLを入れなかったことが結果的に良い結果になりました。
    読みが外れていましたので、喜ばしいことではありませんが・・・・・・
    間違えを続ければ、「赤く」なりますね。


    3点目は仕事絡みで全くトレードできない時間が2日間。
    その間、幸運にもSポジが育ってくれていました。

  • シカゴ筋・・・・・・

    ポジション動向を見ると、ここ3ヶ月でUSD/JPYポジは大きく様変わりしました。
    120000コンロラクト程度の円ロング超過が続いていたものの、年明けから徐々に円ロングが玉数を減らし、一気に解消・・・・・・
    今や若干ながら円ロングが勝っている状況。

    EUR/USDについては、USD/JPYほどではありませんが、傾向としては相関関係にあり、150000コトンラクトをピークに、4月17日週のデータで120000超のユーロ買い越しになっています。現在は10万コントラクトを割っているのでは?

    ここから読み取れるのは、「半島問題」

    有事となれば、日本が特需?になるとは言いませんが・・・・・
    韓国への被害が重なれば、結果日本が利を得るとの妄想でしょうか?
    良し悪しは別として、世界の警察として振舞う米国が攻撃すれば、有事に弱いドル(以前の逆)

    欧州に関しては、情勢が緊迫する中で、対岸の火事。
    量的緩和の出口戦略に舵を切り、一頃に比べれば改善傾向にある経済。
    (前年比ベースの相対的な数字であって、力強いという訳ではありません)

    ここ数ヶ月のユーロ高は、当選と言えば当然ですが・・・・・
    ドルに対しては、上がり過ぎた感もありました。

    問題は、この傾向が続くか?否かですが・・・・・・
    米朝会談までは、傾向が続くと妄想しています。

    北も米国もそれまでは、駆け引きはあるにせよ、刺激するような発言は控える筈。
    大きく動くのは、会談延期または会談の結果。

    急激に落ちたこともあり、決め撃ちを避け、苦手ながらS/Lの短期勝負に留めたいと思います。

    大きな情報がアナウンスされる時、海外出張でなければ良いのですが・・・・・・汗

  • 今週は、今年一番のBIG GAINでした。
    とっても・・・・・YZF-R1M新車1台分ですが・・・・・・
    結果から後出しで理由をつけるのは、好きではありませんが、敢えて述べますと・・・・・・

    欧州の経済状況、出口戦略をベースに考えて来ました。
    最悪期を脱し、緩やかながら回復に向かっているのは数字からも明らか。

    もうひとつのベースは、やはり欧州の特殊性。
    ドイツのような勝ち組の国もあれば、ギリシャやポルトガル、スペインなどなど財政に問題を抱える国も多い。
    英国のEU離脱問題も条件次第ではありますが、双方に決していい影響は及ぼしません。

    不安定な要素がある中で、ECBの景気減速発言・・・・・
    これを事前に察知していたのか? 事前に売りが出ました。
    ここまで上昇が大きかっただけに、マインドが落ち込む・・・・・・と妄想。

    ただしユーロの落ち込みは、対ドルとの関係も大きかった筈。
    北朝鮮との緊張が束の間かも知れませんが解けたこと。
    貿易戦争の件も意外にも大問題に発展していないこと。
    ※WTOに提訴と言っている中国自身が報復関税を掛けるとのですから・・・・・笑

    EUR/JPY Sの玉数を増やして、苦手な短期勝負。
    これが運良く的中・・・・・
    ついでに?入れたGBP/USD SもBIG GAIN ←ハラハラしましたが・・・・・汗

  • ここのところ一喜一憂の展開でしたが、昨晩、本日とスカっとするトレードが出来ました。
    組み合わせは、EUR/USD GBP/USD のS、USD/JPY L
    特にEUR/USD は、1ヶ月半前に仕込んだものだったので、スワップも乗っており、美味しい貯金?となりました。

    ECBは、出口戦略の言及・・・・・
    2017年12月末としていた国債などの資産購入の終了時期を18年9月末まで延ばしたうえで、18年1月以降の資産購入量を現在の月600億ユーロ(約8兆円)から月300億ユーロに半減。 
    今はその途中・・・・・・
    しかも経済は、底打ちし、上ブレするほど。

    ECBが20179月と12月に発表した経済予想では、3ヵ月の間に経済予想が+0.2%、今年2018年の予想が+0.5%も引き上がりました。
    通年の経済予想は17年が+2.4%、18年が+2.3%ですからかなり良いもの。



    正直なところ逆張りでした。
    実際、1.24を超える場面もありました・・・・・汗

    ただし構造的な脆弱性もあります。欧州の回復は、GDPの多くを占める輸出の回復に支えられています。 ドイツでは50%が輸出に依存。※日本は15%程度。 
    中国の景気減速そして英国のEU離脱。
    米国の関税問題への影響も間接的に関わってくると思っています。

    素人っぽですが・・・・・概ね良い経済状況ではありますが、あまりに上げ過ぎたことで、カバーが入ることへの期待。(そこで断続的に追加Sポジを持ちました)

    期待とリスク・・・・・これは英国と欧州何れにも言えること。
    大きな変化がない以上、HFは、経済から上目線、されどリスクヘッジから長くポジを持たないと読んでいました。

    今回は、自分が長く持ち過ぎた点は反省点。 結果オーライでは、ありましたが、早めに切るべきでした。

  • 凸凹はありながらも堅調に思えたユーロ・・・・・
    そして相変わらずのEU離脱交渉に左右されて大きな凸凹を繰り返すポンド。

    何れもグッドフライデーを前にLポジの大きな決済により、値を下げました。
    利益確定売りが主たる要因だと思いますが、他方でドルが強くなった?とも言えます。

    このところの北朝鮮問題、関税問題でリスク回避のドル売りが続いていましたが、北朝鮮問題はこの先どうなるかは不透明ですが、トップ会談が行われるまでなにもない。

    中国をターゲットにしたまた関税問題については、まだ猶予があります。
    通商代表部のライトハイザー代表ら政権当局者によれば、トランプ大統領が発表した総額500億ドル超の中国製品に対する関税措置は6月まで導入されない可能性があるとしています。
    そのこと以上に通商代表部は、中国当局との取引=双方の妥協にも含みを持たせています。
    中国の報復が少なくWTO提訴と正攻法で攻めるだけなら、結果は米国の貿易赤字を解消できることになります

    不確定要素が多いだけに英国同様に条件に左右される!
    それは中国の報復内容。
    米国の主要産業に影響を与えるものであれば、米国株式に影響し、つられて為替が動く・・・・そんな妄想をしています。

    凡人の妄想トレーディング 凸凹はありながらも堅調に思えたユーロ・・・・・ そして相変わらずのEU離脱交渉に左右されて大きな凸凹

  • 暫くぶりに経済の話・・・・・・汗

    米国、欧州何れも動いているのですが、やはり欧州英国の動向に気になります。

    去年の初めメイ首相はEU離脱交渉について加盟の一部を維持するような合意は目指さない考えであることを表明しています。
    その上「EU加盟国との間で、新規で対等なパートナーシップを求める」
    EUの繁栄が英国の国益だとし、「英国は今後も信頼できるパートナーであり、協力的な同盟国かつ友好国であり続ける」「できるだけ自由に取引し、持続的な友好関係を通じて全ての国がより安全となり繁栄するよう協力することを望む」と述べていましたが・・・・・

    自分はこれを見た時、EU次第で英国はかなり危ないことになると思っていました。
    出て行く英国に好条件の貿易協定、通商条約を結べば、加盟国に示しがつきません。
    それで無くともEU加盟国間の経済格差の激しい中、不協和音は出したくない筈・・・・

    英国にはある程度の痛みを与える必要であり、その加減に注視していました。

    案の定交渉は難航、EUと英国の溝は深く、英国の思ったように行かない・・・・・
    離脱まであと約1年。
    離脱すると言って仕舞ったメイ首相は、条件が悪いからと言って先延ばしにすれば、間違えなく辞職。
    その後を担う人もいない? もしくは相当の茨の道。

    EU側のバルニエ首席交渉官によれば、英国が離脱後のEUの関係に関して、合意の選択肢に残るのはFTA=自由貿易協定のみと発言しています。
    EU単一市場の一貫性と人・モノの自由な移動という基本原則において妥協しない方針を「再度」表明していることから、英国は、EUが最近FTAを締結した日本やカナダと同じように扱うとの意思表明。

    条件次第でポンドは乱高下すると以前に書きましたが、
    英国にとっては、今と比べるとかなり厳しいことになり、ポンドが下がっているのもこのあたりが原因になっています。


    東京にあるEU代表部に関係する知人の話では、EUが残留でも受け入れると話していました。(個人的な見解?)
    他方英国でも離脱阻止の動きが出てきているのも事実です。

    ただし再選挙がアナウンスされれば、それだけでポンドは上がると思いますが・・・・・
    交渉期限まで良くて半年、時間切れかと。

    凡人の妄想トレーディング 暫くぶりに経済の話・・・・・・汗  米国、欧州何れも動いているのですが、やはり欧州英国の動向に気にな

  • フィギュアスケートの男子
    羽生結弦選手の金メダル、宇野昌磨選手の銀メダルを獲得。
    素晴らしい結果に感動しました。

    羽生結弦選手は、直前の怪我で一時は出場すら危ぶまれていましたが・・・・・
    脅威の回復力で、ピークレベルに戻し、さらに素晴らしい演技をしたこと。

    宇野昌磨選手は、冒頭の4回転ループで転倒したものの・・・・・
    切り替えてその後素晴らしい演技を最後まで行いました。
    彼の精神力の強さは、見事というしか言い様がありません。


    メダルの色は違いますが、何れも素晴らしいものでした。

    凡人の妄想トレーディング フィギュアスケートの男子 羽生結弦選手の金メダル、宇野昌磨選手の銀メダルを獲得。 素晴らしい結果に感

  • 台湾で発生した大きな地震・・・・・

    地震による死者は9人になり、負傷者は268人、47人と連絡が取れていないとのこと。

    不幸にも起こってしまったこの災害で、安倍首相は台湾の蔡英文総統に対し、犠牲者への哀悼と被害者へのお見舞いを伝える直筆のメッセージを送りました。

    また日本政府は救出活動支援へチーム派遣しました。

    台湾は、大の親日国。
    東日本大震災の際に多くの台湾国民が涙し、義捐金は200億に達しました。

    小国でありながら・・・・・・


    国民が自分の家族や友人のように日本を心配してくれる。
    そのときのお礼を述べると、台湾の方々はみな感動し、涙する方も・・・・・

    自分は台湾が大好きです。
    今は残念ではありますが・・・・・国交はありません。
    それでも大きな信頼関係は、韓国、中国のそれとは真逆。
    比べる必要も無いほど。


    真心には真心で返す。 そういう人は多く見かけます。
    自分も台湾への寄付は決めています。
    台北駐日経済文化代表処で募金できれば直接
    出来なければ日本赤十字を通じて、数万円ほど

    大切な日本の友人たちのために・・・・・・

    凡人の妄想トレーディング 台湾で発生した大きな地震・・・・・  地震による死者は9人になり、負傷者は268人、47人と連絡が取

  • ステージ1をMonster Energy Honda Teamのライダーは順調にこなし、ホアン・バレダがトップと57秒差の4位、ケビン・ベナバイズが1分53秒差で10位、リッキー・ブラベックが2分47秒差で11位、イグナシオ・コルネホは3分21秒差で15位。

    ウエイポイント(GPSで規定されたルート上の通過点)を見つけることに少し時間をロスしたマイケル・メッジはそれでも3分51秒差で19位と、ホンダワークス勢の全員がトップ20でフィニッシュ。

    これにより、明日ピスコ周辺を周回して行われる267kmのスペシャルステージ(競技区間)のスタート順位が決まりました。


    ホアン・バレダ コメント(ステージ1 4位/総合 4位) ※ホンダのエース

    短いが砂地が多くナビゲーションも必要な激しいステージでした。
    低い砂丘で転倒したライダーがいて、彼を救助するヘリコプターが到着するのを見たとき、私は注意してライディングすることを決めました。
    そこからはリスクをおかさず、しかし安定したペースを維持しました。おおむねうまくいったステージだったと思います。





    本日は、ステージ2 ピスコ~ピスコ(ループ)

    リエゾン(移動区間)12km スペシャルステージ(競技区間)267km 移動距離279km。

    凡人の妄想トレーディング ステージ1をMonster Energy Honda Teamのライダーは順調にこなし、ホアン・バレ

  • ダカールラリーが始まりました。
    二輪カテゴリーには二輪139台、クワッド(ATVクラス)49台を合わせ188台が参加。
    四輪カテゴリーに103台(サイドバイサイドクラスを含む)、そしてトラッククラスに44台がリマを後にします。合わせて500名を越すラリースト達(四輪のコドライバーを含む)が全14ステージ、約9000キロ先のゴールを目指します。

    1月6日、南米ペルーの首都リマをスタートした第40回ダカールラリー。
    太平洋沿いに南下し、ピスコへと進みました。
    初日はリエゾン(移動区間)242km、そしてステージ2のスタート順を決めるプロローグとして31kmの短いスペシャルステージ(競技区間)が行われました。

    短いステージだけに本番は本日のステージ2と言えますが、やはり気になります・・・・・汗
    自分がが応援する日本メーカー勢、ホンダ、ヤマハの結果は、まぁまぁと言うべきでしょう。


    このコースは、ループ状に造られたショートステージ。
    高低差のある砂地に設定され、いいペースをマネージメントして走るのにテクニックを問われるものでした。
    中にはさっそくダカールの洗礼を受け、リタイアする選手も・・・・・汗

    バイク部門上位6名

    1 1 S.サンダーランド KTM 000:20'55 - -
    2 4 A.ファン・ベヴェレン ヤマハ 000:21'28 00:00'33 -
    3 10 P.クインタニラ ハスクバーナ 000:21'51 00:00'56 -
    4 5 ホアン・バレダ Honda 000:21'52 00:00'57 -
    5 23 X.ド・スルトレ ヤマハ 000:22'02 00:01'07 -
    6 2 M.ウォークナー KTM 000:22'18 00:01'23 -


    続く・・・・

    凡人の妄想トレーディング ダカールラリーが始まりました。 二輪カテゴリーには二輪139台、クワッド(ATVクラス)49台を合わ

  • 築地移転問題もようやく決着がつきました。
    来年2018年10月1日 都民の日に開場・・・・・・笑

    会見では、自分の無作為に批判がでることを牽制する意味か?
    昨夏の移転延期決断後に豊洲市場の地下空洞や地下水の問題が表面化したことを踏まえ、「開場した後でそれらのことが明るみに出ていたことを考えると、むしろ混乱を防ぐことができた」と、2年遅れでの開場の意義を強調。さらに「当初からやるべきことをやっておけば、(開場までの)時間を短縮できたと思う」と都市場当局への不満を口にしていましたが・・・・・・

    ご自分が混乱させたことが大きかったのでは?

    ただし、市場業界など求める「豊洲安全宣言」は未だになし?

    「しかるべき段階で発信する」と明言していましたが、混乱させた時、今、何が変わっているのか?
    当初より「いいかっこ」をしなければ、こんな遅延は起こらなかった筈。

  • 今週は難しいトレードでした。
    事前予想では、FRBの12月利上げは決定的・・・・・・
    自分もそれを疑いませんでした。
    ドルは値を戻し、ストレートは下がり気味でした。

    FRBが利上げを決めるとドルインデは↓
    通常なら利上げで↑の筈。
    HFの仕掛けられた感が漂っていました。

    しかしこのところの相場を作っていたのは、利上げよりも、米国の税制改革=法人税の引き下げにあるよう思えます。
    この進展、後退が一番ドル相場に影響を与えていた。 ・・・・・そう妄想しています。

    それを試すため、昨晩の上院での可決見通しを手掛かりに、大きくユーロを売りました。
    ECBドラギ総裁によりの強弱織り交ぜたコメントもあり、少々怖かったですが・・・・・
    案の定?たまたま? ユーロは下がり、国産セダン1台分?の利益。

  • 1802

    凡人 強くそう思う 2017年12月16日 00:17

    日本は、ようやく普通の国になろうとしている・・・・・
    そんな印象を受ける記事を、まともな記事を載せる産経新聞で見ました。

    「安倍晋三首相は15日、共同通信社で講演し、改定作業を進める防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」について「従来の延長上ではなく、国民を守るために真に必要な防衛力のあるべき姿を見定めていきたい」と述べた。平成25年末の前回改定時に見送った敵基地攻撃能力など新たな装備体系の整備を念頭に抜本的見直しを行う考えを示した。」

    今の日本は、どんな攻撃を受けてもひたすら耐えて、迎撃することしかできません。
    今までに数回この問題を述べて来ましたが、改善されないことに危機感を覚えていました。
    要となるイージスシステム、パトリオットやPAC3で飛んできたミサイルを迎撃することは、あまりに無理があります。
    核弾頭を積んだミサイル、ダミーミサイルも同様に迎撃する場合、ミサイルの弾数不足、迎撃精度が落ちることは必至。
    防衛省は、大丈夫だと言いますが、こればかりは「気持ちだけ」だと思ってます。

    撃たれたら、撃つ場所を攻撃する・・・・・
    これが一番効率的です。
    やっと動き出した・・・・・喜

    左翼分子やバ韓 国、C国が非難するでしょうが・・・・・・無視(笑)
    精力的に進めて頂きたいと思います。

    凡人の妄想トレーディング 日本は、ようやく普通の国になろうとしている・・・・・ そんな印象を受ける記事を、まともな記事を載せる

  • --続き---

    ただしEU側も無傷ではすみません。

    英国側から見て、EUへの輸出は、1340億ポンド 輸入は2230億ボンド(英国統計局 2015年数値)
    EU全体で見れば、英国側が同率の関税をかけた場合、収支は英国の方が特になる?
    もっとも痛手となるのはドイツなので、発言権の強いドイツどのように持っていくかは不確定要素が大きいと言わざるをえません。
    ポンドばかりが注目されていますが、ユーロ危険をはらんだ通貨であることを認識すべきです。



    先の画像は、EUスポークスマン Margaritis Schinasさんのツイートより↓

  • 英国のEU離脱交渉のカギを握っていたメイ首相。
    当初は、EU離脱に加えて、EU単一市場からの撤退、関税同盟からも離脱するというハード・ブレグジットを宣言していました。

    自分はこれを聞いたとき、経済界からの強い反発があると想定していましたが・・・・・・・
    それどころか英国民からもNOを突きつけられ、今年6月の総選挙でよもやの過半数割れ。
    政権基盤を固め、離脱へ邁進する予定が腰砕け。

    ハード・ブレグジットを強行しようとしたことは、自分はその理由がいまだに分かりません。
    離脱を決めた投票は、過半数を獲得したといっても僅差。
    YESを投じた人の多くは、EU単一市場からの撤退、関税同盟からも離脱までは想定していなかったと思っています。

    強い反発を受けたメイ政権は、態度を軟化させて単一市場と関税同盟と可能な限り残ソフト・ブレグジットに変更・・・・・・
    これでは、メイ政権は持ちません。
    あまり長くはないと思っています。


    それでもなんとか離脱に向けた第一フェーズはクリアした模様・・・・・・
    ただ第1フェースは、EUを離脱するに当たり債務を清算する離脱清算金  イギリス、EU双方の市民の権利保障(3)アイルランドと北アイルランドの国境問題

    問題はここからです。

    世界貿易機関(WTO)によると、一切の協定無しに強行離脱した場合、英企業の関税負担は年間56億ポンド(約7600億円)に達し、英国財務省によればGDPが2年で3・6%押し下げられると試算しています。
    英国が不利な条件で交渉が進む、または単一市場と関税同盟から完全に切り離された場合、ポンドは、と相当下落すると思っています。

    自分が想定するのは、EUが英国に特別の計らいをして、関税負担額の何割かの負担で済むようににする。
    お灸をすえるなら当初は関税をかけされ、2,3年後に引き下げる。
    7000億円以上になるか? 2000~6000億円程度になるか? 
    そんな妄想をしています。

    凡人の妄想トレーディング 英国のEU離脱交渉のカギを握っていたメイ首相。 当初は、EU離脱に加えて、EU単一市場からの撤退、関

  • 11月27日から30日までアンリ・ルクセンブルク大公国大公殿下とマリア・テレザ同妃殿下(His Royal Highness Grand Duke Henri of Luxembourg,Her Royal Highness Grand Duchess Maria Teresa of Luxembourg)が国賓として訪日しました。

    自分は、担当ではありませんでしたが、いつものように迎賓館まで視察・・・・・笑
    米国大統領が来日した時のような物々しさもなく、落ち着いた雰囲気は、品のあるお客様にはあっているように思いました。

    日本とルクセンブルクは、ことし外交関係樹立から90年・・・・記念すべき年です。

    アンリ大公は、日本に来たのは、10回目以上・・・・・ 
    前回は2003年ですから少し間がありましたが、日本に親しみを持っている方です。
     
    皇室とルクセンブルクの大公家は、長年にわたって親密な交流を重ねており、今回も両陛下は、アンリ大公と王女と微笑みながら挨拶を交わされ、天皇陛下が皇太子様、雅子様、安倍総理大臣を紹介されました。

    ルクセンブルクは、重工業と金融が盛んで国民1当たりのGDPは、世界でトップ。
    伝統の工芸品、豊かな自然、近代的な工場が共存する、欧州の日本?ともいえると思います。

    迎賓館に掲揚された国旗・・・・・どこかの国と似ていますね。
    それは、ベネルクス3国のひとつである国です。

    凡人の妄想トレーディング 11月27日から30日までアンリ・ルクセンブルク大公国大公殿下とマリア・テレザ同妃殿下(His Ro

  • 続き

    ビニャーレスも、ザルコが2017年仕様のバイクを使うことに慎重になるべきだと語っています。
    テック3がワークスチームと同じ仕様のバイクを使うことが、ヤマハの助けにもなるも・・・・・・

    「現行のプロトタイプを使えば、間違いなくザルコは多くの問題を抱えるだろう」
    「しかし、トラック上に多くのバイクがあるというのは常に良いことだ。それに彼は、僕たちの役に立つ情報をもたらす能力があることをすでに証明していると思う」
    「僕たちは来年、もっと多くの情報を得られるよう願っている。何かをやろうとした時に、2台よりも3台分のデータがあった方が、間違いなく良い」
    「今年、ザルコのデータは僕たちにとって何の意味もなかったんだ」


    ビニャーレスの言葉は説得力がありますね。
    それも今のヤマハのマシンが悲しいことに戦力を失っていることを意味しています。
    そのための改良、改善のためには多くのデータが必要になる!
    自分もザルコに最新モデルを与えることに大賛成です。
    それがザルコの真の実力を知ることができると同時にヤマハチームに貢献するからです。

    凡人の妄想トレーディング 続き  ビニャーレスも、ザルコが2017年仕様のバイクを使うことに慎重になるべきだと語っています。

  • ヤマハのサテライトチームであるテック3・ヤマハのヨハン・ザルコ。
    サテライトチームの宿命で、最新マシンは提供されず、今期は2016年モデルに乗っていました。
    にも関わらず、マレーシアGPでは3位フィニッシュ。 2017モデルに乗るヤマハワークスのロッシ、ビニャーレスの2台よりも前でレースを終えたのは、6回となります。
    ロッシの言葉を聞いて、俺たちよりも速く走るヤツに2017年モデルは危険だ・・・・・・

    嫉妬からの発言かと思っていました。
    しかしそれは大きな勘違いということが分かりました。

    ロッシとビニャーレスはウエットコンディションで行われたレースで2017年仕様のマシン苦しみました。  ウェットコンディションでは強かったはずのマシンが・・・・・・

    2017年のマシンとタイヤの組み合わせでは、リヤタイヤのグリップが不足してしまうことにありました。 調製をしていったものの結局最後までヤマハこの問題を解決できませんでした。
    ロッシが言うには、「ザルコが来季、2017年仕様のM1に乗りたくないと思ったとしても、それは完全に理に適っている」
    「ウエットで2017年仕様のバイクに乗るのは”不可能”だし、ザルコも馬鹿じゃない」
    「2016年仕様のバイクはウエットでもよく機能しているので、彼が来季2017年仕様のバイクに乗ることを望まなかったとしても理解できる」
    「彼は2015年に初めてMoto2クラスのタイトルを獲得した。その後、コンストラクターのカレックスは2016年仕様のバイクを彼に与えたがったが、彼はそれを拒否し連覇を果たした」
    ここまで言っていいのか?と思いますが・・・・・・汗
    それくらい2017年モデルYZR-M1は、ウェットコンディションとの相性が悪かったことを意味しています。

    来季、型落ちとなる2017年仕様ではなく、最新仕様のバイクを得ることができるのか?
    そう訊かれたザルコは、ヤマハからどんなバイクを与えられるにしろ、グリッド上で最も競争力のある存在になれると信頼していると語った。

    「今年のバイクについて、ヤマハが何かミスをしてしまったのなら、それをテック3に与えるとは思わない」
    「ヤマハにとっても意味がない。グリッド上に4台のバイクを並べ、その4台全てが競争力を持つことが、ヤマハの目標だ」

    続く

    凡人の妄想トレーディング ヤマハのサテライトチームであるテック3・ヤマハのヨハン・ザルコ。 サテライトチームの宿命で、最新マシ

  • 先ずは先の投稿の訂正

    誤)言い回しがきつくなる方もありしが・・・・
    正)言い回しがきつくなる方もおりましたが・・・・

    政治関連の掲示板では、カナダとバ韓 国の通貨スワップは嘘・・・・・という話題に盛り上がっています。
    カナダ銀行 The Bank of Canada は公式に以下のようなコメントを出しています。

    The Bank of Canada and the Bank of Korea today announced a standing bilateral liquidity swap arrangement, effective immediately. The arrangement allows for the provision of liquidity in each jurisdiction to support domestic financial stability should market conditions warrant. This effectively enables the Bank of Canada to provide Canadian dollars to the Bank of Korea, and to provide liquidity in Korean Won to financial institutions in Canada, should the need arise. Likewise, the Bank of Korea can provide Korean Won to the Bank of Canada, as well as provide liquidity in Canadian dollars to financial institutions in Korea.


    この中に出てくる「bilateral liquidity swap」は、通貨スワップではなく、為替スワップ。
    主要通貨を持っている国(米国、EU、日本、英国など)は既に実施しています。
    カナダとバ韓 国の為替スワップは、有利子で双方が担保を必要とするもの。
    国際決済通貨ではないので、効果は殆どありませんね。

  • ヤフー掲示板では、自分のポジションから動かない自分ですが・・・・・
    FX、経済系ではありませんが政治関連の掲示板で、本音で書き込みをしてきました・・・・・汗

    感じたことは、2つ

    ■政治関連の掲示板では、思いのある方が多い。
    情報収集した上で自分の気持ちを述べる。
    信条を貫くことに一生懸命になり過ぎて、言い回しがきつくなる方もありましが・・・・・
    それもアリかと思います。

    ■左翼系の人は、やはり支離滅裂で、宗教のようです。
    反日分子は、逆恨みで薄気味悪いですね。
    批判ばかりの人、揚げ足取りの人種は、死ぬまでそういうことをし続けるのだ思います。

    歳を重ねるごとに人間は、賢くなっていくものと思っていましたが・・・・・
    客観性を失って、ただただ批判するばかりの人お年寄りが多いことも気になりました。

  • <<
  • 1817 1794
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託