ここから本文です

少し古いネタですが
日本政府は操縦士なしの「空飛ぶクルマ」を2020年代の実用化に向けて
協議会を立ち上げるみたいです。

つーか、3月にはもう経産省が発表してたのに
まだやってなかったのかいw
遅すぎ^^;

「空飛ぶクルマ」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28315180Z10C18A3EE8000/
https://response.jp/article/2018/03/27/307722.html

「年内を目標に協議会を立ち上げ」
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm33498064

まぁこれはこれで良いとして、以前も書きましたが
「トンボ」のような「手」や「足」のある「垂直離着」可能な
空を飛ぶ乗り物作った方が良いと思っているんだけど。

誰も提案しないのだろうか・・・。

災害を考えたら
地面がぐちゃぐちゃになっている可能性が高いんだから
地面が平らでないと離着出来ないとか
使い勝手悪すぎる。

「手」や「足」が付いていた方が
瓦礫もどかせるし、何処でも離着出来るし
絶対便利だと思うんだけど。

まぁ形状は色々あって良いと思うけど
「蜘蛛」みたいに8本位手足付けてドローンぽいのでも良い気がする。

現在日本は他国から買ってきた
災害時の車両を何台か持っているんですが、
数が少ない上に使い勝手が悪すぎる気がします。

というかこれだけ毎年毎年災害起きているんだから
そういうのは自国で予算取って作った方が良いと思う。

そうすればそれを他国にも売れるし、災害国を助ける時の救助にも使える。
税金はこういう本当に必要な部分に使って欲しい。

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!