ここから本文です

>>9336

こんばんは。

>それはそうと、ドル円の今後、どう思われます?
>2015年からの月足レジライン抜けている?と思うんですが、まぁ今月まだ終わってないので

今皆さんが気にされているのは、
三角持合の上限のブレイクだと思うのですが
確かにこのブレイクも重要なのですが
基本的には、数年前からお話している状況と
まだ変わりません。

つまり月足レベルの「巨大なスクイーズ中」と言う事です。

画像ご覧下さい。

ドル円の月足に
「一目均衡表の雲」と「21BB」と「ストキャス」を表示してあります。

黄色の矢印の箇所の一目均衡表の雲の捻れ部分有りますよね。
あそこが大雑把な中心部分です。

21BBの中央線(ミッドバンド)もあの辺にあるでしょ。
「ストキャス」も50%の中央値です。

つまりドル円はあの辺りを挟んで上下に行ったり来たりしているんです。

今はBB3σの付近の赤の横線の範囲がストレスなく移動出来る箇所。

このBBの範囲が時間が経つに連れてどんどん狭まって来ますので
限界まで達した時に上か下かのどちらかにブレイクします。

まぁこのブレイクでトレンドが出るかどうかも
個人的には怪しいと思っているんですがw

と言うのもこのサイズのチャートだと政治的な国策と言う物が
やはり関わってきて、多分この辺りの価格水準は
米国に取っても日本に取っても非常に居心地が良いと思うんです。

とは言え、その価格にずーと止まっている訳にも行きませんので、
結局何時かはどちらかに動くのですが、
でもそれが何時でどっちに行くのか良く分からないんですw

まぁこれも、
「巨大なレンジになった後、どうなるのか分からない」
と前から板に書いている通りです。

只最終的に諸々考えた場合「上」に行くのではないかと。

それと「分からない」と言うのは「何が何だか分からない」と言う意味ではなく、
「売り方」と「買い方」の「力が拮抗」している「分からない状態」だという事です。

チャートの状態は
「売り」「買い」「分からない」の3つに分類しなければならず、
この「分からない状態」の部分を他の言い方で言うなら
「休み」とか「待ち」などと呼ぶ訳です。

逆に「売り」「買い」の力が拮抗しているからこそ
「スクイーズ」が発生しているんです。

続く・・・

名門!FX野球部! (-_☆)キラン こんばんは。  >それはそうと、ドル円の今後、どう思われます? >2015年からの月足レジライン抜け