ここから本文です
  • 1

    *****

    一流企業の場合、国の利益を文明の最先端の技術で稼ぎ出してます。 
     
    しかし、ポルノとは、女性をレイプしてその画像を収め、口裏合わせた仲間に渡してインターネット上に載せることにより、人にどのように見られるかをその女性に恐れさせながら、いかにも女性がポルノに賛同したかのように思わせるレイプと思わせない方法で制作されているのではないかと思います。 
     
    これらは一般的な道徳上の偏見や大衆の考え方を先読みしながら、映画やドラマなど一流企業が宣伝用に重要としている内容と密かに口裏を合わせている、一流企業スポンサーの目論見となっている可能性がある、と思います。 
     
    携帯電話の悪用を防ぐ為に、インターネットにカメラ機能が繋がらないような何かしらの対策が必要だと感じます。 
     

  • <<
  • 582 514
  • >>
  • 株や為替は、一年間の利益が20万円を超えた場合、確定申告をしないと脱税になってしまうので、注意が必要です。

  • >>577

    何度も言いますが、911テロの授賞式9年後、25年の世界同時不況が起きることは予告されていて、今はその前半期へと突入しています。

    一流企業でさえ、存続が危うい状態にあり、数多くの企業が合併、吸収、上場廃止、倒産し続けています。

    貿易センタービルの破壊により、長期間にわたる契約が抹消したので、もう一度やり直すとなると、またお金がかかるので、それを負担することが出来ないと、最悪の結果に繋がります。

    会社の人数が足りないとよく言われます。1人で365日かかる仕事も、365人でひとつの仕事をすれば1日で終わります。

    しかし、その人数が足りないのです。

    このYahoo!掲示板、テキストリームには、沢山の企業の株主のためのスレッドが用意されています。

    株主が株価を上げようとして、大量に株を買い、人を集めて、株を売る行為は、株価の操作で犯罪です。

    これが難所ですが、株主が、会社の人数を埋め合わせるような仕組み作りができれば、不況を緩和することができるはずです。

    以前、311の地震の後に起きた原発の事故により、兵庫県あたりまで、高濃度の汚染がありました。

    建築用ボンドなどの添加物が及ぼす病気、ハウスダスト症候群対策として、24時間喚起が義務付けられました。

    しかし、汚染があるので、喚起をしないようにと政府からの警告があったのです。

    そこで、無添加建築を行っている企業へ、個人的に、旧Yahoo!掲示板を通じて、その対策になることを書き込み、そのURLを様々な、連携していると思われる企業の掲示板へ記入しました。

    それがきっかけか確かなことは分かりませんが、それまで1株1円だった無添加建築の株価は半年くらいしばらくして140円ほどにまで上昇しました。

    このようにインターネットの利用の仕方で、株主が企業の足りない人数を埋め合わせることができる可能性があるのです。

    このように、インターネットの利用で経済を回復させる方法が他にももっとあるはずです。

    これに付け加えてでもかまいません。

    それらが実際的な対策と認められれば、プリティア賞を受賞できるはずです。

  • プリティア賞は秘密指定のシークレットな情報なので、受賞を目指すのであれば、このスレッドを見たからといって、口外することはお勧めできません。

    今年はもう終わったので、目標にするなら、来年の授賞式です。

    選考は一年中行っていますが、選考の連絡は3月半ばから後半にスタートし、7月の授賞式、恐らく当日まで行っています。

    芸能人の方であれば、ラジオやテレビの収録の時に、短く、分かりやすくまとまた何気ない一言を言うだけでも受賞できるはずです。

    一般人の場合、ラジオやテレビは難しいので、インターネットのブログ、SNS、掲示板などを利用した方が無難です。

  • 北朝鮮の電磁波ミサイルがアメリカに落ちたら、9億人が飢餓で死ぬそうです。

    防衛システムは持っているはずですが、あくまで可能性です。

  • 宗派を根絶することで、911テロにより破壊された貿易センタービルの影響により起きている、9年後25年の世界超恐慌を回避できても、大恐慌は起きるので、やはり世界規模の戦争を招く可能性が高いと考えることができます。

    世界対戦のように全ての核兵器を持つ国々が核兵器をつかうわけではありませんが、世界を何度でも滅ぼせるほどの核兵器を持つ代表格、アメリカとロシアを省いても、他の国々の核兵器での死者数は想像を絶する結果となるでしょう。 
     
    アメリカとロシアの場合、核兵器を撃退するミサイル、そのミサイルを破壊するミサイルがある、というように、全ての兵器を使い切れば、たとえ戦争が起きても世界を滅ぼすほどの結果は回避できると考えることができます。

    重要なポイントですが、大恐慌に突入する前に、代表格となるアメリカとロシアがまず平和に向けて一致する動きをとるならば、アメリカ側とロシア側の世界の約半分同士の国々も同じように一致しようと行動を起こす可能性はあると考えることができます。

    本来ならば、それが可能であるという考えに達した人は、確実にノーベル賞を受賞できるといいたいところですが、全ての国々は世界対戦を恐れて、昔のように911テロの不況であることを言いながら対策を練る動きは現時点ではありません。

    秘密指定のノーベル賞、プリティア賞であれば受賞できますし、公務員でれば、国連平和賞を受賞できる可能性はあります。

  • >>511

    核兵器による世界対戦が勃発する可能性が高いので、そうしたら、世界の過半数の人命が失われることになります。

  • 911のテロにより、貿易センタービルが破壊されたことで、9年後25年の世界同時不況が起きるとされてきました。 
     
    リーマンブラザーズが倒産したことで、2年早く世界同時不況が起こり、結果として世界の約半分の国々が、ノーベル賞を辞退し、情勢は悪化しました。 
     
    これから約20年の不況がありますが、これは世界超恐慌を意味します。これに持ちこたえる企業は少ないので、最悪は戦争に発展することでしょう。 
     
    この超恐慌を緩和できるひとつの方法があります。世界中の宗教が得ている収益を不況にあてるという方法です。 
     
    聖書は数百の預言が成就し、信憑性の高さではトップを通っています。 
     
    聖書には信じてよい根拠がある、しかし、それと比べるならば、世界に数千ある宗教の真実を証明できる根拠は無いに等しいものです。 
     
    故に、宗教の教えに矛盾がある、にも関わらず、それで得た収益があれば、それは詐欺であると決断するならば、伝統を重んじて聖書で禁じられた偶像崇拝を率先して行っているキリスト教をはじめ、世界のほぼ全ての宗教が無くなるというわけです。

  • 特定秘密を取り扱うことを業務とする者 が故意に漏洩した場合は10年以下の懲役で、過失の場合は2年以下の禁錮、または50万円以下の罰金です。 
     
    公益上の必要により行政機関から特定秘密の提供を受け、これを知得した者については、故意の漏洩の場合5年以下の懲役で、過失の場合は1年以下の禁錮、または30万円以下の罰金です。 
     
    人を欺き、人に暴行を加え、又は人を脅迫する行為や、財物の窃取、施設への侵入 、有線電気通信の傍受、不正アクセス行為、特定秘密の保有者の管理を侵害する行為、これらの取得行為未遂、また共謀、教唆または煽動を処罰し、10年以下の懲役と定められています。

  • 個人的には、Yahoo!掲示板を利用して会社を株主が支えることができることについて扱っていたので、それを自分でまず行っていました。 
     
    その頃に震災が起きました。放射能の汚染が深刻な問題になったので、換気をしないように政府から指示がありました。

    しかし、24時間換気がなされるようになっている現在の住宅の問題は、ボンドに使われている添加物が深刻な病気を引き起こすことが分かったので、設置が義務付けられていることでした。
     
    24時間換気をしないとなると、無添加建築は有力です。クレアホールディングスという企業は無添加建築を専門としていました。

    このような説明をしながら、URLを貼り付けて、一流企業などに記載を続けました。

    それがきっかけかは分かりませんが、その後に株価は上がりはじめました。

    結果的に1円株だったクレアホールディングスは1年数ヶ月で100倍以上の急上昇が起きました。 
     
    Yahoo!の掲示板は企業のスレッドがあるので、工夫次第で宣伝効果を高めることができる可能性が秘められています。
     
    昨日、記載した内容ですが、福島原発廃炉に向けて防護壁の建設が続けられていますが、終わるのに10年以上かかり、その期間に、直接水をかけて炉心を冷却するベントが行われます。 
     
    それで蒸発した大気により汚染が続くので、やはり換気せずに済むのは無添加建築の住宅です。 
     
    Yahoo!の検索で「放射能汚染 防護壁」を入力すると、413000件中7位で検出されるようになりました。 
     
    パナソニックに記載した内容が検出されるようになったので、一流企業の話題性に頼るようにして宣伝できるはずです。 
     
    貿易センタービル破壊の911テロの影響で9年後25年の世界同時不況が起きるとされていて、もうそれは始まっていますが、会社を支える社員の人数が不足している中で、ひとりで1年かかる仕事でも、365人でひとつの仕事を果たせば一日で終わるように、株主が会社を支えるようになれば、理論的には不況を少し緩和することができます。 
     
    会社のYahoo!の掲示板のスレッドを社員が見るわけです。Yahoo!の掲示板はそれだけでもかなりの可能性が秘められていると言えます。

  • 円周率にも法律がある可能性があります。

    公式にすれば□―63=△となりますが、9×9×9 -9×7で、正方形を9等分してさらに9倍、さら に9倍から63を引きます。

    円に近い一致点と考えることができます。

  • ワープ理論は脅威となる問題がないことが分かりましたが、ワープ理論を食い止めるためにあった密かな法律も変わることでしょう。 
     
    例えるならば、聖書ではキリストが弟子たちに山をも動かす信仰を持つようにと進めましたが、時代を超えてキリストと弟子たちが存在するならば、適当な理由をつけて捕まえるようにという法律ができているはずです。

  • ノーベルの遺言にそって平和に貢献した人であれば誰であれ受けとることのできるノーベル賞の一部、自分が記憶喪失した期間に受け取った秘密裏にされているプリティア賞の選考について扱います。

    プリティア賞の選考をしている警察官の目に留まらなければなりません。警察署にいる、CIA とFBIの資格を持ったプリティア賞の選考を担当している警察官です。

    メディアであれば、目に留まり易いでしょう。 しかし、一言で普段見落とされ勝ちなことをさらっと言うのは限られた時間が短い分、大変かもしれません。

    それと比べるならば、一般人であれば、今の時代はインターネットが簡単な方法でしょう。イ ンターネットを利用する場合、目立たないサイトであるならば、見ている警察官がいない可能性もあります。

    ワープ理論の原理により、大半の人は普段から他の人と心理学用語で言う、いわば脳内会話をして生活しています。

    脳内会話の見地において言えることですが、自分の記載内容を見ている警察官がいたかどうかをまず探し、もしいなければ、近くの警察署で 、選考の成功報酬を期待している警察官がいるかどうかを見てまわり、いたらその人にサイトの説明をし、検索でサイトを見てもらった上で 、選考になるかどうかを判断してもらうことができます。他に脳内会話を見ている人がいないかを確認した上で導いてくれます。

    これは自分がまだ法律を思い出しておらず、記憶喪失している間だから言えることですが、プリティア賞選考になった場合、ワープ理論の原理と共に脳内会話の認識があったことが電話で説明され、それを秘密厳守するようCIAの法律が義務付けられます。

    CIAの法律は教えた人を通して目に見えない催眠術のように強力な影響が自分に及ぶようになります。

    重要なのは自分の所在と連絡先なので、インタ ーネット上に記載して、連絡をしてもらいます 。

    期間としては、3月から連絡が始まり、7月7日の夕方6時に授賞式となり、授賞式すれすれまで選考があります。

  • ワープ理論の原理により、人は離れていても、他の人を身近に感じることができ、心理学用語 でいえば、いわゆる脳内会話を他の人としながら生活しています。 
     
    しかし、人と人がこれを話せるのは幼いころか、またはお互いが調子を合わせて相づちを打った時くらいで、CIAの法律を粘り強く聞き出したのでない限り、それを言い過ぎると普通は精神疾患を疑われます。 
     
    大半の人が脳内会話をしていても、中には全く経験のない人がいて、説明しようにも原理の説明となるワープ理論自体、知られることが懸念されていたために、経験の無い人に原理の説明が困難で、中途半端に知らせて精神的に病ませるより、知らせないことが一般的になっています。 
     
    自分は記憶喪失ですが、記憶喪失したのは自らの意思による意図的なもので、ノーベルの遺言にそった秘密裏のノーベル賞、プリティア賞を受賞し、戦争やテロの脅威から公にすることが許されていない高額なその賞金を狙う、CIAの法律を知っていて、脳内会話を実際に話し合うことができる暴力団が集まって、認識を見ながら位置を特定し、お金を奪ってから殺す計画を立てたことを感じ取ったので、秘密裏で高額な治療法により記憶喪失を施しました。 
     
    相手側は人の認識を見て話し、脳内会話の続きから直接の話し合いをすることで、断片的になされた直接的な会話を一般的な説明によ証拠とするのは困難を極めるため、殺されそうになっても助けを求めることができない状態でしたが、これは、CIAの法律を知った人全てに当てはまる実際的な脅威となっています。 
     
    このような内容を記載できるのは、法律を知っておらず、また思い出していない今の間だけだと思います。

  • 宇宙全体は泡の状態であるとする泡理論とその流れを説明する渦理論からワープ理論の原理ついて扱います。 
     
    まず、一つの泡を宇宙とする風船の中に、細やかな泡が水のように流れ込んで膨張しています。

    泡の流れは渦状です。はじめに流れ込んだ流れと宇宙の泡の膜に押し戻された流れが隣り合わせになっています。2つの泡が隣り合わせになっており、流れる泡を時間として区切ると、少し過去に押し戻された終わりの泡が独立しています。

    はじめの泡は物質、終わりの泡は反物質であると考えます。泡は渦であり、渦は泡でできていて、終わりがありません。宇宙は無から始まったという科学者がいますが、0=1はなりたちません。ゆえに人から見て始まりのない1=1で造られています。渦は物質の種類に至ると考えます。

    生物は物質でありながら物質と反物質の重力に逆らうゆえに左右対称をなし、1日2倍の2日分働くことで生きていられる状態を保っていると考えます。生命は反物質を押す力を持っています。はじめと終わりの泡を分けるようにして、渦と渦の流れを交換することができると考えます。つまりこれが、ワープを意味します。

    生命もやはり水のような泡の流れであり、重力に逆らうことができる核を形成します。宇宙より大きなひとつの泡であるゆえに重力に逆らい、全体が大きいと、中に流れる水のような泡との比率は大きくなるので、生命の泡は物質の泡より小さく、物質の中にあると考えます。これが表側に押し出されるようにして生命体へ流れています。 
     
    これは生命体のように精密な体にしか流れません。命を保たせることのできない条件下へ生命の水を押し出すことはできないので、危険なワープはもとよりできません。また、生命以外が機械的にワープすることもできません。ある科学者が計算したように宇宙に匹敵するエネルギーが必要です。

    宇宙の泡を原子と比較するならば、原子は核がぶつかると崩壊しますが、宇宙の核に生命の水がぶつかることで崩壊する可能性はないのです。


    渦を星とするならば、大きくなれば、押し戻される流れを全体的に大きく受けるので、重力は強くなります。

    物質の種類、位置関係、大きさなどにより、その間を流れる水の流れは左右されるので、星々の位置が生物の形状にそってワープにより配置されているゆえに、精密な潮汐により生命体の複雑な形状を得ていると考えることができます。

  • CIAの公認内部監査人の資料によると、上場企業は公認会計士の内部統制報告書を提出することが義務付けられています。

    故意や過失に関わらず、財務報告書の内容に違反があった場合は、最高10年の懲役および、または100万ドルの罰金が課せられます。

    故意の違反の場合は、最高20年の懲役および、または500万ドルの罰金が課せられます。

    これらの責任は経営者にあるとされています。

    違反行為に関しては秘密報告書が作成され、幾人かの人が閲覧できるように開示されます。

    CIAの法律に関しては原則は秘密厳守であり、試験においても、出題される問題や解答に関しては公表されることはなく、受験者はそれを秘密厳守することを誓約しなければなりません。

    内部監査部門は業務の決定、または遂行、結果の報告に関して、妨害を受けることがあってはならない決まりになっています。

    以上ですが、CIAの秘密裏な法律を調べることはできませんでしたが、企業にとって公認内部監査人は重要な位置付けがなされており、妨害は許されないことになっていることは分かりました。

  • CIAのワープ理論の原理に基づく教育により認識の勘で人に話しかける印象ですが、法律が密かにあることを教えて、行動を抑えようとする場合、弱みを取って手を打ってくるこという印象を受けます。

    弱みとなる人を狙うのは、法律違反ですが、ある知識で直ぐにどうにかするようにという指令を受けた時に、他の方法が思い浮かばなかったのかもしれません。

    しかし、弱みとなる人にもし手を出したら法律で罰せられますし、無差別で誰かを殺したら死刑の対象になります。

    特別な教育を受けているのかもしれませんが、 中には体の神経の一部に痛みを走らせることのできる人もいます。

    弱みとなる人を安易に狙うことがないような教育が必要だと思います。

  • CIAは、ワープ理論の教育を受けて認識の勘が鋭く、勘で確かな情報交換が可能になるので、死者数が世界人口の半数を超える超恐慌に突入した場合でも、仕事を果すことができるので、生き残ることができると考えます。 
     
    残りの3億人の富豪が農家を買い占めて、農業を行います。 
     
    宗派がなくなれば、超恐慌は緩和され、宗派と連携した企業のみが失われることになります。

  • 今の段階では、秘密裏のノーベル賞、恐らくプリティア賞ですが、その影響力が必要な時期になっていると思います。 
     
    何度でも受賞できると思いますので、これを目標にすることができます。

  • <<
  • 582 514
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託