ここから本文です
  • 1

    *****

    マッハ計が壊れて音速を人類が初めて
    X-1で突破した時のパイロットである
    イェーガーの肋骨にはヒビが入っていた
    描きかた。

    104試作機で上昇記録に挑む前の
    機体を後方からイェガーと一緒に映す
    シーンなど。

    マーキューリー計画1号の機体に
    パイロットが乗り込むと
    「バスケットボール禁止」と狭い機内に
    張り紙がされているシーン。

    そして全編に流れるミュージックが最高
    、名曲だからこそ何時聞いても良い。

    ご意見をお待ちしてます。

  • <<
  • 3949 3929
  • >>
  • 3949(最新)

    soh***** 9月19日 16:59

    >>3948


    【誰にともなしに、独り言レス―その2870】

    Lewis wasn't worried about Grissom, because he had practiced water egress with the astronauts many times and he knew their pressure suits were more buoyant than any life preserver. They even seemed to enjoy playing around in the water in the suits. So he gunned the helicopter down to the level of the water to try to snare the capsule.

    てな調子で(まるで見てたかのように)トム・ウルフは書いている。


    ※ 重ねて(訳して)言うが、リカバリー・ヘリ Hunt Club 1 のパイロットだったジム・ルイスはトム・ウルフが自分には何も訊いてきていないと証言している(もちろんガス・グリソム本人に訊けるわけもない)のにである。

  • >>3947


    【誰にともなしに、独り言レス―その2869】

    As the helicopter pilot, Lewis, looked down on the capsule, it shaped up as a routine retrieval, such as he and his co-pilot, Lieutenant John Reinhard, had practiced many times. Reinhard had a pole with a hook on it, like a shepherd's crook, that he was going to slip through a loop at the neck of the capsule.


    誰にともなしに、独り言レス―その2014

    The crook was attached to a cable. The helicopter could hoist up to 4,000 pounds in this fashion; the capsule weighed about 2,400 pounds. Lewis had swung out and was making a low pass toward the capsule when suddenly he saw the capsule's side hatch go flying off into the water. But Grissom wasn't supposed to blow the hatch until he told him he had hooked on! And Grissom—there was Grissom scrambling out of the hatch and plopping into the water without even looking up at him. Grissom was swimming like mad. Water was pouring into the capsule through the hatch and the damned thing was sinking!

  • >>3946


    【誰にともなしに、独り言レス―その2868】

    ※ but Wolfe neither interviewed me nor asked my opinion ―銘記されたし。


    誰にともなしに、独り言レス―その2013

    《 but Wolfe neither interviewed me nor asked my opinion 》– Jim Lewis

    原作「「ザ・ライト・スタッフ」該当箇所―

    ヘリコプターのパイロット、ルイスはカプセルを見下ろした。副操縦士のジョン・ラインハート大尉とともに繰り返し訓練してきた回収作業のときの様子と変らない。ラインハートは羊飼が持つ柄の曲った杖に似た、先端の曲った棒を手にしていた。これをカプセルの首についた輪にとおすのだ。この輪はケーブルに連結してある。このやり方で、ヘリコプターは四千ポンドまでのものは持ちあげることができるが、カプセルの重量は約二千四百ポンドだった。ルイスはカプセルにむかってヘリコプターの高度を一気にさげた。と突然、カプセルの横のハッチが吹き飛んで海中に沈むのが目に入った。しかし、カプセルを引っかけたと連絡するまでは、グリソムはハッチを爆破しないはずだった。みるとグリソムはハッチからはい出し、ルイスには目もくれず、海中にとびこんだ、グリソムは狂ったように泳いでいる。海水がハッチから流れこみ、カプセルは水中に没していく!ルイスはグリソムのことは心配しなかった。これまで宇宙飛行士と何度も海上での脱出訓練を行ない、飛行士の与圧服はいかなる救命具よりも浮揚性が高いことを知っていたからだ。与圧服をきて水中でたわむれるのを喜んでいるようにすらみえた。そこで彼はカプセルをつかまえようとして、水面すれすれにヘリコプターの高度をさげる。[中公文庫]

  • >>3945


    【誰にともなしに、独り言レス―その2867】

    誰にともなしに、独り言レス―その2010

    Do you think anyone would have purposefully released a hatch under those conditions? I would add that since we had practiced such things, he also knew that I wasn't there yet and obviously hadn’t lifted his spacecraft clear of the water. So then, did he accidentally hit the release? NASA records show that every astronaut who used that plunger to release a hatch got a bruise or skin abrasion from the rebound of the plunger. Gus's post-flight physical documented that his body was totally unmarked. This is positive evidence that he did not ‘accidentally’ hit that plunger. Had he done so, he would have been even less able to escape its rebound than any of those who actuated it on purpose.

    "Gus was a consummate pilot, a very bright individual, and a skilled engineer who had everyone's respect. No one who knew him could or would argue with that state­ment, and that is how he should be remembered."

  • >>3944


    【誰にともなしに、独り言レス―その2866】

    誰にともなしに、独り言レス―その2009

    "That kind of person would never have survived combat or been a test pilot, and would not have been selected to be the first in line to blaze the way for new space programs… Gemini and Apollo. NASA obviously had confidence in Gus. I am sad that Wolfe and his media apparently chose to ignore what, to me, is the obvious. I went through the same flight school as Gus – a bit later – flew in the Far East, and was an engineering test pilot. Nothing in Wolfe's book about flight school or the MR-4 mission or flying in general was characterized the way I would have chosen. but Wolfe neither interviewed me nor asked my opinion.

    "In addition, think about this. MR-4 had a large window – the first spacecraft to have such – adjacent to the hatch. When the capsule was floating, Gus looked right out that window and could see water above the hatch sill and above the lower edge of the window, which was lined up with the lower sill of the hatch.

  • >>3943


    【誰にともなしに、独り言レス―その2865】

    誰にともなしに、独り言レス―その2008

    証言-3 ジム・ルイス(リカバリー・ヘリ Hunt Club 1 パイロット)

    When asked to characterize Gus Grissom in the light of later criticism of him and his actions that day – particularly in the movie adaptation of Tom Wolfe's book, The Right Stuff – Jim Lewis expressed his particularly strong recollections and feelings.

    "Gus flew 100 combat missions in Korea. He was a successful test pilot. He had been selected to be an astronaut. Many applied, few were chosen. He was selected to fly the second manned U. S. space mission. He was later selected to command both the first Gemini mission and the first Apollo mission. Those kinds of things do not happen to a ‘screw up.’

  • >>3942


    【誰にともなしに、独り言レス―その2864】

    誰にともなしに、独り言レス―その1998

    グリソム(Liberty Bell)とリカバリー・ヘリ(Hunt Club 1)の最後の交信―

    Liberty Bell : OK, Hunt Club. This is Liberty Bell 7. Are you ready for the pickup?

    Hunt Club 1: This is Hunt Club 1; this is affirmative.

    Liberty Bell : OK, latch on, then give me a call and I'll power down and blow the hatch, OK?

    Hunt Club 1: This is Hunt Club 1, roger, will give you a call when we're ready for you to blow.

    Liberty Bell: Roger, I've unplugged my suit so I'm kinda warm now so.

    Hunt Club 1: 1, Roger.

    Liberty Bell: Now - if you tell me to, ah, you're ready for me to blow, I'll have to take my helmet off, power down, and then blow the hatch.

    Hunt Club 1: 1, Roger, and when you blow the hatch, the collar will already be down there waiting for you, and we're turning back at this time.

    Liberty Bell: Ah, Roger.

    ※ ヘリからの準備完了の連絡があるまでグリソムは待機して、あくまでヘリの合図の後に blow the hatch する手筈を互いに再確認しているのが明らか―パニックで焦ってハッチを吹っ飛ばしたなんて様子は窺えない。 (この交信は「ザ・ライト・スタッフ」にも記載されている)

  • >>3941


    【誰にともなしに、独り言レス―その2863】

    誰にともなしに、独り言レス―その1997

    リバティベルのサイドハッチ問題

    リバティベルがスプラッシュダウンした際、ガス・グリソムはパニックに陥り焦って(リカバリー・ヘリが吊り上げる前に)ハッチを吹っ飛ばしてしまい、カプセル(リバティベル)を海に沈め、自身は危うく溺れ死ぬという(問題の)シーンが「ライトスタッフ」にあるが、一応は原因の特定されない malfunction とされてはいる。

    これに関しては散々あれやこれや(たぶん諸兄をうんざりさせるほど)レスしたけれど、まだ書いてないことを―

    グリソムはヘリに拾われるのを待ってると(after confirming that he was ready to be picked up, he lay back in his couch and waited.)突然―

    "I heard the hatch blow—the noise was a dull thud—and looked up to see blue sky … and water start to spill over the doorsill."

    と証言していて、何もしてないのにハッチが勝手に吹っ飛んだ(想像される)原因の一つに当のリカバリー・ヘリ犯人説―即ちヘリが起こす静電気が引き金になった(static electricity generated by the helicopter had fired the hatch cover)なんてのもあるんですよ。

  • >>3940


    【誰にともなしに、独り言レス―その2862】

    かくの如く、トム・ウルフがグリソムとカーペンターの心拍数を対照して(パニックだった、パニックじゃなかったと)語る真意・論点はミッションのオペレーショナル(ライトスタッフ)性による評価とでも言うか(ディーク・スレイトンはミッションそのものを心臓疾患のせいで失ったと示しつつ)、漠然とした体裁ではテストパイロットや NASA の声として述べている―なので、単純にトム・ウルフ自身がガス・グリソムを不当に dis っていると批難するのは浅い読み方(ちゃんと読んでないだけ)と考えられないこともない―けれど、まぁ…それでも(カーペンターと違ってグリソムはパニックだったと印象操作するつもりは毛頭ない、なんて)白々しく言い逃れできないでしょう、やはり。

    関連レス―

    誰にともなしに、独り言レス―その658

    映画は リカバリー・ヘリのハント・クラブ 1 (浸水して沈みかかったリバティベルを何とか引き上げようとする Marine helicopter)を、おそらく同型であろう Sikorsky SH-34 で再現していて、32 の機体番号も本物どおり。

    しかしながら、その同じヘリが(カプセルの回収を断念して一旦は遠ざかりかけるのに)続いてガス・グリソムをレスキューするのは(明らかにウソを承知の)完全な手抜きで、実際にグリソムをぶら下げるのはハント・クラブ 1 ではなく 別のヘリ。(←写真を見ると 30 Marines となっており、同じリカバリー・チームのハント・クラブ 3 あたりか―その他にも一機の Navy helicopter がアシストしている)

    参考

    ハント・クラブ 1 は重いカプセルを無理に吊り上げようとしてエンジンがいかれかけていたし、まさかグリソムが溺れてるとは思わず、ほったらかしていた―パイロットは Jim Lewis で、原作(訳)はルイス海軍大尉(a Navy lieutenant)としてるが、正しくは海兵隊(Marine Corps helicopter pilot)

    グリソムに命綱(horse-collar)を投下したのは 別のヘリの George Cox 、MR-2 (ハム)と MR-3 (シェパード)のリカバリー経験者―その知った顔のコックスを目にして、グリソムは やっと安堵したもよう。

  • >>3939


    【誰にともなしに、独り言レス―その2861】

    シラーはカーペンターの二倍、つまり六回軌道をまわる、しかし燃料は半分におさえ、目的地点に正確に着水すること。この目的と関係のない事柄はすべて、彼の飛行から排除されることになる。シグマ7号の飛行は、大決戦(ハルマゲドン)として計画された… 有人宇宙計画から実験科学の勢力を決定的に排除するための。そしてこの目的は達成されたのである。

    Schirra would make six orbits—twice as many as Carpenter—and yet use half as much fuel and land right on target. Whatever did not have to do with that goal tended to be eliminated from the flight. The flight of Sigma 7 was designed to be Armageddon… the final and decisive rout of the forces of experimental science in the manned space program. And that it was.


    正義、素朴なオペレーショナルな正義が… ライト・スタッフの名において… 回復されるのだ。 オペレーショナル、この言葉はいまやカーペンターの飛行にたいする当然の帰結として大きな力をもちだした。

    Justice, simple operational justice… in the name of the right stuff. Operational; the word had new clout now, and a corollary to the theory of the Carpenter flight began to develop.


    ウォーリーの飛行はいまだに、オペレーショナルな宇宙飛行があるべき姿の輝かしい模範とみなされていた。(「十四 クラブ」) Wally's flight was still the shining example of what an operational space flight should be.

  • >>3938


    【誰にともなしに、独り言レス―その2860】

    原作「ザ・ライト・スタッフ」The Right Stuff の「十三 オペレーショナル・スタッフ」Chapter 13: The Operational Stuff

    ここでトム・ウルフはスコット・カーペンターの心拍数 Carpenter's pulse rate 云々を論じるのであるが、オペレーショナル・スタッフの意味は―

    スレイトンにとって、「機能的(オペレーショナル)」は神聖な言葉だった。オペレーショナルとは行動、本物、操縦、ザ・ライト・スタッフを指していた。[中公文庫](This word, operational, was a holy word to Slayton. He was the King of Operational. Operational referred to action, the real thing, piloting, the right stuff.)

    簡単に言うと、the operational stuff =the right operational stuff=the right stuff てな感じですか、このコンセプトからトム・ウルフはカーペンターの失敗(オーロラ7)を教訓(?)にオペレーショナルに意義付けされたウォーリー・シラーのミッション(シグマ7)―

    シラーの飛行目的は、カーペンターの飛行が無駄であったことを証明することにあった(For the purpose of Schirra's flight was to prove that Carpenter's need not have happened.)

    としている。

  • >>3937


    【誰にともなしに、独り言レス―その2859】

    と、高心拍数は必ずしもパニック状態を意味しないにしても、低心拍数はパニック状態ではないことを意味する(よって、カーペンターはパニックにはなっていない)と解説しているが、ならばガス・グリソムの高心拍数(Just before re-entry his heart rate had reached 171 beats per minute. Even after Grissom was safe and sound on the carrier Lake Champlain, his heart rate was 160 beats a minute)を根拠に絵にかいたようなパニック状態とするのは筋が通らない(フェアじゃない)だろう―加えて、もともとグリソムの心拍数は普段から異常に高いことが(選考過程で)分かっていたのにである。

    蛇足

    マーキュリーのデータ表(Pulse Rates)によれば MA-7 ゴードン・クーパーの再突入時心拍数は 184 で MR-4 ガス・グリソムの 171 より高い―けれど、それをもってクーパーがパニクってたなんて誰も(むろんトム・ウルフも)主張しはしない。

    どころか、その時のクーパーをトム・ウルフはこう記している―

    起こりうるいかなる形の有人飛行に出会っても、ゴードーは全く泰然自若を絵にかいた(a picture of righteous aplomb)ようだった。(「十四 クラブ」) Confronted with any feasible form of manned flight, Gordo was a picture of righteous aplomb.

  • >>3936


    【誰にともなしに、独り言レス―その2858】

    ここでトム・ウルフはガス・グリソムとスコット・カーペンターの heart rate を対照させ、グリソムはパニック状態におちいった男を絵にかいたようなもの(the clinical picture of a man who had abandoned himself to panic)、「カーペンターはグレンと全く同様に平静であり、グリソムよりはるかに冷静だった」(Carpenter sounded very much the way Glenn had sounded and a good deal less excited than Grissom.)と断定的にイメージ付け(あからさまに印象操作)している―という印象を受けますね、わたしは。

    トム・ウルフは TV(NBC Today Show 11/05/1979)でも―

    In fact, Chris Craft who was then the flight director said, “This man will never fly for me again.” And then began this kind of sotto vocce talk around NASA that Scott Carpenter had panicked. I think this is one of the unfortunate things because I looked at the medical telemetry afterwards and a fast—if a man has a fast pulse rate that doesn’t necessarily mean he has panicked, but if he has a low pulse rate, I would say that means he did not panic and Scott Carpenter’s pulse rate never went over 106.

  • >>3935


    【誰にともなしに、独り言レス―その2857】

    One could argue that pulse rate was not a dependable indication of a pilot's coolness. Scott Crossfield had a chronically rapid pulse rate, and he was in the league with Yeager. Nevertheless, it was inconceivable that a man in a state of panic—in a life-or-death emergency—in a crisis that did not last for a matter of seconds but for twenty minutes—it was inconceivable that such a man would maintain a heart rate of less than 105 throughout. Even a pilot's heart rate could jump to more than 105 for nothing more than the fact that some cocky bastard had cut into line ahead of him at the PX. One might argue that Carpenter had mishandled the re-entry, but to accuse him of panic made no sense in light of the telemetered data concerning his heart rate and his respiratory rate. Therefore, the objective data would be ignored. Once it had begun, the denigration of Carpenter had to proceed at any cost.

  • >>3933


    【誰にともなしに、独り言レス―その2856】

    >一概に heart rate によって何かが明確に測れるとも思えないが

    奇しくも(と言うか、ぬかりなく)原作「ザ・ライト・スタッフ」に心拍数について >あてにならない と主張しうるとアリバイ作り的に押さえてるクダリがあって―

    この際、もちろん、客観的なデータは無視された。カーペンターの脈搏数は、発射の過程においても軌道飛行中も、再突入のさいにも、グレンをはじめとする他のどの宇宙飛行士よりも低かったのである。百五以上にあがったことはなかった。再突入のさいのもっとも危険な段階においてすらも。脈搏数はパイロットの冷静さを計るものとしては、あてにならないと主張することもできよう。スコット・クロスフィールドは慢性的に心搏がはやかったし、イエーガーも同様だった。だが、パニックにおちいった男、生か死かの緊急事態―数秒間ではなく二十分間もの危機状態におちいった男―こういった男が終始百五以下の脈搏数を維持するなどということは普通では考えられない。パイロットでも、誰か生意気なやつが PX で並んでる列にわりこもうものなら、それだけで心搏数百五以上にはねあがるだろう。カーペンターは再突入のさいに操作を間違えたと主張できるかもしれないが、パニック状態におちいったと非難することは、遠隔計測器によって得た脈搏数および発汗率に関するデータに照らしてみる限りでは意味をなさなかった。そこで客観的データは無視せざるをえない。一旦カーペンターの汚辱が始まった以上、どんなことがあってもそれは貫く必要があった。(「十三 オペレーショナル・スタッフ」)[中公文庫]

    Certain objective data had to be ignored, of course. Carpenter's pulse rate remained lower, during the re-entry as well as during the launch and orbital flight, than any other astronaut's, including Glenn's. It never rose above 105, even during the most critical point of the re-entry.

  • >>3932


    【誰にともなしに、独り言レス―その2855】

    誰にともなしに、独り言レス―その2001

    だが、そこには(おそろしく単純な)論理の飛躍があることに注意すべきだろう。

    たとえグリソムが本当にパニック状態だったとしても、焦ってハッチを吹っ飛ばす根拠には全然ならない。

    むしろハッチを吹っ飛ばした根拠として a bumbling, panicked Grissom をイメージ付けてるだけで、全くの憶測(「たぶん、やつはただただ外に出たかったんだろうな。そして―えい、ままよ!―ボタンを押しちまったのさ。」 Maybe the poor bastard just wanted out, and—bango!—he punched the button.)にすぎないのは明らか。

    論点はグリソムがハッチを吹っ飛ばしたかどうかであって、グリソムがパニックだったかどうかでは決してない。

    この(悪意のある)すり替えはグリソムを不当に貶めている。


    誰にともなしに、独り言レス―その2002

    原作「ザ・ライト・スタッフ」及び 映画「ライトスタッフ」が提示した―

    グリソムはパニックだった = グリソムは焦ってハッチを吹っ飛ばした

    という図式(マイナスイメージ)は、グリソムの手は無傷だった事実から少なくともボタンを押してはいないことが証明されているゆえ、とっくに否定され取り下げられるべきものであって、後にグリソムがジェミニの一番手(Gemini 3 command pilot)となり、更にはアポロ 月ミッションの 一番手とさえ目されていたとされる NASA の評価・信頼を見ても、グリソムの実像には合致していないのは確か。

  • >>3931


    【誰にともなしに、独り言レス―その2854】

    >一概に heart rate によって何かが明確に測れるとも思えないが

    と、わたしが但し書きするのは「ザ・ライト・スタッフ」の(あえて言うなら、あからさまな)印象操作が念頭にある。

    関連レス―

    誰にともなしに、独り言レス―その2000

    原作「「ザ・ライト・スタッフ」はリバティベルのグリソムがパニックだったとして―

    遠隔計測器のデータによれば、グリソムの脈搏数は「頻搏」に近い状態に何度も達した。再突入直前には、一分につき百七十二[訳文ママ]にも及んだ。航空母艦レイク・シャンプレインに無事収容されてからも、脈搏数は百六十、しかも息づかいは荒く、肌はほてり、汗ばんでいたし、何もしゃべりたがらず、ただねむりたがった。臨床的には彼こそパニック状態におちいった男を絵にかいたようなものだ。[中公文庫]

    The telemetry showed that Grissom's heart was on the edge of tachycardia at times. Just before re-entry his heart rate had reached 171 beats per minute. Even after Grissom was safe and sound on the carrier Lake Champlain, his heart rate was 160 beats a minute, his breathing was rapid, his skin was warm and moist; he didn't want to talk about it, he wanted to go to sleep. Here was the clinical picture of a man who had abandoned himself to panic.

    と、グリソムの異常な生理状態を明白な証拠と決めつけていて、そのせいで―

    やつがなんらかの形でボタンを押したことは間違いない。[中公文庫](Oh, there was no question that he had hit the damn button some way.)

    と(それ以外ありえないとばかりに)描く。

  • >>3930


    【誰にともなしに、独り言レス―その2853】

    「ザ・ライト・スタッフ」

    >生医学計測器を見守っていた医師たちは、非常に奇妙なことに気づきはじめた。実際、とても信じられなかった。計測目盛りやコンピューターのデータを客観的に読みとってみると…すべては、宇宙飛行士が眠ってしまったことを示しているのだ! (The doctors monitoring the biomedical telemetry began noticing something very odd. In fact, they couldn't believe it. Every objective reading of the calibrations and printouts indicated… the astronaut had gone to sleep!)


    とされてる一方で、逆にクーパーは宇宙での低心拍数(I guess my heart rate was really way down there.)が考察されてなかったことを指摘して(And then, I had a fairly low heart rate anyway, and they really didn’t take into consideration how much lower you’d be in space, and then how much lower you’d be in space when you went to sleep.)、ずっと居眠り運転してた(And so they thought I was asleep all that time.)かのように思われてたとも語っております。(Johnson Space Center Oral History L. Gordon Cooper, Jr.  21 May 1998)

  • >>3929


    【誰にともなしに、独り言レス―その2852】

    ゴードン・クーパーはフェイス7から宇宙での睡眠について―

    People wonder if it's hard to sleep up here, I just drifted off for about 3 or 4 minutes on a quick little nap. Sleep here just like you do anywhere else.

    と、普段(地上)と似たようなものだ(まあ、ホットドッグにとっちゃそうなんだろうけども)と交信していて、フライト後の報告では宇宙における実に心地よくも快適な睡眠体験、更には(あまりに安眠・快眠すぎるせいか)覚醒時の(今どこにいて何をしてるのか、直ぐには我に返らない)難点を述べる―

    MA-9 astronaut self debriefing

    I found that one difficulty is that so far as sleep is concerned, when you are completely powered down and drifting, you are so relaxed -- and it's such a relaxed, calm, floating feeling, very, very refreshing -- and very delightful,you have difficulty, not sleeping. I found that I was cat-napping and dozing off frequently. Sleep seems to be very sound. I woke up one time from about an hour's nap that I had taken with no idea where I was and did not have any bearings at all about me (about where I was) and it took me several seconds to orient myself and realize where I was and what I was doing.

  • >>3928


    【誰にともなしに、独り言レス―その2851】

    「ライトスタッフ」脚色シーン(管制のジョン・グレンが居眠りしてるゴードン・クーパーを起こす)―

    G:Uh, Gordo. Gordo! (ゴードン ゴードン!)

    C:Ah. Uh-huh?

    G:We, uh, hate to disturb you, buddy, but...we've got a launch. (お休み中を悪いが― 打ち上げだ)

    C:Uh-huh.

    G:There's millions of people watching, and we thought maybe, uh... (世界中の人間が見ている)

    C:Yep. Well, no sweat. Let's go. I'm ready when you are, John, 100 percent.(分かった 始めようぜ こっちの準備は 100パーセント OK だ)

    G:Okay.


    実際にジョン・グレンが居眠りしてたクーパーを起こすのは(打ち上げ前じゃなく)宇宙飛行中のことで、九州近海にいた tracking ship(Coastal Sentry)からの通信―これがもとネタかもしれない。

  • <<
  • 3949 3929
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!