ここから本文です
現在位置:

DTMのハード/ソフト

  • 1,067
  • 2
  • 2017/10/03 01:01
  • rss
  • 1

    このトピックはDTM制作に使用しているシーケンス・ソフト
    や音源やインターフェース等、DTM制作のための全ての
    ソフト/機材について、そしてDTM制作の悩みやヒント等について
    語り合って情報を交換できたらいいなぁと思って作成しました。

    DTM打ち込みのソフトはいろいろありますが、私の場合は
    現在のところすべてフィナーレで打ち込み、録音の
    ときの演奏もフィナーレのプレイバック機能でやって
    います。(一応SSW8.0VSも所有。)

    音源はRoland SC-8850、Yamaha MU500、Yamaha P-120(電子ピアノ)
    そしてVSC(ソフト)を持っていて、使い分けています。
    ただしSC-8850は録音時ノイズが大きく、その他Velocity
    の不連続性などがあって現在は殆ど使用していません。
    MU500は音が硬いのでギター用の時など特殊用途に使っています。
    ピアノDTMをやっている関係上P-120の出番が一番多いですね。
    P-120は音色もまあまあで兎に角一番使い易い音源です。

    あと、オーデイオ・インターフェースにEDIROLのUA-3FX、
    録音やフォーマットの変換にSound it!を使用しています。

    私は今、人間が弾くピアノの生演奏の表現を目指して
    DTMで制作したクラシック曲を公開しています。
    HP開設以来1年2ヶ月が過ぎ、公開曲も40曲に
    なりました。
    今後も制作を続け、公開曲を増やしていくつもりです。

    (Written by an_old_seaman = oldenseaman = kfppm039)


    「私の音楽室」==> http://oldenseaman.chips.jp/

  • <<
  • 1065 1038
  • >>
  • <<
  • 1065 1038
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン