ここから本文です

大阪の芸人

  • 28
  • 0
  • 2017/12/03 16:51
  • rss
  • 1

    大阪の芸人、メインキャスター、アナウンサーは自分が主役ではないことを全く自覚理解していない。ボケと突っ込みで早口合戦をしている。
    自分一人で喋り捲って受けを狙う習性があり、喧しいだけで聞いていて観ていてうんざりする。15年ほど前に淡路島の原健三郎議員が”新婚さんいらっしゃい”の番組に出演していた。三枝が相変わらず喋りまくっていた際に、原議員が”アナウンサーがゲストの話しを聞かずに喋りまくるものではない”と一喝した。三枝はビックリして”およよ”とその場をとぼけていた。自分も以前からそのように思っていたので、スカットした。自分も根っからの大阪人ではあるけれど、桂三枝(新婚さんいらっしゃい)、サンマ(全ての番組)には芸能界から消えて貰いたい(肌が会わない、喧しい)。その点、とくダネの小倉氏は人の話しをゆっくり聞き穏やに喋るので観ていて聞いていて疲れない。
    大阪でも、伸介、上沼、ハイヒールなども喋り捲って五月蝿いけど、話しの内容が次々に変化進行するので飽きない。サンマは同じ内容にこだわり引きずり自分で笑っていたりする時間が長くて面白くも何ともない、要するにトータルの内容自体が少ない。その事に自分が気付いていない。三枝は韓国での新婚さんいらっしゃいの番組でも、ずっこけて椅子から転んでいたが、韓国人から見たら、こいつはアホちゃうかと見られていたと思う。それと、ダウンタウンの浜田はブサイクな顔で、汚い服装、人の頭を殴ったりすることが他人から見て不愉快不自然である事が分っていない。吉本の全部の芸人も含めて大阪の芸人は大阪だけで受けているのかもしれないが、それは大間違いで、逆に嫌われていることに気づいていないのでは。

  • <<
  • 28 27
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン