ここから本文です
  • 1

    *****

      私は脳血管腫があり病院にかかっていましたが、
    てんかん発作が起きるようになり、意識がない
    ちょっとの間に失禁をしていたりすることが度々で
    とてもはずかしく悩んでいます。
     てんかんで悩んでいる方、よければ悩みをお話ください。

  • <<
  • 7127 7106
  • >>
  • 7127(最新)

    ドルチェ 9月26日 23:53

    >>7125

    体重が増えた事もですが、血圧が200を超えたこともあってあせりました、
    それで、結構ダイエットしたんですよ。
    自分のベスト体重は48~50キロぐらいだと思ってますが、今はまたオーバー
    しています。

    その頃、いろいろ悩みを抱えていたせいか、更年期障害の様な症状も出、
    50肩にもなったりと、不調って重なるものですね、
    本当に女性ホルモンが、今まで心身を健康に保っていてくれたんだな、と思います。

    わたしは胃腸だけは丈夫な方だと思っていたのですが、やっぱり精神的なものは
    モロ来ましたね、胃がキリキリする感じでした、
    でもあまり何食べてもお腹は壊さない方かもです。

    MRIの検査結果、良好で本当に良かったですね、
    何でもない時、なに気に検査をしてみて偶然病気が見つかったという話も聞く
    時があります。
    脳ドックとかその他がん検診とか、わたしは今病院に掛かっているのをいい事に
    他の検査をした事がありません。

                                   ドルチェ

  • >>7124

    こんばんは。

    そうなんですか、発達障害児とてんかんはセットと見られているのですね、
    それは知らなかったです、勉強になりました。
    そもそも、発達障害児がどういうお子さんなのか、皆目分らないので
    少し調べてみました。

    発達障害は脳機能(認知)の障害で、
    親のしつけや育て方が原因でもなく、精神疾患でも無いとありました。

    そして、発達障害は、「学習障害」・「多動性・注意欠如」
    「自閉症・アスペルガー症候群」等に分れ、
    そしてそれが重なり合う部分も多く、どう診断するか機関によって異なる事が
    あるとありました。
    周囲から浮いた感じになってしまい、生きずらいでしょう、
    大人になるまでなんとか治って欲しいです。

    てんかん発作もいろいろあって、その様に急に倒れるのは大発作ですね、
    発作にも本当にいろいろな出方があるので、急に倒れたりするだけが、
    発作ではないけれど、いつ倒れるか分らない程発作が頻繁であれば、ヘッドギアは
    必需ですね。

  • >>7123

    体重が増えると血圧もやはり上がりますよね。
    女性は閉経以降色々不具合が増えますね。

    面倒くさいと言っていた生理ですが、女性ホルモンが女性の心身を潤し健康に保っていたのだなあと実感します。

    幸か不幸か?胃腸がそれほど強くないので、大幅に太ることは出来ないのですが、
    サイレントキラーは怖いですね。
    要注意ですね。

    先日脳MRIを取る機会がありましたが、血管の流れの悪い所も一切なく、非常にキレイな良い状態であるとの診断を頂きホッとしています。

  • >>7122

    ハッキリした原因はおそらくまだ解明されていないと思いますが、
    何故か発達障害児・者にはたしか、通常の2,3倍位でてんかん波が見られか、
    発症例があるようです。

    脳内の微細な違いで、てんかん波が出やすいのかもしれません。
    前頭葉の活動レベルが低い方が多いのと、
    その子も医師の話では、脳波の記録を見ると、前頭葉からの波が見られるので、てんかん波に間違いないであろうと言うことでした。

    脳画像に寄ると、脳が未熟ではないのですが、活動レベルの低い場所や過活動の部分、タイミングがあるのが発達障害の人の特徴の様ですので、
    それも関係しているかも知れません。

    とりあえず発達障害とてんかんはセットの様で、
    自閉症児施設などに行くと、てんかん発作による突然の転倒による頭部のけがを防ぐために、ヘッドギアを常時付けている人なども見かけます。

    発作も見たことがありますが、立った姿勢から予告なく突然倒れるので、後頭部を強打する危険が高く、本当に危ないですね。

  • >>7121

    本当に年齢が行くと、友人もあの薬この薬と言っております。
    わたしは血圧が200を超えていた時、過去の体重で一番太って居た時で、
    ここで別人28号とか言ってました、
    その時は、完全にストレス太りだったです。
    血圧が高くても全くそれと感じないので、サイレントキラ―の様な感じで、
    ホントにいつの間にか高くなっていた、という感じです。
    あらゆる病気はサイレントキラーからですよね、高脂血症もいつの間に、
    という感じだと思います、
    血液の流れは本当に大切ですね。

    気管支ぜんそくも長引きますね、わたしの元夫も友人も喘息で、
    吸入器を使っていました、大人になってからの発症です。
    吸入器は、サルタノールとかアドエアの名前は知っています。

    XOXさんも今は特に季節の変わり目ですので、お体お大事になさってください。

                                   ドルチェ

  • >>7120

    XOXさん、こんばんは、
    脳波検査は発達障害の診断がきっかけだったのですね。
    発達障害のお子さんに、てんかん波が認められる場合があるのですね、
    いずれ、検査をしてよかったと思います。

    脳が未熟な子供の内はてんかん波が出ていても、成長すれば出なくなるとも
    言われます、幼児期から学童期に発生したものは成長と共に自然に治るものが
    大半とありました。
    一方、特に思春期は心身共に激的に変化する時期なので、てんかん波が
    あったとしたら、何かの切っ掛けで発作を誘発する事もあるかも知れないですね。
    てんかん発作を起こしていなくても、脳にてんかん波が現れると言う事、それが
    発達障害となんらかの関係性があるのでしょうか。

    その担当医の回答ですが、確かにそれしか答えられないかも知れないです、
    医師も止めたらどうなるか判らないのだと思います。
    であれば、今飲んでいるという安心感の方が大切だと思います、
    本人も安心し、周りも安心というのが一番ですね。

                                 ドルチェ

                                  ドルチェ

  • >>7118

    抗てんかん剤にコーヒーやアルコールは良くないのですね。

    飲んでいる人は未成年なので、アルコールはともかく、コーヒーも特には言われませんでしたので、コーヒーは普通に飲んでいます。

    グレープフルーツとの組み合わせの事も聞いたことがあるのですが、
    意外と沢山のお薬との相性が悪いのですね。

    高脂血症のお薬は私も飲んでいるので、気を付けたいです。

    年齢が行くと色々とお薬が増えて面倒くさいですね。
    私はあとは気管支ぜんそくのお薬(コントロールするお薬)ですが、ほとんど吸入薬です。

    血圧はいつも低くて、上が100を越えないことが殆どです。
    やはりフラフラしたりしなければ、低血圧と言うことにはならないようですね。
    私も朝パッと起きたりは全然平気なんですよ^^

  • >>7117

    ドルチェさんご返信ありがとうございます。

    きっかけは発達障害の診断です。
    幼児期に診断され、発達障害児・者は定型(健常)の人よりもてんかん率が高いので、
    毎年脳波測定をするように勧められました。

    特に思春期など心身の状態が激変する時、体調が悪い時に発作が起こることがあるそうですね。

    常にてんかん波は出ているのですが、発作は起きた事もなく、服薬の話にもならなかったのですが、
    学校で多少不安定な言動が見られたため、予防的に服薬を開始しました。

    辞めた時にどういう影響が出るかを担当医に尋ねると、
    「一度止めて見ればはっきりする」という回答でした(汗)
    ちょっと困りますよね。

    仰る通り、心身を安定させるというお薬の効果以外にも、
    飲んでいるという安心感は、本人にもプラシーボ効果としてもあるかもしれませんし、
    周りにも安心材料となっているのでしょう。

    ありがとうございました。

  • >>7118

    わたしの血圧はマックス218だった時があって、脳血管の事もあり、
    血圧管理は重要なので、毎日測定して血圧ノートを付けて、
    それにはその日の体調とかも書いています。
    そしてそれを診察時にドクターに見せるようにしています。
    その血圧ですが、今は逆に下がり過ぎた感じで、朝測ると上が98とか下は59の日もあり、心配でドクターに聞くと、それでもフラフラしなければいいのだそうです。
    わたしは朝起きるのも難儀では無いし、別にフラフラもしないので、
    そんなもんなのかな、という感じでいます。
    今、飲んでいる血圧の薬は2種類なのですが、そのうちフルイトランは尿を出して
    血圧を下げる作用があるのですが、これは処方されていても現在飲んで無く、
    ドクターにそれを止めたいといったところ、それを飲んでいるから下げた
    と言われ、ドクターに飲んで無い事は言ってないのです、
    それは、メインの薬は飲んでいるので血圧が下がった為、要らないと勝手に
    自己判断したからですけれど。
    それを飲まなくてもこんなに下げた、という事はフルイトランを飲めば、
    とんでもないのではないかと思います。
    あまり余計な薬は飲みたくないものです、今は4種類ですが以前は胃薬・眠剤等
    7種類の時もありました、ODになりたくないものです。
                                  
                                    ドルチェ

  • こんばんは、
    今日はお彼岸でお墓参りに行ってきました。
    お盆とそれ程間が開かないせいか、お参りする人はまばらで寂しい感じでした。

    ところで、この頃病気トピらしくなっていますね、
    わたしも抗てんかん薬は、今までいろいろ変わりました。
    抗てんかん薬を服用している人はアルコールやカフェインを取らないように
    と言われます、
    でも、わたしはコーヒーが好きなので、一日2回ぐらいは飲んでます。
    あとは市販の薬を服用する時はドクターに相談しなければなりません、
    特に抗ヒスタミン系のアレルギーに対抗する薬は、てんかんを誘発するものがある
    ので注意を要するとありました。
    そして、グレープフルーツとの組み合わせが良くない抗てんかん薬があって、
    それは、「デクレトール」だそうです。
    これはグレープフルーツの成分により、血中濃度が高くなる恐れがあると言う事が
    解かっているのだそうです。
    グレープフルーツはいろいろな薬に影響を及ぼすようですね、
    わたしは知らずに、血圧の薬を飲みながら食べてましたけれど。

    グレープフルーツと相互作用がある薬
    ・免疫抑制剤
    ・カルシューム拮抗薬(高血圧・狭心症治療薬)
    ・高抗脂血症薬
    ・抗てんかん薬 
    ・抗血小板薬
    ・脂質異常症治療薬
    グレープフルーツは大好きなんですが、血圧の薬を飲んでいるので食べるのを
    止めています。
    今、血圧は安定しているのですが、こちらの方も飲んでしまったが為、すぐに
    止められない状態ですが、徐々に止めたいと思っています。

                                  ドルチェ

  • >>7116

    こんばんは。
    その方の脳波検査の切っ掛けが分らないですが、
    おそらく意識障害か何かがあったのかと思われます。

    > 本人と家族が不安で続けているようですが、確かに余計なお薬は身体に負担になるだけなので、飲まない方が良いですね。
    >
    > そしててんかん治療薬ではなく、抗てんかん剤なのですね^^;
    > 医師も「特に必要はない」と言っているので、一度止めて見るのも良いかもしれませんね。

    今現在、もう薬を飲んでいるのであれば、それを止めた事による不安感を
    引き起こしたりすることが有るかも知れないので、逆に負担でなければ
    続けると言う選択も有りだと思います。
    薬を飲んでいるという安心感は、プラシーボ効果となって精神的にいい影響を
    与える事もなりますから、またご本人とドクターとよくご相談された方
    がいいと思います。
    また、決められない時はセカンドオピニオンを求めるのも有りだと思います。

    てんかん患者としては、抗てんかん薬はてんかん発作を抑える為に服薬して
    いるので、まだてんかんと診断されていない人が予防の為服薬するということは
    あまり考えた事がなかったです。
    予防と言っても、予防接種の様な一時的なものと違い、こちらの方は長期間の服用が
    必要になる場合があり、そして止めるタイミングが難しいのです。
    発作を抑える為服用する時、薬の血中濃度がその人にあっているかが重要で、
    効き目があるかどうか都度測る事が大切になります。

                                    ドルチェ

  • >>7114

    こんにちは、ご返信ありがとうございます。

    脳波測定何度か観察しましたが、
    小さいお子さんも受けることがあり、動いたら測定できないので、大抵眠剤のシロップが与えられますね。

    大人に近くてもその時にパッと寝るのは難しいので、眠剤を使うことになりますね。

    てんかん波が出ていいた人が予防的・情緒安定の為に念のため貰っていたお薬はごく弱く、幼児向けの分量くらいだそうです。
    都度血液検査もして、お薬が身体に与える負担(肝臓等)をモニターされていますが、
    服薬開始前と後の変化が特にないので、お薬は不要と言われています。

    本人と家族が不安で続けているようですが、確かに余計なお薬は身体に負担になるだけなので、飲まない方が良いですね。

    そしててんかん治療薬ではなく、抗てんかん剤なのですね^^;
    医師も「特に必要はない」と言っているので、一度止めて見るのも良いかもしれませんね。

    ありがとうございました。

  • こんばんは。

    抗てんかん薬は実際、てんかんを治す薬では無く発作を抑える為の薬ですから、
    本人の健康管理が重要になりますね。
    先ず、発作を起こさない事が肝心で、発作が起きなければ自然、発作が出なくなる
    わけですから、薬が要らなくなる日が来るかも知れません。
    発作が出ると、それが次の発作を呼び易いというのは経験上あります、
    調子が悪いと発作が続いてしまったりしました。
    今は新薬も出ていて、自分に合う薬が見つかれば発作は殆ど出なくなっている
    と思います。
    出来れば、抗てんかん薬で無く、てんかん治癒薬というものがあればいいのですが、
    それは今後に期待ですね。

                                     ドルチェ

  • >>7113

    XOXさん、こんばんは。
    脳波は検査時の体調によっても非常にデリケートに出現する為、たった一度の
    検査だけではその人にてんかん波が現れるかどうかは判らないかも知れません。
    そして、たまたまてんかん波が見つかる人と、運悪く検査時には見られなかった為
    てんかんの素地がある事を見逃すという事もあると思います。
    脳波は睡眠時と覚醒時を検査しますが、その時眠れない人も居るので、
    脳波の検査はデリケートだと感じます。

    てんかん波が出ているからと言って、いつ起きるか起こらないか判らない発作の為に
    服薬する事は副作用の面からもやはり避けた方がいいですし、あまり先の事は
    心配せず、体調管理に気を付けて生活する事が大切だとわたしも思います。
    ありがとうございます。

                                   ドルチェ

  • >>7111

    ドルチェさん、ご歓待及びご返信ありがとうございます。

    てんかんの診断には脳波以外にも色々と検査をするのですね。

    私の知っているのは、脳波にてんかん波が出ていても、発作が全くないケースです。
    病院の診断でも、薬は予防的に飲んでも良いけれど、必要はないとの事でした。

    運転免許の条件も、診断を受けていても、2年間発作が出ていなければ、取得できる様です。

    てんかん波があるだけであまり心配せず、日々体調管理に気をつけていれば良さそうですね。

    ありがとうございました。

  • >>7111

    てんかんは、そう診断されると長い期間発作を抑える為に服薬する事になります、
    そして薬を止める時期の判断がとても難しいのです。
    てんかん波が出ていたからと言って、いつ起こるか判らない発作の為に薬を飲むハメになるのは避けたいです、
    それを勧める医師は居ないとは思いますが。
    てんかん波のある人はてんかんを起こす可能性のある人という事だと思います。
                             
                                  ドルチェ

  • >>7110

    XOXさん、こんばんは、
    こちらにいらしていただきましてありがとうございます。

    またこの病気に対して関心を持っていただきありがとうございます。
    その様に脳波を測定して、てんかん波が出ていても今まで一度も発作を起こした事が
    無い人もいると聞きます。
    てんかんは、発作が繰り返し起きる事が特徴で、その発作の出方がいつも同じなので
    てんかん波でてんかんの型が判るといいます。
    そういう一度も発作を起こしたことの無い人は、てんかん波が出ていてもてんかん
    発作を起こさなければ、服薬の必要もないわけで、様子見でいいと思います。
    診断の時は、てんかん波だけでは無く、CTやMRIなども使うので、
    脳波検査だけでてんかんとは診断しないでしょう。

    そういう人が何かのきっかけがあれば、突然発症する事があるか、
    という事ですが、その何かは判らないですが、
    てんかんは脳の神経細胞が異常放電する時に起きる発作ですから、その時ストレスが
    掛かり過ぎたり、睡眠不足だったり、脳に負担が掛かる何かよくない事があれば、
    発症も在り得るかも知れないですね、そこのところはよく判りません。

                                    ドルチェ

  • こんにちは。

    こちらでは初めましてになりますが、てんかんについて知りたく、お邪魔致します。
    皆様どうぞよろしくお願いいたします。

    光過敏症については、普段てんかん波の出ていない人でも発症するということかと思いますが、
    脳波測定すればてんかん波は出ていても、いままで一度も発作を起こしたことがない人もいます。

    こういう人でも何かのきっかけがあれば突然発症することがあるのでしょうか。

    意外と普通に過ごしている人でも、脳波検査ではてんかん波が出ている人もいるようです。

  • >>7107

    アジサイさん、こんばんは。

    アジサイさんは脳外科のドクターからきちんと説明を受けて来ていて、それを
    正確に言っていると思います、
    てんかんになった原因は脳炎だったのですね。

    脳神経は複雑ですから、普通の人でもてんかんを起こす事があるようです、
    TVを観て居てフラッシュなどが光る時、「光の点滅に注意してください」
    が画面下に出る時があります、
    あれは光の刺激が脳に与える影響が大きいからです、
    激し過ぎる光の刺激は脳を刺激し、てんかん発作を誘発する事もあるようです。

    光り感受性てんかんについて
    http://square.umin.ac.jp/jes/pdf/hikari.pdf#search=%27%E3%81%A6%E3%82%93%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%A8%E5%85%89%E3%81%AE%E5%88%BA%E6%BF%80%27
                                ドルチェ

  • >>7105

    ドルチェさん、僕が、11日に、外来診察に行った時に、今いる、脳神経科の医者に
    、僕の、病気は何ですか、その医者は、ウイルス性脳炎、脳炎は治っていますが、脳炎になった時に、脳の細胞が障害されて、けいれんをおこしたり、このけいれん、が、てんかんの一つの、症状です。と話した。

  • <<
  • 7127 7106
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順