ここから本文です
  • ◆「日中戦争」での加害者は中国である!
    ◆The assailant by "the Japan-China War" is China!
    ◆在"日中战争"的加害者是中国!
    ◆「중일 전쟁」으로의 가해자는 중국이다!

    ◆下記文中の「●」は、「那」です。
    実録 支●事変 2/4
    http://www.youtube.com/watch?v=9laa8URy9ow&feature=related
    ~~~~~
    支●事変は、支●共産党が盧溝橋事件を起こし、支●軍が停戦協定を何度も繰り返し破って継続・拡大した戦争。
    盧溝橋事件の約3週間後には、支●保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺した(通州 事件)。
    更に2週間後、支●軍は数十万人という大軍で上海の国際租界の日本人居留区を包囲攻撃 した。
    支●軍機は上海市街地のホテルやデパートを爆撃して民間人や外国人を大量に殺害した。

    その後も支●は、日本が提出した和平案をことごとく蹴り、戦争を継続し、支●人民を虐め抜いた。
    支●軍による徴発・徴用・徴兵は過酷を極めた。
    支●軍は、上海市街地爆撃の他、焦土作戦、黄河・揚子江の堤防決壊などによって多くの民衆を殺害し、世界で初めて違法毒ガスを使用したり細菌戦を行なったりするなどの暴虐・悪逆の限りを尽くした。

    支●が戦争を始めて、日本が何度も何度も「やめよう。やめよう。」と言ったのに、支●がそれを無視して戦争を継続・拡大して暴虐の限りを尽くした戦争なのだから、日本にとっては自衛戦争以外の何ものでもない。
    ~~~~~

    ◆「日中戦争」での加害者は中国である!
    ◆The assailant by "the Japan-China War" is China!
    ◆在"日中战争"的加害者是中国!
    ◆「중일 전쟁」으로의 가해자는 중국이다!

  • <<
  • 53 32
  • >>
  • >>49

    遺棄化学兵器の問題は事実は 敗戦時の武装解除において、日本の部隊指揮官が中共軍指揮官(あるいは蒋介石軍指揮官)にすべての武器(含む化学兵器=殆どが発煙筒や信号弾)を引き渡しを行っている。この引き渡しによって所有管理権は中国側に移っている。処分の責任は当然中国側にあるわけだ。

    麻生内閣ではそのように主張して、この問題は幕引きになった筈だ。その後民主党政権になって、ぶり返された、という事だろう。
    日本軍が進出していた地域では、武器の引き渡しで、そのような問題は起きていない。

    それから蛇足だけど、当時シナ大陸は辛亥革命の後遺症の内乱状態で、数個の軍閥が群雄割拠していた。その中で有力なのが蒋介石軍や毛沢東八路軍や張作霖軍であった。その他馬賊や盗賊、匪賊などが跋扈していた。中国軍なんてありゃしない。
    日本軍は単に北京近郊や上海などの日本居留民を保護する目的で小部隊が駐屯していたいたに過ぎない。

  • これが日中戦争(シナ事変)の真相ですね。これを中国共産党は隠すために南京虐殺や歴史認識を掲げ、日本に圧力を掛けていると思いますな。
    真相がバレルと中国共産党政府の正当性は崩れてしまう。だから必死だ。日本の親中マスコミ、親中学者、親中政党はこれまた必死で中国の主張を支えている。
    いずれウソはバレル。

  • .
    戦史系ミリタリー記事
    http://yamatotakeru999.jp/sensi.html

    ★WW2で日本がしでかしちゃった事 インド/インドネシア独立
    ★カラー多数! WW2 ドイツ戦車写真集
    ★ゼロ戦最強エース 岩本徹三伝説 
    ★武蔵 伊400潜など 海底から蘇る旧海軍の雄姿!

  • 日本軍の遺棄化学兵器の処理が中国中でまだ続いているよ、日本が何処に残してきて掘り起こしているかは以下ののウェブを開いて地図を見てご覧、中国も広いがよくもここまで広く埋めてきたもの、ご苦労さん、日本軍は加害者ではないのかね。
    731部隊で作った細菌兵器などは彼方此方で投下され相当民間人も殺したね。

    http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2009pdf/20090501072.pdf

  • へな猪口日本兵が中共に洗脳されて穢れなき立派な日本にケチをつ気て居る連中の会という人も、悪魔のような敵も許した人道的な中共から日本はしっかり学べという人も居る、貴方はどっち以下のウエブで自分で判断いたしましょう、

    https://www.youtube.com/watch?v=2F4BUFpRAQs

  • (続き)~~~~~
     【国際同盟、日本批難決議を採択す】
     昭和12年(1937)年8月、国際連盟第18回総会で支●は北支●事変を提訴。国際連盟は日本への批難決議を採択します。
     9月、米英仏3ヶ国は日本軍の南京空爆を無差別空爆として抗議します。
     
     
     【国民精神総動員運動】
     昭和12年8月、「国民精神総動員実施要綱」がまとめられました。北支事変の勃発に対し、日本国内を戦時体制に移行したのです。
     9月、近衛内閣は内閣告諭として「国民精神総動員に関する件」を発します。こうして「国民精神総動員運動」が始まりました。運動では公務員や労働者の神社参拝が奨励されます。また、靖國神社の春秋例大祭に天皇陛下が御親拝なされると、その時刻に1分間の黙祷を行うようになりました。
     
     
     【国民精神総動員運動】
     昭和12年9月、「国民精神総動員運動(北支事変に対する日本国内の戦時体制移行)」が始まり、公務員や労働者の神社参拝が奨励されるようになりました。
     
     
     【支●人による捏造写真の流布】
     写真週刊誌「ライフ」の昭和12年10月4日号に掲載された「破壊された駅の線路の上で泣き叫ぶ幼児」の写真。これは極めて有名な捏造写真です。
     撮影者は支●系米国人のH・S・ウォン。ウォンはハーストの運営する通信社の上海支局長であり、そのハーストは扇動的な記事で知られる人物でした。
     昭和12年8月28日午後、日本海軍の戦闘機が上海南駅を爆撃。写真はこの時に撮影されたことになっています。この写真が捏造である証拠ですが、皮肉なことに同じ時間に撮られた写真が証拠になっています。幼児を抱えて線路側に歩く男と、線路の上で幼児を取り囲む男達。彼らは幼児の姿を強調するために後ろで発煙筒まで焚きました。こうした様子が写真に残っているのです。
     しかし、写真を見た米人は騙され、支●に同情しました。日本軍の攻撃を受け、幼児までもが危機に曝されていると。こうしてアメリカは日本への排斥感情を更に強めました。
     写真の捏造にはいくつもの方法があります。拡大、縮小、ぼかし、切り張り。文章を付け加えて意図的な誘導を加えるなど、単純ながら捏造写真の効果は絶大です。
     例えば日本兵は支●の村々の警備を行っていました。支●兵が村に押し入り、略奪や殺人、強姦を行うため、日本軍は宣撫政策の一環として支●兵を撃退しました。当然、日本国内にもこの様子は報道されます。後に支●人は宣撫政策時の写真を加工し、日本兵が村々で女性狩りをする様子として雑誌に掲載しました。
     他にも日本兵の変装をした支●人に、残酷な行為をさせて撮影します。支●軍の残虐行為に文章を加え、日本軍の蛮行にでっち上げる、等々。南京大虐殺の証拠とされる写真は総じて捏造です。捏造など支●人にとっては日常茶飯事であり、日本人は支●人の特性を理解して常に疑惑の目を持つことが必要と言えます。
    ~~~~~(続く)
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou009.html
    ★【支●人による捏造写真の流布】

  • (続き)~~~~~
     7月27日、遂に支●駐屯軍は自衛のための戦闘を決意。7月28日、駐屯軍は戦闘を開始しました。支●駐屯軍は中華民国軍を蹴散らしました。7月29日、駐屯軍は平津周辺の掃討作戦を終了しました。
     大東亜戦争終結後、劉少奇副主席は「7・7事件(盧溝橋事件)の仕掛け人は中国共産党で、現地責任者はこの私だった」と西側諸国に発表しました。共産党は国民党軍と日本軍とを戦わせ、自身の被害を最小限に抑え、その隙を突いて勢力を拡大しようとしたのです。連合国は極東国際軍事法廷の妨げになると狼狽し、法廷での証言規制や数名の容疑者釈放などを行っています。
     極東国際軍事法廷において、支●側の証言者は盧溝橋事件が日本の挑発行為という証拠を示すことが出来ずにいました。第二十九軍軍事顧問桜井徳太郎中将(当時中佐)は極東国際軍事法廷で盧溝橋事件、通州事件に関する発言を行おうとします。しかし、桜井中将は通州事件での発言しか認められませんでした。支●駐屯歩兵第二聯隊の桂鎮雄陸軍中尉は、極東国際軍事法廷で盧溝橋事件が支●側の挑発行為であると述べようとします。しかし、この証言は認められませんでした。
     このように盧溝橋事件は共産党の画策した挑発行為です。しかし、極東国際軍事法廷では日本側の発言が認められず、証拠不十分なまま日本側の挑発行為とされてしまいました。こうした経緯がある以上、盧溝橋事件、さらにこれ以降の戦闘において日本人が加害者意識を持つ必要はありません。日本は被害者なのです。
     
     
     【通州事件・支●人による日本人虐殺】
     昭和12年7月29日、関東軍は冀東保安隊兵舎を誤爆。数人の死傷者を出しました。細木繁特務機関長(中佐)は冀東政府長官殷汝耕に謝罪し、自ら遺族の弔問に足を運びました。
     しかし、通州保安隊は細木特務機関長を殺害。同日午前4時、支●兵は北京東約25kmの通州で日本人居留民300名(朝鮮人を含む)のうち、200名を虐殺しました。これを「通州事件」と言います。
     フレデリック・ウィリアムズは1938年11月、「誰も書かなかった支●の出来事」を出版。同書は通州の日本人女性は暴行され、男性と共に拷問の末に死んでいったと記します。
     日本軍は支●人の残虐性に激怒しました。日本軍はその怒りを戦意に変えて、数倍から数十倍もの支●軍を圧倒したのです。日本国民は日本軍の強さを賞賛し、悪辣無礼な支●人を蹴散らしたと大いに喜びました。こうして国民は日本軍への尊敬を深めていきました。
     
     
     【上海戦と蒋介石】
     昭和12年7月31日、汪兆銘は一握りの土も日本軍の手に渡ることのないように大小の都市を焼き払い、住民の殺害を認めるという演説を行いました。蒋介石はこの演説を支持しています。
     8月9日、廬溝橋事件以降の軍事衝突に対する和平交渉が、日支合意の上で上海で行われることになりました。しかし、蒋介石は国際都市上海で武力衝突を起こし、国際問題に発展させることを画策します。そして上海で死刑宣告を受けた凶悪犯史景哲に共産党軍の軍服を着せ、後ろから銃殺します。これを大山勇夫海軍中尉の攻撃として反撃を開始。大山中尉は斎藤嶼蔵一等水兵と共に戦死しました。大山中尉は一階級特進し、大尉になられました。
     当時の上海には2万人を超える日本人が居住し、廬溝橋事件以降の戦禍を逃れるため、さらに2万2000人もの日本人が上海に引き揚げていました。蒋介石はこの4万人近い日本人をトーチカと軍勢3万余名で包囲しました。8月13日午後3時55分、支●便衣隊が射撃を開始。商務印書館付近の正規軍も砲撃を開始します。
     8月14日、支●空軍機が日本総領事館、陸軍本部、停泊中の軍艦「出雲」を爆撃。国際租界では支●空軍機の爆撃により死者1741名、負傷者1868名を出しました。これにより、日支の戦争は避けられないものとなりました。8月23日、松井石根陸軍大将の軍勢が上海に派遣されました。
    ~~~~~(続く)
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou009.html
    ★【通州事件・支●人による日本人虐殺】

  • ~~~~~
     日中戦争  ~ 捏造された南京大虐殺 ~
     
     【北支事変、勃発】
     昭和12年(1937年)7月7日、「北支事変」勃発に際し、日本政府は日本軍に事件不拡大、現地解決を厳命します。軍部はそれを現地司令官に通達。しかし、駐支将校らは暴支膺懲として報復攻撃を支持しました。
     石原莞爾は現地軍に平和的解決を命じましたが、関東軍参謀東条英機、参謀副長今村均、朝鮮総督南次郎大将、朝鮮軍司令官小磯国昭大将は戦線拡大を支持します。
     こうして石原と東条は常に対立するようになりました。昭和16年3月、石原は東条によって解任され、予備役となっています。石原の処遇について軍内部だけでなく民間からも同情的な声が挙がりました。
     
     【仕組まれた廬溝橋事件】
     義和団事件以降、各国は支●に居住する自国民の安全保障に務めました。その一環として日本軍は盧溝橋付近に演習場を持ちました。
     昭和12年(1937年)7月7日20時頃、支●駐屯歩兵第一聯隊第三大隊第八中隊(清水中隊)は盧溝橋北側の永定河左岸荒無地で薄暮攻撃、黎明攻撃の演習を行います。第八中隊は竜王廟から一文字山に向けて前進。
     しかし、竜王廟付近には1ヶ月ほど前からトーチカが置かれ、支●二十九軍の兵士が塹壕を掘って待ちかまえていました。第八中隊はこれを発見し、支●兵の服装から敵は二十九軍だと推測します。驚いた日本陸軍が支●二十九軍大隊本部に連絡をすると、二十九軍ではなく匪賊であるから射殺しても構わないとの返答を受けました。22時40分頃、緊張の続く中、演習が終了しました。
     その時、1発の銃弾が竜王廟付近から撃ち込まれます。駐留軍への攻撃は重大な違反行為です。危険と判断した第八中隊は集合ラッパを吹き鳴らします。トーチカから10数発の銃撃があり、第八中隊は地面に伏せて攻撃を避けました。伝令に出た志村初年兵が戻らず、攻撃を受けたのではないかと騒動になりました。第八中隊は直ちに志村初年兵の捜索を開始し、さらに豊台に向けて「兵1名不明と実弾の射撃を受けた」と打電。捜索中、志村初年兵は無事に発見されました。
     一方、報告を受けた第三大隊は主力を一文字山に集めました。時刻は7月8日3時30分。第二十九軍の軍事顧問である桜井徳太郎中佐は馮治安師長と会見。発砲は第二十九軍に偽装した匪賊のものであり、これを殲滅することに異論は無いとの確認を得ました。清水中隊長は匪賊であることを確認するため、三個小隊をトーチカに向かわせます。この時、誰もこれが共産党の謀略だとは気付きませんでした。
     野地少尉が支●人将校に尋問していると、さらにトーチカ方面から発砲がありました。第三大隊も盧溝橋側から発砲を受けました。5時30分、一木少佐は竜王廟に攻撃を開始。5時40分、第3大隊も反撃を開始し、竜王廟を制圧しました。
     これが「盧溝橋事件」です。裏で糸を引いていたのはコミンテルンです。コミンテルンは日本軍、国民党軍の全面戦争を画策していました。両軍が疲弊すれば、共産主義者が勢力を拡大しやすくなるからです。日本軍は戦線不拡大、現地解決を目指しましたが、コミンテルンはそれを阻もうと暗躍しました。
     7月9日2時、日支両軍の停戦協議が成立。双方の攻撃中止、日本軍の豊台への撤退、国民党軍の永定河右岸への撤退が決まります。宛平県の守備は冀北保安隊に任せることなりました。同日3時、河辺旅団長は停戦協議に基づき攻撃中止を命令します。そして兵力を蘆溝橋に集中させ、国民党軍の協議履行を監視しました。
     無論、国民党軍は協議の内容を履行しませんでした。同日、臨時閣議で杉山陸相は三個師団の派遣を主張します。しかし、全面戦争回避のため派兵は中止されました。
     7月10日、日本政府は考えを改め、内地から3個師団、関東軍から2個旅団、朝鮮軍から1個師団を支●に派遣することを決めました。7月11日20時、日支両軍は停戦協定を結びます。駐屯軍は廬溝橋からの撤兵を決め、支●は日本に対し遺憾の意を発表し、責任者の処分と抗日団体の取り締まりを約束しました。同日、近衛文麿は陸軍からの圧力によって華北派兵を決めます。
     7月16日、支●駐屯軍司令官田代皖一郎中将が病没。7月17日、国民党政府は廬山会議にて日本との交戦を決めました。7月25日、廊坊の電線修理に向かった電信隊一個中隊が攻撃を受けました。7月26日、北平居留民の保護のため天津駐屯第二聯隊第二大隊が広安門を通過。中華民国政府の許可を得ていましたが、支●人の攻撃を受けました。
    ~~~~~(続く)
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou009.html
    ★【仕組まれた廬溝橋事件】

  • ◆日本人なら誰でも知っている「桃太郎」は、大和魂(勧善懲悪)のお手本だった。
    まんが日本昔ばなし 「桃太郎」
    http://www.youtube.com/watch?v=rRcnVJ3z8_k

    日本昔ばなし 桃太郎
    http://www.youtube.com/watch?v=3lrh504EMls
    《"日本昔ばなし 桃太郎..." この動画に関連付けられていた YouTube アカウントは、著作権侵害に関する第三者通報が複数寄せられたため削除されました。
    申し訳ありません。 》

  • ◆大東亜戦争では皇軍がアジア各地の植民地を解放したので、人種差別主義の米国が発狂しました。
    ◆発狂米軍は、野戦病院や都市の非戦闘員を爆撃、原爆を投下して老若男女を大虐殺しました。
    空襲で破壊された日本の大都市
    http://www.youtube.com/watch?v=VSck8fQS1tQ&feature=related
    ◆犯罪者が自分を正当化するためには、被害者を悪者にするしかありません。
    ◆↓米国が反日デマを捏造した証拠。 (5:28~5:44)
    日本とパラオ ~歴史を越えた友情~
    http://www.youtube.com/watch?v=cTRfPNEPR-A&feature=related
    ~~~~~
    アメリカの信託統治時代、歴史の授業ではアメリカで作られた教科書が使われ、日本人による「パラオ人虐殺事件」などが掲載された反日的歴史教科書もあったが、パラオの年長者が「そんな話はない」とにべもなく否定したため、この疑わしい史実はパラオには浸透しなかった。
    ~~~~~
    ◆米国は、日本、中国、韓国、北朝鮮の出鱈目な反日史観の黒幕です。
    ◆アジア諸国の連帯は米国が邪魔をします、軍需産業のお得意様ですから。
    ◆日本と隣国との友好接近は、領土問題や反日デマで邪魔をします。
    ◆日本政府に突然約束を破らせて、拉致問題をこじらせたのも米国の干渉だろう。
    ◆正義の基準は共存共栄、「大東亜共栄圏」も「八紘一宇」も正義です。
    ◆悪の基準はエゴイズム、「人種差別的植民地主義」も殺人強盗的革命も悪です。
    ◆大東亜戦争は悪と戦った大日本帝国の方に正義があります。
      ・・・ だからこそ、↓
    ■皇軍はアジア各地で歓迎され、今も感謝されています。
    大東亜戦争の真実  ~「全亜細亜の救世主」
    http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0&feature=channel
    反日勢力が日本国民に知られたくない【大東亜戦争】世界の声 ~「神の軍隊がやってきた」
    http://www.youtube.com/watch?v=pJ9AH6zgd-o
    日本人は心優しき侍/世界から感謝される日本【独立アジアの光】 ~「日本兵士を讃える歌」
    http://www.youtube.com/watch?v=RntUs2gjM3g&feature=related

  • ~~~~~
    歴史・尖閣で日中応酬=岸田外相、批判に反論―ドイツ
    時事通信 2月2日(日)0時18分配信

     【ミュンヘン時事】ドイツで開かれているミュンヘン安全保障会議で1日午後(日本時間同日夜)、アジアなどの地域問題に関する会合が開かれ、岸田文雄外相と中国全国人民代表大会の傅瑩外事委員会主任委員が歴史認識や沖縄県・尖閣諸島をめぐり、激しくやり合った。
     傅主任委員はこの中で「最も重要なのは日本が第2次大戦の犯罪を否定していること。歴史教育の失敗だ」と批判。また、「日本が大戦で起きたことに誠実に向き合えば、周辺国と和解できる」と主張した。尖閣問題でも「主権は放棄しない」と強調した。
     この後演説した岸田外相は「日本は歴史を直視し、大戦や植民地支配について反省を明確に表明している」と反論。「日本は戦後一貫して東アジアにおける自由、民主主義、法の支配を擁護してきた」と訴え、国際社会に理解を求めた。一方、「中国とはさまざまな懸案があるが、大局的観点から関係を進めるべきだ」と述べ、安全保障分野での対話を呼び掛けた。 
    ~~~~~
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140202-00000002-jij-pol

    ◆日本政府は村山アホ談話を踏襲していますから、中国政府と同類です。
    ◆政府が嘘を言っても歴史の真実を知る国民が増えているので、捏造の反日的「歴史教育の失敗」ではある。
    ◆「歴史教育の失敗だ」 ←これは、反日デマ教育の敗北宣言ですね。

  • 支●事変は、欧米諸国の支援を受けた中国軍が日本人を攻撃して始まった。

    実録 支●事変1/4
    http://www.youtube.com/watch?v=eFZCRfUKwdc
    実録 支●事変 2/4
    http://www.youtube.com/watch?v=9laa8URy9ow
    実録 支●事変 3/4
    http://www.youtube.com/watch?v=ysHdQ4vPk0I
    実録 支●事変4/4
    http://www.youtube.com/watch?v=iCO7JkhTQbo

    ◆中国軍を支援した欧米諸国が、日中戦争の本当の加害者ですね。

  • (続き)~~~~~
     7月27日、遂に支●駐屯軍は自衛のための戦闘を決意。7月28日、駐屯軍は戦闘を開始しました。支●駐屯軍は中華民国軍を蹴散らしました。7月29日、駐屯軍は平津周辺の掃討作戦を終了しました。
     大東亜戦争終結後、劉少奇副主席は「7・7事件(盧溝橋事件)の仕掛け人は中国共産党で、現地責任者はこの私だった」と西側諸国に発表しました。共産党は国民党軍と日本軍とを戦わせ、自身の被害を最小限に抑え、その隙を突いて勢力を拡大しようとしたのです。連合国は極東国際軍事法廷の妨げになると狼狽し、法廷での証言規制や数名の容疑者釈放などを行っています。
     極東国際軍事法廷において、支●側の証言者は盧溝橋事件が日本の挑発行為という証拠を示すことが出来ずにいました。第二十九軍軍事顧問桜井徳太郎中将(当時中佐)は極東国際軍事法廷で盧溝橋事件、通州事件に関する発言を行おうとします。しかし、桜井中将は通州事件での発言しか認められませんでした。支●駐屯歩兵第二聯隊の桂鎮雄陸軍中尉は、極東国際軍事法廷で盧溝橋事件が支●側の挑発行為であると述べようとします。しかし、この証言は認められませんでした。
     このように盧溝橋事件は共産党の画策した挑発行為です。しかし、極東国際軍事法廷では日本側の発言が認められず、証拠不十分なまま日本側の挑発行為とされてしまいました。こうした経緯がある以上、盧溝橋事件、さらにこれ以降の戦闘において日本人が加害者意識を持つ必要はありません。日本は被害者なのです。
       
     【通州事件・支●人による日本人虐殺】
     昭和12年7月29日、関東軍は冀東保安隊兵舎を誤爆。数人の死傷者を出しました。細木繁特務機関長(中佐)は冀東政府長官殷汝耕に謝罪し、自ら遺族の弔問に足を運びました。
     しかし、通州保安隊は細木特務機関長を殺害。同日午前4時、支●兵は北京東約25kmの通州で日本人居留民300名(朝鮮人を含む)のうち、200名を虐殺しました。これを「通州事件」と言います。
     フレデリック・ウィリアムズは1938年11月、「誰も書かなかった支●の出来事」を出版。同書は通州の日本人女性は暴行され、男性と共に拷問の末に死んでいったと記します。
     日本軍は支●人の残虐性に激怒しました。日本軍はその怒りを戦意に変えて、数倍から数十倍もの支●軍を圧倒したのです。日本国民は日本軍の強さを賞賛し、悪辣無礼な支●人を蹴散らしたと大いに喜びました。こうして国民は日本軍への尊敬を深めていきました。
     
       【上海戦と蒋介石】
     昭和12年7月31日、汪兆銘は一握りの土も日本軍の手に渡ることのないように大小の都市を焼き払い、住民の殺害を認めるという演説を行いました。蒋介石はこの演説を支持しています。
     8月9日、廬溝橋事件以降の軍事衝突に対する和平交渉が、日支合意の上で上海で行われることになりました。しかし、蒋介石は国際都市上海で武力衝突を起こし、国際問題に発展させることを画策します。そして上海で死刑宣告を受けた凶悪犯史景哲に共産党軍の軍服を着せ、後ろから銃殺します。これを大山勇夫海軍中尉の攻撃として反撃を開始。大山中尉は斎藤嶼蔵一等水兵と共に戦死しました。大山中尉は一階級特進し、大尉になられました。
     当時の上海には2万人を超える日本人が居住し、廬溝橋事件以降の戦禍を逃れるため、さらに2万2000人もの日本人が上海に引き揚げていました。蒋介石はこの4万人近い日本人をトーチカと軍勢3万余名で包囲しました。8月13日午後3時55分、支●便衣隊が射撃を開始。商務印書館付近の正規軍も砲撃を開始します。
     8月14日、支●空軍機が日本総領事館、陸軍本部、停泊中の軍艦「出雲」を爆撃。国際租界では支●空軍機の爆撃により死者1741名、負傷者1868名を出しました。これにより、日支の戦争は避けられないものとなりました。8月23日、松井石根陸軍大将の軍勢が上海に派遣されました。
    ~~~~~(続く)
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou009.html

  • ~~~~~
    日中戦争  ~ 捏造された南京大虐殺 ~
     
     【北支事変、勃発】
     昭和12年(1937年)7月7日、「北支事変」勃発に際し、日本政府は日本軍に事件不拡大、現地解決を厳命します。軍部はそれを現地司令官に通達。しかし、駐支将校らは暴支膺懲として報復攻撃を支持しました。
     石原莞爾は現地軍に平和的解決を命じましたが、関東軍参謀東条英機、参謀副長今村均、朝鮮総督南次郎大将、朝鮮軍司令官小磯国昭大将は戦線拡大を支持します。
     こうして石原と東条は常に対立するようになりました。昭和16年3月、石原は東条によって解任され、予備役となっています。石原の処遇について軍内部だけでなく民間からも同情的な声が挙がりました。

     【仕組まれた廬溝橋事件】
     義和団事件以降、各国は支●に居住する自国民の安全保障に務めました。その一環として日本軍は盧溝橋付近に演習場を持ちました。
     昭和12年(1937年)7月7日20時頃、支●駐屯歩兵第一聯隊第三大隊第八中隊(清水中隊)は盧溝橋北側の永定河左岸荒無地で薄暮攻撃、黎明攻撃の演習を行います。第八中隊は竜王廟から一文字山に向けて前進。
     しかし、竜王廟付近には1ヶ月ほど前からトーチカが置かれ、支●二十九軍の兵士が塹壕を掘って待ちかまえていました。第八中隊はこれを発見し、支●兵の服装から敵は二十九軍だと推測します。驚いた日本陸軍が支●二十九軍大隊本部に連絡をすると、二十九軍ではなく匪賊であるから射殺しても構わないとの返答を受けました。22時40分頃、緊張の続く中、演習が終了しました。
     その時、1発の銃弾が竜王廟付近から撃ち込まれます。駐留軍への攻撃は重大な違反行為です。危険と判断した第八中隊は集合ラッパを吹き鳴らします。トーチカから10数発の銃撃があり、第八中隊は地面に伏せて攻撃を避けました。伝令に出た志村初年兵が戻らず、攻撃を受けたのではないかと騒動になりました。第八中隊は直ちに志村初年兵の捜索を開始し、さらに豊台に向けて「兵1名不明と実弾の射撃を受けた」と打電。捜索中、志村初年兵は無事に発見されました。
     一方、報告を受けた第三大隊は主力を一文字山に集めました。時刻は7月8日3時30分。第二十九軍の軍事顧問である桜井徳太郎中佐は馮治安師長と会見。発砲は第二十九軍に偽装した匪賊のものであり、これを殲滅することに異論は無いとの確認を得ました。清水中隊長は匪賊であることを確認するため、三個小隊をトーチカに向かわせます。この時、誰もこれが共産党の謀略だとは気付きませんでした。
     野地少尉が支●人将校に尋問していると、さらにトーチカ方面から発砲がありました。第三大隊も盧溝橋側から発砲を受けました。5時30分、一木少佐は竜王廟に攻撃を開始。5時40分、第3大隊も反撃を開始し、竜王廟を制圧しました。
     これが「盧溝橋事件」です。裏で糸を引いていたのはコミンテルンです。コミンテルンは日本軍、国民党軍の全面戦争を画策していました。両軍が疲弊すれば、共産主義者が勢力を拡大しやすくなるからです。日本軍は戦線不拡大、現地解決を目指しましたが、コミンテルンはそれを阻もうと暗躍しました。
     7月9日2時、日支両軍の停戦協議が成立。双方の攻撃中止、日本軍の豊台への撤退、国民党軍の永定河右岸への撤退が決まります。宛平県の守備は冀北保安隊に任せることなりました。同日3時、河辺旅団長は停戦協議に基づき攻撃中止を命令します。そして兵力を蘆溝橋に集中させ、国民党軍の協議履行を監視しました。
     無論、国民党軍は協議の内容を履行しませんでした。同日、臨時閣議で杉山陸相は三個師団の派遣を主張します。しかし、全面戦争回避のため派兵は中止されました。
     7月10日、日本政府は考えを改め、内地から3個師団、関東軍から2個旅団、朝鮮軍から1個師団を支●に派遣することを決めました。7月11日20時、日支両軍は停戦協定を結びます。駐屯軍は廬溝橋からの撤兵を決め、支●は日本に対し遺憾の意を発表し、責任者の処分と抗日団体の取り締まりを約束しました。同日、近衛文麿は陸軍からの圧力によって華北派兵を決めます。
     7月16日、支●駐屯軍司令官田代皖一郎中将が病没。7月17日、国民党政府は廬山会議にて日本との交戦を決めました。7月25日、廊坊の電線修理に向かった電信隊一個中隊が攻撃を受けました。7月26日、北平居留民の保護のため天津駐屯第二聯隊第二大隊が広安門を通過。中華民国政府の許可を得ていましたが、支●人の攻撃を受けました。
    ~~~~~(続く)
    http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou009.html

  • 支●事変は、欧米諸国の支援を受けた中国軍が日本人を攻撃して始まった。

    実録 支●事変1/4
    http://www.youtube.com/watch?v=eFZCRfUKwdc
    実録 支●事変 2/4
    http://www.youtube.com/watch?v=9laa8URy9ow
    実録 支●事変 3/4
    http://www.youtube.com/watch?v=ysHdQ4vPk0I
    実録 支●事変4/4
    http://www.youtube.com/watch?v=iCO7JkhTQbo

    ◆「日中戦争」の加害者は中国です。

  • ◆盧溝橋事件は中国共産党の策略です。
    ◆卢沟桥案件是中国共产党的策略。
    ~~~~~
    盧溝橋事件は、排日事件を頻発させ、西安事件によって抗日戦線を形成してきた中国共産党が、日本との戦争を行うべく、戦略的な突出を行い、国共一体となって、抗日戦を切り開いて行く状況を作ろうとして起こした事件と見るべきである。
    ~~~~~http://history.gr.jp/~showa/227.html     
    卢沟桥案件让排日事件频繁发生,根据西安案件形成抗日战线了的中国共产党应该进行与日本的战争,进行战略性的突出,和1具国家们成为,应该和想要做凿开抗日战的状况,唤醒了的案件看。

  • ■『田中上奏文』は、中国の共産主義者が捏造した偽書です。
    ■ "田中上奏句子"是中国的共产主义者捏造了的伪造文件。
    ~~~~~
     一方の蒋介石も、アメリカ人のこの奇妙な幻想をたくみに利用しました。蒋介石は、自分の軍がなした中国民間人虐殺を日本軍のしわざにみせかけ、その捏造写真をアメリカ国内にばらまいて、反日宣伝を繰り広げました。
     「日本の暴虐」を証拠づけるとされた有名な捏造写真の数々は、この時期に、蒋介石の国民党によって作られたものです。
     また蒋介石夫人の宗美齢は、アメリカで開かれた講演会で、「日本の暴虐」を訴えて泣いて見せました。英語はペラペラ、しかも美人、またキリスト教徒を演じる蒋介石夫人の語る言葉によって、異教徒の日本人と戦う敬虔なキリスト教徒夫妻というイメージが作られ、アメリカ世論はまんまと蒋介石の国民党支持にまわっていったのです。
     アメリカの著名人や、マスコミ、政治家はすっかり騙されました。たとえばオーウェン・ラティモアは、自分に逆らう者を機関車のボイラーで焼き殺すようなやり方をしていた蒋介石を、「真に民主的なリーダー」とまで呼んだほどです。
     蒋介石は民主的なリーダー、日本軍は暴虐な人々という観念がアメリカ人に作り上げられていったのです。一方、そのころ一般のアメリカ人の六〇%は、世界地図のどこが中国か指し示せないほど何も知りませんでした。
     また大東亜戦争開戦後のイギリスで、
     「蒋介石は、中国内外における巧みな宣伝に支えられてはいるが、その実は、腐敗した政治家たちに囲まれているファシストにすぎない」
     と評されるようになっても、アメリカは騙され続けました。イギリス外務省極東部長アシュレー・クラークは、アメリカを訪れた際、
     「現実の中国についての限りない無知」
     に驚愕したといいます。
     

    偽書『田中上奏文』

     その頃、中国の共産主義者がつくった偽書『田中上奏文』(田中メモリアル)が出回るようになりました。これは「日本は世界征服の陰謀を企てている」という内容の反日文書で、アメリカ議会でも回し読みされました。
     これが偽書であることは、当時の日本の正式な上奏文形式に合致していないことなどからも明らかです。しかし、アメリカ人の反日感情を燃え上がらせるのに、大きな効果を発揮しました。
     日本を、「美しき民主中国」を脅かす強暴な侵略者として非難する声があがったのです。田中上奏文は、その後延々と反日宣伝に使われました。結局、こうして作られたアメリカの幻想により、中国の内戦は泥沼化し、日本は抜け出せなくなってしまったのです。
     しかし、日本は中国に足を踏み入れた以上、中国の内戦を終結させ、中国を再建するために活動していきました。それは自力で内戦を終結できない中国を平定し、アジアに新秩序を建設するという、道義的介入でもあったのです。
     日中戦争が始まって約一年半後には、日本は中国の約半分を占領しました。そして中国の民衆を保護し、そこに近代的な農業や、産業、法制、教育などを持ち込み、中国再建に取り組みました。
     しかしアメリカは、本国に巨大な国土を持ちながら、本土からはるかに離れた地球の裏側の中国に経済市場を求め、日本に対して「お前は引っ込め」とばかりに干渉し続けてきました。
     アメリカは、中国の蒋介石の軍隊への援助を強めました。アメリカ(そしてイギリス)は蒋介石に対し、幾つかのルートを通し、多大な軍事物資や、武器、そのほか経済的な供給をなしていました。
     もしこのアメリカなどからの莫大な援助がなかったら、重慶の山奥に逃げていた蒋介石の軍は、日本の前に降参し、講和に持ち込んでいたことでしょう。しかし莫大な援助を受けていたことにより、彼の軍は持ちこたえていきます。

    ~~~~~http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi06.htm

  • <軍歌>君が代行進曲(Kimi ga yo March)
    http://www.youtube.com/watch?v=MQuwr6NBwBw
    (映像)

    ◆大和魂の本質は、勧善懲悪。
    ◆邪悪な人は、道徳教育に反対したり勧善懲悪を嘲笑したりしますが、聖徳太子の時代から見ても【勧善懲悪】は日本古来の伝統です。

    十七条憲法
    書き下し文(部分)
    六に曰く、悪しきを懲らし善(ほまれ)を勧むるは、古の良き典(のり)なり。(略)
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E4%B8%83%E6%9D%A1%E6%86%B2%E6%B3%95#.E6.9B.B8.E3.81.8D.E4.B8.8B.E3.81.97.E6.96.87.EF.BC.88.E9.83.A8.E5.88.86.EF.BC.89

    ◆勧善懲悪は大和魂の本質、邪悪な連中が日本を恐がる訳だ。
         ↓
    ◆【暗闇に棲む悪霊】は、光が恐い。
    ◆【中国の悪党】は、日の丸が恐い。
    ◆【韓国の愚民】は、旭日旗が恐い。
    ◆【米国の狂人】は、日本国が恐い。
    ◆【悪魔から嫌われる人】は、神の民。

    ◆[Demon living in the darkness] is afraid of light.
    ◆[Chinese villain] is afraid of the Japanese flag.
    ◆[Korean ignorant masses] is afraid of the sun flag.
    ◆[American maniac] is afraid of Japan.
    ◆[Person disliked by the devil] is people of God.

    ◆[在黑暗状态居住的魔鬼]光令人害怕。
    ◆[中国的恶徒]日本国旗可怕。
    ◆[韩国的愚蠢市民]旭日旗子可怕。
    ◆[美国的狂人]日本国令人害怕。
    ◆[被魔鬼讨厌的人]神的人。

    ◆【어두운 곳에 서무악령】은, 빛이 무섭다.
    ◆【중국의 악당】은, 일장기가 무섭다.
    ◆【한국의 우민】은, 욱일기가 무섭다.
    ◆【미국의 광인】은, 일본이 무섭다.
    ◆【악마로부터 미움받는 사람】은, 유태 민족.

    [ ● ] 対日恐怖症 Phobia to Japan 对日本恐惧症 대일 공포증

  • <<
  • 53 32
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン