ここから本文です

日本の核武装を急げ

  • 4,202
  • 9
  • 2018/05/23 10:57
  • rss
  • 北朝鮮の核による恫喝が今世界を揺るがし、緊張が高まっている今、決まって日本国内では核を持つべきではない、唯一の被爆国である日本が先導して世界の核廃絶を目指すべきだ、被爆者の悲劇を二度と繰り返してはならないとの主張がまた出てきています。

    しかし、日本が唯一の被爆国だからこそ、そして被爆者の悲劇を繰り返さないためにこそ、日本は十分な核武装をする必要性が高まってきていると思います。

    現実には今の日本では核武装は少数意見であり、大多数が核武装などとんでもないと考えているとの報道があるかと思えば、一説には85%が核武装をすべきと考えているとの報道もあります。いずれにせよ、かつては核武装論などはとんでもない、と言うのが大半だったのに、少なくとも論争はすべきだとの意識は出来てきたようです。

    なぜ日本は核武装をしなければならないのか、順次説明してゆきますが、経済的な可能性、技術的な可能性、国際関係としての可能性なども含めて、是非活発なコメント投稿をお願いいたしたいと思います。

  • <<
  • 4202 4181
  • >>
  • 4202(最新)

    eggusando 5月23日 10:57

    北朝鮮は今年に入って17回も日本に核を落とすとか、日本を焦土にするとか言っているようだ。主な日本のマスコミは、日本がパニックにならないように報道管制を敷いているようだ。

  • >>4199

    少子高齢化で日本は兵士を確保が難しい、防衛も抑止も報復も電子機器で、正確で迅速な衛星・機器へ移行すべきだ、米国に守ってもらえば弱みを握られ、関税も受け入れるしかない、中国も友好と言いながら尖閣周辺に侵入、ロシアも北方諸島に軍事基地を作る、やはり日本は独自で最低でも抑止力のために核は必要。

  • 核武装・・・①何百何千の戦車や大砲を揃えるよりも安価
          ②中国や北朝鮮にプレッシャーをかけられる。
          ③アメリカに守ってもらわなくてもいい
    核兵器なんて持ちたくないが、この国は「核武装」も選択肢かなぁ

  • 南北統一費用は?…FT「最低2000兆ウォン『隠れたコスト』大きい」

    ユリジョンアナリストは、韓国だけでなく、米国と中国、日本が韓半島の統一費用を均等に負担する場合、各国が約10年間、それぞれ5000億ドルを負担する構図を提起した。
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    ???バカなの? 米中露が負担するのはまだわかるけど、なぜに日本?
    日本はぜんぜん全く関係ないし。

    「世界的な投資銀行のゴールドマンサックスは、2007年と2009年の二度にわたって南北が統一すれば世界第2位の経済大国に跳躍することができるという報告書を出したことがある」とし「韓国の研究でも、南北が統一すれば、2050年のGDPは8万ドルで、米国に続いて世界で二位になると分析している」と南北統一がもたらす経済効果について強調した。

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    薔薇色の未来が朝鮮人に用意されているようです。
    是非とも日本を巻き込まずに実現してください。
    羨ましいわ☆ミ

    ポンペオ米国務長官は11日、北朝鮮が早期非核化に向けて「思い切った行動」を取れば、米国は北朝鮮の経済発展に協力すると強調した。
    国務省のナウアート報道官はツイッターで、ポンペオ氏の「経済発展への協力」発言について、米国による直接支援ではなく、国際的な貿易・投資、世界中の訪問客らが集まることによって、北朝鮮がより明るい未来を手にすることを意味すると説明した。
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    それって、経済協力とは言わないでしょ。
    トランプ政権内部も相変わらずのようです。半島関連ニュースはフェイクが多い感じですね。

  • >>4196


    > 正直な見解を述べると、返せる拉致被害者はいないのではないか?と推測しています。

    そうかもしれませんね。
    そうであってもなくても、北が日本から金銭を引き出す手段としている限り同じことのように思えます。
    拉致被害者と家族の方にはお気の毒ですが、日本に金銭授与以外のカードはないでしょうし、
    そのカードは切ってはならないのですから。

    だからこそ、経済制裁で締め上げてきたにもかかわらず、あの南朝鮮のバカが邪魔してくれちゃったわけです。
    自国の国民も多数拉致されているのに、知らん顔で南北融和まんせーです。
    そんなことどーでも良いから、核の放棄と拉致問題の解決を迫るべきです。
    あのおバカのお陰で、北はお喜びでしょう。

    > 日本側はあくまで『被害者を返せ!』と言うのはカードとして割り切るくらいにしたたかだと良いのですが…。
    > かくなる上は、このカードを上手に使って北朝鮮を追い詰めて貰いたいものです。

    どう使えば一番効果的なのか、私には思い浮かびませんがそうなって貰いたいですね。
    いずれにしても、どんな名目であっても、金銭の授与やそれに同等の行為は反対です。

  • >>4195

    >北は日本に対して、拉致被害者を返さない以外に何もできません。

    正直な見解を述べると、返せる拉致被害者はいないのではないか?と推測しています。
    北朝鮮にとっては有効なカードですが、今まで切って来なかったことからしても、既に死亡、または返せないような状況の人ということになるのでしょう。
    遺骨のDNAで失態を演じているのですり替えも不可能です。
    日本側はあくまで『被害者を返せ!』と言うのはカードとして割り切るくらいにしたたかだと良いのですが…。
    かくなる上は、このカードを上手に使って北朝鮮を追い詰めて貰いたいものです。

  • >>4194

    拉致問題提起を非難=北朝鮮「過去の清算回避」

    高く買えとテロ国家がわめいています。
    お金をタカることができなくなったら元も子もないので、とりあえずテンプレート的に
    喚いてみましたというところでしょう。

    北は日本に対して、拉致被害者を返さない以外に何もできません。
    日本は、賠償責任などありませんし、経済援助も一切しないという姿勢を貫けば良いと思います。

  • 『拉致問題「なぜ日本は直接言ってこないのか」金正恩衝撃発言までの内幕 』 文春オンラインです。

    この中で、
    ››日本政府にはポンペオ氏にあたるような交渉ルートがないように見える。
    ››元韓国国防省北朝鮮分析官の高永喆氏は「日本が、拉致問題解決に向けて切れるカードは“経済支援”しかない」と断言している
    このような記述があります。

    交渉ルートがあっても、切れるカードが経済援助では無意味です。
    それは、テロリスト、テロ国家に屈して身代金を支払うことを意味します。

    拉致された国民を取り戻すことは国家のもっとも重要な行為の一つですが、それでもテロに屈することだけはしてはなりません。

    経済援助だけが切れるカードという現状はなぜなのかを日本国民として真剣に考えなければなりません。
    平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼しても、拉致された日本人は帰って来ないじゃないですか。
    無意味な戯言はもううんざりです。

  • >>4191

    >それに、国際社会ができる制裁は経済制裁に限定されますし

    国連については99%(1%は拒否権の発動がなかった場合)そうでしょうが、
    国際社会に限れば多国籍軍という手段(大義名分さえあれば)もあります。


    >国連の承認がなければできないというものでもありません。

    ですが、制裁する側の大義名分はまったくありません。
    相手方は現に残っている条文に則した行動をしただけなのですから。


    >日本にアメリカに匹敵するような軍事力など持てるはずがありません。

    それは承知しています。オイラが言っているのはアジア規模での話です。
    世界をアジア規模に縮小して、世界の警察アメリカの役割を日本がアジアでおこなうという話です
    アジアのGDPは世界のおよそ28%(2013)で、日本のGDPはアメリカのおよそ25%(2017)
    そして、それを実行したならば、将来的にアメリカと同様に重荷になってくるという話です。


    >それも極東における米軍の補完としかとらえていないはずです。

    はげしく同意です。


    >つまり、今の日本は数の理論を構築する力さえないと言うのが私の見解です。

    少しオイラと見解が違うのは、オイラは必ずしも力がないから数の理論が無理なのだとは思っていません。
    核保有国であるロシア、インドに対しては確かに難しいでしょうが、他の東南アジア諸国や中央アジア諸国
    に対しては、軍事力で劣っているとは思えませんので。
    もし、憲法9条がなかったら、インドを除く東南アジア諸国と日本との連合軍事同盟(弱っちいでしょうが)
    は今の自衛隊の戦力でも十分可能だと思っています。


    >憲法改正の問題に戻りますが、今日も野党は憲法を守れなどという訳のわからないことを叫んでいたようです。

    野党の言い分を聞いたわけではありませんが、現政権は憲法を守っていると思います。
    微妙なのは元最高裁判事たちの一部が違憲だと指摘する集団的自衛権ぐらいでしょう。


    >守るべきは憲法ではなくて国民です。

    それはそのとうりです。

  • >>4189

    >A国が正式に条文に則ってB国を攻撃したのであれば、
    > 他の国は国際法に則てA国を制裁することは困難になります。

    死文化した条文に則っての攻撃であると強弁しても、強弁は強弁であって正当化できるものではありません。
    それに、国際社会ができる制裁は経済制裁に限定されますし、国連の承認がなければできないというものでもありません。

    > でもね、「軍事力を強大にして」という発想は第2のアメリカを目指すっていう発想になりませんか?
    > 数の理論だけで何とかならないかと思っています。

    誤解があるようです。
    日本にアメリカに匹敵するような軍事力など持てるはずがありません。
    経済的にも、技術的にも無理です。
    そうではなくて、日本と同盟を結ぶことが自国の安全保障のためになると思わせるだけの軍事力を持たなければならないと言っているのです。
    今の日本はそのような存在とはほど遠い力しか持っていません。
    世界一の軍事力を誇るアメリカだからこそそんな日本と同盟を結んでいますが、
    それも極東における米軍の補完としかとらえていないはずです。

    つまり、今の日本は数の理論を構築する力さえないと言うのが私の見解です。

    憲法改正の問題に戻りますが、今日も野党は憲法を守れなどという訳のわからないことを叫んでいたようです。
    守るべきは憲法ではなくて国民です。
    憲法を守ることが自己目的化しているような感じです。

    憲法改正は、そういう人たちから『護憲』というスローガンを奪うことによって、レゾンデートルを突き崩す効果もあります。
    夢の中のお花畑からは、お花を刈り取らなければいけません。
    目覚めさせて、実り豊かな大地を持つ国にしたいものです。

  • >>4186

    >敵国条項はすでに死文化しています。

    たしかに、1995年に「死文化」したとして削除の決議案が賛成155、棄権3
    で採択されいますが、採択を批准した国は効力発生に必要な数には及ばず、
    現在でも条文が残っているのが実情です。

    つまり、大半の国が「もう死文化してるから効力ないよね」という認識を
    もっていようが、A国が正式に条文に則ってB国を攻撃したのであれば、
    他の国は国際法に則てA国を制裁することは困難になります。

    実際には琴の塵さんの主張のとうり、敵国条項があろうがなかろうが、
    侵略する国は侵略するでしょうが、「国際社会からの制裁」という侵略する側への抑止力が
    ないという点において、敵国条項は明らかに日本には不利なものだと思っています。


    >わざわざ負け馬に乗る騎手はいません。

    そこなんですよね・・・・
    米国とはすでに同盟(ほとんど”守ってネ”的同盟ですがw)を組んでいますが、
    憲法の縛りがある以上、「お宅の国が攻撃されたときは守ってあげるから、
    うちらの国が攻撃されたら守ってね」という対等な同盟を他国と結ぶことができないんです・・・
    だから、しっかりと”プラン”とは言い切れず、妄想と・・・w

    でもね、「軍事力を強大にして」という発想は第2のアメリカを目指すっていう発想になりませんか?
    強大な軍事力で周辺アジア諸国(NATO)をまとめあげ、アジア(世界)の警察的な役割を背負わせれて・・・
    実際に西側諸国はロシア(ソ連)を封じ込めることはできましたが、
    アメリカの負担は想像以上に膨れ上がったと思います。
    そういう考えがあるので、オイラは日本の軍事力を強大にすることには消極ですし、
    数の理論だけで何とかならないかと思っています。

    で、一つの選択肢として、同盟よりさきに(別に同時進行でもいいかw)、
    張りぼてでもかまわないから、シェアリングをと(しつこいw)


    >国連など侵略する側される側双方にとって大して役に立つものではないと言うのが私の見解です。

    それはオイラも同じ見解です。
    ですが、日本の立場(常任理事国ではない)を考えると、
    やはり、国連から受けている縛りは好ましくないと思います。

  • 高校生平和大使がノーベル賞候補に 長崎の関係者喜び「活動の励みに」

    国連での日本の高校生の反核スピーチは、日本の第2次大戦の被害を強調することになるのを嫌う思惑から中国の圧力によって取り止めになりましたが、この件ではどうでしょうか。

    私はブーメランとなって日本の核保有に対する足枷となりかねないのでびみょーに賛成しかねます。

    中共、ノルウェーに圧力よ‼
    大丈夫、ノルウェーなら簡単に屈するわ。

  • >>4186

    誤字脱字など訂正しきれないのはご容赦ください。
    PCからの投稿でないと自分が書いたものが推敲しにくいです。
    ごめんなさい。

  • >>4184

    > 残念ながら、日本は国連憲章により敵国条項という縛りを受けたままです。

    敵国条項はすでに死文化しています。
    ロシアがたまに引用しますが、北方領土を手放さないための方便でしかなく新たな安全保障上の脅威になっているわけではありません。
    敵国条項があろうが無かろうが中国は侵略するときには侵略してきます。
    それを阻止する力は国連にはありません。


    >プランA、プランB、プランC

    どのようなプランであっても、日本自身が強力な軍事力を持っていなければ中国を仮想する同盟に加わることは国はあり得ないでしょう。
    わざわざ負け馬に乗る騎手はいません。

    > 必ず核保有国(シェアリング)も残ります。

    これはまた別の問題ということで。

    > したがって、国連憲章で縛られている段階では、他国に日本へ攻め込む口実を
    > 与えないためにも、防衛力にこだわる必要があるというのが、オイラの考えです。

    重ねて書きますが、国連憲章にあろうが無かろうが、いえ、それ以前に国連があろうが無かろうが、
    侵略和企てる国は侵略します。
    国連など侵略する側される側双方にとって大して役に立つものではないと言うのが私の見解です。
    ですが、異なる見解があるのは当然のことと思っています

  • >>4183

    >私にしても、今年中にとかは考えていません。
     ですが、世界は急速に変化していくように思えます。

    世界が急速に変化しても、戦後70年以上たった現在でさえ、
    残念ながら、日本は国連憲章により敵国条項という縛りを受けたままです。


    >日本の主敵は中共なので、日米露印による中共封じ込めが理想です。

    オイラの頭の中ではそれぞれ(日米露印)を分けていて、日米同盟がプランA、
    日・ロ対中国がプランB、日・東南アジア(含インド)対中国がプランC
    というように、別個に話(シェアリングを含んだ話)を進めるという考えというか妄想wがあります。

    どのプランが予想外の事態で機能しなくても、有効なプランが1つでも残れば、
    必ず核保有国(シェアリング)も残ります。ですが、コレは中国を封じるというより、
    日本の安全を優先という消極的なプランですし、当然3っつのプランがすべてアウトに
    なる可能性もある貧弱なプランであることは理解しています♪


    >正直言って、防衛力などという概念は捨てるべきだと思います。
     保持すべきは、強力な防衛力などではなくて、強力な軍事力です。
     そのためには、憲法9条は改正ではなく破棄すべきです。

    たとえ9条を撤廃して、強力な軍事力を得ることができたとしても、前述のように
    国連憲章での縛りがある以上、その軍事力の行使には制約がついてしまいます。
    急ぐべきは9条の廃止ではなく、国連憲章第53条、第77条1 項b、第107条の廃止では?

    9条の廃止を先にしてしまうと、国連憲章の方が長引く恐れが・・・ 
    したがって、国連憲章で縛られている段階では、他国に日本へ攻め込む口実を
    与えないためにも、防衛力にこだわる必要があるというのが、オイラの考えです。

  • >>4181

    >>自己の危機管理に対しては、これでもかというくらい無頓着

     自己の危機管理さえ出来ない政治家に国家の危機管理は任せられないというような声がどこからか聞こえてきそうですが、それはともかくとして。

    >>そんなに切迫感はもっていないです。

     私にしても、今年中にとかは考えていません。
    ですが、世界は急速に変化していくように思えます。

     トランプ政権の米国第一主義は伝統的な不干渉主義に行き着くのではないかという危惧があります。
    民主党よりも内向きぽい感じです。
     中共は戦後レジュームの改変を今まで以上に強力に推し進めてくるでしょう。

     日本の主敵は中共なので、日米露印による中共封じ込めが理想です。
    理想は理想でしかないとしても、そのためには日本自身が戦後レジュームから脱して強力な軍事力を保持しなければ
    米露印から相手にしてもらえません。
     憲法改正はそのために是非必要ですし、今年中にとは言わないまでも、急がねばならないと思います。
    米中が手打ちをしてからでは遅いです。

     私は軍事知識ダメダメ人間ですが、(米国との同盟を考えずに)日中が戦争になったら、現在の日本の防衛力ではとても勝てないと思います。
     正直言って、防衛力などという概念は捨てるべきだと思います。
    保持すべきは、強力な防衛力などではなくて、強力な軍事力です。
    そのためには、憲法9条は改正ではなく破棄すべきです。
     
     ちょっと過激な戯言でした☆

  • >>4177

    車2台持てない議員は、公私1台で済ませてるそうだ、大臣は夜中も勤務があり昼の空き時間に私用をするのもある、過去から有りだ、あまり下らないことを探すより、野党よマジに政権とれる真面目な政治家になれ、待ってる。

  • >>4179

    >それにしても、半数を超えているか三割無いかは大きな違いです。

    ひょっとすると、NHKは3択(yes,no,no opinion)で、読売が5択形式
    (どちらかといえばyes、どちらかといえばnoを含んでいる)で、その分
    どちらともいえない派がyes派とno派に流れているのかもしれません。
    だとしたら、NHKの3割という数字はそう悲観することもない気がします。


    >誰の目から見ても差し迫った危機に直面しないと改憲できないとすれば、
     おそらくそれは手遅れという状況になると思います。 

    日本人は危機管理意識が薄いのかもしれません。
    それは安倍首相の発言を聞いていても痛感します。
    彼はこと政策に関しては意外と狸ですが、自己の危機管理に対しては、
    これでもかというくらい無頓着のような気がしますw


    >今こそ、その議論が必要なのだと、今を逃してこれ以上遅れると手遅れになってしまうことを
     国民に知らせるのが政治の役目だと思うのです。

    それはそうなんですが、個人的にはそんなに切迫感はもっていないです。
    したたかに既成事実を積み重ねていく・・・
    例えば、一昔前では考えられなかった空母(名称はあくまでもヘリ搭載型護衛艦ですが
    F- 35Bなら搭載可能)を今では所有していまし、先月には自衛隊初の上陸作戦能力を持つ
    水陸機動団(陸上自衛隊)が本格稼働という報道(ロイター発)がありました。
    あとは強襲揚陸艦をコッソリと導入すれば、ある程度の離島の防衛には対処できるようになります。

    いずれも専守防衛に関しては持つことを疑問視されていた兵力ですが、近年の尖閣諸島問題や
    北朝鮮問題、安倍政権誕生で将来の改憲の可能性を見据えての導入ではないかと思っています。

  • <<
  • 4202 4181
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託