ここから本文です
  • エジプトで熱気球が墜落し、日本人4人を含む19人が死亡した事故で、近くを飛行していた別の操縦士が、事故現場でインタビューに応じ、発生時の詳細な状況を語った。
    ユセフ操縦士は「事故が起きたのは、あそこの高圧電線のところの高さ2メートルの場所です」と語った。
    ムハンマド・ユセフさんは、事故を起こした熱気球から50メートルほど離れたところを飛んでいた時、熱気球の中心部分から火が出ているのに気づいたという。
    ユセフ操縦士は「アリ操縦士は、火に押し出される形で落ちたように見えた。そして、気球は炎の熱で上昇し始め、およそ90メートルまで達し、あそこに墜落した」と述べた。
    墜落後、10秒ほどで熱気球は爆発し、ユセフさんが駆けつけた時には、乗客はやけどを負い、倒れていたという。
    モーメン・ムラド・アリ操縦士をめぐっては、「乗客を残して飛び降りた」との目撃証言もあり、事故当時の行動も焦点となっている。

    外国人の大半は馬鹿
    でも、外国に出かけられる人は頭が良いが、国外から出たことの無い外国人は馬鹿が多い。

  • <<
  • 137 84
  • >>
  • <<
  • 137 84
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!