ここから本文です
  • <<
  • 291 267
  • >>
  • 吉田茂氏がマッカーサーに宛てた

    「在日朝鮮人に対する措置」文書 (1949年)

    朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなり
    ません。彼らは総数100万にちかく、その半数は
    不法入国であります。私としては、これらすべての朝鮮人がその
    母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。

    その理由は次の通りであります。

    (1)現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能
    であります。
    米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、
    その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。
    このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。
    朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、
    将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。

    (2)大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。

    (3)さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占
    めております。
    彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。
    彼らの多くは共産主義者ならびにそのシンパで、
    最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、
    常時7000名以上が獄中にいるという状態であります。

    --中略--

    さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。

    (1)原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還す
    べきである。

    (2)日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなけ
    ればならない。許可は日本の経済復興の貢献する能力を有すると
    思われる朝鮮人に与えられる。
     
    上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、
    私は、朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出
    するものであります。

    敬具 吉田 茂

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 吉田茂氏がマッカーサーに宛てた  「在日朝鮮人に対する措置」文書 (1949年)   朝鮮人居住者の

  • 法務省の人権問題啓発キャンペーンです!!



    以下、抜粋。




    北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めましょう

     北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに,国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し,その抑止を図ることを目的として,平成18年6月に,「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され,国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに,毎年12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされました。

     拉致問題は,我が国の喫緊の国民的課題であり,この解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が,国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中,この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。


    政府主催シンポジウム等を開催します!
    拉致問題の一日も早い解決の必要性を多くの方々にご理解いただくため,政府主催コンサート・シンポジウムを開催します。
    ○政府主催拉致問題啓発コンサート「ふるさとの風コンサート」
     日時:平成26年12月8日(月)18:00~21:00
     場所:Bunkamuraオーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
     <内容>
      ■入場無料・事前申込
      ■プロデュース,総合司会:
          ・ 宇崎竜童,阿木燿子
      ■出演者(予定):
          ・ 森昌子
          ・ 日野皓正クインテット with 渡辺裕之
          ・ Team KITAJIMA
          ・ 横田明紀男 Fried Pride
          ・ 笹野高史
          ・ 山本義人
          ・ 三原ミユキ
          ・ 東海大学付属高輪台高校吹奏楽部
          ・ ひふみレインボーほか


    平成26年度北朝鮮人権侵害問題啓発週間ポスター(法務省作成)

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 法務省の人権問題啓発キャンペーンです!!    以下、抜粋。     北朝鮮当局による人権侵害問題に

  • >>283

    大体今の憲法自体を反対したのは、共産党と社会党なんだからな。
    其れを知らねえとは言わせねえよ。今更憲法9条を認めること自体、嘘を言っているんだよ。
    左翼というか共産主義者は、もともと、金持ちを引きずり下ろすために起こした思想だったのが、旧ソ連のように、権力をつかむと、政権の反対者はもちろん、庶民までも虐殺する思想になるようになっていたんだよ。
    日本の共産党がいくらいいことを言っても、ソビエトと言い、今の中国といい、その道筋は結局崩壊をするということには変わらねえんだよ。
    日本独自の共産主義社会なんてあるわけがねえんだよ。ありっこねえんだよ!!!!!!!
    日本人ももう少し履行になりなよ。と言いたいよ。

  • とどまるところを知らない自画自賛

     ナルシシズムというのは、哲学的にいろいろと深い意味があるようだが、「自己陶酔」という意味でなら、共産党という政党は、まさしくナルシシズム政党である。換言すれば「独りよがり」と言ってもよい。

     今年、日本共産党は党創立92周年を迎えた。この記念講演会で志位和夫委員長が講演し、次のように述べている。「今年は、自衛隊創設からちょうど60年になります。この60年間、自衛隊は、1人の外国人も殺さず、1人の戦死者も出していません。

    これは歴代の自民党政権が立派だったからではありません。憲法9条の偉大な力ではないでしょうか」。現憲法制定時、この9条に反対し、1990年代まで9条の改正を主張してきたのが日本共産党である。まるで一貫した憲法9条擁護政党であったかのような言い分である。

     志位委員長は、記念講演で原発にも言及し、日本共産党は「人類と原発は共存できないと主張してきました」と述べているが、これは3.11の大震災以降のことであり、それまでは一貫して「原子力の平和利用」を主張していた。このことも忘れたようである。

     記念講演会でも、党大会でも、演説会でもそうだが、日本共産党はいつも最後に大ぼらを吹く。志位委員長の記念講演も同様だった。

     「私たちの綱領は、人類の歴史は本主義で終わりでない、この矛盾に満ちた社会を乗り越えて未来社会──社会主義・共産主義社会に進むという展望を明らかにしています。その未来像の特質は、一言で言えば、人間の自由、人間の解放であります。(中略)壮大な人類史的視野をもった政党が、日本共産党であります」

     綱領では、今世紀中に共産党が連合政権の一角として与党になることを展望しているに過ぎない。社会主義社会の実現などは22世紀の課題になっている。つまり100年、あるいはそれ以上先の目標だ。

     こんなものは政党の目標とは言えない。社会主義社会の実現は、もはやあきらめているのが日本共産党綱領の真実なのである。だが、これを聞いた党員は、「やっぱり共産党はスケールが違う」と感動するのである。まさしく自己陶酔の世界である。そんな党だから、党員も激減している。

     「かつて日本が、戦争か平和かの歴史的岐路に立ったとき、政党の真価が厳しく試されました。1931年9月18日、日本軍国主義が中国侵略戦争を開始したとき、これに敢然と反対の旗を掲げて立ち向かった政党は、日本共産党だけでありました」

     これも聞き飽きた自画自賛である。しかし、現実の日本共産党は未熟であったがために1935年3月に最後の中央委員だった袴田里見が逮捕され、中央委員会そのものも消滅し、有効な反戦運動を行うことはできなかった。

    政党の値打ちは反対したかどうかではない。反対するなら、それを止めさせることができたかどうかで評価される。日本共産党は、止めることはできなかった。それでも戦争犠牲者の前で「我々は反対したんです」と自慢するつもりなのか。

     消費税増税でも、集団的自衛権でもそうだ。結局、反対したことを自慢しているだけである。志位氏が言うように、この党に未来を託そうとは多くの国民は思うまい。

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41448

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 とどまるところを知らない自画自賛   ナルシシズムというのは、哲学的にいろいろと深い意味があるようだ

  •   誰が間違っていたかを評価してはならない!!




                  何が間違っていたのかを評価すべき!!




    偉人と傑作は時代の産物!!




                   何の能力もないアホどもが100年前に・・・





    池 萬元(チ・マノン(マンウォン)、1942年11月20日 - )は、大韓民国の軍人、評論家。経営科学博士。江原道出身。韓国では国民常識に反する発言により、親日反民族的などと批判を浴びている。

    • 1966年 韓国陸軍士官学校第22期卒業
    • 1975年 アメリカ合衆国海軍大学大学院行政科学修士
    • 1980年 アメリカ合衆国海軍大学大学院経営科学博士
    • 1967-71年 ベトナム戦争出征
    • 1972-74年 情報本部海外情報募集将校
    • 1976-77年 国防企画計画予算制度導入研究員
    • 1981-87年 国防研究員責任研究委員
    • 1990年- 社会発展システム研究所長
    • 1998-99年 ソウル市是正改革委員。国家安保政策研究所諮問委員

    「時局診断」2004年8月号で日帝強制占領下の親日反民族行為真相糾明に関する特別法推進に対する主張を発表。

    • 反日独立運動家の金九は現代版に解釈すればウサマ・ビンラディンのような人間であり、国を経営できる人間ではない。実力が足りないながらも李承晩大統領に嫉妬した人間である。

    • 偉人と傑作は時代の産物であり、その時代に誕生した最も立派な偉人は朴正熙であり、その時代の傑作は維新だった。しかし、何の能力もないアホどもが100年前に日本に占領された時、『誰が頭が良くて日本の陸軍士官学校に行き、誰が東京帝大に行ったか調査する』と大声でわめき散らしている。金大中と盧武鉉は大韓民国の恥である。

    • 歴史を評価するためには何が間違っていたのかを評価すべきで、誰が間違っていたかを評価してはならない。歴史の評価は学者たちが行うもの。現在の一部の政治家たちの行動はお門違いであり越権である。

    2005年4月ホームページ上に「慰安婦問題を解剖する」という論文を発表。

    • 日本大使館前で毎週水曜に行われている抗議集会に参加する元挺身隊の女性たちは偽者である。日本の最高裁判所が確実に日本軍慰安婦だったと認めたシム・ミジャさんが認める日本軍慰安婦だった女性は33人で、このうち現在デモをしている女性は1人もいなかった。テレビでよく見かける女性の場合は日本の関連団体が偽者とし保証金の支給さえ拒絶している。

    • 1944年がおそろく従軍慰安婦に連れて行かされた最後の時点であるはずで、当時15歳以上だったならば、現在は少なくとも78歳以上になったはず。最近、テレビで見る元慰安婦の女性の中には、それほど高齢でもなく健康も良さそうで、声に活気あふれる方もいる。

    • 本当の従軍慰安婦は全体の20%にすぎず、その大半が厳しい経済事情のため自ら性売買を望んだ人だとした。

    韓国挺身隊問題対策協議会はこれらに対し「挺身隊の女性たちの名誉棄損と人権侵害の責任を問い、法的対応をしていく考え」との声明を発表した。2005年4月18日には、「歴史的事実を明らかにし、自分の名誉を回復するために個人的羞恥心を乗り越え勇気を振り絞って集会に参加している被害者たちの胸に再びナイフを突きつけた。日本右翼団体の論理でもって被害者と被害者たちを支援する団体の名誉まで毀損した」などとして名誉毀損でソウル中央地検に告訴した。また池萬元ホームページには抗議があいついでいる。

    ○韓国について
    • 韓国軍の中には「自生スパイ」や「パルチザン」らがうようよしているはずである。新しい粛軍作業をやるべき時点を迎えている。韓国軍は、先日23冊の「不穏書籍」のリストを作成し、これらの本が軍部隊に入れないよう措置を取った、現役将校の軍法務官7人(陸軍6人、空軍1人)が軍の指揮権に露骨に反発して出た。

    • 絶対にあり得ない抗拒であり、軍はこれらに対して厳しく罰しないといけない。こういう人々は一日でも軍に身を置いてはいけない。「対共」機関は、彼らの思想的行為らに対して深層調査をしなければならない。彼らを庇護する左翼勢力も多くあるはずだ。これから「パルチザン」らの総体的な必死のあがきがあちこちから突出するだろう。

    • 金正日を「委員長」という呼称なしで名前だけで呼ばなければならない。憲法が規定した不法集団の首魁をどうして尊称を付けて呼ぶべきなのか。違法ではないか。「委員長」呼称は金大中の時に始まった。左翼政権との繋がりの遮断を試みるべきであり、金正日に対する呼称を変更することから始めるべきである。

    この人が韓国で一番率直にものを語る数少ない人池 萬元(チ・マノン(マンウォン)氏。↓

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。   誰が間違っていたかを評価してはならない!!                   何が間違っていた

  •  貴公、



    パソコン通信を遣って<やって>なさるさうぢゃが、



    インターネットとやらは随分と情報を發信出來て、



    幾百萬の人が見ると聞く 



    一つ満天下の正義の為に、



    この話を發信して下さらんか







    第三國人の暴行 <三国人>

    終戦後の第三國人どもは本當<本当>に酷かった 軍の兵器を盗んで來た<来た>らしく、三八式歩兵銃や南部式拳銃で武装し、小銃には着剣して強盗強姦傷害恐喝脅迫不動産窃盗、時には殺人まで、経済犯、實力<実力>犯を中心にあらゆる悪事を重ねてゐた 

    銀座、浅草、新宿は朝鮮人、新橋、澁谷<渋谷>は臺湾<台湾>人に支配され、政府も警察も動揺し、手を拱いて<こまねいて>ゐた 戦勝國民は治外法権だったのである。だから食管法に限らず、戦勝國民には日本法を適用出來なかった 

    斯うした<そうした>情勢に便乗し、朝鮮人は戦勝國民だの「朝鮮進駐軍」を僭称して堂々と闇商賣<商売>を行ひ、派手に稼いでゐた そりゃ儲かるだらう 取締を横目に犯罪のし放題 警察の検問を竹槍日本刀を振り回して強行突破したのだから(流石に<さすがに>銃撃戦は挑まなかった模様) 

    當時<当時>は物不足で、賣る<売る>方は素人でも出來た 仕入れこそ難しかったのだが、彼等は日本人露天商を襲って商品を奪ふのだから 其<それ>で警察が黙認して捕まへないのだから、こりゃあ損のし様が無い 

    警察が襲撃されること頻り<しきり>で、署長が叩きのめされたり、捜査主任が手錠を賭けられ半殺しにされるぐらいは珍しからず 上野で朝鮮人経営の焼肉屋へ國税局査察部が査察に行った際、大金庫を開けて手を入れた瞬間を狙って二十人ぐらいで一斉に金庫の扉を押したものだから査察官は腕を切断されてしまった 

    當時は警察署が襲撃される事が珍しくなく、第三國人の來襲によって犯人を奪還された富坂警察署事件、ついでに警官が殺された澁谷警察署事件、共産党が大群で警察署を包囲し外部との聯絡<連絡>を遮断「攻城戦」に出た平警察署事件等、枚擧<枚挙>に暇有りませんでした 

    關東以西の大都市を中心に、日本中に灰神楽が立つやうな勢で数多犯罪を重ねた 川崎、濱松<浜松>、大阪、神戸などが酷かった。其<その>最も著しい、象徴的事例に、元文部大臣、後の首相・鳩山一郎氏に對する集團<集団>暴行・傷害事件がある 

    翁が軽井澤<軽井沢>の静養先から帰京しやうとして信越本線の汽車に乗って居たら、例の「朝鮮進駐軍」が後から大勢、切符も買はず、鐵道<鉄道>員を突き飛ばし押入って來て、俺達は戦勝國民だ、おまへら被支配者の敗戦國民が座って支配者様を立たせるとは生意氣だ、此<この>車両は朝鮮進駐軍が接収するから全員立って他の車両へ移動しろ、愚図愚図するな! と追ひ立てた。 

    直後に總理<総理>大臣に成る程の大物でも如斯<かくのごとし> 況や<いわんや>庶民に於て<おいて>をや 土地も屋敷も物資も操も、奪ひ放題であった 闇、賭博、傷害、強盗事件が多く、殊に<ことに>は、空襲や疎開で一時的に空いてゐる土地が片端から強奪された 今、朝鮮人が駅前の一等地でパチンコ屋や焼肉屋を営業してゐるのは、皆、あの時奪った罹災<り災>者の土地だ。

    其でも警察は手が出せなかった 
     
    其で流石に米軍も腹に据えかね、日本本土全域の占領を担當してゐた米第八軍司令官アイケルバーガー中將<中将>が、關東と言はず關西と言はず、はたまた北九州と言はず、不逞鮮人活動地域に正規戦闘部隊の大軍を出動させ、街頭に布陣して簡易陣地を築き、重装甲車両を並べ、人の背丈程に大きな重機關銃を構へて不逞鮮人共にピタリと狙ひをつけ、漸く<ようやく>鎮圧した 我々は其火器の煌めき<きらめき>を間近に見た 

    此時、聯合國軍總司令官ダグラス・マックアーサー元帥の發した<発した>布告が、「朝鮮人等は戦勝國民に非ず<あらず>、第三國人なり」と言ふ声名で、此ぞ「第三國人」なる語のおこりである。だから、外國人差別用語な筈<はず>は無い 

    近頃の報道人は歳も若く、當時の経緯や語感が全然判らないのだらう 知合ひの報道人幾人かに電話して、テレヴィにでも新聞にでも出て歴史の眞實<真実>を話して進ぜやう、と申入れたら皆、検討させて下さい、と逃げてしまった 眞面目<まじめ>に報道する氣は無いのかの

    下は、日本の代表的左翼漫画“はだしのゲン”の一こま。
    戦後は、日本人は六等国民。
    朝鮮人はなぜか、二等国民。

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。  貴公、    パソコン通信を遣って<やって>なさるさうぢゃが、    インターネットとやらは随分と

  • サン・ピエトロ大聖堂を訪問





           バチカン宮殿内のシスティーナ礼拝堂等を視察





      サン・ピエトロ大聖堂に何が安置されているかご存知ですか???





    平成26年6月6日(現地時間)、安倍総理は、イタリア共和国の首都ローマを訪れました。安倍総理は、始めに、バチカンでフランシスコ法王に謁見し、その後、ローマ法王庁のピエトロ・パロリン国務長官と会談を行いました。

    また、その後、安倍総理はサン・ピエトロ大聖堂を訪問するとともに,同大聖堂に隣接するバチカン宮殿内のシスティーナ礼拝堂等を視察しました。


    実は、A級戦犯、B級戦犯、C級戦犯として処刑死した英霊の1068柱の位牌があるのは、
    靖国神社では無く、カトリック教会の総本山「サンピエトロ大聖堂」です。あのルネッサンスの大天才、ミケランジェロの荘厳な壁画に包まれた大聖堂です。

    これは、1975年に真言宗醍醐派品川寺の僧侶だった仲田順和(のちの醍醐寺第103世座主)が教皇パウロ6世に対し、東京裁判で戦犯になった者へのミサを行う事を依頼した事から始まります。

    教皇パウロ6世はミサ行う事を快諾します。しかし、1978年約束したミサを行う事なく他界し、1980年5月21日パウロ6世の遺志を引き継いだ教皇ヨハネ・パウロ2世が、
    A級戦犯B級戦犯C級戦犯として処刑された英霊へのミサをサンピエトロ大聖堂で行い
    A級戦犯B級戦犯C級戦犯として処刑された英霊1068柱の位牌が奉納される事になったのです。

    韓国や中国が、「戦犯の位牌の前に頭を下げるのは日本が戦争責任を否定する事と同じ」という理由から、靖国神社を問題視しているのでしたら、位牌があるのは靖国神社では無くサンピエトロ大聖堂ですので、サンピエトロ大聖堂を問題視すべきです。バチカン教皇庁に抗議すればよいわけです。ただし、世界のカトリック教徒10億人を、敵に回すことになりますが。


    さて、安倍総理のサンピエトロ大聖堂訪問に対し、日本のマスコミや中国や韓国のマスコミはどう反応したのでしょうか???

    A級戦犯を祀る事が「悪」だと云うなら、「サンピエトロ大聖堂」にも同じ事を云うべきでしょうし、仮に日本の閣僚が「サンピエトロ大聖堂」に赴いた場合には、日本のマスコミや中国や韓国のマスコミは、「戦前回帰だ!!けしからん!!」などと騒ぎ立てるのでしょうか?
    いまのところその気配が一向に見られませんが・・・

    ところで、毎年多くの日本人観光客をはじめ、中国・韓国の観光客も含め、世界中の観光客が、バチカンのサンピエトロ大聖堂を訪れます。
    好むと好まざるとにかかわらず、中国人韓国人も含め、とにかくあまたの世界中の人々が、ここサンピエトロ大聖堂で、A級戦犯をはじめ刑死した1068人の位牌を礼拝しているのであります。知ってか知らずか・・・

    <注>
    ① 靖国神社では、位牌という言葉は使いません。あくまで“柱”です。位牌という言い方をするのは、仏教とキリスト教です。イスラム教には、位牌という言葉はありません。
    ② バチカンのサンピエトロ大聖堂には、なぜかナチス関係者の位牌は一切ありません。

    パウロ6世に1068人の位牌目録を渡す仲田順和座主 ↓

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 サン・ピエトロ大聖堂を訪問              バチカン宮殿内のシスティーナ礼拝堂等を視察

  •  韓国で「慰安婦は自発的な売春婦」という署名活動が始まる!!





    まずは、このニュースをご覧ください。重要なので記事全文を掲載します。

    韓国で「慰安婦は自発的な売春婦」署名運動・・・「虚偽だ」波紋広げる サーチナ 4月15日

    韓国の複数のメディアによると、旧日本軍の従軍慰安婦問題について、慰安婦は「自発的に売春した女性」だと主張する署名運動が同国内のインターネット上で行われていることが11日に判明し、波紋を広げている。署名運動を展開しているインターネットユーザーは、集まった署名を日本の外務省に提出する方針という。

    「これ以上、世界に向けてうそをつくのは止めましょう」と題した署名運動は、あるネットユーザーが開設した専門サイトで8日から行われている。太平洋戦争当時に米軍が作成した慰安婦報告書には、慰安婦が志願制の募集だったことや、月平均の給与が700-1500円だったことが記されていると説明した。

    また当時の京城日報や毎日新報の記事を紹介。その内容から「日本軍が慰安婦を正式に募集する広告もあった」とし、「韓国は伝統的な売春国家」などと主張した。

    12日午後5時の時点で署名数は665人。署名したユーザーらは「歴史的な事実は変えることはできない」、「慰安婦の真実を明らかにしてください」などと活動を支持するコメントを寄せていた。

    韓国メディアによると、同サイトは韓国で波紋を広げており、多くのユーザーが、「虚偽の事実を広めて(元慰安婦の)おばあさんの名誉を傷つけている。身元を特定して処罰する必要がある」などと怒りをあらわにしているという。

    「慰安婦は自発的な売春婦」という署名活動のリーダーの身を案じます。しかし、同時に、こうした真実の活動が行われるようになったことに心から感謝をしたいと思います。大変な恐怖のなかで、最大のタブーに挑戦しているわけですから、当然、韓国政府当局も政府機関を使ってこの運動のリーダーの抹殺をはかる可能性があります。

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。  韓国で「慰安婦は自発的な売春婦」という署名活動が始まる!!       まずは、このニュースをご覧

  • こんなことってありえますか???





    ◆目撃者のいない"大虐殺"






    120人の報道員とカメラマンは何を見たか



     鎌倉市よりも狭い南京城内に、日本の新聞記者やカメラマンが、約120人も占領と同時に入城して取材にあたっていながら、今井正剛、鈴木二郎記者の虚構を除くほかは、1人として婦女子の虐殺や一般市民および捕虜の大量虐殺などは見ていないのである。
     当時、「朝日」「東日」「読売」「日経」など全国紙の各支局をはじめ、地方紙や通信社も、南京に特派員を派遣している。
     
     これらのプレスマンが異口同音に言うには、「東京裁判で、南京にあのような大事件があったと聞いて驚いた」である。
     これは南京に入城した将兵たちもほとんど同様である。
     
     当時、読売新聞の上海特派員だった原四郎氏(現在読売新聞社顧問)は「世界日報」の記者にこう述べている(57・8・31)。
     「わたしが南京で大虐殺があったらしいとの情報を得たのは、南京が陥落して3ヶ月後のこと。当時、軍による箝口令(かんこうれい)が敷かれていた訳ではない。
     
     なぜ今頃こんなニュースが、と不思議に思い、各支局に確認をとったが、はっきりしたことはつかめなかった。また中国軍の宣伝工作だろう、というのが大方の意見だった。」

    1937(昭和12)年12月1日~翌1938年10月24日までの約1年間、中央宣伝部国際宣伝処は約300回の記者会見を漢口で行い、参加者は平均50人を数えたという。また、「各集会に参加した外国人記者と、外国駐在公館の職員は毎回平均35人だった」にもかかわらず、同宣伝処は日本軍による市民虐殺、捕虜の不法殺害について何も発表せず、外国人記者から南京虐殺についての質問が出たという記録もない。

    ところが、120人が同行し同じものを見同じ事を聞いたにもかかわらず、その中で、
    ★今井 正剛 (東京朝日記者)・・・「南京城内の大量殺人」(「特集 文藝春秋」、1956年12月号)
    ★秦 賢助 (福島民友記者) ・・・「捕虜の血にまみれた白虎部隊」(「日本週報」、1957年2月25日号)
    ★鈴木 二郎 (東京日々記者)・・・「私はあの“南京の悲劇”を目撃した」(月刊「丸」、1971年11月号)
    ★前田 雄二 (同盟通信記者)・・・『戦争の流れの中に』(善本社、1982)
    だけが、違うものを見聞きしたと語っている。


    <注目>
    下の写真 昭和12(1937)年12月15日、南京の旅館前にて毎日新聞の記者、カメラマン、無電技師、運転手連絡員。向かって右手、中列右から2人目のメガネをかけた皮コート姿の人物は若き日の大宅壮一。 ↓

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 こんなことってありえますか???      ◆目撃者のいない"大虐殺"

  • 世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者??




                  それって、誰のこと??





     朝鮮時代、全権大使としてアメリカに渡った李成玉氏が各民族に接してみると、朝鮮人は米国人に軽蔑されているインディアンより劣り、その他メキシコ、インドなどの民族より劣っていることを知り、衝撃を受け、次のように述べています。

     「現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面をもつことはできない。亡国は必死である。亡国を救う道は併合しかない。

     そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、日本は違う。日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。

    そして、日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。

     日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ。」

    朝鮮全権大使 李成玉 「李完用侯の心事と日韓和合」 
    「日韓2000年の真実」名越二荒之助編著 国際企画(日本図書館連盟選定図書)

    韓国の近代化に心血を注いだ韓国内閣総理大臣李完用侯 ↓

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者??                    それって、誰

  • 慰安婦問題で 


    韓国に「言論の自由」はない 


    2014.5.11 07:00[「慰安婦」問題]
     日韓の歴史認識をめぐって韓国で反日世論が起こると、特に筆者を含む保守的論調の日本人記者は、反日系の市民団体や左派系メディアから“いい顔”をされず、居心地の悪さを覚えることがしばしばある。ただ、「日本人記者の主張」として受け止められたうえで、反発を受けるわけだが、韓国人による親日的な言動、あるいは日本に理解を示すような発言への反応はその比ではない。当地では確実に、猛批判にさらされる。そんなことを象徴する光景を、最近、目の当たりにした。(ソウル 名村隆寛)

    日本人の慰安婦は?
     ソウル中心部のプレスセンターで4月29日、慰安婦問題の解決を図ろうという趣旨で、「慰安婦問題、第三の声」と題したシンポジウムが開かれた。韓国側からは学者、慰安婦支援団体の幹部、記者がパネリストとして参加。日本側からは慰安婦への「償い」のための事業「アジア女性基金」(1995~2007年)に設立当初から関わった和田春樹東京大学名誉教授がパネリストで出席した。

     韓国で「良心的な日本人学者」として知られる和田名誉教授を韓国に招いたシンポジウムは、全体的には慰安婦および慰安婦問題に理解を示すことをベースに進められた。約4時間におよぶシンポジウムの全てをここでは再現はしない。ただ、その中で興味深いやりとりがあった。

     パネリストの発言が一通り終わったあと、一般参加者とパネリストとの間で質疑応答が行われたときのこと。2人目か3人目かに手を挙げた若い男性が和田氏にこう質問した。
     「(慰安婦の強制性を認めた河野談話=1993年=の際に)日本政府は日本(人)の慰安婦に謝罪しましたか?」

     和田氏は「河野談話は(対象を)韓国人に限定していません。理論的には日本の慰安婦をも前提にしています」と答え、日本政府が日本人の慰安婦も対象に謝罪したことを説明した。

     質問者の男性はさらに尋ねた。「それでは、日本の慰安婦には補償がなされましたか?」
     和田氏は「日本人(慰安婦)には補償されたことはない」と事実通り答えた。
     2人の対話はこのようなもので、客観的に見ても、和田氏は事実に基づき、分かりやすく丁寧に答えていた。

    感情的にねじ伏せる
     一悶着あったのはこの後だ。質問者の男性は和田氏の回答を受けこう言った。「日本に対して法的な責任を求めるのは変じゃないですか。補償金(償い金)を(一部の韓国人慰安婦は)もらっていますねえ。あれこれ言うのならわが国(韓国)の政府にも言えばいいじゃないですか」

     男性は「今や慰安婦問題は韓国の国内問題になっている」と主張したかったようだ。同じ会場にいた日本人記者の1人もそう認識したという。“よくぞ、そこまで言った”と韓国人自身の発言とその度胸に内心驚いた。

     ところが、そのとき、慰安婦支援団体の高齢女性が声を張り上げ始めたのだ。「なんてこと言って怒らせるの」「そんなこと言わないでよ。侮辱だよ!」と。さらにこう続けた。「あなた、どこに住んでいる人なの?」とすごいけんまくで男性をしかり始めた。

     途中から訳が分からなくなり、議論がかみ合っていないのかと思ったが、とにかく男性の主張が許せないようだ。司会者らがなだめて、その場は収まった。しかし、多勢に無勢。質問者の男性は感情的な言葉で押さえつけられ、見事に“黙らされて”しまった。

     韓国では償い金をもらった慰安婦もいるが、頑としてこれを拒む者もいる。現に韓国の慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」は日本の「法的責任」をあくまで求め、日本政府に「賠償」としての措置を要求し続けてきた。

     それ以前に、慰安婦問題をめぐっては1993年に当時の金泳三大統領が「徹底的な真相究明が重要であり、日本に物質的な補償は求めない」と断言している。同時に金大統領は「(韓国の)政府予算で慰安婦への生活保護をする」とも表明している。

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 慰安婦問題で    韓国に「言論の自由」はない    2014.5.11 07:00[「慰安婦」問題

  • 韓国での兵役って後になるほど厳しくなるそうですよ!



    実は2015年に在韓米軍が完全撤退するんですよね?
     
         
        兵役は韓国人男子の義務です
     

    日本に留学中の韓国人男性からの投稿のようですね。

    韓国人の場合、健康な男性は 誰もが 2年間の軍隊生活を義務付けられている。
    北と南に分断され 緊張状態が続く 韓国の特殊な事情上、 定められた 法律上の義務である。
    しかし、世の中には 韓国の国籍を持つ 健康な男性でありながら、
    この義務を背負わなくてもよい特殊な部類が居る、在日韓国人といわれる部類である。

    彼ら在日は 歴史的な事情により、韓国の国籍を持ちながら
    日本の永住権を持ち 日本で生活しているコウモリ的な存在である。
    国民の義務は負わないのに 権利だけを持つ彼らには
    韓国の国民でありたいのであれば 軍隊へ行き国民の義務を果たすか、
    それがいやなら日本に帰化してしまえと いわざるを得ない。

    おいしい所だけを持って 被害者面で 甘えている在日は 精神的再教育が必要なのである。

    私は特に 自ら考えることを怠けている 在日諸君に 軍隊をお勧めする。 溢れてくる情報の中で 自ら考えることを忘れ、他人の考えのまま、 もしくは 誰の考えとも言えない 住所不明の考え のまま 流されている そこの貴男に お勧めする。

    おそらく 貴男は考えることの重要性・自主性の重要性について 全く無知であるはず。
    浅い考え、ろくでもない価値観で 世の中、知りきった つもりでいるはず。
    そんな貴男に ピッタシの所、何も考えなくてもよい世界を紹介しよう。
    いや、むしろそこは 何も考えてはいけない、完全に 将棋の駒にならねばならない所である。

    その 軍隊といわれる世界が 貴男を待っている。
    うまく行けば、自ら考える権利を 完全に奪われたショックで 自ら考える重要性に
    目覚めるかもしれない。
    少なくとも 男らしい逞しい体は 手に入れることができる。 さあ、結論は 軍隊だ。

    『 在日韓国人も 軍隊へ行くべきだ 』  ソウル出身 明治大学 3年 朴 卿鎬
    http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/d/1/d17807bf.jpg

    見よ!! たくましい訓練中の韓国兵を!!
    日本人も見習うべきだ!

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 韓国での兵役って後になるほど厳しくなるそうですよ!    実は2015年に在韓米軍が完全撤退するんで

  • 触らぬ神にたたりなし!!





               タブー視!!





                    そして、奇妙な沈黙!!





                          それは、死を招く沈黙・・・






    ◇日本ジャーナリズムの罪と罰




    北朝鮮関連書籍はどれも売れている。日本の庶民にとって、隣人の生活ぶりが大きな関心事となっている証拠である。しかし、そんな庶民の関心事については、論戦どころか、事実も大新聞で報道されることがめったにない。

    いまや最大の謎は、"地上の楽園"の実態から、北朝鮮の民主化・人権問題に対する大マスコミの"奇妙な沈黙"に移りつつある。報道としての"死を招く沈黙"の埋由は、二つに大別できる。

    ひとつは、差別問題と同様、北朝鮮の民主化・人権問題を、大マスコミが基本的に"タブー視"している点にある。「何か書くとゴチャゴチャと朝鮮総連がうるさいから……どこの新聞社にも、こういう"リアリスト"の記者がいる。

    とくに、取材の第一線から外れたデスクに「触らぬ神にたたりなし」の傾向が強い。実際、朝鮮総連による組織的な抗議活動はすさまじい。北朝鮮や朝鮮総連に不都合な報道をしたメディアは集中攻撃を浴ぴてきた。

    それでも第一線の記者は、勇気をだして記事を上げる。だが、デスクが「塩漬け」にしてしまう。かの有名な「RENK襲撃事件」では、その傾向が如実に現れた。同事件に関する新聞各紙の扱いは小さかった。

    大阪府警による朝鮮総連大阪府本部への家宅捜素、およぴ同事件への朝鮮総連の組織的で計画的な関与の証拠押収という「史上初、空前絶後」の出来事。これについても同様だった。

    もちろん、第一線記者は熱心に取材する。私への取材も「夜討ち朝駆け」状態だった。ところが、問題の核心に触れる記事はついに出なかった。

    このあたりの事情を某新聞社の記者はこう語る。
    『日本の警察が朝鮮総連の事務所を家宅捜索したのは、戦後初めてのことだ。それだけの大事件だった。しかし、こんな点がある。

    朝鮮総連は日本のマスコミの圧力団体だ。彼らに不利な記事が出れぱ、巧妙に圧力を掛けてくる。だから慎重になるほかない。マスコミが朝鮮総連関連の記事を載せる原則は、必ず朝鮮総連のコメントを受けてから書くということだ。したがって、朝鮮総連がコメントを拒否すれぱ、記事を書かない場合が多い』

    同記者は結局、デスクから「この事件はソフトに扱え」と注文を付けられた。十分な証拠を確保して記事化しても、デスクから「保留」の指示が下りる。

    抗議する同記者に、デスクはこう答えたという。
    『この記事を載せて、数百人の朝鮮総連が会社を取り囲んでデモでもすれば、どうするんだ』

    同記者によれば、当時、どの新聞社も似たようなものだったという。
    『困難は避けて通るのが日本人の特性だ』と同記者は付け加える。私は朝鮮人だから、よくわからないし、わかりたくもない。

    他方で、かつての冷戦構造、あるいは55年体制の"左側"にいて、いまだに社全主義幻想にすがりつく時代錯誤な編集委員がいる新聞社もある。VIP待遇で北朝鮮に招待され、行く先々は事前に準備万端のヤラセ視察。

    『北朝鮮は素晴らしい。街にゴミひとつない。完成された社会主義だ』……帰ってきて、こんな"ヨタ話"を平気でしては、若い記者をあきれさせる。いくら抗議が嫌で怖くても、重要な問題だと考えれば記事化する。それが大新聞だと私は信じたい。

    「朝鮮総連と収容所共和国」 李英和 1999年 小学館文庫より

    元朝鮮総連中核幹部  李英和 氏 ↓

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 触らぬ神にたたりなし!!                  タブー視!!              

  • 中国人留学生団体であるR会の例を見てみよう。

    「R会のリーダー格の一人に、大手マスコミの女性記者がいました。彼女は官邸詰めになるや、当時、政権を握っていた自民党中枢に接近。最終的には総理に可愛がられ、2人で食事をする仲になったんです」(前出・井野氏)

    それを背景に彼女は政・官・財に深く食い込み、情報を収集し続けたという。
    情報提供者には1万元が……

    ほかにも、中国の若い女性音楽家が諜報活動をしていた例もある。
    「スパイたちを統括する人物が、日本の政治家や官僚が、その女性音楽家のファンであることを知り、彼女を彼らに深く接近させ、ついに男女関係を持たせた。

    その後、中国側から男たちに様々な要求が出されましたが、その多くが科学技術に関する情報だったといいます」(前同)

    一説には、情報1件につき、情報提供者に最低1万元(約12万4000円)の報酬が与えられるという。

    元警視庁刑事(中国語通訳)で、ジャーナリストの坂東忠信氏はいう。
    「たとえば、日本の中国クラブで客が"今度のプロジェクトは○○で……"という話をしたとします。それを聞いたママは、自分より大きな人脈を持つAに、Aはさらに上のBに……と、最終的に中国の情報機関に吸い上がっていくんです」

    最近は技術の発達で、とんでもない手口も登場している。
    「パソコンから情報を盗み出す"スパイウェア"を忍ばせたデジタルカメラや電子情報機器を、ターゲットにプレゼント。そうして企業秘密を得ています」(前出・公安調査庁関係者)

    もはや、ここまでくるとお手上げ状態。こうした状況で、日本政府は国際化拠点整備事業『グローバル30』プロジェクトと銘打ち、2020年までに30万人の留学生を受け入れるとしている。

    「時流に逆行もいいところです。留学生のほとんどは中国人なんですから。その多くが大学の研究室などで情報収集に励んでいるんです」(前同)

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 中国人留学生団体であるR会の例を見てみよう。   「R会のリーダー格の一人に、大手マスコミの女性記者

  • 弱い者には徹底して強い態度で



                強いものには徹底して低姿勢で



                    骨の髄までしみ込んだ事大主義の民族精神!!



             ある台湾人の回想より



                 この人は、岐阜の航空学校に所属していた



                  
    ◆1945年8月15日・・・
    1945年8月15日、日本は敗戦した。
    山奥での作業中に年輩の日本兵(教官)が「負けた!」と隊からの伝令を話したまま、呆然と立っていた。
    我々(台湾人生徒)は何が起こったのか全く分からなかった。

    (中略)
    しかし隊長の青ざめた表情は自体の深刻さを表現していた。
    しばらくして、敗戦の事実が我々、台湾人生徒にも正式に伝達された。
    悔しさと無念の気持でいっぱいになり、溢れる涙で頬を濡らした事を鮮明に覚えている。

    無性に悔しかった。
    他の台湾出身生徒も同じ心境だった。

    しかし、朝鮮出身の生徒達は、その日から食糧倉庫、衣服倉庫を集団で強奪していた。滅茶苦茶な暴虐・強奪の有様だった。
    我々は複雑な心境でそれを眺めていた。

    (中略)
    敗戦は、それまで1つだった国民を3つの国民に分けてしまったのだ。


    ◆帰国の為に汽車で日本の九州へ・・・
    急な日本の敗戦で、私は心の切り替えが出来なかった。
    日本兵の軍服で汽車に乗っていた私は、周囲からは敗戦で消沈した日本人に見えたのだろう。

    8月15日から急に横暴になった朝鮮人に嫌がらせされた。
    座席に置いた新品の飯盒を朝鮮人に盗まれた。

    取り返そうとすると、「お前はなんだ!朝鮮人を侮蔑したな!降りて来い!」と、たちまち数人に囲まれてしまった。
    一人と多数・・・勝てない・・・。
    「ごめんなさい。私の勘違いでした」と謝り、ピンチを逃れる事しか出来なかった。

    それから佐世保に到着するまでの30時間・・・朝鮮人は執拗に私と日本人乗客を苛め続けた。
    若い女性がトイレに行こうとすると通路を塞ぎ、「次の駅で窓から降りろ!」と命令し、苛めていた。

    朝鮮人の酷すぎる情けない行為を、私は内臓が沸騰するような怒りを感じながら眺めていた。
    黙って見ているしか出来なかったのだ・・・。

    (中略)
    佐世保のキャンプで私は面白い場面に遭遇した。
    あの朝鮮人たちが、「中華民国台湾青年隊」の腕章を着けた我々にお世辞を言いながら擦り寄ってきたのだ!
    それは中華民国が連合軍の一員であったからだ。

    弱者には傲慢で、強者には媚びる・・・。 
    そんな朝鮮人の極端な習性を私は目撃したのだった。

    しかし、大国の狭間で生存しなければならなかった環境が、そうした民族性を育んだのだから、今更、それを責めても仕方が無いだろう・・・。

    ■台湾人SAI KONSANの著書

    「台湾人と日本精神」

    ~日本人よ胸を張りなさい~

    から抜粋。

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 弱い者には徹底して強い態度で                強いものには徹底して低姿勢で      

  • “その場にのまれたっちゃあ・・・”



                      “まぁ、うかつでした・・・”




               牧師ごときが、政治家になると・・・



                  言い訳がましいことを平気で口にする!!



           言い訳したことを、神に許しを請うべきでしょう!!



    土肥 隆一(どい りゅういち、1939年2月11日 - )は、日本の牧師、元政治家(衆議院議員・7期)。

    世界宣教東京大会顧問。民主党では国のかたち研究会(通称:菅グループ)代表を務め、党倫理委員長などを歴任した。

    1939年(昭和14年)、日本統治時代の朝鮮京城府(現大韓民国ソウル)に出生。日本社会党出身。福岡県立修猷館高等学校卒業、東京神学大学大学院修士課程修了。大学院修了後、日本基督教団所属の牧師として宗教活動を行う。

    日本社会党所属の衆議院議員・河上民雄(河上丈太郎の子)の秘書をつとめた縁で、河上の引退後に地盤を引き継ぐ。所属政党は現在までに日本社会党(1990年-1995年)民主改革連合(1995年-1998年)、民主党(1998年-2011年)。

    2004年、年金未納問題の際に1年7ヶ月間の未納期間があったことが発覚した。

    現在も日本基督教団の現役の牧師として、理事長を務める社会福祉法人傘下の授産施設「恵生園」(兵庫県朝来市)に併設された「和田山地の塩伝道所」で説教を行っている。

    2011年3月、竹島領有権放棄問題により民主党を離党表明し、離党届が受理された。2009年の政権交代で民主党政権が誕生して以降、民主党所属国会議員が民主党を離党したのは4人目。
    2012年10月に民主党・無所属クラブの要請により、民主党に復帰。

    2011年(平成23年)2月27日、日韓キリスト教議員連盟の日本側会長として、竹島領有権の放棄を日本側に求める下記の「日韓共同宣言」に署名し、韓国の国会で韓国の議員らと記者会見を行った。

    「竹島領有権主張問題 共同宣言文の骨子」

    一、日本は恥ずかしい過去に対し、歴史の真相を糾明し、日本軍慰安婦、サハリン強制徴用被害者など、歴史の被害者に対する妥当な賠償措置を履行しなければならない。両国の善隣関係は、真実の謝罪と賠償が出発点となる。
    一、日本は、平和憲法改正と軍国主義復活の試みを直ちに中断しなければならない。
    一、日本政府は歴史教科書歪曲と独島(注、竹島の韓国名)の領有権主張により、後世に誤った歴史を教え、平和を損なおうとする試みを直ちに中断しなければならない。

    3月9日になってこの事実は明らかになり、問題化した。土肥は第一報を報じた産経新聞の取材に対し「個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と語った。波紋はまたたく間に広がり、9日夜の首相ぶらさがり会見で、菅首相は土肥の行動に対し、「大変遺憾」と語った。

    土肥はマスコミ各社のインタビューを受けたが「個人的には竹島は日本の領土とは一概には言えないと思っている。日韓両国が互いに自国の領土と主張すれば、問題はいつまでも解決しない(朝日新聞)、「(竹島は)政治的には日本の領土だが、話し合いはすべきだ(時事通信)、「竹島は日本の領土との認識に変わりはないが、日韓双方の主張があり、韓国側の主張にも納得できる部分もある(読売新聞)」、「(竹島に関してはどのように?)それはもう、日本の領土ですよ。あの文章はやっぱりね、今読み直してみても、相当一方的だなということは感じるけれども。その場にのまれたっちゃあ、のまれたし。こんなにマスコミに取り上げられるとは思ってもみなかったからね。まぁ、うかつでした(FNN)」等ニュアンスがバラバラの発言を行っている。

    こいつが、そのいわくつきの土肥 隆一 ↓

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 “その場にのまれたっちゃあ・・・”                     

  • 文句あっかああーー??






                  われわれは、戦勝国民なんだぞおおーー!!






    ソウルからノボセヨ!!







                 のぼせ上がりは、もう毎日です!!






    2013年07月04日11:30
    「日本は領土を中韓に割譲する事で国際社会の信頼を勝ち取れ」 韓国人が九州地方の割譲を公然と要求
    4拍手
    1:蚯蚓φ ★:2013/07/03(水) 22:22:48.86 ID:???



    ▲イ・ハンス国際部記者

    日本が隣国の信頼を得る方法が三種類ある。これを通じて日本は'戦犯国'の汚名を脱いで今後の東アジア秩序を主導する道徳的名分と政治的地位を固めることができる。

    最も強力な方法は現在の日本領土の一部を戦争犯罪の代価として過去に被害を受けた国家に割譲すると宣言することだ。話にもならないというだろうが、同じ敗戦国家のドイツはそのようにした。ドイツは敗戦後、東部オーデル川とナイセ川を基準とするオーデル・ナイセ線は東側地域の領土11万平方キロを被害国ポーランドに割譲した。日本の九州・四国・沖縄を合わせたより2倍以上大きな土地だ。

    九州の面積の70%に該当するアルザス・ローレン地方は全てフランス領土になった。同地域の住民の大部分はドイツ語系のアルザス語を使うが戦後、今までフランス人として生きている。

    こういう事実は日本政府もよく知っている。日本外務省国際情報局長だった孫崎亨、防衛大教授は著書「日本の領土紛争」で「アルザス・ローレンを九州に変えて話せば、日本国籍として生きてきた九州の人々が中国人や韓国人に国籍が変わって日本語の代わりに中国語や韓国語を使うことになっただろう」と言った。

    彼は「第二次大戦後、領土相当部分を喪失したドイツは新しい進路を探した。ヨーロッパ聨合という組織の中心になることを選択し、今日、ドイツはヨーロッパ聨合で最も影響力が大きな国になった。その影響力は国土を越える」と言った。日本もドイツの道に従えば、国土を越えて東アジア共同体の中心国家に背伸びすることができる。

    あえて土地を渡さなくても良い方法がある。毎年8月15日、同じ象徴的な日に被害国国民に繰り返し謝罪することだ。ドイツは今もそのようにしている。万一、日本の総理以上の責任者が日帝虐殺現場の韓国の堤岩里(チェアムリ)、中国南京などを訪れて許しを請うならば被害国民の'沈殿物'は一時に雪が解けるように無くなるだろう。

    ウイリー・ブラント、ドイツ総理ひとりが1970年ポーランド、ワルシャワを訪れてナチ犠牲者慰霊塔の前でひざまずき謝罪することによって残りのドイツ国民は堂々と立ち上がることができた。

    もっとやさしい方法もある。ただ静かにしているだけでもかまわない。「侵略の定義は決まっていない」とか「慰安婦強制動員の証拠はない」とかする妄言を日常的に行わず、A級戦犯が合祀された靖国神社に参拝しないだけでも被害国の国民は日本と未来を話す準備ができている。

    ソース:朝鮮日報(韓国語) [記者の見解]日本が'正常国家'なろうとするなら
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/07/02/2013070203302.html

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 文句あっかああーー??                     われわれは、戦勝国民なんだぞおおーー

  • 賛成!!


               反対!!


                     利益を得る人!!


                             損をする人!!




     朝鮮併合後の日帝三十六年というのは日本が朝鮮を植民地化し、搾取と収奪の時代だと思っている日本人が多いようです。

    ある政策を実施するとその政策には賛成と反対、利益を得る人、損をする人と必ず居ます。反対の人、不利益をこうむったという視点のみで多くは語られてきているように思います。

    まず「植民地」という言い方が良くないでしょう。西洋の「植民地」とは全く違います。合邦国家と言ったほうが適切だと思います。チェコ・スロバキア、ユーゴ・スラビアと同じだと思います。もちろん国力が異なるので対等な合併ではありません。

     日帝三十六年は韓国に大きな変化をもたらしています。人口は960万人が2500万人に増加しています。平均寿命は二十四歳から四十八歳に延びて日本人とほぼ同じになっています。

    小学校が全部の村に設置され、両班、奴婢とわけた身分制度を廃止しています。「科挙」と言われる官僚登用制度を廃止しています。十六歳未満の「妓生」(キーセン)と言われる芸子兼娼婦を廃止しています。鉄道や道路を施設し、京城帝国大学をはじめ高等教育機関が設立しています。所有権の争いが耐えなかった土地も所有者をはっきりさせます。

     道路や鉄道や学校をたてたときにそこに住んでいた朝鮮人は土地を追われたでしょうから、日本による搾取と言うでしょう。両班などは上流階級としていい思いをしていたのに没落した人もいるかもしれません。それは日本の制度が良くないというでしょう。

    まずしい家では「妓生」はある一定年齢にならないとできなくなったので、困ったこともあったでしょう。土地改革によって土地を追われた人は日本が搾取したというでしょう。そういった不利益をこうむった人の観点だけで見る人は日帝三十六年は搾取と収奪の時代だったと言うでしょう。


     1904年ロシアによる満州と朝鮮半島の侵略に国家の安全が危ぶまれた日本はロシアと開戦します。李朝政府は表面的には日本寄りでしたが、裏ではロシアと通じていました。

    日本を支援したのは一進会と呼ばれる東学党の流れをくむ政治結社です。1905年日本がロシアに勝利し、米英の意志もあり、第二次日韓協約(大韓帝国は日本の保護国になる)が締結されます。

    李朝のハーグ密使事件がおこり、100万人に膨れ上がった一進会は大規模デモを繰り広げ、伊藤博文を大歓迎します。京城では「義兵闘争」と言われる反日派と内戦を行います。

    一進会は1909年12月「韓日合邦建議書(韓日合邦を要求する声明書)」を韓国と日本の両国に提出し、韓日合邦を要請しています。 そして1910年に「韓国併合ニ関スル条約」に基づいて日本が大韓帝国を併合することになります。

     これらの歴史を見て、果たして一方的に日本が搾取した、日本が無理やり日韓併合をしたなどということになるのでしょうか。日韓併合時、大韓帝国の総理大臣であった李完用(イ・ワニョン)は2005年親日派(チンイルパ)という売国奴の汚名をきせられていますが、彼は国を愛していなかったのでしょうか。1926年死去した彼の葬儀は国葬でも無いにも関わらず、葬列が数キロに達したと言います。

    韓国近代化の父、李完用 ↓

    みのもんたの息子が他人のキャッシュカードで出金しようとした。 賛成!!              反対!!                    利益を得る人!!

  • >>266

    ”みのもんた”が三流なら、、ディレクターも三流じゃないか? 局もだろう?
    視聴者も三流って訳だな? なるほど分かりやすい理屈だ。

  • <<
  • 291 267
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン