ここから本文です
  • <<
  • 20 1
  • >>
  • はだしのゲン ・・・・ 四の方々の家に行くと客間の本棚の真ん中に鎮座している。
    地方自治体は、四の糾弾に怯えているから。
    でも四はピーマンだから、A-Bリピートモードしか持ってないんだよね。

  • パチンコ産業は在日韓国・朝鮮人の割合が高く、韓国の中央日報によれば、日本に約1万6000~7000店ほど存在するパチンコ店の経営者に占める割合は90%という指摘があります。(2010年2月現在の店舗数は1万1600店程度に減少しています)。

    2008年、在日本大韓民国民団の代表団が、韓国の李明博次期大統領当選を祝うために訪韓し、「パチンコ産業への規制による経営の苦しさ」を訴えました。李は、小沢一郎民主党代表との会談の際、民団から聞いたこととして、この話を小沢に伝え、「関心を持ってほしい」と要望しました。小沢は「後日民団から聞く」と応じました。後日、民団と在日韓国商工会議所が母体の「レジャー産業健全化推進協会」の協会幹部たちが「遊技業業界の規制緩和を訴える陳情書」を小沢へ提出することとなったわけであります。上記と同様の陳情が2007年12月、泉信也国家公安委員長、森喜朗日韓議員連盟会長に対しても行われています。

    2011年、パチンコ店内での換金を法律により合法とすることを民主党の山田正彦元農林水産大臣によって国会で提言されました。日本の第94代内閣総理大臣菅直人(民主党・当時)に在日韓国人のパチンコ店オーナーから100万円を超える政治資金が違法に献金されていたことが発覚し国会で問題となったことは、皆さんもよくご記憶のことと思います。

    はだしのゲン閲覧制限は言論統制のはじまりか? パチンコ産業は在日韓国・朝鮮人の割合が高く、韓国の中央日報によれば、日本に約1万6000~7000店

  • ついに出たああ――――!!!






    とうとう、韓国側から「慰安婦の実態」が明らかにされました!!
         
      
      朴裕河(パク・ユハ)世宗(セジョン)大日本文学科教授

    韓国人学者の中には「まれに」こういう立派な人がいます。
    ただし、生命の危険を含めて、相当ひどい「親日派」バッシングが
    今後、朴裕河教授に行われる可能性が高いです。
    私たちはこの勇気ある韓国人女性学者の安全と成功を祈ろうではありま    せんか。

       以下、「ソウル新聞」からの記事です。

     朴裕河(パク・ユハ)著  「帝国の慰安婦」への書評記事です。

     光復68周年に際して出版された朴裕河(パク・ユハ)世宗(セジョン)大日本文学科教授の本「帝国の慰安婦」では「韓国人が持っている慰安婦のイメージは慰安婦の‘記憶と経験’の半分に過ぎない」と批判する。彼女は私たちが既に知っていることとは少し違った慰安婦問題の隠された半分の真実、聞きにくく敬遠したい話を掘り起こす。

     この本は慰安婦らの証言を通じて私たちの恥部を率直に表わす。女性たちをだまして戦場に引っ張っていき虐待と搾取を日常的に行った主体は大部分が同胞の朝鮮人の民間会社だった事実を慰安婦の証言を通じて明らかにする。もちろんそうであっても人間の尊厳を傷つける‘構造’を作って最後に加担したのが日本軍だったのは事実だ。

     しかも私たちの記憶の中の慰安婦は‘日本軍の軍靴に踏みにじられるか細い十五の少女’でなければ‘老躯をかって闘う闘士’だ。だが、これは「日帝が14~25才の女性労働力動員のために女子学生を中心に募集した挺身隊と混同した結果」とし「こういう錯綜したイメージが日本に対する憎しみを強化し、本来、同族を売り飛ばした私たちの罪に目をとじさせているのではないか」と著者は問い直す。

     著者はその慰安婦に向かって固定された民族主義的に偏向した認識を変えることが、かえって過去の歴史清算と東アジア平和の近道になると主張する。植民地支配が引き起こした野蛮な暴力である慰安婦問題を今のように長期化し、未解決状態に追い詰めたのは冷戦的思考だったというのも著者の解釈だ。
    (ソウル新聞・韓国語)http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=40792&yy=2013

     朴裕河教授の主張

      ①女性たちをだまして戦場に引っ張っていき虐待と搾取を日常的に行った主体は大部分が同胞の朝鮮人の民間会社だった事実

      ②同族を売り飛ばした私たちの罪に目をとじさせているのではないか

      ③慰安婦に向かって固定された民族主義的に偏向した認識を変えることが、かえって過去の歴史清算と東アジア平和の近道になると主張


      ついに出ましたか!。実はあまり大きな声では言えませんが、韓国人の年配者のほとんどは、朴裕河(パク・ユハ)教授と「同じ考え」を持っているんですよ。実際、現在、81歳以上の韓国人女性で、高等教育を受けていた人たちは、「勤労挺身隊」の動員経験があり、その結果、「挺身隊は売春組織ではない」ことを直接知っていますからね。年配者の中には、日本をゆする韓国人売春婦を非難する人たちもいるんです。でも、それが「韓国の世論」になることは決してありませんが・・・。


     実際問題、朴裕河(パク・ユハ)教授の今後の身辺は大変危険なことになると思います。戦時韓国人売春婦たちのバックにいるのは「反日教育」を推進している北朝鮮支持派(従北派)が多いんです。ですから、日本側に有利なことを少しでも発表すると「親日派バッシング」が開始されますし、例の「土下座」を強要されるかもしれません。とにかく、韓国側が不利になることは一切認めたがらない連中ですからね。


    下の写真は、当時の朝鮮人女子学生たち。服装や髪型に環境の良さが見える。栄光に満ちた朝鮮人志願兵のために、慰問袋に品物を入れる作業中。
    ところがこの写真が、なぜか、韓国内では狩り集められた女子挺身隊=慰安婦としてマスコミにより大々的に報道されています。慰安婦が、慰問袋など持つわけねえ―じゃないか。 それとも慰問袋から、慰安婦を火病的に連想したのかな。↓

    はだしのゲン閲覧制限は言論統制のはじまりか? ついに出たああ――――!!!       とうとう、韓国側から「慰安婦の実態」が明らかにされました!

  • お前は自分の国の字が読めないのか??






          なぜジャパニーズでないのか??







             なぜジャパニーズにならないのか??






                私はジャパニーズです!!





           何かあったら、とにかく日本大使館に逃げ込め!!





    フランスの田舎町で滞在中の出来事。ちょっと油断したすきにカバンを盗まれてしまった。中にはパスポートが入っている。お金や品物はどうにかなるが、パスポートだけはどうしようもない。こういう場合はパリの在仏韓国大使館に行くことになるが、パリまで遠いし、また行っても韓国語を知らないのでチンプンカンプンだろうからと、警察の盗難証明書とともに英語で事情を説明した文書を郵送で大使館に送った。しばらくして大使館から返事が来た。


     何とその手紙には漢字が全くないハングルばかりで書かれてある。彼女は一瞬目の前が暗くなった。それを見たフランスの友人たちがどうしたのかと心配してくれて、事情を説明すると、「お前はコリアンなのに自分の国の字が読めないのか。なぜジャパニーズでないのか。なぜジャパニーズにならないのか。」と問われて答えに窮した次第。


     結局は韓国語と英語のできる韓国人(在日ではなく本国生まれの韓国人、当然日本語はできない)を探しだして、翻訳してもらって事なきを得た。彼女は英語ができるので通訳は一人ですんだのであるが、英語も韓国語もできないのが大部分の在日の場合は通訳が二人必要で、訳を重ねることになる。


     自分の国の大使館とコミュニケーションするのに通訳が必要だということは、考えてみればおかしな話である。


     行く先々の国で、自分は日本で生まれ育った在日コリアンで、国籍は韓国だが韓国語は全く分からない、韓国のことは何も知らない、と言ってもなかなか理解してくれない。韓国に行ったことのある人に出会うと、韓国について次々と聞いてくる。特に88年のソウル五輪以降は急に多くなった。


    しかし韓国の歴史・文化・地理・政治経済状況等を聞かれてもさっぱり分からない。日本なら答えられる。


    しかし韓国の歴史・文化・地理・政治経済状況等を聞かれてもさっぱり分からない。日本なら答えられる。
    ついに彼女はパスポートを見せる時以外は、「私はジャパニーズです。」と言うようになった。


    1989年の天安門事件の際、北京大学に留学していた北朝鮮国籍の在日朝鮮人が日本人の学友とともに日本大使館に避難した、という事実がある。この人は日本では一貫して朝鮮学校に通って民族教育を十分受けてきたが、それでも大事件に遭遇すると本国である北朝鮮大使館ではなく、日本大使館に保護を求める行動をとった。つまりは本国が北朝鮮であることは頭の中での理解でしかなかった、ということになろう。

    はだしのゲン閲覧制限は言論統制のはじまりか? お前は自分の国の字が読めないのか??             なぜジャパニーズでないのか??

  • 何のために???






              ご存知ですか??






                  舞鶴の神社乗っ取り!!






    「共有地」とされていた神社を
    勝手に自分の「土地」だとして登記するのです
    その後に偽造転売を繰り返し善意の第三者として神社に対し「明け渡し」を求める
    あるいは登記された土地を莫大な金額を提示し買い取れと迫るのです
    あるいは放蕩三昧だったり事業失敗などで元々は地元の有力者だった者から
    神社・仏閣の土地を安く買い取り
    善意の第三者を装い神社に対し「明け渡し」を求める
    あるいは登記された土地を莫大な金額を提示し買い取れと迫るのです
    昭和30年代から40年代に流行した手口です

    この「加津良神社」場合も
    土地所有者となった在日朝鮮人の孫錫雲(通名・廣村茂一)が
    森本宮司に対し
    「要求を飲まなければ神社を潰すぞ」と強要され朝鮮人を役員に招き入れる事なりました

    発覚するキッカケになったのは
    京都司法書士事務所から「加津良神社」の宗教法人名簿が変更されたとする
    「神社規則変更承認申請書」が京都神社庁に提出されたからです

    京都神社庁が申請内容を調べた所
    内規である「代表役員は宮司の職を以て充てる」に露骨に抵触する
    3人の韓国人を役員に選出していた為に京都府知事も認証を拒みました


    しかし半年後の9月
    鳥居が無残に倒され社務所が破壊された事から
    近隣住民から不審に思い神社本庁の方に電話があり
    改めて神社の役員名簿を調査した所
    承認を得ていない役員に変更されていたので
    神社庁が詳しく調べてみると
    京都神社庁の拒絶直後に
    印鑑登録証付きの「責任役員会議議事録」を提出し
    正規の手続きを踏んだと錯覚した京都地方法務局が受理したという事も解りました
    つまり
    神社本庁の認証も受けていない虚偽の報告を提出し登記したのです

    当然ですが公正証書原本不実記載で告発され逮捕されました

    在日朝鮮人が主犯格で無ければ
    単なる地面師による「神社乗っ取り」事件ですが
    在日朝鮮人が主犯だった事に加えて
    この神社が
    海上保安学校や海上自衛隊舞鶴弾薬補給所の裏手に位置する事もあり
    いろいろ陰謀論が囁かれています

    2006年4月6日ワシントン・ポストによれば
    盧武鉉大統領は小泉首相が
    海上保安庁の竹島周辺海域海洋調査を実行した場合には
    岩国や舞鶴なぞ鳥取県周辺の自衛隊基地への局地的攻撃を検討していたと報道されました
    そして
    偶然かもしれませんが舞鶴の神社乗っ取りは2006年3月に行われました…

  • 中国での検索制限や閲覧制限が世界問題になっているが…
    タブーだが(^o^)
    日本の韓国系企業ヤフーでも日本政府の意向で検索制限は行われている。

    例えば…
    数年前、「年次改革要望書」の存在を
    一部マスコミがスクープし公表したためヤフーの検索制限も閲覧制限も解除された。

    インターネット
    ヤフーですら隠ぺい体質は変わらない。

  • 韓国が鳴り物入りで、



    強烈に主唱した韓国併合再検討国際会議!!





                  そこで出された結論は???






              
                  日韓併合は、違法ではなかった!!!





    韓国併合再検討国際会議(A Reconsideration of the Annexation of Korea)は2001年の1月、4月、11月に開催された、韓国併合(日韓併合)の合法性・違法性を巡る議論を扱った一連の国際学術会議である。

    大韓民国(韓国)側の強いイニシアティブにより、韓国側の主張する違法論を国際的に認めさせようという政治的意図の下に主導・開催されたものであったが、違法であるとする国際的なコンセンサスは得られなかった。むしろ、違法性が否定されることになった。

    日韓併合について、韓国では「違法であった」と主張するのが一般的であり、「合法であった」と主張する側との間に論争が起きており、学会では「日韓併合合法不法論争」と呼ばれている。1965年の日韓国交正常化の際も激しく対立したが、合法・不法の結論は出さず、最終的に日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約(日韓基本条約)において「もはや無効であることが確認される」との表現で国交正常化にこぎつけた経緯がある。

    この問題について、岩波の『世界』誌上で日韓の学者が争ったが決着が着かず、本国際会議が韓国政府傘下の国際交流財団の財政支援のもと韓国の学者達の主導により準備された。韓国側は国際舞台で不法論を確定し、日本への謝罪と補償の要求の根拠とする意図であったとされる。また、今後行われるであろう日本と北朝鮮との国交正常化交渉の場で韓国が曖昧にしか処理できなかった「過去」の問題に対して日本にその責任を認めさせようという強い政治的意図を帯びたものであったともされる。

    こうした経緯により、日本側の報告者が合法、違法にかかわらず個々に持論を展開したのに対し、韓国側報告者の見解は一致して入念な準備によって構成された「違法性」を主張するものであったという。

    第1回会議
    2001年1月にハワイにて開催。日韓米の学者が参加。

    第2回会議
    2001年4月に東京都多摩市にて開催。

    第3回会議
    2001年11月にハーバード大学にて開催。第1回、第2回を引き継ぎ、締めくくりの役割を持つものとして開催。日韓米のほか、英独の学者も加え結論を出す総合学術会議だった。日本側からは5人が参加したが、海野福寿明治大学教授の「不当だが合法」論や笹川紀勝国際基督教大学教授の不法論など見解が分かれていた。

    韓国側は4人が参加し、「条約に国王の署名がない」ことなどを理由に不法論を主導している李泰鎭ソウル大学校教授を始め、全員が不法論で会議をリードしようとした。しかし日本の原田環広島女子大学教授は併合条約に先立ち、大日本帝国が大韓帝国を保護国にした日韓保護条約(第二次日韓協約)について高宗皇帝は条約に賛成しており、批判的だった大臣たちの意見を却下していた事実を紹介し、注目された。

    併合条約に国王の署名や批准がなかったことについても、国際法上必ずしも必要なものではないとする見解が英国の学者らから出された。アンソニー・キャティダービー大学教授は、そもそも当時、国際法といえるものが存在していたかどうかさえ疑わしいとし、特定の条約の合法、違法を判断するに足る法を発見するのは困難であると主張。

    国際法の権威ジェームズ・クロフォードケンブリッジ大学教授は、当時の国際慣行法からすると英米を始めとする列強に認められている以上、仮に手続きにどのように大きな瑕疵があろうとも「無効」ということはできないと指摘した。

    第二次世界大戦後の日本側は韓国併合に関しては韓国併合ニ関スル条約の締結自体合法であったと考えている。

    第二次世界大戦後に大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国として成立した両政府とも、「韓国併合ニ関スル条約は大日本帝国と大韓帝国の間で違法に結ばれた条約であるとして、同条約とそれに関連する条約すべてが当初から違法・無効であり、大日本帝国による朝鮮領有にさかのぼってその統治すべても違法・無効である」と主張している。

    英ケンブリッジ大学の国際法学者J. クロフォード教授は「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、韓国併合条約は国際法上は不法なものではなかった」とし、また韓国側が不法論の根拠の一つにしている強制性の問題についても「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦(1914年(大正3年) - 1918年(大正7年))以降のもので、当時としては問題になるものではない」としている。

  • >>5

    >知らなくてよかった朝鮮人への差別も実はこの漫画で知ってしまった。

     ここを見せたくない連中が物申したのだと私は感じました。
     日本のカスゴミは報道で「絶対に言えないタブー」でしょう?

  •   画風が気に入らないからというか、グロいから閉架したというレベル。市の閉架権限のある人間がそうしてしまったのだからその心を再び開かせるのも難しい。人事異動公表の度にこの件は話題になるだろうな。それまでは他市県の図書館を利用しましょう。その様な現象が起きれば責任問題ですから。

  • 太平洋戦争が終わった後、こんな声が聞かれたそうだ。
    「戦争が終わってしまって、がっかりだ。
     また、安い食糧が外国から入ってくる。
     農家にとっては戦争様様だったのに。
     俺たち田舎には爆弾は降って来ない。
     焼かれるのは都会だけだ。
     子供など、兵隊に取られても、また、作ればよい。
     ただでさえ、子供が多くて困っていたから、渡りに船だ。
     良い時代だった」
    誰が戦争を望んだのか、よく分かる。

  • >>1

    言論統制ですか?
    その可能性は高いと判断せざるを得ませんね
    教育委員会への抗議にもウラがあるかも知れませんよ

  • 問題は。
    原爆のシーンよりも生々しい暴力、残酷シーン。
    日本兵の裸の女性を首をはねたり、かみついて骨が見えてるシーン。
    グリム童話でさえ子供には残虐シーンにオブラート包んでいる。
    教育委員会はここに注意を払っただけ。

    自身の体験。

    知らなくてよかった朝鮮人への差別も実はこの漫画で知ってしまった。

    「非国民」という単語もそのマンガで覚え
    子供は単純にイジメの道具として意味も分からずふざけて使用していた記憶がある。

    子供は無垢なだけ残酷だ。ふざけるなというのは無理だ。

    完全に閲覧禁止しているわけではないし、教師や保護者と閲覧して
    正しく理解しながら読めるのだからいいのでは。
    報道された話題の作品として

  • こんなトビを立ち上げた貴方がおかしいのではないか?
    ゲンは普通に読み扱えば良い!

  • そう騒がないでもいい。
    図書館は、
    「「はだしのゲン」は閉架処理としますが、大人の方には貸し出します。」
    というポスターを図書館中にべたべた貼れば良い。

    親が借りて子供に読ませると良い。
    教育は親の責任でするべきものだ。
    教育は、社会でするものではなく、親がするものであると、どこかの党が言っていたはずだ。
    当然のことだわな。
    親がやれば、文句のつけようもない、ということにもなる。

    どこかのアホが教育委員にねじ込んだようだが、なんとまあ、アホなことを始めたものだ。

  • 言論統制以前の話で、学校の教師を疑う。
    これまで当たり前のように読んできた本を、内容の描写うんぬんという低い次元の理由でこうした規制を取るのは教師の趣味を生徒に押し付けるだけのこと。
    もう少し教師のレベルを高めてはどうだろうか?

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン