ここから本文です
  • 日本を含む国際観艦式参加国の政府に対し、海上観閲時に艦艇に公式国旗以外の他の象徴は掲げないで欲しいと書簡

    政府関係者「海軍、観艦式参加国に国旗以外の掲揚自粛を要請」
    我が(韓国)政府が日本側に対し、来る10月に済州島で開かれる国際観艦式に参加する海上自衛隊の艦艇に、旭日旗を付けないで欲しいと要請した事が18日に分かった。

    政府関係者はこの日、「海軍が最近、日本を含む国際観艦式参加国の政府に対し、海上観閲時に艦艇に公式国旗以外の他の象徴は掲げないで欲しいという書簡を送った事が分かった」とし、「政府もこれに関連した要求を日本にした事が分かった」と明らかにした。

    しかし、これに対する日本政府の立場はまだ伝わっていないとこの関係者は説明した。

    来る10月10~14日、済州島で開かれる海軍国際観艦式に軍国主義の日本の象徴である旭日旗を付けた日本軍艦が参加する事が伝わり、これを拒否しなければならないという国民的要求が殺到した。

    特に青瓦台(大統領府)の国民請願掲示板には、これに関連する請願が37件も寄せられた。

    請願者は、「旭日旗は日本の帝国主義の象徴であり、我々には痛みと恥辱の歴史を思い起こさせる」とし、「旭日旗を付けた日本自衛隊の軍艦が、平和の島である済州に入港するのは絶対ありえない事だ」と主張した。

    また、「日本は慰安婦や独島問題に対してまだ謝罪していない」とし、「全世界が旭日旗に反対しているのに、そのような旭日旗が済州島に入港するのは理解する事ができない」とも述べた。

    これと共に日本が旭日旗を付けた艦艇を送った場合、我々は日本が自国の領土と強弁している『独島』を艦名にした独島艦を文在寅大統領と軍の主要人物が乗って海上観閲を受ける座乗艦に選定して、日本自らで独島が韓国の地である事を認めさせようという主張も出た。
    https://youtu.be/GTHwBuSAHMU

    『全世界戦犯旗退治キャンペーン』を展開している誠信女子大学校の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は日本の海上自衛隊側に対し、済州入港時に戦犯旗を付けるなという内容のメールを送った。

    日本の海上自衛隊は日本が二次世界大戦当時に使用した軍旗であり日本の帝国主義の象徴とされている旭日旗を軍旗として使っている。

    [アジアトゥデイ 2018.9.18](韓国語
    http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20180918010011085

  • <<
  • 3 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!