ここから本文です
  • <<
  • 26 1
  • >>
  • 『多文化共生の社会づくり~在日韓国人から学ぶ~』

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    在日韓国・朝鮮人と日本社会の歴史を知ることは、
    現在の多文化共生社会づくりを考える上で欠かせません。
    神戸や川崎で活動に関わってきた講師からお話をうかがいます。

    日時 12月8日(土)14:00-16:00
    会場 浜松市多文化共生センター
    講師 金 宣吉(NPO神戸定住外国人支援センター 理事長)

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    多文化共生ではなく、多文化強制でしょ!!!

    在日朝鮮人・韓国人は強制連行されたニダ
    従軍慰安婦ニダ
    強制的に併合、植民地にされたニダ
    創氏改名は強制ニダ
    秀吉にすべて破壊されたニダ

    全部ウソ捏造ですね

    これで
    在日韓国人から何を学ぶのでしょう?

    ゆすり?たかり?捏造?
    生活保護のもらい方?
    ただで年金をもらう方法?
    脱税の方法?

    日本人が在日韓国人から学ぶべきことは
    一切何もありません!

    本当に日本が大好きな善良な在日韓国人がいるのであれば、
    まず同じ在日韓国人自身への教育から始めなければならないのではないですか?

    結局、多文化共生って誰のために行うのか分かりやすいですね
    在日韓国・朝鮮人と日本社会の歴史を知ることは、現在の多文化共生社会づくりを考える上で欠かせないそうですよ!
    日本人のみなさん


    多文化と言いつつ朝鮮との共生(強制)をしたいんですね。

    そして歴史を捏造し、賠償と謝罪と生活保護と年金を求めるということです。
    拒否したら差別

    おかしいと思ったら抗議をお願いいたします。
    黙っていたら認めたことになります。

    おこちゃまじじい辛坊 治郎は次回は飛鳥II で安全豪華な太平洋横断をしよう! 『多文化共生の社会づくり~在日韓国人から学ぶ~』   :::::::::::::::::::::::

  • あなた、ハングル語を勉強したことありますか???





    以前、NHKの語学講座でハングル語講座というのがありましたよね。
    へんてこな名前の講座ですね。

    韓流ブームの勃興に伴い、また一般の人たちからの要望も相まって、NHKは朝鮮語講座の開設を決断しました。言語学会では、朝鮮半島の言語を朝鮮語と呼ぶのが一般的です。

    ところが、これを察知したNHKの民団系職員がすぐに民団本部にご注進に行きました。民団本部は総力を挙げてNHKに圧力をかけ、韓国語講座という名前にするように迫りました。

    ところがところが、これをまた察知した総連系のNHK職員が総連本部にこのことを注進しました。総連側も総力を挙げてNHKに圧力をかけ、当初の予定通り朝鮮語講座という名前にするように、執拗に強要しました。

    一説によると、NHK内部の在日系職員同士で乱闘騒ぎがあったやに伝えられています。

    困りに困り果てたNHKは一計を案じ、奇抜な新造語を生み出しました。はい、これがハングル語という名前なのです。

    世に日本語とい言語は存在しても、ひらがな語とかカタカナ語という言語は存在しません。同様に、世に、ハングル文字というものは存在しますが、ハングル語という言語は世界に存在しません。


    そこのあなた!
    “私ハングル語を勉強しました。”なんていうと、笑われちゃいますよ!

    はい、これ本当です!!

    もしかしてそのうち、朝鮮半島はハングル半島、朝鮮戦争はハングル戦争、在日韓国・朝鮮の人たちは在日ハングル人ってなことになりかねないかも・・・

    おこちゃまじじい辛坊 治郎は次回は飛鳥II で安全豪華な太平洋横断をしよう! あなた、ハングル語を勉強したことありますか???       以前、NHKの語学講座でハングル語講座

  • >>21

    追文

    命がけで世界にイラクの現状を伝えようと行った者が自己責任で、遊び半分売名行為とまで言わんが、その者はは国のレスキュー保護下、法律はともかくとしても、その歴然とした理念の違いを感じるならばそれは人それぞれである。

  • 海は非常に危険が伴う、気象など用意周到に詳しく調べねばならない、あの時期に熱帯低気圧が南の方に発生してたように思われる、それを承知でいくのなら自己責任という問題だろう。イラクでも危険があるからと、それを承知で行ったのだから自己責任という、海もいつ気象変動が起こり得るという覚悟上があれば、それも自己責任だろう、人騒がせこの上ない、危険を承知で行く辛坊もイラクに行った人も大差はない」と思う。
    辛抱本人が、言うたでしょう、危険の場所へ行くのは自己責任だとね。

  • 辛坊さん、救助費用は、寄付という形でも負担すべきと存じます。

    過去、イラクで難民ボランテイア活動中に拉致被害にあったTさんに、
    強く自己責任をいい、責められた辛坊さん。
     
    辛坊さん、あなたは自己責任を強くいわれる性格タイプの人で、しかも、
    高収入の方である。

     自己責任を強く言われる方の性格は、あくまでも一般的ですが、、
    自罰的ではなく他罰的、利己的薄情な、ボランテアに遠い人
    という傾向があります。
      自己責任を言う社会は、反面、無責任任社会でもあるといえます。

    資本主義的な自由競争と、社会主義な共生の2つは、
    相反し、相補う人間社会の両輪であるという認識が欠かせません。
     自由放任に近い社会でも生活しにくくなります。

     これは、昔、若い頃の話ですが、右翼の田中清玄さんも社会主義的要素の
    必要性、思いやりをいっていました。

    同じ人間で、時給8百円で、休みも取れず、病気やケガで即、
    生活破綻する、奴隷のように働かざるをえない身分の人々とは違います。

     偉大な冒険であった!とは存じますが、やはり、救助費用は、寄付という形でも
    社会に還元、自己負担されるべきであると思います。

  • あほな辛坊治郎だわね、 三浦さんがエベレスト登頂に成功したのを見て。自分もやりたくなったんだろう。
    テレビから、降りたらいい、害毒を垂れ流す、辛坊は辛抱が足らん、www

  • >>9

     RE:沈んだ理由も知らない段階で計画が無謀では、なんて言ってる自民党員は無能なバカとしか思えない。

     同感!。

     小生は自民党支持者だけど、この自民党員の発言者は安倍内閣足を引張りたいだけじゃないかと思っている。

     辛坊さんは先月までテレビ「たかじんなんでも言って委員会」(安倍さんを応援する著名人多く出演)の司会者やっていたし、この番組は安倍さんも出ていたし、たかじん氏も安倍さんの国もと山口県の温泉で一緒に風呂に入って対談した事も放映された。
     併せて土曜日朝の日テレ系報道番組で辛坊氏は安倍総理の単独インタビューしていた。

     この辺の安倍応援団の関係と今回のヨット遭難救出でなにか火のてが上がればいいと思っている狭量な民主党員みたいな輩だと思うね。

     然し海上自衛隊の活躍や国産の飛行艇は凄いね、救出されて「日本人で良かった」の辛坊氏の
    感嘆の一言には感激しました。

  • >>6


    No.306
    Re: 辛坊さん批判相次ぐ 自民部会
    2013/06/26 02:39
    0
    0
    >>No. 241
    お前等能無し議員の歳費や、目的以外に予算流用するシロアリの、給料の方がもっと無駄金だ!!

  • ええっ!!



    日本が先制攻撃を受ける???






             いるんですよ! 世の中には、というか、お隣には!





               パラノイアックな、お目出度い人が!!






           はい、この人!!






                  前々韓国大統領




    盧武鉉・・





    2003年~2008年、弁護士出身、金泳三に見出され大統領までの登り詰めたが、金泳三は盧武鉉を大統領にしたのは大きな間違いであったとJNNのインタビューに答えている。



    内部から大統領弾劾訴追を受け、一時職務停止を受けるも復権、2006年4月21日付のワシントンポストは、盧武鉉政権が海上保安庁の竹島周辺海域海洋調査を阻止するために日本政府への具体的な圧力として、「島根県内の防衛庁(現防衛省)施設」に対する軍事攻撃を検討していたと報道していた。2012年7月には、盧武鉉の元側近が「盧武鉉大統領は、アメリカに対し、日本を仮想敵国とするよう申請していた」と韓国の新聞社が報道している。





    大統領末期は、不正蓄財により側近や親族が逮捕され、退任後は妻まで捜査対象となり、盧武鉉自身も捜査対象となったことから、2009年5月23日自ら命を絶った。

    自業自得。

    天罰テキメン!!

  • 自己負担しようがしまいが、どちらでもよい。
    登山に行って遭難したり、観光バスで事故にあっても、
    救出や移動には金がかかる。
    国や自衛隊が、費用を請求するべきでないのは当然だ。

    ただ、自分自身でどういう方法でけじめをつけるかによって、
    自分の生き方が決まるだけだ。

  • 彼はイラクで誘拐された高遠さん誘拐事件の際、
    自己責任を主張。救援に税金を使うべきではないとしていた。

    今回の事故には、自衛隊の航空機など多額の税金が
    使われているのだから、辛坊はこれらの費用は負担すべきだ。
    自らの趣味で遭難したのだからね。
    ましてやこれまで他人に対し、自己責任だとエラそうに発言
    していたのだから。

  • 何年か前二、イラク日本人が拘束された事件で、自己責任をぶち上げてた、辛坊治郎醜い男だ、テレビなど出て世間を惑わすな、多額の税金で助けられて、面目もないだろう。
    自己責任をいうなら、自力でのりきる覚悟もないくせに。トンデモの口先男の典型的な見本である。

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン