ここから本文です
  • 法的に存在し得るか??・・・「日本人でも韓国人でもなく在日」



    「日本人でも韓国人でもなく在日」←いや韓国人だから



    「私は在日」半生を本に 指紋押なつ拒否の崔さん




    調べてみたらこの人の父親が以前記事に書いた人だった
    →赤い十字架 
    クマラスワミ報告書に関係している


    崔昌華
    崔昌華(さい・しょうか、チェ・チャンファ、チォエ・チャンホァ、1930年9月24日 - 1995年2月8日)は在日韓国人の牧師、人権活動家。朝鮮平安北道出身。

    略歴
    ソウル新興大学卒業後、1954年朝鮮動乱時に来日、北九州市に居住。1960年在日大韓基督教会小倉教会を開設し牧師になる。

    牧師としての活動の傍ら、日本の法律を学ぶ為八幡大学に入学、1966年に法律学科を卒業。後年、八幡大学では韓国語の講師も務めた。

    早くから外国人参政権問題について言及し、1975年に北九州市に公開質問状を送った。

    同年NHKを相手取り"韓国人名を日本語読みにて放送するのは人権侵害である"と訴訟を起こした。

    これは1988年の最高裁の最終判決で敗訴となる(しかし最高裁は外国母国語で発音するのが正しいとの認識も示した)。

    また外国人指紋押捺に於いても拒否を貫きその運動を展開した。また1968年の金嬉老事件では現地に飛び金の説得にもあたった。

    在日韓国人として多くの人権に関わる問題に言及し、それぞれにおいて賛否の論議を呼ぶなど一時マスコミで話題になった。娘はピアニストの崔善愛。


    崔善愛
    崔 善愛(チェ ソンエ、1960年- )は、在日韓国人のピアニスト。父は牧師で人権活動家の崔昌華。

    略歴
    1960年 - 兵庫県に生まれる。
    1979年 - 愛知県立芸術大学音楽部器楽科(ピアノ)入学1985年 - 同大学院器楽科修士課程修了

    1986年 - 米国インディアナ大学大学院に3年間留学出国準備中、指紋押捺を拒否したため、再入国許可の発行が不許可となった。成田空港のイミグレーションで不許可のまま出国すると永住資格を失うと説明を受け出国、そのまま協定永住資格を失った。

    1988年に一時帰国、法務大臣から180日の在留特別許可を受けたのを皮切りに延長を続け、日本政府を相手に再入国不許可取り消し訴訟を戦うが、1998年に最高裁判所で敗訴が確定した。

    その後、日本政府は1999年に救済措置として外国人登録法を一部改正(平成11年法律第134号)、翌年から施行され、崔善愛は2000年に永住資格を取り戻した。

    現在は、ピアニストとして音楽芸術家協会に所属し、ピアニストとしての演奏活動の傍ら、コンサートの収益を多田謡子反権力人権基金に寄付したり、全国各地で「平和と人権」、「日の丸・君が代」問題、「新しい歴史教科書をつくる会」不採択運動や「反原発」をテーマにした講演や演奏会など、積極的に啓蒙活動をおこなっている。

    活動
    2010年 韓国強制併合100年共同行動の呼びかけ人となる。
    2011年 新しい歴史教科書をつくる会が作成した歴史教科書を採択させない運動で、在日韓国人の立場から「自分を愛する、自分の国を愛するということはわざわざ教えることではない。よその国を愛しなさいというところからが教育でないでしょうか」と発言し、採択しないように訴えた。

    (´・ω・`)今後は外国人の政治活動は厳しく取り締まらんといかんやろうね
    そもそも違憲だし有害でしかなかったわけだから


    「難癖とも思われる理由から訴訟を起こす者が後を絶たない。こういった、差別を「利用」し己の立場を守る外国人たちの抵抗には、もはや我慢がならぬとするオランダ人たちが、さらに声高に外国人排斥を叫ぶようになり、まさに「差別合戦」といった様を呈しているのが現状だ。」

    →移民大国オランダが“差別合戦”の地に…なぜ人々は荒んでしまったのか?

    正にこれですな。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託