ここから本文です
  • <<
  • 59 35
  • >>
  • 「朝日新聞記者の証言5 -戦後混乱期の目撃者-」 菅野長吉 昭和56年 朝日ソノラマ







    これに眼をつけたのが、戦勝国人なりとする一部の第三国人の〃特権〃乱用と、裏街道を生きるテキ屋集団である。彼らは正常ルートを通すべき物資を巧みに横流しし、第三国人はその立場を利用してあらゆる物資を動かす。場所には困らない。



    大都市の要所はほとんど焼け野原となっていたから、集団のカによれば簡単に占有できた。こうして東京では、上野、新橋、新宿、池袋、渋谷などに急造のマーケットが建った。ヤミ物資の市〃ヤミ市〃である。ここには、配給では手に入らないあらゆる物資が公然と氾濫したから庶民は目の色をかえて集まった。

    ヤミ商人たちは、禁制品や統制品を公定価格の10倍から20倍という法外な値段で暴利をむさぼったから、やせ細る庶民とは反対に、日に日に肥え太り、集団もその環を拡げてゆく。



    繩張りを主張する集団間の争いもはげしくなり、治安問題となってきた。手を焼いた警視庁は、ヤミ市の〃自治強化〃のため地区単位に組合を結成させたが、これがかえってボスを台頭させる結果になり、勢力を助長させた。



    新宿の尾津組、新橋の安田組などは、組合員と称する配下が3000とも4000ともいわれた。また当時は第三国人に対する警察の捜査権も確立していなかったから、第三国人は勝手なことができた。



    一時期、この大集団に対して、確かに警察は無力で、ヤミ市の治安はそれら集団の自治に委せざるをえない事情にあった。彼らが自らを〃夜の警察〃と自負していたのもこういうことからである。



    戦後日本の特殊な存在として第三国人というのがあった。今やこの呼称は全くの死語となったが・・・



    これら第三国人に対しては、日本の裁判権行使もあいまいだったところから、彼らの一部には、治外法権があるかのような優越感を抱かせ、社会の混乱に乗じて徒党を組み、統制物資のヤミ売買、強・窃盗、土地建物の不法占拠などの不法行為をほしいままにし、戦後の混乱を拡大した。

    マスコミはどうして… 「朝日新聞記者の証言5 -戦後混乱期の目撃者-」 菅野長吉 昭和56年 朝日ソノラマ

  • 賠償してないのか?





                謝罪をしてないか?





                      じゃあ何が問題か?






    日本人には信じられないような韓国のおかしな形の反日政策が
    日韓両国民にあまりバレずに続けていられるのは“なぜ”だろう。

    確かに日本人はつい外国より日本を先に疑ってしまいがちだが……
    中国や韓国の政策や広報などをも信じてしまう素直な人は、

    「会ったこともないアジアの外国人に日本人が恨まれてるのであれば
     きっと本当に日本人が戦争中悪いことばかりしてたのではないか?」とか
     
    「戦争は悪いことなのだから、戦争した日本が悪いに決まってる」とか

    「賠償が充分ではないのではないか?
     日本は金持ちなのだからもっと払えばいいのではないか?」
     
    などと誰かから聞いた言葉のトリックをそのまま真に受けてしまう。
    でもよく考えて欲しい。
    戦争は日本だけではできない。当然、「相手」も「仲間」もいた。
    「当時国際法で完全に合法だった戦争」をもし悪いことだというなら
    『世界中が悪い国』ということになってしまう。

    しかも韓国と日本は、同じ敵を相手に味方として共に戦争したが、
    敵対はしていない。つまり彼らは「戦争」ではなく「併合」に文句を言っているのだ。
    それなら日本に完全な正当性がある。

    韓国人が他国の戦争批判に便乗して「南京」を槍玉に挙げて日本を
    非難することもあるが、南京は中国の都市であり韓国には関係ない。
    関係ない話でよければ「韓国はベトナムに賠償したか」、日本に関係ある話題なら
    「竹島の漁民殺害に謝罪したか」「元寇、応永の外寇、対馬・任那日本府への侵略など 朝鮮人が日本にしてきた悪行を教科書に載せているか」なども論ずるべきだ。

    そもそも併合は、「侵略」どころか「朝鮮側に望まれて行ったこと」で、
    日本側は完全に赤字。朝鮮は多大な恩恵を受けたが、日本にはロシアと中国を
    牽制する国防のメリット以外はほとんどなかったと言っても過言ではない。

    なにより日本の併合は『国際的にも国内的にも結果的にも、
    “植民地支配の手本”ともいえるほどの素晴らしい評価を得ているのである。
    「当時は」韓国人ですら日本による併合を歓迎していたのだから。

    では、日本は賠償してないのか?
    いや、必要以上なほどに充分な賠償をしている。

    謝罪をしてないか?
    いや、 歴代の国家元首が何度も繰り返し謝罪している。

    じゃあ何が問題か。
    「戦争を経験してない“現在の”韓国人」の“感情”だけだ。
    つまり、歴史問題のようでいて、実は歴史問題ではないのである。

    では、戦争を経験してない韓国人が“なぜ”日本に対して嫌悪感情を持つか。
    その原因は歪んだ教育以外にありえない。
    そんな韓国人が、『読んだこともない日本の教科書』までも“中国に便乗して”批判しているのはそのためだ。
    (実は中国人も読んでないので中国政府ですら問題点の指摘もできない) 
     
    世界史を学んでないくせに知らない隣国を憎悪する韓国と、
    謙虚に相手の言葉を信じすぎて国際社会で食い物にされる日本。
    現状に満足できないまでも、どちらの言葉を信じるべきかは韓国を少し知ることで自ずと見えてくるはずである。

    マスコミはどうして… 賠償してないのか?                  謝罪をしてないか?              

  • ◆朝鮮学校はなぜ生まれたのか【正しい経緯】


    『在日朝鮮人は日本の公民ではなく朝鮮の在外公民であるから、朝鮮にのみ忠誠を尽くす』
    『一時的に居住しているだけの日本の教育を受ける必要はなく日本の教育を拒否する』
    『汚らわしい日本の援助金も介入に繋がるから断固拒否する』
    『日本の関与を排した学校を作り、朝鮮独自の教育を行う。日本語など覚えなくて良い
    『数年後には在日朝鮮人全員は朝鮮に帰還するのだ』
    ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
    終戦直後、在日朝鮮人一世たちがこう大々的に宣言して生まれたのが朝鮮学校である。

    従って日本政府は「非国民」である在日朝鮮人に日本国の教育の義務が無い特例を与えたのだ。

    日本政府は1銭も出さないという約束で誕生したのが朝鮮学校。

    だからこそ義務教育拒否・文科省の指導拒否で、デタラメな教育やりたい放題だった朝鮮学校である。

    ところがいつの間にか、
    『日本の補助金を貰えないのは差別だ』
    『日本の大学に入れないのは差別だ』
    とほざくようになった在日朝鮮人ども。

    教育の義務を受け付けないのだから権利があるはずがない。

    日本国籍拒否の非国民の民族学校に公金を補助する国家は世界のどこにもない! 

    「日本の教育」をまるでしてないのになぜ日本の納税者がカネを負担するいわれがあるのだ?

    なぜ本国(=北朝鮮)から補助金を貰わないのだ? 総連は金正日の葬式にピョンヤンに行ったときになぜカネを頼まない! 虫が良すぎんだよ。

    矛盾もいいとこ! 詭弁もいいとこ! 恥を知れ! 情けなくて在日一世が墓の中で泣いてるぞ! 民族の誇りはどこへ行った!

    日本のマスコミも、過去の経緯を正確に把握した上で報道しろ。過去をすべて消し去った偏った報道をするな。日本の報道機関とは到底思えない。

    日本は海外にある日本人学校にそこの国の援助など依頼したりはしない。どこの国に、外国に作った学校をその国に面倒みろという国があるか。

    日本の自治体がそれも分からずに独自に公金を補助するのは、似非日本人が役人をしているということか?そう思われても仕方がないだろう。

    おい、何か文句あっか? えっ!!

    マスコミはどうして… ◆朝鮮学校はなぜ生まれたのか【正しい経緯】     『在日朝鮮人は日本の公民ではなく朝鮮の在外公民で

  • 竹島に文句があるなら正々堂々国際司法裁判所に出てきて決着をつければいいのに、 待てど暮らせど出てこない。

    それもそのはず、日本の正当性が揺ぎ無いため、法廷に出れば負けるから
    逃げ続けているのである。(※国際法廷は両当事者が揃わないと開始されない)

    参考までに、韓国の史学者が政府批判のついでに吐露した本音をみてみよう。
    ■ソウル大学 安秉直(アンビョンジク)名誉教授(経済史学者)

    今の状況を一言で整理するなら、現政権が、解決できない問題を解決できる
    問題であるかのように浮上させて自分たちが民族主義を代弁する勢力である
    かのように国民を欺いている形です。

    例えば独島問題は歴代政権が解決できないから不問に付していた問題です。
    率直に言って、独島関連資料は日本の方がたくさん持っています。日本は
    1905年に既に独島に対する国際的認定を受けているからです。

    我が国は 現実的に領有しているというだけです。もしこの問題が国際司法裁判所に
    行ったら、当然文献と証拠をたくさん持っている日本が勝つことになります。
    現政権がこの問題を国際司法裁判所に持って行かないのも、このためですね。

    1つの肉をめぐって2匹の犬が争っていると考えてみましょう。
    1匹が先に肉をくわえたらすぐ逃げだして食べればよいのであって、
    肉を奪おうとする他の犬を見て吠えたらどれほど愚かなことですか?

    独島問題の解法は、口をつぐむことです。我が国は実質的に独島を
    領有しているのだから、心配することはないんですよ。しきりに騒げば
    むしろ損になるのに、現政権がしきりに論争の種にするのは、非愛国的な、
    ある意味では売国的な行為です。

    ttp://www.new-right.com/read.php?cataId=nr02000&num=886

    簡単にまとめれば、

     「韓国は武力で日本人を殺して、日本の領土を奪い、
      武装警官により実効支配を実現し、違法に居座っている」

    というだけでなく、

     「裁判もせずに逃げようとしている」

    のである。


    日本は、1905年に竹島は日本国の領土であると宣言した。
    韓国は、1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約発効直前に、
    国際法違反を承知で公海上に李承晩(リショウバン)ラインを設け、
    実力行使で竹島を奪って以来、竹島は韓国領土と勝手に言い張っている。

    つまり法律的にも竹島は日本の領土であり、韓国の竹島占領は法律違反である。

     
    だからこそ印象操作に必至になっているのだろう。
    彼らはまともにやったら日本に勝てないから、日本国内から竹島を譲るような
    風潮になるようにどうにか誘導したいのだ。

    そして時間を稼ぐと同時に怪しげな証拠モドキを捏造しているのである。
    (事実、過去にも偽の証拠を“作った”ことが発覚して失敗している)

    マスコミはどうして… 竹島に文句があるなら正々堂々国際司法裁判所に出てきて決着をつければいいのに、 待てど暮らせど出てこな

  • 皆さんは、<歴史認識の誤りを正す>とか<正しい歴史認識>という言葉を、よく耳にされますよね。<正しい>とは、はたして、だれから見て正しいと言っているのでしょうか?



    <正しい歴史認識>という言葉自体そもそも欺瞞性をたっぷりと帯びています。あえていうなら、事実に基づいた歴史認識もしくは、史実に基づいた歴史認識と、言うべきでしょう。



    かくて欺瞞と思い込みのもと、民族的コンプレックスの反作用過程として捏造はすすめられました。その第一弾は!!
    <大日本帝国陸軍による碑文改竄説>です。


    1884年(明治17年)1月、情報将校として実地調査をしていた陸軍砲兵大尉の酒匂景信(1850年(嘉永3年) - 1891年(明治24年))が参謀本部に持ち帰った資料の中に、好太王碑の拓本が含まれていた(「酒匂本」)。

    その後、参謀本部で碑文解読に当たったのは文官である青江秀と横井忠直であり、それが日本の古代史に関係する重要史料とわかったため、漢文学者の川田剛・丸山作楽・井上頼圀らの考証を経て、1888年(明治21年)末に酒匂の名により拓本は宮内省へ献上された。


    戦後になって、酒匂本を研究対象にした在日の考古学、歴史学者の李進熙が、旧大日本帝国陸軍による改竄・捏造説を唱えた。5世紀の朝鮮半島に日本が権益を有していたように捏造するために、広開土王碑文の拓本を持ち帰った日本軍部が碑面に石灰を塗布して倭・任那関係の記事の改竄を行ったとするものである。

    これに、北朝鮮や韓国の歴史学者が一斉に獲物に群がるピラニア同然歓呼と支持のエールを送った。日本の左翼系の歴史学者も、彼等特有のはねあがり的なおっちょこちょいぶりを遺憾なく発揮し、この説の支持に回った。


    その後、2005年(平成17年)6月23日に酒匂本以前に作成された墨本が中国で発見され、その内容は酒匂本と同一であるとされた。

    さらに2006年(平成18年)4月には中国社会科学院の徐建新により、1881年(明治14年)に作成された現存最古の拓本と酒匂本とが完全に一致していることが発表され、これにより改竄・捏造説は完全に否定された。

    逆に、彼等半島系の歴史学者自身が、捏造に加担していたことを、図らずも暴露する形になった。

    マスコミはどうして… 皆さんは、<歴史認識の誤りを正す>とか<正しい歴史認識>という言葉を、よく耳にされますよね。<正しい

  • 心の貧困にあえぐ同胞たちに、ひと時の癒しの呪術!!



     
         これぞ、教育という名の集団洗脳!!




             どこへいくのか??




                 神に見捨てられた ゾンビたち!!
                   



             そして、神をも恨む死霊民族
                          
                        


    「反日教育」は、日本国・日本国民に対する妥当な批判(その国の学習者にとって必要であり、教育を受けるべきだと考えられる知見)を超えて、必要以上に嫌悪・憎悪の念を持たせたり、友好的な感情が育たないようにする教育方針を批判する言葉である。

    領土問題などで日本の肩を持つ発言をすれば即座に「非国民」「売国奴」の烙印を押されてしまい職業生命が奪われるのみならず、本人や家族の身辺の安全や財産までもが脅かされる事態になる。

    また近年ではそれら反日教育を徹底的に教え込まれて育った、反日が社会常識である世代が政治・行政の中枢に携わる様になっており、もはや思想教育・感情教育の段階に移行し、青少年教育・国民感情に大きな先入観を及ぼしている。

    竹島問題・靖国問題・歴史教科書問題・慰安婦問題などに見られるように日本に強いプレッシャーを及ぼし、歴史認識としての政治的問題、さらには領土を巡る紛争に発展する危険性をはらんでいる。

    台湾と韓国は共に日本の支配を受けた国であるが、台湾は日本に比較的友好であるに対して、韓国人の日本人に対するすさまじい憎悪はまさに反日教育の成果の賜物であり、韓国の国定教科書では記述の大半が日韓併合以後の記述で占められる。

    韓国併合時について国内の併合を進めた人々を親日派(韓国においては「親日派」という言葉は「売国奴」「国賊」「非国民」を意味する)として切捨て、日本の強圧により併合させられ、併合中の日本の功績にはほとんど触れず。

    、日韓の歴史については韓国の歴史学者たちの恣意的な捏造と歪曲があり、これに基づいた強力な反日教育と民族イデオロギー策動が存在している。

    また阪神大震災や東日本大震災の際には多くの韓国人が「天罰だ」と歓喜するなど、日本が不幸や天災に見舞われるたびに国を挙げて大喜びをする傾向にあり、韓国における反日という社会病理の根深さと深刻さの度合いが、極めて危険な水準に達していることを物語っていると言える。

    下は、日本の国旗を踏みつける韓国の子供たちの絵 ↓

    マスコミはどうして… 心の貧困にあえぐ同胞たちに、ひと時の癒しの呪術!!             これぞ、教育という名の集

  • 台湾の放送局の事務所はどうなのか。

    無いみたいですけど、識者の方、ご存知ならばお教え願いたい。

  • 今では、国賊として断罪されていますが・・・




             21世紀になって作られた”親日反民族行為処罰法”によって・・・



                 実は、その人が国旗を作った英雄なのです。





    朴泳孝と太極旗

    韓国の国旗である太極旗は、李朝近代化に
    おける開化派の中心人物・朴泳孝が一八八二年に
    「太極図説」「周易」の東洋哲学に基づいて
    創ったもので、翌一八八三年(高宗二十)に
    国旗として公布された。

    太極旗の元祖は
    太極八卦図である。それまでいくつかの国旗が
    図案化されていた。一八八二年九月、壬午軍乱後の
    収拾を日本政府と協議するため特命全権大使兼
    第三次修信使に任命され、日本を訪れた朴泳孝が
    王命により捧持して行ったのが太極八卦図の旗
    であった。

    この元祖旗は紅色の布地に白、黄色の
    太極紋を中心に、周囲を八卦で取り囲んでいた。
    いかにも中華風のデザインである。当初、朴泳孝は
    この元祖旗を国旗に定めるつもりでいた。

    しかし、
    修宿便一行が乗り合わせた船舶のイギリス人船長から
    図案の煩雑さを指摘されたので、最終的に四卦を残し、
    太極紋も単純化された。元祖旗の方は、その後も
    君主旗として使用され、一八八四年に発行された
    この国初の郵券の図案にも採用されている
    (李泰鎮、新聞より)。

    日本植民地時代にも太極旗は民衆の心の中に
    生き続けていた。一九四八年、大韓民国の建国直後、
    直ちに正式な国旗として継承され、今日に至っている。

    次のような朴泳孝の人間性豊かな献身を、
    われわれは忘れてはならない。

    ①一八九四年十二月、朴泳孝の提議により、国王が
    金・玉均らに付した「国賊」の罪名を消失した。
    ②一九〇四年三月、東京青山霊園において、金・玉均碑
    再建に際し、撰文した。
    ③一九一四年、忠清南道牙山にある金・玉均夫妻の
    墓地造成に際して、同志朴泳孝の手で盛大な
    慰霊祭が執行された。
    ④一九〇七~一九一〇年、済州島配流時、島の
    青年たちに時事を教え啓蒙に努めた。
    ⑤金・玉均未亡人愈氏と遺児の行方を捜して支援し、
    福沢諭吉宛にその安否を伝えた。
    ⑥南範善の長子、農学博士禹長春の奨学金を日本
    政府に支給させ、父のいない丙一家を援助した。
    ⑦米国亡命中の徐載弼に帰国を勧め、後に彼は
    独立新聞を発刊するなど、祖国の独立と民主主義の
    ために貢献した。

    マスコミはどうして… 今では、国賊として断罪されていますが・・・              21世紀になって作られた&rd

  • 日本は
    米国に敗れたのではない、
    中国に敗れたのだ―日本議員

    Record China 1月20日(月)20時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000046-rcdc-cn

    2014年1月20日、人民日報によると、
    千葉県議会の藤代政夫議員は
    「村山談話を継承し発展する会」が19日に行った
    第1回の研究会に出席した際、取材に応じ、
    「多くの日本人が誤解しているが、
     日本は米国に敗れたのではなく
     中国に敗れた」と述べた。

    藤代議員は、
    「安倍首相の靖国神社参拝は、全世界に向けて
     『日本は第2次大戦中に何も間違ったことは
     していない』と表明する挑発行為であり、
     戦後国際秩序に対する挑戦である。
     ドイツが徹底的に反省しているのと比べ、
     日本の歴史の反省は不十分で不明確」と語った。

    藤代議員は
    「8月15日は日本が中国に敗れた日だが、
     多くの日本人は日本は米国に敗れたと
     思っている。
     これは誤った歴史認識だ。
     戦後60年余りの自民党の誤った教育政策が、
     日本の人々の間に反省の意識と行動が
     生まれるのを非常に難しくしている。
     自民党は19日、2014年度運動方針から
     『不戦の誓い』を削除し、今後戦争を行おうと
     考えていることが明らかとなった。
     だからこそ、
     安倍首相は靖国神社を参拝したのだ」
    と述べた。(翻訳・編集/北田)


    --------------------------------------------------------------------------------

    い、いやぁ・・・次から次へと・・・
    安倍政権の効果は凄いなぁ。

    こんな連中が釣れる釣れる!!!

    九条の会・千葉地方議員ネット設立のプロ市民議員 ↓

    マスコミはどうして… 日本は  米国に敗れたのではない、   中国に敗れたのだ―日本議員   Record China 1

  • せっせと日本民族を悪魔のエサにするために洗脳を続けるマスゴミ。
    覚醒せよ!日本民族!

  • ●日本の反日売国奴マスゴミNHK、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、日本テレビ
    朝日新聞、毎日新聞、週刊ポストは日本国内における韓国人による犯罪をまともに
    報道してない。
    ●在日韓国人による犯罪により多くの日本人が犯罪被害の犠牲になっているではないか
    ●日本政府、警察は日本国内における在日韓国人による犯罪注意情報出すべき!

    【転載】

  • この前で集会が繰り返された





             政治的利用の疑いがある





    高崎の公園「朝鮮人追悼碑」 県、設置許可取り消しも「政治的利用の疑い」 反省強いる碑文に抗議も

    2014.4.18 10:37

    遊歩道に面した朝鮮人追悼碑。この前で集会が繰り返された=17日、群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」

     群馬県内の平和団体などが県の施設設置許可を受けて県立公園「群馬の森」(高崎市)に建立した朝鮮人追悼碑について、定期的に集会で日本政府を批判するなど「政治的利用の疑いがある」として、県が許可取り消しも含め、対応を検討していることが17日、複数の関係者への取材で明らかになった。

     問題の碑は平成16年、「追悼碑を建てる会」(現「追悼碑を守る会」)が建てた。会の「共同代表」には民主党の角田義一元参院副議長らが名を連ねている。

     碑は戦時中、朝鮮半島から県内の工場や工事現場に徴用され、事故や過労で死亡した朝鮮人を追悼する名目で、正面に「記憶 反省 そして友好」と書かれた銘板を掲げている。

     一方、背面には「朝鮮人に対し、多大の損害と苦痛を与えた歴史の事実を深く記憶にとどめ、心から反省し、二度と過ちを繰り返さない決意を表明」など、過去の「反省」に重きを置いた文章が日本語とハングルで併記されている。

     16年2月、建てる会は当時の小寺弘之知事に「県立公園施設設置許可書」を申請。県は翌3月、「政治的行事および管理を行わない」などを条件に許可した。

    だが、関係者によると、同会は16~24年の毎年、碑の前で追悼集会を開催。「強制連行への謝罪が必要」など日本の過去と政府の歴史認識を批判してきた。県によると、24年5月以降、県に「碑文の内容がおかしい」など計108件の抗議があったという。

     県の設置許可は10年ごとの更新制。守る会は今年1月31日の期限を前に、昨年末、更新を県に申請。県は同会に集会内容を照会したが、「明確な回答がない」(都市計画課)として対応を保留している。

     これを受け、県内の複数の団体が3月20日、「明らかに許可条件違反だ」などとして「追悼碑の設置許可取り消しを求める請願」を県議会に提出した。

     県会与党の自民党も「追悼碑の趣旨から外れて反日活動の道具になっている」(幹部)と疑義を強める。6月16日の次の県議会最終日に請願を採択し、使用許可を更新しないよう県に求める構えだ。県が許可を取り消せば、守る会は碑を撤去し、敷地を原状回復する決まりだ。

     守る会関係者は産経新聞の取材に「県は(集会内容を更新の)判断基準にすべきではない」と話した。

    下は、朝鮮人が建てた問題の追悼碑 ↓

    マスコミはどうして… この前で集会が繰り返された               政治的利用の疑いがある      高崎の公園

  • 自作自演??





    火のない所に煙を立てて回っている!!




            うーーーんん!!         失敗だったああーーー!!





    インドネシアでは
    高木健一という「太平洋戦争遺族会」に雇われた弁護士が
    インドネシアで従軍慰安婦の実態調査した際に

    「従軍慰安婦だったと名乗り出た女性には
    200万円(現地通貨に直すと価値は2億円)を進呈する」と宣伝した為に
    2万2千人もの
    自称従軍慰安婦と名乗るインドネシア女性が殺到し
    金銭目的で過去を捏造する女性が存在する事が社会問題になりました

    この騒動に関して
    インドネシアタイムスのジャハム・アリ会長は

    「バカバカしい
    インドネシアに駐留していた日本兵は2万人
    1人の兵士に1人の慰安婦がいたのか?
    この騒動が日本で放送される事は
    両国の友好に何の役にも立たない
    我々には日本罵倒体質の韓国や中国と違って
    歴史とプライドがある
    「お金をくれ」などとは
    インドネシアを360年間も支配したオランダにだって要求していないのに…」


    スノエ社会大臣は

    「今回の事件の発端は日本側だ
    悪質極まりない
    インドネシアの恥部を曝け出し
    インドネシア民族の名誉を傷付け
    両国の友好関係を損なうような日本人グループがいる事が明確になった
    我々は日本人を逮捕できない
    日本人の手で解決してください」


    インドネシアでは「従軍慰安婦」といえば
    日本とインドネシアの友好を破壊したい者が
    用いられた情報戦というのが認識です

    なぜ
    インドネシアでは失敗したのでしょうか?


    インドネシア建国の父であるスカルノ大統領は
    大東亜戦争終戦後に
    再びオランダによる統治を開始した事に対し
    ジャカルタのプガンサアン・ティムール通り56番地で
    独立宣言文を読み上げ
    独立戦争を始めるのですが
    その独立宣言文は
    西暦では無く
    皇紀を用いられているのです

    そして
    その独立戦争には
    終戦後に帰国する事なく参加した旧日本兵2000人が参加しており
    彼らはインドネシア独立の為に命を犠牲に戦います

    インドネシアが独立した際に戦死した日本兵は1000人
    つまり2人に1人の日本兵が戦死し自由を勝ち取った国だったからです

    高木 健一(たかぎ けんいち、1944年(昭和19年) - )は弁護士。
    東京大学法学部卒、弁護士開業(1973年)以後、サハリン残留韓国人帰還問題に取り組み、 従軍慰安婦問題やアジア全体の戦後補償問題に関わってきた。
    これが、そのいわくつきの高木弁護士 ↓

    マスコミはどうして… 自作自演??      火のない所に煙を立てて回っている!!             うーーーんん!

  •  2020年の東京オリンピックが決まった日のTBS「サンデーモーニング」で「韓国人慰安婦への賠償が先でしょう。」なんて訳の分からない韓国擁護の発言をしました関口宏ですが、今週の日曜日の同じく「サンデーモーニング」で韓国での船舶事故で大勢の韓国人が亡くなった事に関して「代わりに日本人死ねばよかった。」なんて驚くべき発言をしています。

     http://bakankokunews.blog.fc2.com/blog-entry-2167.html

  • アイゴー!(哀号!)    韓国兵役情報来たよ!



    在日韓国人男子の兵役が決定か?1994年以降生まれの方出番ですよ!



    今年20歳になった在日韓国人男子はドキドキしながら読んでね!


      在日韓国人は韓国国防の義務があるため彼らは日本を守りません!

     

     某「民○新聞」を眺めていて、とても重大な記事を発見しました。 なんと「在日兵役」の記事!

     まずは「韓国の兵役」について少しおさらいをしておきましょう。韓国の兵役法第3条によれば 「大韓民国の国民たる男子は憲法と兵役法の定めに従って、兵役義務を誠実に遂行しなければならない」と規定されています。女子の場合は現役兵だけに限って志願により服務することができます。

    在日韓国人のみなさんは「韓国国籍」を持っていますから、まずは老若男女問わず全員に「韓国国防の義務」があり、さらに、「20歳から37歳の男子」は「徴兵検査」を受けてから「2年間の兵役」を勤めなければなりません。

    韓国では兵役を終えていないと「男にあらず」ですから就職さえうまくいきません。厳しい国家ですね!まあ、韓国は北朝鮮と休戦協定さえ結んでいない「戦争中の国家」ですから、これは仕方ありません。ちなみに「在日」の皆さんは、「在日」という国家も国籍もありません。念のため!

     「在日同胞でも、94年以降の出生者は法改正に伴い、
           本人の意思にかかわらず兵役につかねばならない。」

     「本人の意思にかかわらず」だなんて! 愛国心あふれる在日韓国人に対して失礼ですよね!行くに決まっているじゃないですか! 実はこれ、2012年の「改定兵役法」ですでに決まっており、該当者が出るのが今年なんだとか。なんか「時限爆弾」みたいな法律ですね。

     さて現在は2014年ですから1994年生まれは今年20歳になる在日韓国人男子が対象になります。もうその辺から「アイゴー!」の声が聞こえてきそうですね。実はこれには「3つの条件」があります。

     1, 海外移住法によって永住帰国した人
     2, 7歳から17歳までの間に1年で6カ月以上(183日以上)国内に滞在した人
     3, 国内就業などの営利活動を行った人

     1は戦後のどさくさに日本に密入国した在日韓国人には関係ありません。 問題は2と3ですね。 7歳から17歳ですから、小学校(初等学校)から高校の間で6ヶ月以上韓国に在住したか留学していた人はアウト! 3は韓国国内で働いたことのある人はアウト!です。

    まあ、2の条件については、韓国の初等学校2年生以降に日本に来た人は皆引っかかりますよね。また、韓国への語学留学も半年を越えることがあるから、これは該当者ありでしょう。韓国での就職は「パンチョッ・パリ」には無理なのでこれはないかも。

    まあこういう法令があると、在日韓国人のことですから、「韓国には絶対に行かないニダ。日本から一歩も出ないニダ!」になるでしょう。今でも引きこもりの多い在日が今以上に「日本に引きこもり」になるかも・・・

    韓国の徴兵検査。試験官のほうが苦痛! ↓

    マスコミはどうして… アイゴー!(哀号!)    韓国兵役情報来たよ!    在日韓国人男子の兵役が決定か?1994年以降

  • 福岡朝鮮学園、補助金二重取りの疑い 県と北九州市から:朝日
     福岡県で朝鮮学校を運営する学校法人「福岡朝鮮学園」(北九州市八幡西区)が昨年度、公演鑑賞など交流事業への補助金を同県と北九州市から二重に取得していた疑いがあることが2日、分かった。同市などによると、計228万円分で請求名目が似通い、うち91万円分は事業の日付と金額が一致していた。県も市も他自治体への二重申請を禁じているが、同学園で常態化していた可能性もあると見て調査に乗り出す方針だ。

     関係者によると、同学園はこの日、市に「過去も含め二重請求した可能性がある」と申し出た。県や市は調査で二重申請の実態が確認できれば、返金を求める方針だ。
     同学園は同市で九州朝鮮中高級学校(約170人)と北九州朝鮮初級学校(約100人)、福岡市で福岡朝鮮初級学校(約50人)を運営する。

     法令上「各種学校」扱いの朝鮮学校には一般の私立小中高校向け助成制度は適用されず、地元自治体が独自に補助制度を設けている。福岡県は年間800万円(事業費の半額)、北九州市は400万円(今年度から450万円)、福岡市は190万円を上限に交流事業や設備整備の実績に応じて支給している。昨年度は県と両市から限度額の計1390万円が支払われた。

     県と北九州市の資料によると、同学園の報告書のうち、9項目計228万6522円分の内容が似通っていた。このうち、九州朝鮮中高級学校の「劇団四季ライオンキング」鑑賞費70万525円(昨年7月11日、福岡市)、北九州朝鮮初級学校の「川筋太鼓と金剛山歌劇団共演」入場料・交通費4万7600円(同11月10日、同県飯塚市)など5項目計91万6605円分は、各事業の日付と金額が一致した。

     他にも、同初級学校での「アリラン夏祭り」(同8月29日)の経費として市に71万7千円分、県に98万1千円分を申請するなど、二重申請を疑わせる例があった。
     県と市の補助金対象は学校が自己負担した事業。二重取得を防ぐため市の報告書には補助金収入の記入欄があるが、空白で提出されていた。

     同学園は取材に対し「朝日新聞から1日に二重請求の疑いがあると指摘を受けたので、行政に問い合わせた。今後、指導を受けるようなことがあれば、それに従いたい」とコメントした。
     県は補助金の申請を受ける際、領収書の提出を求めるが、確認でき次第、返却している。北
    九州市は領収書の「写し」の提出を求めるため、二重申請が発覚しにくかったと見られる。

     朝鮮学校は、朝日新聞に問い詰められて、あわてて行政に申告したようですが、「二重請求した可能性がある」とは白々しさにも程があります。

      ずさんな審査で二重払いを長年許していた県と市もその怠慢を反省する必要がありますが、しかし、曲がりなりにも教育機関であるはずなのにこのような詐欺行為を平然として行うことができるとは酷いものです。さすがは朝鮮学校と言うべきでしょうか。この一件だけでも朝鮮学校への高校無償化が如何に不適当であるかがよくわかります。

     まずは過去にも遡って調査し、全額を返金させること。全額の返金が確認できるまで一切の補助金を停止すること。そして関係者を刑事罰に処すこと。さらに、全国で同様の詐欺行為が行われていないかを調査すべきです。このような行為に甘い対応は許されません。

    おい、何か文句あっか?? えっ!!

    マスコミはどうして… 福岡朝鮮学園、補助金二重取りの疑い 県と北九州市から:朝日   福岡県で朝鮮学校を運営する学校法人「

  • <<
  • 59 35
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン