ここから本文です
  • 文大統領、場に応じて言葉を変えている?




    聯合ニュースの報道です。

    元ソースは日本の毎日新聞で、西村康稔官房副長官が話した内容だそうですが、首脳会談の時、文大統領が安倍総理に「10億円の返還はしない」と言った・・という報道がありました。

    そこで、韓国大統領府のスポークスマンがわざわざ「それは違う」と反論した、とのことでして。

    日本だけでなく韓国のマスコミでも、一部で「韓国政府は慰安婦合意を破棄しないと言っている」という報道がありますが、「再合意は要求しない」とは康京和(カン・ギョンファ)言ったけど、「破棄しない」とは誰も言っていません。

    この件、私は韓国が「破棄しません。10億円も返還しません」を政府方針にしているとは思っていません。

    でも、まさか官房副長官が嘘をついたはずはありませんし・・毎日新聞の書き方が悪かったのか、聯合ニュースの訳の仕方に問題があるのか、それとも私の考えが間違っているのか。

    いろいろ可能性は考えられますが・・・ひとつ、文大統領が「場に応じて言葉を変えている」可能性についても、疑わずにはいられません。

    この前、日韓議員連盟の人が(韓国側の、慰安婦合意検証結果についての事前説明で)「聞いたのと違う」と怒った・・という報道もありましたが・・

    根拠も無いのに、なんでそう思わずにはいられないのでしょうか。不思議です。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ