ここから本文です

鳩山元総理

  • 10
  • 1
  • 2015/12/04 06:40
  • rss
  • <<
  • 9 1
  • >>
  • >>8

    あんたも 鳩か?
    鳩が何やった? しっとるけ?
    辺野古は最低でも県外といっとたが、やめるころには 私の考えは間違っていたと認めていたんだぞ
    これが尾を引き今日にいたっている
    戦後 最低の首相だったね。
    本当に ぽっぽっぽ 鳩ぽっぽやったない。もう豆もやらないか国会に戻ってくるな!!
    と言っても 今では誰も入れないだろう

  • 鳩山由紀夫先生は戦後の日本の偉大な首相として歴史が評価することになると思います。

    鳩山政権は戦後はじめて、米国一辺倒、属国体制からの脱却を目指そうとした政権でした。ある意味革命政権です。米国がこのような政権を許すはずもなく、盟友の小沢一郎を強制捜査、強制起訴、その政治生命を奪ったばかりか、自民党、官僚、マスコミとありとあらゆる手段方法を使って鳩山政権を崩壊させたのです。

    考えても見てください、世界一危険な基地といわれる沖縄の普天間に対して、鳩山首相がマニフェストの実現を目指し、普天間の移設に取り込もうとしたところ、それまで一貫して「沖縄にだけ負担をさせるな」「県外国外への移設を」と論評していた日本のマスコミ(※1)が、鳩山を支援し、応援するどころか、鳩山政権を総攻撃したのです。それは、鳩山氏の人格をも否定するまさにすさまじい攻撃でした。そしてそれを世論も支持したのです。

    (※1)在日米軍基地の約74%が集中する沖縄県。基地と暮らす県民は日々の騒音や相次ぐ事故、米兵による犯罪、それを裁けない治外法権的な日米地位協定など重い基地負担に苦しみ、本土が沖縄に基地を押し付ける「差別的構造」と多くのマスコミが指摘していた。

    結論↓

    対等な日米関係は許されないということです。米国の利益のためにのみ日本は存在しなければいけません。小鳩(小沢と鳩山)はその枠組みを壊そうとしました。小沢の日米中正三角形論、EUをモデルにした鳩山の東アジア共同体構想もまたしかりです。

    戦後レジームからの脱却とは本来このような米国占領下からの解放、真の独立であるべきはずなのに、傀儡政党である売国自民党政権が復権したことで、日本の独立は遠のきました。

    沖縄返還における日米密約を暴いた、西山記者がどのような運命を辿ったか。毎日新聞がなぜ真実をスクープしたのに、数百万部も部数を減らし倒産の危機に陥ったのか・・・・・・、米国に忠誠を誓った読売新聞がなぜ躍進したのか・・・・・・・?

    米国に逆らう人間と組織は潰されるということです

  • こやつに熨斗浸けて中韓にプレゼントしてやれ、日本から消え失せろ!!このカス!!!
    恥知らず!!!。

  • おいおい 鳩ちゃん 本当に東大卒か 灯台卒とちゃうかぁ? それとも 裏金かよぉ~
    脳みそ腐っとるちゃうかぁ~
    もうやけっぱちやなぁ~~ 日本国の恥さらしやでぇ~

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア