ここから本文です
  • <<
  • 77 46
  • >>
  • 再稼働原発で  首長レベルの人が
    国が事故の場合の保証をしてくれた からとか何とか
    で フクシマの現状は? 国がどんな支援を? 

    原発の運営経営なんて 何とかなるだろ みたいな 
    余程いいかげんな人でないと出来ない  心配性の人では無理

  • “テキサス版”戦後70年安倍談話、


    さまざまな願い込め作ってみたぜ


     ハ~イ! 日本のみなさん。安倍晋三首相が今年夏に発表する「戦後70年談話」について、またも中国と韓国が「謝罪と反省」を求めて大騒ぎしているよな。ソウルで21日に開かれた日中韓外相会談でも、王毅外相が「(日本の)歴史問題は現在進行形だ」と牽制したらしい。寝言は寝ているときに言うものだぜ。

     安倍首相は、未来志向の談話発表に向けて環境を整えるため、有識者会議「21世紀構想懇談会」を設置した。俺は、安倍首相の助けになれればと思い、「テキサス親父版 安倍談話」を作ってみた。あくまで参考として、読んでくれ。

     《本日、平成27(2015)年8月15日、大東亜戦争終結より70年がたちました。われわれ日本人は、その大戦からさまざまな貴重な教訓を得ました。これらの多くの教訓を得たわが国は一貫して、今日までの70年間、平和を第一に、いかなる戦争にも関わってまいりませんでした。


     そして、その癒やしがたい家族の苦しみが、その戦争の後にも残り、それが原因で、さらなる争いを引き起こすことを知っているからです。私は、これからの70年も、また、その後においても、わが国が平和姿勢を貫き、そして、世界各国も、わが国のこの例を教訓にしていただきたいと思っております。ありがとうございます》

     短い文章だが、さまざまな願いを込めてみた。


    特に「貴重な教訓を得た」という部分には、特定の国が要求している「謝罪と反省」を暗に含むと同時に、「日本の貴重な教訓を学ばず継続して戦争行為を行っている国がある」とも解釈できるよな。


     そういった国がある以上、日本が今後も平和主義を貫くとしても、自国と自国民を守るために、安倍首相が安全保障法制を見直すのは当然だ。「永世中立国」として国際的に承認されているスイスが、実は、強大な軍事力を持つ国家であることは、世界の常識だぜ。

     親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。世界各国が、戦後の日本を見習うことを願っている。

     では、また会おう!

     ■トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア系米国人。サラリーマンを退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、評論活動を行っている。

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ “テキサス版”戦後70年安倍談話、   さまざまな願い込め作ってみたぜ

  • 韓国での兵役って後になるほど厳しくなるそうですよ!




    実は2015年に在韓米軍が完全撤退するんですよね?

     
         
        兵役は韓国人男子の義務です
     


    日本に留学中の韓国人男性からの投稿のようですね。

    以下引用>

    韓国人の場合、健康な男性は 誰もが 2年間の軍隊生活を義務付けられている。
    北と南に分断され 緊張状態が続く 韓国の特殊な事情上、 定められた 法律上の義務である。
    しかし、世の中には 韓国の国籍を持つ 健康な男性でありながら、
    この義務を背負わなくてもよい特殊な部類が居る、在日韓国人といわれる部類である。

    彼ら在日は 歴史的な事情により、韓国の国籍を持ちながら
    日本の永住権を持ち 日本で生活しているコウモリ的な存在である。
    国民の義務は負わないのに 権利だけを持つ彼らには
    韓国の国民でありたいのであれば 軍隊へ行き国民の義務を果たすか、
    それがいやなら日本に帰化してしまえと いわざるを得ない。

    おいしい所だけを持って 被害者面で 甘えている在日は 精神的再教育が必要なのである。

    私は特に 自ら考えることを怠けている 在日諸君に 軍隊をお勧めする。 溢れてくる情報の中で 自ら考えることを忘れ、他人の考えのまま、 もしくは 誰の考えとも言えない 住所不明の考え のまま 流されている そこの貴男に お勧めする。

    おそらく 貴男は考えることの重要性・自主性の重要性について 全く無知であるはず。
    浅い考え、ろくでもない価値観で 世の中、知りきった つもりでいるはず。
    そんな貴男に ピッタシの所、何も考えなくてもよい世界を紹介しよう。
    いや、むしろそこは 何も考えてはいけない、完全に 将棋の駒にならねばならない所である。

    その 軍隊といわれる世界が 貴男を待っている。
    うまく行けば、自ら考える権利を 完全に奪われたショックで 自ら考える重要性に
    目覚めるかもしれない。
    少なくとも 男らしい逞しい体は 手に入れることができる。 さあ、結論は 軍隊だ。

    『 在日韓国人も 軍隊へ行くべきだ 』  ソウル出身 明治大学 3年 朴 卿鎬

    見よ!! たくましい猛訓練中の韓国兵を!!
    日本人も見習うべきだ!

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ 韓国での兵役って後になるほど厳しくなるそうですよ!      実は2015年に在韓米軍が完全撤退する


  • シャピロ博士は、朴大統領にビデオレターで呼びかけた





     朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国が、民主主義国家の基盤である
    「言論の自由」に圧力を加え、日本に対して理不尽かつ一方的な批判・要
    求を突き付けていることに、米国の元政府高官やメディアが疑問の目を向
    け始めた。

    米評論家のトニー・マラーノ氏は、連載「痛快! テキサス親父」で、ク
    リントン政権の商務省次官や、オバマ大統領の選挙経済顧問を務めた米経
    済学者、ロバート・J・シャピロ博士が、朴韓国を“断罪”したビデオレター
    (動画)に迫った。 

     ハ~イ! 日本のみなさん。米国の著名な経済学者、シャピロ博士が最近、
    韓国の朴大統領宛てに、約3分間の素晴らしいビデオレターを公開した。俺
    がこのコラムや動画で言い続けてきたことと、ほとんど同じだと言っていい。

     シャピロ博士は動画で、(1)韓国での「言論の自由」への圧力(2)外
    国人差別(3)官民挙げてバカ騒ぎしている慰安婦問題(4)対日関係修復
    の重要性(5)ベトナムとの比較-などを簡潔に指摘し、《韓国が今後10
    年、繁栄できるか否かの瀬戸際だ》と憂慮していた。

     簡単に言うと、韓国の醜悪な「ダブルスタンダード」を取り上げて、「い
    い加減、ガキみたいな行動はやめろ!」と訴えたいようだ。


    トニー・マラーノ 評論家。1949年生まれ。テキサス州在住のイタリア
    系米国人。サラリーマンを退職後、動画サイト「ユーチューブ」などで連日、
    評論活動を行っている。

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪  シャピロ博士は、朴大統領にビデオレターで呼びかけた         朴槿恵(パク・クネ)大統領率い

  • そもそも日韓併合以降、貧しい韓国から豊かな日本へ移住しようとする朝鮮人は引きも切らぬ有り様だったのであり、朝鮮総督府や日本政府は法律の網の目をくぐってでも日本で働こうとする朝鮮人の密航者には、終始頭を痛めていた。

    法律を犯してでも日本に入国しようとする朝鮮人が一杯いたというのに、何で『強制連行』の必要があるのだろうか。その必要はなかったし、むしろ日本側は迷惑していた。

    昭和4年(1929)の『瀬戸方面に於ける朝鮮労働者事情』(名古屋地方職業紹介所)によれば、朝鮮と日本内地の賃金格差は二倍もあり、これに加えて毎年30万人に及ぶ朝鮮人の人口増加により、内地のみならず満州やシベリアへも多数の朝鮮人が移住しつつあった。

    日本内地への渡航希望者は度重なる日本側の規制にも拘わらず増加の一途をたどったのである。

    昭和14年(1939)、内務省次官通牒『朝鮮人労務者内地移住に関する件』で、8万5000人の朝鮮人労働者の移住が認められると、炭坑の募集係のところには朝鮮人農民がどっと押し寄せ、夜中から列をなして待っていた有り様であったという。

    また、同年の国民徴用令の公布をもって朝鮮人『強制連行』の起源と誤解している著作が多数見受けられるが(朝鮮人強制連行真相調査団「強制連行、強制労働の記録」、朴在一「在日朝鮮人に関する総合調査研究」等)、国民徴用令が朝鮮人にも適用されたのは昭和19年9月のことであり、厳密に言えば朝鮮人の徴用が行なわれた期間は昭和19年9月から関釜連絡船の閉鎖された昭和20年3月までの6ヶ月間に過ぎない。

    ◇徴用は強制連行ではない

    誤解の第二は、『徴用』は『強制連行』ではないということだ。当時、内地でも日本人は戦時『徴用』されていた。併合の結果として日本に編入された以上(植民地ではない)、日本人たる朝鮮人を戦時『徴用』しても、『強制連行』の概念には当らない。

    「日韓2000年の真実」 名越二荒之助 平成9年 国際企画


    戦前、韓国の済州島から多くの韓国人を本土に運んだ第二君が代丸。
    捕獲したロシアの巡洋艦を改造した定期旅客船でした。  ↓

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ そもそも日韓併合以降、貧しい韓国から豊かな日本へ移住しようとする朝鮮人は引きも切らぬ有り様だったので

  • 情報を守るという意識さえ無い





          海外にどんどん流出している





    ◆スパイ防止法の制定 防衛機密保護法 その意義



    産経新聞(平成10年9月20日付)では、北朝鮮から亡命した金秀幸氏(元高麗電子技術副社長)が、ミサイル開発を担当している朝鮮労働党機械工業部所属の秘密機関の指示を受け、90年の一年間だけでも5人の日本人技術者をひそかに平壌に招き、ミサイル開発に協力させたと証言している。

     国家機密から企業情報、個人情報に至るまで情報保全の政策的努力の行われていない日本は「スパイ天国」と呼ばれる状態にあり、国・組織の機密情報が海外にどんどん流出している状況である。

    総務省、郵政公社などで扱う国民の戸籍や住民票、保険、個人の財産、様々な個人情報の全てが南朝鮮で保管集計されるという異常さをみても日本には情報を守るという意識さえ無い。

    銀行による個人の信用調査を、何故南朝鮮に問い合わせないといけないのだろうか?

    そもそもこれは米国が、機密の防衛できる法律も無い状態では、戦闘機や兵器の共同開発や協力はしにくい。ということから目指している法案だ。

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ 情報を守るという意識さえ無い            海外にどんどん流出している      ◆スパイ防

  • 国立墓地と少しも変わらない





              ここには数万人の勇士たちも眠っている





    韓国有名人の「靖国神社参拝」

    私が自分から行きたいと行った場所は靖国神社ただ一ヵ所だった。

    ここには日本の戦争に駆り出されて命を失った
    真に無念な数万人の韓国人勇士たちも眠っている。
    ソウルの銅雀洞にある国立墓地と少しも変わらない。

    誰が見ても靖国参拝問題をめぐっては日本に優位がある。
    参拝するなと不平を並べたてるほうよりは、
    颯爽とお供を引き連れて殉国の英霊に参拝する方がはるかにカッコよく見える。

    靖国神社から帰る道すがら、こんなふうに問い返されているような気がした。
    「我々は豊臣秀吉を信奉している。おまえたちは李舜臣を信奉しているではないか。
    我々は伊藤博文や東条英機のために儀式を行う。
    おまえたちが安重根や尹奉吉のために儀式を行うことについて、
    我々は口出ししたりしない」


    チョ・ヨンナム氏著 「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」より

    この人が命を賭して発言するチョ・ヨンナム氏 ↓

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ 国立墓地と少しも変わらない                ここには数万人の勇士たちも眠っている

  • 「在日韓国人Aの発言」




     在日韓国人や朝鮮人は日本に強制連行されたという特殊な過去
    を持つ人達。 自分の意思で来日した他の外国人とは全く違う、
    特別な人達なんだよ。

    だから日本国政府が在日韓国朝鮮人を生活保護で支援するのは
    当然の事なんだ。それが日帝軍国主義の被害者たちへの贖罪にも
    繋がる。在日韓国朝鮮人への優遇はちゃんとした意味のある事な
    んだよ。

     在日韓国人朝鮮人との共存が嫌ならネトウヨが日本から出け行
    けばいい。そして在日と同じように帰るべき祖国を失う悲しみを
    味わってみればいいだろう。

    在日と同じ立場になればきっと今まで自分の行ってきた差別を
    後悔し謝罪したくなるだろう。 <日本はもはや日本人だけの住む
    国ではない。在日韓国朝鮮人との共存を望む日本人以外は日本に
    住むべきではない。

    在日社会でも反日教育はあります。在日には親日派はまったく
    いません。

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ 「在日韓国人Aの発言」       在日韓国人や朝鮮人は日本に強制連行されたという特殊な過去 を持つ

  • あの大日本帝国全土を震撼させた!!





           オウム真理教の原点はここにあった!!





    白白教(はくはくきょう)とは、日本統治時代の朝鮮に存在したカルト教団である。信者を600人余り殺害し、朝鮮のみならず内地を含む大日本帝国全土を震撼させた。


    1902年(光武6年)、東学の信徒だった全庭云が金剛山で修行を行い、悟りを開いたと称し「白道教」の名で布教活動したのが起源である。

    全庭云は「一定の呪文を口誦し礼拝すれば、無病息災、不老長寿、神仙となり得べし」と説き、一時は一万人の信者を獲得した。全庭云はこれらの信者から金銭を寄附させて自らの生活資金に充てる一方、若い女性信者(約60人)を篭絡して妾にし、酒池肉林の贅沢三昧の生活を送った。

    しかし、このような教祖(白道教では「天父任」と称した)の姿勢に疑問を感じる信者や、全庭云の下から逃げ出そうとする妾が出始めた。全庭云は官憲への発覚を恐れて、これらの殺害を命じ、1916年(大正5年)に妾4人と信者2人を相次いで殺した。

    全庭云は1919年(大正8年)に脳梅毒で死亡した。しかし、これらの殺人事件は1930年(昭和5年)と1932年(昭和7年)に相次いで発覚し、実行犯には懲役10~15年の実刑判決が下り、西大門刑務所等に収監された。これにより白道教は壊滅したかに思われた。

    しかし全庭云の次男で二代目教祖(「第二世大元任」と称した)の全龍海は事件発覚前に逃走し、捜査の目を逃れることに成功した。この全龍海によって教団は「白白教」として復活することになった。


    全龍海は、父親の全庭云同様の酒池肉林生活を送り、大胆にも京城府桜井町(現ソウル特別市中区乙支路4街)に居を構えた。そして自分に異議を唱える信者や性的興味を失った妾を山中に連れ出して殺害、死体を埋めていった。

    白白教事件で教団が日本政府によって壊滅されるまでの間に信者を600人余り殺害するにいたる。


    1937年(昭和12年)2月16日夜、朝鮮京畿道京城府下往十里町(現大韓民国ソウル特別市城東区下往十里洞)で、宗教絡みの乱闘騒ぎが起き、所轄の京畿道警察部東大門警察署が関係者を取り調べたところ、以前に殺人事件を起こして自滅したカルト教団「白道教」が、新たに「白白教」として復活し、京城に根を下ろしている事が発覚した。2月26日、日本政府によって白白教幹部約150人が検挙された。

    東大門警察署は、翌2月17日に京城のアジトを急襲し、信者ら約80人を検挙したが、肝心の「第二世大元任」こと教祖の全龍海を取り逃がしてしまった。その後も、信者の検挙が相次いだが、全龍海は依然行方をくらませていた。

    3月6日、信者のR兄弟が観念し、教団が起こした殺人事件について語り始めた。

    R兄弟の供述によると、「一斉検挙後の2月21日、京畿道楊平郡の自宅に全龍海が現れ、酒食の供応が命じられた。その際、全龍海は自分たち兄弟に預けられていた全龍海の妾3人を別室に呼び出して全員殺害した。その後、穴を掘らされて3人の遺体を埋めた。」という。

    そしてR兄弟の供述通りに3人の遺体が発見され検死が行われた。その結果、「殺しの手際の良さ」などから、追い詰められた挙句の刹那的犯行ではなく、常日頃から常習的に殺人を繰り返していた疑いが強くなった。他の信者を追及したところ、次々と教祖の殺人を供述し始め、捜査官を慄然とさせた。


    全龍海は火田民化した信者の家をアジトにし、各地を転々としたが、関係者が続々検挙されるに及び次第に追い詰められていった。そして3月下旬頃に京畿道楊平郡の山中で自殺し、4月7日に死体が発見された。これにより白白教は事実上壊滅した。

    信者獲得と活動

    教団は「朝鮮は近い将来、大元任(全龍海)の統率の下で独立する。独立の暁には、各々の信者の貢献度に応じて知事や警察署長などの高官に任命する。金のある者は献金し、年頃の娘を持つ者は大元任に差し出せ。」と巧みな言説で布教活動を行った。

    入信した信者は、土地家屋などの全財産を教団に寄進し、若くて美貌の娘は全龍海の妾にされた。そしてしばらくすると、「まだ独立の時機ではないので、暫くは地方で身を隠して待機してほしい」と称して、山間部に追いやって火田民とし、焼畑農業で得た収入をも献金させるなど徹底的な搾取を行った。

    そして「背教者は死をもって罰せられる」と喧伝し、実際に教団の意に背いた信者は、老若男女を問わず殺害していった。

    今の韓国のきチがイじみた親日派狩り、反日狂騒も原点はここにあるかと。

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ あの大日本帝国全土を震撼させた!!              オウム真理教の原点はここにあった!!

  • 遺族会が暴露!!




    朝鮮日報 2004/09/17

    「韓国政府、韓日会談で個別請求権放棄」

     太平洋戦争犠牲者遺族会(ヤン・スンイム会長)は17日、「1961年の韓日会談当時、韓国政府が日本政府の韓国人犠牲者に対する直接補償の提案を拒否し、国が補償金を受け取って支給する方法を選んだ」と主張した。

     遺族会はこの日、国会で記者会見を開き、その証拠として「第5回韓日会談予備会談会議録(一般請求権小委員会第12、13回会議録)」を公開した。

     遺族会は「会議録を見ると、韓日会談当時、韓国政府は労務者と軍人・軍属を含め、徴用の方法で国外に動員された生存者、負傷者、死亡者、行方不明者など、被徴用韓国人の肉体的・精神的苦痛に対する補償金の支給を請求した」とし、「しかし韓国政府は日本政府の韓国人犠牲者に対する直接補償の提案を拒否し、国が補償金を受け取って支給する方法を選んだことが記録されている」と主張した。

     遺族会はさらに「朴正熙(パク・チョンヒ)政権はしかし、65年の韓日協定締結後に受け取った5億ドルの対日請求権資金で、被徴用韓国人に対する補償を実施すべきだったにもかかわらず、浦項(ポハン)製鉄と京釜(キョンブ)高速道路の建設に投入し、維新政権時の70年代に軍人・軍属の死亡者8000人に限って補償をしたにとどまった」とした。

    韓国政府は、日韓基本条約について何も国民に知らせていなかったのですね・・・

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ 遺族会が暴露!!      朝鮮日報 2004/09/17   「韓国政府、韓日会談で個別請求権放棄

  • 死んだハト、




    血まみれのティッシュ……




    習志野パチンコ店建設強行問題で、




    反対住民に相次ぐ嫌がらせ被害

     


    反対運動が起こっていた千葉県習志野市のパチンコ店建設で、一部の反対住民が嫌がらせ被害を受けていたことが分かった。

    「おまえの施設が出て行ったらええねん/20人ぐらいのガキのために/何千人もいるパチンコファン犠牲にすんなや」

    同市にある障害児童福祉施設に、こんなメールが送られてきたのは、ちょうど建設が始まったばかりの今年5月のこと。新設のパチンコ店とは、わずか90メートルの距離とあって、施設の関係者がこの建設に対して問題提起を行っていたところ、こうしたメールのほか、多数のゴキブリの死骸や血のついたティッシュペーパーなどが敷地内に投げ入れられた。

    さらには運営者の自宅にまで連日、石やゴミが投げつけられるありさまで、反対運動をしていた中心メンバーにも被害が集中。反対集会を主催した男性の自家用車が傷つけられたり、この件を取材していた地元の記者には「おまえパチンコに反対して何の得があんねん」という脅迫電話があり、庭には死んだハトの死骸が複数、投げ込まれた。

    「それまでこんなことは一度だってなかったのに、パチンコ反対運動をした途端にこれですからね……」(ある住民男性)

    マルハン習志野店の建設は、2013年2月ごろになって住民の知るところとなったが「その時点ですでに、4月に着工予定と、ストップはかけられない状態だった」(同)という。現場は閑静な住宅街だが、約4,000平方メートルに777台の駐車場を持つ大型店ができるという話に、周辺は騒然となった。目前には高校や福祉施設があったからだ。

    習志野市は、教育施設から200メートル以上の距離を置く独自のルールを制定していたが「まったく同じタイミングで、市はその条例を撤廃して、まるで市がパチンコ店を誘致したような形なので、宮本泰介市長にも掛け合いましたが“もう決まったこと”と冷たく突き放された」と住民男性。現地では「行政と店側がデキているのではないか」というウワサも立った。

    癒着疑惑がささやかれたのは、地元警察もしかり。数々の嫌がらせ被害に対し、被害者が所轄の警察署に相談したところ「イヤなら引っ越せばいい」と冷たく返される始末だった。パチンコ業界には多くの元警察OBが天下りするなど、長く癒着関係がいわれてきただけに、住民の不信感は高まるばかり。


    相次ぐ嫌がらせ被害に怖がって反対運動や交渉をやめてしまった人も続出。別の住民女性によると「11月に入っても、気を滅入らせるようなメールが続いている」という。「マルハンが犯人だとは言いませんが、説明会では住民の名前と住所を書かせていたし、近隣のマンションには戸別訪問の意思も示していて、まるで反対住民の個人情報を把握したがっていたように見えたので、怖い」(同)

    おびえる住民をよそに、店舗前の道路には車の通行が急増。こうした問題は全国各地で起こっており、実質は賭博場であるパチンコ店の建設には、さらなる規制が必要という声も根強い。


    パチンコ最大手「マルハン・グループ」を率いる韓昌祐。終戦直後の1945年11月、密航船で日本に不法入国。日本の民主党を引き連れる韓国民団の大物。現在の総資産は34億ドル(約3400億円)。

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ 死んだハト、      血まみれのティッシュ……     習志野パチンコ

  • 李登輝先生の「靖国論」

    当時の軍隊の中では、
    「死んだら靖国で会おうな」と普通に会話していた。
    台湾出身であろうが、朝鮮出身であろうが、
    同じ日本の兵士として御国のために命を捧げ、
    死んだら靖国神社で会おうというのが、
    私たちの日常の感覚だった。


    戦死したら当然 靖国神社に祀られるはずだったのだ。
    それが裏切られるとはつゆほども疑わなかった。
    一種の安心感の源だったのだ。

    先ほども述べたように人様々だから、
    今となってはそんなことも思い出したくない人が
    いても不思議ではない。
    だが私はそうだったのだ。
    だから今なぜ「靖国神社問題」が起きているのか、
    私には理解できない。
    日本人はまた中国共産党の謀略に引っかかっているのではないか。

    国のために戦い死んだ兵士、指導者を悼み、
    参拝するのがなぜ悪いのか。
    彼らが取った手段や判断に批判があっても良い。
    すべてを正当化するわけではない。
    批判は批判としてあるべきだろう。

    しかしいま 我々が生きている国を守ろうと
    命を捧げてくれた人に対して、
    感謝の気持ちを 抱くことのどこが悪いのだろうう。

    昭和20年ルソン島で戦死した兄、李登欽も靖国神社に祀られている。
    私はそれが今でも兄とつながる支えだ。


    李登輝元台湾総統

    靖国神社を参拝される李登輝先生 ↓

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ 李登輝先生の「靖国論」    当時の軍隊の中では、  「死んだら靖国で会おうな」と普通に会話していた

  • 膨大な対外債務!!






    慢性的な債務超過!!






    事実上の破産状態!!






    それで、合併??






    日韓併合前の韓国は1200年以上に亘り歴代支・那帝国の属国であり、李氏朝鮮では両斑と呼ばれる権力者たちが朝鮮民衆を暴力で支配する地獄だった。

    日韓併合論は、ずっと以前から日韓双方で議論されていたことだった。
    日本側にも賛成派と反対派がいたし、同じように韓国側にも賛成派と反対派がいた。

    日本側においては、陸奥宗光、曾禰荒助、竹越興三郎などは明確に反対していたし、伊藤博文もかなり消極的だったことは有名だし、井上馨や原敬も伊藤と同じだったようだ。
    一方、長州閥の桂太郎、山縣有朋、寺内正毅などは、併合推進派だった。

    対する韓国側においても、賛成派と反対派は割れていた。
    李容九や宋秉畯などが率いる文明開化派の最大政治組織「一進会」が強く併合を推進したし、総理大臣の李完用を始めとする閣僚の約半数が「推進~容認」派だった。

    一方、それまで朝鮮民衆に塗炭の苦しみを与え、私利私欲を貪っていた皇帝高宗や両班や儒者たちは反対していた。

    1907年のハーグ密使事件後、日本国内に「我が国上下與論(よろん)沸然として鼎(かなえ)の湧くが如く、或いは新聞に、演説に併合を論じ、合邦を説くこと盛(さかん)なり」といった日韓併合・合邦論が急速に台頭してきた。

    1909年に日本で併合が閣議決定したものの、併合の時期について、曾禰荒助は「就任時伊藤、桂と三者会談にて、5、6年様子を見て」と合意していた。

    ところが、その1年以内に韓国側のほうで大きな変化があった。
    本音を隠したままの日本側に対し、まず合邦を打診したのは朝鮮側だった。
    総理大臣の李完用(イ・ワンヨン)の側近である、新小説『血の涙』で知られる李人稙(イ・インジック) が密使として動いたのだ。

    また、一進会は1909年12月4日、「韓日合邦を要求する声明書」を作成し、
    上奏文と請願書をそれぞれ李完用総理、皇帝純宗、曾禰荒助統監に提出した。

    しかし、日本側の併合反対派であった曾禰荒助統監は、この合邦案を時期尚早との理由で却下すると共に、新聞社、通信社に働きかけ、反対の論調をとらせた。それでも、韓国側の併合推進派である一進会は上奏書を却下されてもまた提出し、これを繰り返すこと4回目に桂首相の指示により遂に受け取られた。

    ただし、明治天皇の意向もあり、曾禰荒助の更迭はならず、従って併合の正式決定はならなかった。
    その間韓国では次第に併合に賛成する者が増え、西北学会も賛成に転じ、大韓協会も賛成派と反対派に分裂する事となった。

    1910年3月末に至るも曾禰に辞職の意思無く、このまま放置もままならないので、遂に寺内を後任に内定し、寺内を病気見舞いに行かせ、因果を含め辞表を出させることになった。

    曾禰が辞表を出したのは5月30日で、直ちに後任には寺内が任命された。
    寺内は、日本国内での意見調整、列強各国に併合についての合意を取り、
    7月15日ようやく東京を発ち、7月23日ソウル入りした。

    ソウルに入ったものの寺内は黙ったまま何ら方針を示さず、半月余りたった。
    8月16日、李完用首相は日本の水害見舞いと称し、趙農相を伴い、寺内の居る統監邸を訪れた。ここで山県副統監を交えた会談3時間に及び、若干の修正にて日韓併合は合意に達した。

    この結果にもとづき李完用首相は8月18日に閣議を開いたがまとまらず、
    8月21日李完用が皇帝に内奏し、皇帝の了承を取り付けた。
    これにより1910年8月22日の韓国の御前会議で韓国は正式に日韓併合を決定した。

    日韓併合により、日本は、階級による身分差別を撤廃し、両班による搾取・虐待から農民を救い、移住の自由を認めさせ、残酷な拷問や刑罰や一族の罪人連座法などを廃止した。

    女性再婚の自由を保障し、人権尊重などの法治国家の基礎をつくり、学校教育制度を導入し、読み書きを教え、ハングル文字を復活・普及させた。

    台湾では運動が起きても1~2%にしか許可しなかった改姓名だが、85%の朝鮮人には創氏改名を許可し、鉄道網、道路網を整備し、港の開設工事をし、水力発電所を建設し、重化学工業を興し、緑化政策によって山野を甦らせ、不毛の地を開拓し、河川大事業で洪水を減少させ、水田を倍増させた。

    世界中から世界一不潔と言われた町々を清潔にし、近代医療制度を導入し、平均寿命を24歳から45歳にのばし、人口を2倍にし、内地(日本)への渡航規制を犯して来る密航者にも寛容に対処した。

    ☆ 脱原発 応援スレッド♪ 膨大な対外債務!!        慢性的な債務超過!!        事実上の破産状態!!

  • <<
  • 77 46
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン