ここから本文です
  • 戦後の闇・・・志位委員長の叔父は、なぜ、ソ連のスパイとなったのか・・




    「えっ!日本共産党の志位和夫のおじはソ連のスパイ!だから委員長になれたんだ!」というセンショーナルなものにしてみましたが、実はこのことは何も「特ダネ」でも「スクープ」でもありません。

    ましてや「ネトウヨのでっち上げ」でもありません。日本共産党のことを調べれば、すぐに見つけられる事実なんですよ。ウィキペイディアから引用しますね。 

     志位 正二(しい まさつぐ、1920年1月1日 - 1973年3月31日)志位正人陸軍中将の息子として生まれる。東京府立六中、東京陸軍幼年学校、陸軍士官学校予科を経て、1939年9月、陸軍士官学校(52期)を卒業。

    同年11月、歩兵少尉に任官し歩兵第61連隊付となる。1944年12月、陸軍大学校(59期)卒業し陸軍少佐に昇進。1945年4月、関東軍隷下の第3方面軍情報参謀に発令され、終戦を迎えた。

     終戦後、シベリア抑留にあい、1948年4月にソ連諜報員となる誓約を行い、モンゴルのウランバートルにあった「第7006俘虜収容所」において朝枝繁春、瀬島龍三、種村佐孝らとともに諜報員、共産主義革命のための特殊工作員としての訓練を受ける。

      1948年11月、シベリアより復員。しかし帰国後の志位は1949年2月からGHQ参謀第2部(G2)の地理課に勤め、抑留帰還者の尋問調書からソ連や中国の地誌を作成していた。1950年6月、GHQの取調べを受ける。

    1951年10月以降、G2在職のままソ連国家保安委員会(KGB)にエージェントとして雇われる。1953年11月、外務省アジア局調査員となるが、「二重スパイ」の活動は継続した。

     ユーリー・ラストヴォロフがアメリカ合衆国に亡命した後の1954年2月5日、警視庁公安部に自首し、自身がソ連の工作員(スパイ)であったことを認めた。その後、海外石油開発株式会社常務となる。1973年3月31日、シベリア上空を飛行中の日本航空のダグラスDC-8型機の機内で死去した。なおこれには事件性がないと判断されている。日本共産党の志位和夫は甥にあたる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E4%BD%8D%E6%AD%A3%E4%BA%8C

      「シベリア抑留」 という言葉は今では教科書の中にさえ見つけられない用語ですが、終戦直後、「日ソ不可侵条約」を一方的に反故にしたソ連軍により107万人の日本人が拘束され、強制労働を強いられ、そのうちの34万人の日本人が殺された「虐殺事件」なんです。

    このことが大問題にならないのは日本の教育現場に日本共産党員がおり、マスゴミの中に「共産党フィルター」が今もあるからでしょう。

    この「シベリア抑留」は1956年まで続きましたから、志位和夫の叔父である「志位正二」が1948年11月に復員(日本に帰国)しているのは特例であることがわかります。要するに「仲間を売った」のでしょう。

     「志位正二はソ連のスパイ」 になったからすぐに解放されたんです。ところが、志位正二の上部機関のユーリー・ラストヴォロフがアメリカに寝返ったため、志位もやむ得ず自首したわけ。最終的に志位正二は「ソ連に処分」されたようですね。

    本来ならこういう「恥ずべき親類」が、日本共産党では「サラブレッド視」されたであろうことは、志位和夫の出世を見れば明らかです。

      志位和夫は、東大在学中に日本共産党に入党し、なんと、宮本顕治委員長の息子・太郎君の家庭教師に抜擢されます。しかしながら、志位和夫の教え方が悪かったのか、太郎君はエリートコースから脱落。共産党ではなく、民主党内閣の内閣参与をする体たらく。

    志位和夫に家庭教師をさせた宮本顕治には人を見る目はなかったようです。しかしながら、志位和夫は「ソ連スパイのおい」という肩書きが活きて、現在は共産党委員長15年目。ウィキでも紹介されているように、志位和夫の祖父は志位正人陸軍中将。日本共産党的には、これってOKななんですかね?

     現在、ソ連共産党は少数政党に落ちぶれていますが、中国共産党は今でも「共産主義政党のボス」。戦前の日本共産党は中国共産党の八路軍に野坂参三が参加していたぐらいですから、今でもその縁は深いのでしょう。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ