ここから本文です
  • 小沢氏「神輿は軽くてパーが良い」、小池氏「候補者は多くてパーが良い」



    「神輿は軽くてパーが良い」 ⇒⇒⇒ 「操り人形(候補者)は多くてパーが良い」




    >小池都知事が代表を務める「希望の党」の公認候補のポンコツ感がハンパじゃない。


    「ポンコツ感」に笑いました。引用元のさらに元記事は日刊ゲンダイですね。ネットからの引用かと思ってしまいました。ゲンダイだからこうなる?

    でも、最近の新聞社のネット配信の文章や内容も、けっこうくだけてきたと感じます。きっとブログとかも見てるよね。

    新興宗教は、社会党と親近感を感じるのだろうか。キリスト教系でも仏教系でも反日だったり反自民だったりサヨクと仲良しだったりするわけで。

    大宗教が政治に関与するのも昔からあるし・・・。しかも、教祖なり代表が日本人っぽくない・・・。いろいろ匂わせるところはありますね。

    しかも、しばた氏は弁護士で、みずぽの友達?ますます匂う宗教系の無宗教。信者をたぶらかしてナンボみたいな。

    信仰心の強い「神の戦士」軍団は死を恐れないから強い、と。ばたばた倒されても、天国に召されるためにか、次から次へと全滅するまで敵に立ち向かうのです。

    もうね、希望の公認って有名どころを排除したはいいとしても、寄せ集めのポンコツ感(笑)は凄まじいレベルです。

    しかし希望の公約は、オザワ氏流に言えば、「当選すれば公約は二股の膏薬、どっちにでも貼り替えできるんじゃ。」です。

    できるわけないだろと思っても、「ひょっとして」と甘い期待を抱かせるのが詐欺師の手管です。

    ここに、終末思想的な恐怖を加えたら、確実にカルト宗教になるでしょう。信者はお互いに「信心」を競い合い、時間と散財を惜しまず、非現実な目的めがけてまい進するのです。それは、到達点のない行動です。行動が目的化するのです。

    安倍氏の演説を妨害する者の中には、この手のヒトも混じっていると思いますよ。目がいっちゃってますもの。

    民進党の不人気を直接挽回するのではなく、迂回して選挙候補という何も考えていない操り人形集団を操作している傀儡師がいるのか、小池氏がすべて選挙のあと、と発言しているように、結果を見てから「配置変え」をするのか。記事にあるように、こういうことも懸念されてきました。

    彼らに一票を投じるのは非常に危険ですね。少しでも懸念を感じたら、安心の自民党でしょう。

    オザワ氏だったか、かつて「神輿は軽くてパーが良い」と言ってました。今は、「操り人形は多くてパーが良い」になってます。

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン