ここから本文です
  • 清流に毒菌! ありえない立候補・道志村長選

    ここのところ気に入ってちょくちょく出かける山梨県の村がある。
    道志(どうし)という村だ。
    まず名前が気に入っている!「道を志す村」なんてちょっと背筋が伸びるかも!

    名前はともかく、とにかく「水」が旨い。 かつて横浜から船で赤道を超えるなら、積む水は道志の水しかなかったらしい。
    それくらい腐らない“菌のいない”清い水なのだ!もちろん“おいしい”

    そんな “みずの村”で魂が汚されそうなことが起きている。 次の村長選候補の一人が“悪菌”。清い村を蝕みつつある。

    ちょくちょく当地を訪れていると、住民の方とも仲良くなり、 結構ディープな地元の情報が入ってくる。
    道志では今年7月に村長選挙があり、現職と対立候補の一騎打ちなのだそうだ。

    私は両者とも面識はないが、何人かの話を聞くと新人候補(といっても70代)が今時珍しくなった“完全実弾集票”を実行中!一票5万円だそうだ!
    地方選挙ではまだ似たようなことが、あたり前のようにあるのかもしれないが、 どうも、あからさまに活動しているようで、その感性自体が時代錯誤だ。
    道志の有権者は1600人くらい、4〜5000万円使えば当選できるということなのだろうか?

    この候補者は車の部品関係の会社社長らしく、前村長選にも出馬したとのこと。 住民の中には「○○さんは年だから死ぬ前に一度ぐらい村長やらしてやればいいじゃん」なんて のんきな人もいるようだけど・・・・

    “清水の村”をこんなことで汚してはならない! このような形で万が一当選してもまともな村政など期待できるわけがないだろう!
    でも道志の人は人がいいから“やらせてやれば”なんて言うかもしれないが、 金を受け取ったらその人も村を汚したことになると思う!
    そもそも、このようなことを知っていたら出馬そのものを認めてはならない!

    清い水と優しい人の住む村を美しいままで守ってほしい!
    水はいつまでも限りなく棲んでいてほしい!!
    http://kousinetu.machi.to/bbs/read.cgi/kousinetu/1073178476/

  • <<
  • 50 28
  • >>
  • 最新のコメントは非表示対象です。 読むにはここをクリックしてください。
  • 綺麗事なら誰でも言える・・・

    有能な人材だけは欲しいと思って
    各国が奪い合う。
    でも、その”移民”は、条件の良い国に移る・・・
    そして、
    社会負担が係る経済移民は困るとお断り・・・

    現実は、こんなモンでしょ。
    日本も、ちゃんと公の場で議論すべきだ。

    「労働力をよんだつもりだったのに、
     来たのは人間だった」

    欧州の移民政策においての
    有名な言葉ですね・・・

    目先のことしか考えない政治家や企業。
    移民問題を”民族差別”に置き換えて
    思考停止にしようとするサヨク政党や人権屋達。
    2周も3周も遅れている日本の言論・・・

    折角、失敗例が続々と出ているのだから
    別の方法を検討していくしかないのだ。

    キャメロン首相の提案
    ▽入国六カ月以内に就職できなければ
     その後の滞在を許可しない
    ▽所得税減免や子ども手当受給・
     公営住宅入居は四年間居住した後に
     申請可能とする
    ▽母国に子どもを置く出稼ぎ労働者は
     子ども手当を受給できない

    これは、
    働く国民の税金を
    自国民の社会福祉充実のための政策。
    責任ある政権与党として当然の事だと思う。

    今後、懸念されるのは、
    不法入国やオーバーステイのまま不法就労の
    外国人が高齢化してきていること。

    年金の掛け金を払わずにいる人達をどうするのか?
    そのまま彼らの滞在を認め、
    生活保護や外国人高齢者福祉手当を支給するのか?
    国民の受給権を犠牲にしてまで救済するのか?

    人権派の「可哀想だから」では済まされない
    難題に直面されているのだという事を
    政権を担う責任を負うのは嫌だけれど
    何でもかんでも反対したい政党や政治家は
    将来、どうするつもりなのかを
    国民に説明するべきだと思う。

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 綺麗事なら誰でも言える・・・  有能な人材だけは欲しいと思って 各国が奪い合う。 でも、その&rdq


  • 2013年07月04日11:30
    「日本は領土を中韓に割譲する事で国際社会の信頼を勝ち取れ」 韓国人が九州地方の割譲を公然と要求

    ▲イ・ハンス国際部記者

    日本が隣国の信頼を得る方法が三種類ある。これを通じて日本は'戦犯国'の汚名を脱いで今後の東アジア秩序を主導する道徳的名分と政治的地位を固めることができる。

    最も強力な方法は現在の日本領土の一部を戦争犯罪の代価として過去に被害を受けた国家に割譲すると宣言することだ。話にもならないというだろうが、同じ敗戦国家のドイツはそのようにした。ドイツは敗戦後、東部オーデル川とナイセ川を基準とするオーデル・ナイセ線は東側地域の領土11万平方キロを被害国ポーランドに割譲した。日本の九州・四国・沖縄を合わせたより2倍以上大きな土地だ。

    九州の面積の70%に該当するアルザス・ローレン地方は全てフランス領土になった。同地域の住民の大部分はドイツ語系のアルザス語を使うが戦後、今までフランス人として生きている。

    こういう事実は日本政府もよく知っている。日本外務省国際情報局長だった孫崎亨、防衛大教授は著書「日本の領土紛争」で「アルザス・ローレンを九州に変えて話せば、日本国籍として生きてきた九州の人々が中国人や韓国人に国籍が変わって日本語の代わりに中国語や韓国語を使うことになっただろう」と言った。

    今日、ドイツはヨーロッパ聨合で最も影響力が大きな国になった。その影響力は国土を越える」と言った。日本もドイツの道に従えば、国土を越えて東アジア共同体の中心国家に背伸びすることができる。

    あえて土地を渡さなくても良い方法がある。毎年8月15日、同じ象徴的な日に被害国国民に繰り返し謝罪することだ。ドイツは今もそのようにしている。万一、日本の総理以上の責任者が日帝虐殺現場の韓国の堤岩里(チェアムリ)、中国南京などを訪れて許しを請うならば被害国民の'沈殿物'は一時に雪が解けるように無くなるだろう。

    もっとやさしい方法もある。ただ静かにしているだけでもかまわない。「侵略の定義は決まっていない」とか「慰安婦強制動員の証拠はない」とかする妄言を日常的に行わず、A級戦犯が合祀された靖国神社に参拝しないだけでも被害国の国民は日本と未来を話す準備ができている。

    ソース:朝鮮日報 [記者の見解]日本が'正常国家'なろうとするなら

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!!  2013年07月04日11:30  「日本は領土を中韓に割譲する事で国際社会の信頼を勝ち取れ」 韓

  • 見たことありますか???





            ピカソの絵を???





               知ってました?? 





    このピカソ晩年の絵を??





    「ゲルニカ」と並ぶピカソの作品に「朝鮮の虐殺」という作品があちます。この作品の背景にあるのが、1950年から始まった朝鮮戦争において、国連軍占領下にあった「信川(シンチョン」で発生した、住民の4分の1にあたる3万5383人が虐殺されたとされる「信川虐殺事件」なんだそうです。

     この事件もまた「在日韓国人の日本密入国の原因になった事件の一つ」なんです。韓国人はみな韓国から逃げたんです。 着の身着まま、命からがらね。  


       
      在日は「本当の韓国人の歴史」に目を背けないで!


     朝鮮半島の「黄海南道信川(sンチョン)郡」では、1950年12月7日に米軍により、火薬庫に母親と子どもを分けて閉じこめ、ガソリンをかけて火を付け、400人の母親と102人の子どもを含む910人が虐殺されたと言います。

    でもこれって、「韓国の慰安婦マンガ」でも同じような場面がありましたね。ということは、米軍や韓国軍がやった犯罪行為までもが「日本軍のせい」に置き換えられる工作が組織的におこなわれているということでしょう。この頃の米軍と韓国軍は、「男は皆殺し」、「女は強姦」を組織的にやっていました。 アメリカ軍と韓国軍の犯罪の闇は深そうですね。
     
       
       在日韓国人を生み出したのは韓国軍や米軍ではないのですか?


     在日韓国人は目を開けて、どうかこの作品をしっかり見てください。「在日韓国人1世とは、韓国での虐殺から逃れ、日本に逃げた連中」のことであることを! 「強制連行」という言い訳は、この密入国韓国人たちが、「特別永住資格の不正取得をごまかすためのみじめな言い訳=うそ」でしかないことを! 

    ピカソが描いているのは、韓国人虐殺者と、在日韓国人1世の親族であることを! しっかり歴史を直視してください。そして、「強制連行」というウソを信じてきたこと恥じてください。「歴史の勉強」はまずは事実検証から始めてください。


    パブロ・ピカソ作 「朝鮮の虐殺」(Masacre en Corea 1951)フランス国立ピカソ美術館収蔵  ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 見たことありますか???              ピカソの絵を???               

  • 2010年2月、警視庁は広報誌にて「労働運動等への介入を強めた
    過激派」への動向に警鐘を鳴らした上で、JR東労組やJR総連に革
    マル派が浸透しているとの認識を示した。
    .
     この事から佐藤勉衆議院議員が第174回通常国会の質問答弁にて
    鳩山由紀夫総理大臣に問い質したところ、総理は「JR総連及びJR
    東労組の影響を行使し得る立場に、革マル派活動家が相当浸透して
    いる」との答弁書を送付した。
    .
     更に、8月3日に開催された第175回臨時国会予算委員会にて平
    沢勝栄衆議院議員が「JR総連及びJR東労組の政策調査部長という
    幹部が民主党の公認で全国比例区から出馬し当選している」と指摘、
    それに対して中野寛成国家公安委員会委員長は「革マル派が相当浸
    透しているとの認識は事実である」「候補者が民主党から出たいと
    希望し、当時の民主党執行部が判断し公認した」という趣旨の答弁
    を行った。 
      
       
    「JR総連及びJR東労組の影響を行使し得る立場に、革マル派活動
    家が相当浸透している」と答弁したのが鳩山ポッポ由紀夫総理大臣
    (当時)というのが笑えます。でもこれが「日本政府の正式な見解」
    なんです。

    安倍総理の個人的な見解ではないんですね。ちなみに平沢勝栄衆議
    院議員の質問に対する答弁で出てきた民主党の議員と言うのは枝野
    ではなく「田城 郁(たしろ かおる)」という人物で、田代は松崎
    明の「秘書」からJR総連及びJR東労組の政策調査部長になった人物
    です。
      
       

    しかし考えてみれば、日本の報道の中心であるNHKでさえ、職員
    のほとんどは「日本放送労働組合」(日放労)」の組合員なわけで
    す。 日放労は古くは社会党の上田哲の地盤でしたし、現在でも民主
    党の吉川さおりを推薦しています。

    NHKの職員も「左翼幹部の影響下」にあるんですね。NHK籾井
    会長に辞職要求を出したOB連中のお里が知れるでしょ!

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 2010年2月、警視庁は広報誌にて「労働運動等への介入を強めた 過激派」への動向に警鐘を鳴らした上で

  • 国連特別報告官



    「韓国社会に深刻な人種差別が存在する」



    「教育と認識改善を通して、政府が



    人種主義と外国人差別問題に取り組まなければならない」



    2014年10月6日、韓国・聯合ニュースによると、
    韓国国内の人種差別の実態を調査した国連の特別報告官が
    「関係当局が関心を寄せるべき深刻な人種差別が存在する」と明らかにした。

    ムタマ・ルテレ報告官は記者会見で、「韓国社会に深刻な人種差別が存在することは確かだ」と述べ、 多文化家族に否定的な認識があることや外国労働者への待遇の悪さなどに言及した。

    また、「教育と認識改善を通して、政府が人種主義と外国人差別問題に取り組まなければ
    ならない」と語った。

    これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

    「家族と他人を同じように扱えって?」
    「外国人労働者を差別しているんじゃなくて、犯罪者を差別しているんだよ」
    「外国人全員が犯罪を犯すわけではないとわかってはいるけど、やっぱり不安になる」
    「人種差別が深刻な国はたくさんあるのに、なんでわざわざ韓国に来たの?」

    「理由もなく差別しないよ。それに、韓国に住んだことない人に言われたくない」
    「韓国人同士にも差別があるのに、外人のことなんて考えていられない」
    「外国人たちが、韓国社会になじもうと努力したかどうかも評価項目に入れてほしい」

    「正直、韓国の国民意識はひどい」
    「差別を受けているのは韓国人の方なのに…」
    「納得できない。人種差別はどこの国にも存在している。
    その中でも韓国は少ない方だし、人種差別といっても、ちょっと不快になる程度だ」

    ムタマ・ルテレ報告官 ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 国連特別報告官     「韓国社会に深刻な人種差別が存在する」     「教育と認識改善を通して、政

  • 移民受け入れは大量の中国人を日本人の税金で養うことに・・・




    今、中国では『日本でタダで生活する方法』という類いの本が売れている




    2014年10月28日

    日本では、いよいよ労働者が不足しているから移民を受け入れるべきだという議論が
    政府内で活発化している。だが、それは日本文化を崩壊させ、日本が日本でなくなって
    しまう危険性を孕んだ政策であることを、政治家たちはどれだけ認識しているのだろうか。
     
    アメリカは移民を受け入れることで発展したではないか、という人もいるだろう。
    しかし、いまやアメリカでも本当に優秀な人材は来なくなり、エクアドルやホンジュラスといった国々からただ食い扶持を求めるだけの不法移民が増えているのが現実だ。
     
    こうした事態は、対岸の火事ではない。いま中国では、『日本でタダで生活する方法』
    といった類いの本が売れていると聞く。

    日本に来て生活保護を受ける方法などが事細かに解説されているというのだ。
    移民を受け入れれば、大量の中国人を日本人の税金で養うことになるだろう。
     
    現実から乖離した議論だけで移民受け入れが決まるとすれば、あまりにも危険である。
    そういえばル・ペンはインタビューの際、こんなことも言っていた。
    ル・ペンは今やフランスで最も勢いのある政党、愛国戦線の若き美貌の女性党首である。
     
    「あなたは日本人だ。日本人には日本の国家というものがある。
    これが世界を面白くしている。国家のボーダーを取りやめて、
    一緒になろう、仲良くやりましょうなんて、そんなのは子供のそら言だ」

    いまの日本に突き刺さる卓見である。

    ※SAPIO2014年11月号
    http://www.news-postseven.com/archives/20141028_280848.html

    この人がフランス愛国戦線の党首ル・ペン氏 ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 移民受け入れは大量の中国人を日本人の税金で養うことに・・・     今、中国では『日本でタダで生活す

  • お前は自分の国の字が読めないのか??






          なぜジャパニーズでないのか??







             なぜジャパニーズにならないのか??






                私はジャパニーズです!!





           いいからとにかく、最後は日本大使館に逃げ込め!!





    フランスの田舎町で滞在中の出来事。ちょっと油断したすきにカバンを盗まれてしまった。中にはパスポートが入っている。お金や品物はどうにかなるが、パスポートだけはどうしようもない。こういう場合はパリの在仏韓国大使館に行くことになるが、パリまで遠いし、また行っても韓国語を知らないのでチンプンカンプンだろうからと、警察の盗難証明書とともに英語で事情を説明した文書を郵送で大使館に送った。しばらくして大使館から返事が来た。


     何とその手紙には漢字が全くないハングルばかりで書かれてある。彼女は一瞬目の前が暗くなった。それを見たフランスの友人たちがどうしたのかと心配してくれて、事情を説明すると、「お前はコリアンなのに自分の国の字が読めないのか。なぜジャパニーズでないのか。なぜジャパニーズにならないのか。」と問われて答えに窮した次第。


     結局は韓国語と英語のできる韓国人(在日ではなく本国生まれの韓国人、当然日本語はできない)を探しだして、翻訳してもらって事なきを得た。彼女は英語ができるので通訳は一人ですんだのであるが、英語も韓国語もできないのが大部分の在日の場合は通訳が二人必要で、訳を重ねることになる。


     自分の国の大使館とコミュニケーションするのに通訳が必要だということは、考えてみればおかしな話である。


     行く先々の国で、自分は日本で生まれ育った在日コリアンで、国籍は韓国だが韓国語は全く分からない、韓国のことは何も知らない、と言ってもなかなか理解してくれない。韓国に行ったことのある人に出会うと、韓国について次々と聞いてくる。特に88年のソウル五輪以降は急に多くなった。


    しかし韓国の歴史・文化・地理・政治経済状況等を聞かれてもさっぱり分からない。日本なら答えられる。


    しかし韓国の歴史・文化・地理・政治経済状況等を聞かれてもさっぱり分からない。日本なら答えられる。
    ついに彼女はパスポートを見せる時以外は、「私はジャパニーズです。」と言うようになった。


    1989年の天安門事件の際、北京大学に留学していた北朝鮮国籍の在日朝鮮人が日本人の学友とともに日本大使館に避難した、という事実がある。この人は日本では一貫して朝鮮学校に通って民族教育を十分受けてきたが、それでも大事件に遭遇すると本国である北朝鮮大使館ではなく、日本大使館に保護を求める行動をとった。つまりは本国が北朝鮮であることは頭の中での理解でしかなかった、ということになろう。

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! お前は自分の国の字が読めないのか??             なぜジャパニーズでないのか??

  • 孫社長は李明博大統領への
    表敬訪問も果たした。このとき
    「脱原発は日本の話。
     韓国の原発は高く評価している」
    という発言もしている。

    日本では脱原発を主張しながら、
    韓国では礼賛する。

    これこそ典型的な二枚舌ではないか。
    孫社長の矛盾した言動を、
    ネット上でエネルギー問題を論じ、 多くのファン
    がいる金融トレーダーの藤沢数希氏が解説する。

    「ソフトバンクは 電気を大量に使う
     データサーバーを韓国に移しはじめていますが、
     そこから 孫さんの本当の狙いが見えてきます」


     韓国では電力の4割以上を原発で作っている。
    一方、補助金がないと回らない再生可能エネルギーは
    現状でゼロ。

    このため、韓国の電気代は日本のおよそ4割ほどの
    値段なのだという。
    「原発を止めることで
     日本の電気代は大幅に上がります。
     孫さんは菅首相に働きかけて
     ソーラー発電の全量買取り法案を推し進め、
     さらに電気代を上げようとしている。

     それで、自らは電気代の安い韓国へ
     施設を移転させるわけです。
     韓国で電気を安く買い、
     日本では自然エネルギーへの補助金を
     せしめる。非常に賢いやり方です」

     孫社長は自らを龍馬に見立て、
    「脱原発こそ使命」と主張するが、
    なんのことはない、
    単なるビジネスの1つなのだ。

    もちろん、ビジネスマンであれば商売を
    優先させるのは当然だが、
    経済ジャーナリストの町田徹氏は、
    孫社長の商法を"濡れ手で粟"と批判する。

    「太陽光発電は非常に広大な土地を必要とする。
     自治体からタダに近い値段で土地を貸してもらい、
     規制緩和でいろいろ優遇され、
     さらに再生エネルギーの全量を買い取って
     もらって儲ける。

     人のフンドシで相撲を取るのがうまいだけで、
     社会貢献でもなんでもない」

     最近、町田氏は、ソフトバンクが太陽光だけでなく、
     風力発電にも乗り出していることをスクープした。

     「孫社長は5月にこっそりと
      中規模の風力発電会社に出資しており、
      その後、自社の定款を変更して電力業界への
      参入を明確化した。

      菅首相に働きかけて風力も買取保証させ、
      本来なら採算にのらないビジネスを
      10~20年単位で儲ける仕組みをつくりたいんです」


     このような姿を見て、
    「まるで政商だ」と批判するのは、
    起業家育成塾などを展開するグロービス・グループ
    の堀義人代表だ。

    「辞書で『政商』を引くと、
     "政府や政治家と結びつき、
     特権的な利益を得ている商人"とある。

     まさに孫さんのことじゃないですか。
     ハッキリ言って、孫さんは
     日本を食い物にしている
     としか思えない」。

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 孫社長は李明博大統領への 表敬訪問も果たした。このとき  「脱原発は日本の話。   韓国の原発は高く

  • 拝啓 安倍内閣総理大臣殿

    和歌山県田辺市
    西川 清 (97歳)

    日夜国事に精励されている総理大臣に対し、名もなき一介の老耄がお手紙を差上げるご無礼をお許し下さい。

    私は生きているうちにこれだけは申しおきたいと思う一事があります。
    それは、いわゆる従軍慰安婦なるものについてであります。
    結論から申せば、朝鮮(北朝鮮及び韓国)等の言う従軍慰安婦なるものに、日本の軍や官が強制連行など関係したことは絶対ありません。

    かく私が断言することができるのは、私が朝鮮・江原道(コウゲンドウ)の寧越群(ネイエツグン)及び原州群(ゲンシュウグン)の内務課長を歴任した経験があるからです。

    以下、当時の状況等について申し述べます。

    私は昭和八年に朝鮮に渡り、江原道庁に奉職致し、敗戦により引き揚げてくるまで勤め、その間一年間臨時召集により入隊しました。

    朝鮮の行政は、総督府から道庁に伝わり、道庁から出先機関の群庁に伝わり、群庁より府・邑(ユウ)・面(日本の市町村)を通じて施行されました。(当時、江原道内には府はなく、邑と面のみ)。

    群長は群守といって、殆どが朝鮮人で、その下に内務課、勧業課があり、内務課長は殆ど日本人で、経験豊かな四十歳を越す属官で、人事その他一般事務を司り、群庁の実権を握っていました。

    内務課長の所管事務のなかに、邑、面の指導監督や兵事等もありましたが、朝鮮人にチョウ兵(注・兵役?)の義務がありませんので、兵事は主に在郷軍人に関するものぐらいでした。

    朝鮮人男子青年にはチョウ用があり、総督府より道にたいし人数の割り当てがあり、道はこれを群庁に、群庁はこれを邑、面にたいして割り当てをして、集めた青年を釜山に連れて行き、総督府の係官に引き渡しました。

    女子にたいしてはこのようなことは一切なく、軍が慰安婦を集めんとすれば、朝鮮軍司令部が総督府に依頼して、前述の系統をたどり集めるしかありませんが、このようなことは一切ありませんでした。

    売春婦が強制連行されたの拉致されたというのは、女衒かそのたぐいの者の仕業であって、軍や官は一切あずかり知らぬことであります。

    日本婦人でも売春婦として軍の居る所に多くいましたが、一人として従軍慰安婦などという者が居たでしょうか。

    日本人と違って、恥を恥とも思わず、金さえ儲かれば良いと思う輩が、敗戦により日本人が委縮しているのにつけこんで、あらぬ嘘を申し立ててくるなんて腹立たしい限りです。

    今はもう、総督府の事務官はじめ、道や群の行政府にも軍にも当時の実情を知る者は殆ど亡くなられたものと思われます。

    然るに、今を生きる日本人のなかにも、自虐性に富む輩のうちに、従軍慰安婦なるものに軍や官が関与したなどと申す者がありますが、朝鮮売春婦の故郷とも申すべきスルチビ(居酒屋)、カルボチビ(娼家)の戦前戦中の実態も知らぬくせに、いいかげんに机上の空論をもてあそぶのは誠に概嘆に耐えません。

    国威を失墜し児孫に負の遺産となる「河野談話」の見直しは、安倍総理を除いては望むべくもありません。

    ぜひぜひ誇りある日本の為に、この際断固たる訂正を心からお願いし奉る次第であります。

    最後になりましたが、邦家の為にも総理のご健康をお祈り致します。

    敬具

                  略歴
    大正4年  和歌山県田辺市生まれ。
    昭和8年  和歌山県立熊野林業学校(現・和歌山県立熊野高校)卒業と同時に朝鮮江原道内部産業課勤務。
    昭和12年 朝鮮総督府地方官吏養成所第1回卒業。朝鮮総督府江原道属に任官。
    昭和13年 臨時召集により歩兵第76連隊入隊。14年招集解除。
    昭和18年 寧越郡内務課長。
    昭和19年 原州郡内務課長。
    昭和20年 道庁鉱工部鉱工課勤務(主任属)。引揚。
    昭和21年 厚生省属 下関引揚援護局仙崎出張所勤務。
    和歌山県へ出向。農地課主任、総務課長、税務課長・次長などを歴任。
    昭和42年 依願免職。
                        以上

    日本の国旗日の丸に小便をかける韓国の子供。ソウル市内の小学校のトイレ。 ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 拝啓 安倍内閣総理大臣殿   和歌山県田辺市  西川 清 (97歳)   日夜国事に精励されている総

  • あなた、ハングル語を勉強したことありますか???





    以前、NHKの語学講座でハングル語講座というのがありましたよね。
    へんてこな名前の講座ですね。

    韓流ブームの勃興に伴い、また一般の人たちからの要望も相まって、NHKは朝鮮語講座の開設を決断しました。言語学会では、朝鮮半島の言語を朝鮮語と呼ぶのが一般的です。

    ところが、これを察知したNHKの民団系職員がすぐに民団本部にご注進に行きました。民団本部は総力を挙げてNHKに圧力をかけ、韓国語講座という名前にするように迫りました。

    ところがところが、これをまた察知した総連系のNHK職員が総連本部にこのことを注進しました。総連側も総力を挙げてNHKに圧力をかけ、当初の予定通り朝鮮語講座という名前にするように、執拗に強要しました。

    一説によると、NHK内部の在日系職員同士で乱闘騒ぎがあったやに伝えられています。

    困りに困り果てたNHKは一計を案じ、奇抜な新造語を生み出しました。はい、これがハングル語という名前なのです。

    世に日本語とい言語は存在しても、ひらがな語とかカタカナ語という言語は存在しません。同様に、世に、ハングル文字というものは存在しますが、ハングル語という言語は世界に存在しません。


    そこのあなた!
    “私ハングル語を勉強しました。”なんていうと、笑われちゃいますよ!

    はい、これ本当です!!

    もしかしてそのうち、朝鮮半島はハングル半島、朝鮮戦争はハングル戦争、在日韓国・朝鮮の人たちは在日ハングル人ってなことになりかねないかも・・・

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! あなた、ハングル語を勉強したことありますか???      以前、NHKの語学講座でハングル語講座と

  • 大阪社会部記者、植村氏はなぜ、ソウルに飛んだのか?





        朝日新聞ソウル支局は、なぜ支局記者に取材させなかったのか・・・





           義母の裁判を有利にするために記事を書いた・・・





     ■朝日新聞は「誤報」の責任をうやむやにした


    何よりも朝日が最も検証すべきは、1991年夏の「初めて慰安婦名乗り出る」と報じた植村隆・元記者の大誤報だ。記事は挺身隊と慰安婦を混同、慰安婦の強制連行を印象付けた。

    しかも義父にキーセン(芸妓)として売られていたことを書かずに事実をゆがめたからだ。しかし今回、同紙は誤報を認めなかった。2日に渡った特集は、触れたくない部分には触れず、「女性の尊厳」という人道主義に逃げ込んだ。


     1980年代からすでに30年以上も日韓摩擦の原点となってきた慰安婦問題は、争点の強制性の問題で「朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した」との誤報が事実関係を歪曲(わいきょく)し、韓国側の反発をあおったことが大きい。その根拠となったのが植村氏の記事である。

     記事の第一報(8月11日付)は、慰安婦を匿名扱いにしたうえで『「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」のうち、一人がソウル市内に生存していることがわかり、韓国挺身隊問題対策協議会が聞き取りを始めた』という内容で、『協議会が録音したテープを記者に公開』として、『17歳のとき、だまされて慰安婦にされた』という元慰安婦の証言を報じた。

     しかし、植村氏が書いた女性、金学順さんは挺身隊とだまされたのではなく、親に身売りされていたのだ。朝日の記事の3日後に韓国メディアなどへの記者会見で金さんは、「14歳で母親に平壌のキーセン検番(学校)に売られ、3年後に義父に日本軍の部隊に連れて行かれた。私は40円で売られた」と述べ、韓国紙に掲載されている。

     そこに、朝日新聞が日本メディアとして「挺身隊としてだまされ連行」と書いた。韓国がこれを強制連行の根拠して飛びついたのはいうまでもない。

     金さんが貧困の不遇な境遇から慰安婦にさせられた経緯は、金さんが名乗り出た91-92年当時に明らかだった。また植村氏はその後も金さんの記事を書いたが、挺身隊連行の誤報は正さず、身売りの話も一切、書かなかった。

     ■大阪社会部記者、植村氏はなぜ、ソウルに飛んだのか? 義母は元慰安婦の賠償請求訴訟の原告団体の幹部だった

     金学順さんは、植村氏の記事が掲載された91年末に来日、日本政府を相手とする戦後補償を求める裁判を起こし、日本全国で講演活動も行っている。

    金さんら元慰安婦を支援し、この裁判の原告となったのが、韓国の戦争被害者支援団体「太平洋戦争被害者遺族会」(遺族会)である。そして、「遺族会」の幹部、梁順任さんは植村氏の義母、つまり夫人の母なのである。

     裁判の訴状にも、金さんは生い立ちについて『14歳からキーセン学校に通い、17歳で養父に連れられ中国に渡った』と書いた。植村氏が金さんの事情を知らないわけがない。しかし、誤報は訂正されなかった。

     朝日の特集には、植村氏の義母の「遺族会」幹部であることは書かれているが、金学順さんの裁判の原告団体であったことには一切、触れられていない。

     植村氏は取材の経緯について「挺対協から元慰安婦の証言のことを聞いた、当時のソウル支局長からの連絡で韓国に向かった。義母からの情報提供はなかった」とコメントしている。

    しかし、朝日新聞ソウル支局は、なぜ支局記者に取材させず、大阪社会部の植村記者に任せたのか? 特集はなぜ、金学順さんらの裁判に触れていないのかと疑問だらけだ。

     慰安婦問題を91年以来、追跡してきた西岡力・東京基督教大学教授は次のように述べる。

     「そもそも、慰安婦を女子挺身隊の名で集めたというのが吉田清治氏のウソ証言だった。朝日新聞は吉田氏が著書『私の戦争犯罪 朝鮮人強制連行』(1983年)を出す前から記事で取り上げ、広めた。吉田氏が加害者で、金学順氏の登場は被害者の登場だった。これが国際社会に“日本の性奴隷”を世界に拡散させた国連人権委員会のクマワスワミ報告書の根拠に使われた。

    植村氏の記事はその発端だった。誤報というだけではない。義母の裁判を有利にするために記事を書いた疑いもある。


    この人が金学順さん  ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 大阪社会部記者、植村氏はなぜ、ソウルに飛んだのか?          朝日新聞ソウル支局は、なぜ支局

  • ★31運動指導者33人、
     最高刑は3年だった
     http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11797893133.html

    全国民が日帝に抵抗して戦った!
    ということで、韓国の憲法前文初期バージョンでは
    「韓国が建国された日」とまでされた31運動。

    古いソースですが、
    その裁判記録があったので紹介します。

    全国民のわりには、
    有罪判決を受けた人は合計7816人で少ないようです。

    72%が保安法違反、
    22%が騒擾(秩序を乱すこと)の罪。
    その他、
    放火、レイプ、犯人を隠してやった罪、公務執行妨害、
    などなど。

    (中略)

    面白いのは、31運動の指導者とされる、
    所謂「民族指導者」33人の刑です。

    無罪判決だったり、最初から拘束されなかったり、
    もっとも重いのが3年刑(6人)だったとか。

    彼らは韓国では英雄というか、
    神聖視されています。

    彼らの独立宣言書は
    『朝鮮人は自由民であり、朝鮮は独立国であり、
     全朝鮮民族は、互いに呼応して最後の1人になるまで、
     独立の完成に努めなければならない』
    となっていますが、

    その宣言書を起草したとされている
    チェ・ナムソン(33人の一人)は署名もしておらず、
    33人の一人ギル・ソンジュは、宣言の場所に
    現れなかったそうです。

    その後、警察に自ら出頭して、無罪を宣告されました。
    同じく33人の一人、チョン・チュンスは、
    「私は独立請願をする意思がない。
     その宣言をしたのも私の意思ではないので、
     3月1日には参加しなかった」
    と述べたことも分かりました。

    下は3.1独立宣言書の原本。しかしなぜか字を間違えている。
    朝鮮と書くべきところを、何を勘違いしたのか鮮朝と逆に書いている。 ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! ★31運動指導者33人、  最高刑は3年だった  http://ameblo.jp/sincerel

  • 『私は「毛主席の小戦士」だった』




            『私はなぜ「中国」を捨てたのか』




    石平(せき・へい、シー・ピン 1962年(昭和37年) - )は、中華人民共和国四川省生まれの漢族系中国人であり、現在中国系日本人(1世)の評論家。拓殖大学客員教授。2007年(平成19年)末に日本に帰化。主に日中の政治・経済・外交問題について論じている。

    • 1962年(昭和37年) - 中華人民共和国・四川省成都市で生まれる。

    • 1966年(昭和41年) - 文化大革命の最中、教師だった両親が大学から追放されて農場へ「下放」されたため、四川省の農村部で漢方医の祖父によって扶養、祖父から「論語」を教わる。

    • 1980年(昭和55年)9月 - 北京大学哲学部入学

    • 1982年(昭和57年)頃 - 毛沢東暴政の再来を防ぐためと、中国民主化運動に情熱を傾け始める。

    • 1988年(昭和63年)4月 - 留学のために来日。日本語学校入学。

    • 1989年(平成元年) - 天安門事件勃発。石平が祖国中華人民共和国に「精神的決別」を告げるきっかけとなる。

    • 2007年(平成19年)末 - 日本に帰化。日本名は公表していない。

    祖父は漢方医で文化大革命の中でその職を継がせるべく、医者になるための教養として「論語」を密かに教えていたが、石が11歳の時に肺がんで死去している。

    文化大革命および天安門事件における中国共産党の党利党略ぶりへの憤怒と絶望感から「この国にはもはや用がない、何の愛着も義理も無い」と祖国との精神的決別に至り、一方では留学先の日本の中に古き良き隋唐文化を守り発展させた日本文化の素晴らしさを次々と見出し、日本の精神に孔子や論語の思想が生き続けていたことに感激したことから、「愛日主義者」へと傾倒して行く。

    中国からの軍事的脅威に対抗して東アジアの平和を守るために、日本は戦後の「平和憲法」を破棄して核武装を含め国防体制を強化した上で、アメリカなどの民主主義国家と連携して大陸からの膨張を食い止めるべきとも主張している。

    日本の教育については、「子供達に一方的に、日本は侵略国家だったと教えるのは止めるべきである。……道徳心や愛国心を教えるのも当然だが、歴史教科書の記述は中立でなければならない」としている。

    日本の外交問題や中国問題に関する評論活動の傍ら、自らの「文明論」も展開している。

    なお、『私は「毛主席の小戦士」だった』の改題改訂版である『私はなぜ「中国」を捨てたのか』は、2010年(平成22年)末に10万部を突破するベストセラーとなった。

    民主党政権が推進する日本における外国人参政権に反対している、靖国神社肯定。

    石平いわく。
    『日本に来るまで南京大虐殺など一度も聞いたことがなかった。中国の小学校、中学校の教科書にも南京大虐殺なんて載ってませんでした。……蒋介石自身も抗議していない。日本留学から中国に帰ったとき、南京出身の大学のクラスメイトに、「親父さんかお祖父さんから、大虐殺の噂を聞いたことがあるか」と聞いたら、やはり「ない」と言っていました。

    中国では、歴史的な大虐殺が何度もありました。……そういう所を掘り返すと、たしかに人骨がいっぱい出てくるんです。面白いことに、二千年前の記述でも嘘じゃなくて、必ず出てくる。しかし、南京から何十万体の骨が出てきたなんて話、一つも聞いたことがない』
    と述べている。

    この人が石平先生 ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 『私は「毛主席の小戦士」だった』              『私はなぜ「中国」を捨てたのか』

  • 日本人に成りすますのが好きですね!





      韓国国籍者は韓国国民ですから韓国の福祉制度を利用すべきでは?



     
     「反差別」元代表を再逮捕 在特会会員を脅迫の疑い

     大阪府警警備部は4日、在日特権を許さない市民の会(在特会)メンバーを脅したとして、脅迫の疑いで、ヘイトスピーチ(憎悪表現)の反対活動をしていた団体の元代表林啓一容疑者(52)=詐欺罪で起訴=を再逮捕した。

    逮捕容疑は昨年8月22日、大阪市内で集会をしていた在特会の男性(42)を「次、鶴橋でやったらただじゃすまんぞ。この世におれんようになるぞ」と脅した疑い。 同年9月5日には、自身のホームページに男性の名前を明示して「鶴橋で次にヘイトかましたら、ただじゃすまんぞ」と投稿し、閲覧した男性を脅した疑いも持たれている。

    林容疑者は凜七星の名で活動、昨年5月に解散した「友だち守る団」の代表として、差別的な街宣活動が行われる場所に行き、非難の言葉を浴びせるなどしていた。(佐賀新聞 2014年06月04日)
    http://www.saga-s.co.jp/news/national/10203/70786
     
       
     しかしまあこの林という在日韓国人ほど「わかりやすい」人はいませんね。在日韓国人で生活保護不正受給。そして「しばき隊」メンバーで合法デモを妨害。さらにお決まりの「脅迫」。フルコースやん?

     東京や大阪でおこなわれた「反韓デモ」の主張の中にも「在日韓国朝鮮人による生活保護の不正受給を止めよ」という主張がありました。そのことがこの在日韓国人・林容疑者を揺り動かしたのでしょうか? そもそも、自ら進んで韓国国籍を選択した人が「在日韓国人」なんです。 

     在日韓国朝鮮人であったが日本に帰化した者・・60万人
     民団系在日韓国人(韓国国籍)・・・・・・・・・・・・・・35万人
     総連系在日朝鮮人(北朝鮮国籍or朝鮮籍)・・・・ 5万人
     特別永住資格を持たない韓国人(ニューカマー)・・・・18万人 
     (民団幹部の発言)http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/02/2014030200148.html

     ご覧のように、在日韓国朝鮮人の60万人はすでに「日本に帰化」しています。韓国系の圧力団体「民団」ですら「日本国籍でも民団幹部になれる」と規約の変更を考えているんだとか。

     私たち日本人からすると、「日本に帰化しながら根は韓国人のまま」という方が「圧倒的に気色の悪い存在」ではあります。でも今は「韓国籍より日本国籍のほうが得」と考える元在日韓国人の方が多数派なんですね。


    有田参議院議員は林の犯罪を知っていた?  ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 日本人に成りすますのが好きですね!         韓国国籍者は韓国国民ですから韓国の福祉制度を利用

  • 一人も殺してはいません!!




            それでも、むごい時代だったと言うのでしょうか???




         今あぶりだされる歴史の真実とは・・・




    日本は、『国立ハンセン病療養所』を朝鮮半島に作っていたんです。
    そして、日本と同じ待遇としたんです。

    ※特効薬が戦前はなかったから、隔離していたんです。
    ハンセン病の略史:
    1873(M06):ノルウェーのハンセンがらい菌(Mycobacterium leprae)を発見した。
    1907(M40):法律「癩(らい)予防ニ関スル件」制定、隔離政策始まる。
    1931(S06):らい予防法(旧法)制定、全患者が隔離対象になる。
    1943(S18):アメリカで治療薬『プロミン』の効果が発表された。


    小鹿島更生園の前身は、朝鮮総督府令第7号によって、1916(大正5)年に設置された全羅南道立小鹿島慈恵医院である。

    同年11月20日に朝鮮総督府内務部第二課が発令した「患者収容に関する件」(同課第569号)には、「先ず、重症患者にして、療養の途を有せず、路傍又は市場等を徘徊し、病毒伝播のおそれある者に限り、これを収容すること」と明記されており、同病院が当時の旧癩予防法に基づく隔離政策を、「朝鮮」においても遂行する目的で設置されたハンセン病療養所であることは、明らかである。

    こうして、小鹿島更生園は、先ず日本国内における旧癩予防法3条1項の定める「療養所」として設立され、その後、朝鮮癩予防令の制定により、同令第5条に定める「朝鮮総督府癩療養所」となった。


    ハンセン病:韓国のハンセン病患者と戦後の混乱
    日本統治時代、日本が朝鮮半島に作ったハンセン病療養所、全羅南道・小鹿島病院を訪ねて
    上:http://210.145.168.243/sinboj/j-2003/j04/0304j0916-00002.htm
    下:http://210.145.168.243/sinboj/j-2003/j04/0304j0924-00002.htm
    ソロクト略史:http://www5b.biglobe.ne.jp/~naoko-k/soroktorepo1.htm

    日本は韓国併合により、首都でさえ『北京を見るまで私はソウルこそこの世で一番不潔な町だと思っていたし、紹興(*中国・浙江省、紹興酒の町)へ行くまではソウルの悪臭こそこの世で一番ひどい臭いだと考えていた。首都であるにしては、そのお粗末さは実に形容しがたい』(イザベラ・バード)と言う状況だった朝鮮半島の衛生状況を大幅に改善させた。

    朝鮮総督府はハンセン病に対しても、日本で隔離政策を始めた1907(明治40年)から間もない1917(T06)年、全羅南道の孤島、小鹿島(ソロクト)に病院を建設し、患者の隔離を始め、1935年には日本の「らい予防法」と同じ内容の「朝鮮らい予防令」を公布、ハンセン病患者を強制的に隔離・収容した。

    それが今、日本の弁護士の助言により、日本政府に対し補償を要求するに至った。
    しかし、その「小鹿島に隔離されていた患者の大部分が終戦とともに日本に密入国し、犯罪集団と化している」と言う国会質疑(榊原亨の質問、衆議院本会議-1948・06・04)が存在する。

    この質問の時期は戦後3年目であり、GHQにより朝鮮人に関する報道は規制対象になっていたため、このような事実が存在したとしても報道されなかったと考えられる。


    小鹿島更生園は、日本の敗戦によって、日本政府が「朝鮮」における施政権を失った1945年8月まで国立ハンセン病療養所として存続したものである。

    その後多くの患者が日本に密入国してきました。
    なぜなら、李承晩政権はらい病患者を一人残らず殺すことにしたからです。
    そして実際に軍を使って殺してしまったのです。

    日本の朝鮮統治は本当にむごいものだったのでしょうか??
    朝鮮総督府は、日本本土と同様にらい病患者を強制隔離はしましたが、一人も殺してはいません!!


    小鹿島更生園に残る日本統治時代の敬天愛人の碑  ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 一人も殺してはいません!!             それでも、むごい時代だったと言うのでしょうか??

  • 沈黙は死を招く!!





    1948年、韓国済州島大虐殺・・・




          1951年、保導連盟事件・・・


    これにより、難を逃れるため、数十万人もの韓国の人たちが日本に密入国


         してきました。


    その人たちを助けたのは日本の人たちです。


         韓国人を殺したのは、韓国人です!


    なのに、どうして韓国の人たちは、日本の人を犯罪者呼ばわりするのでしょうか・・・



         下は、1951年の保導連盟事件で虐殺された韓国の人たちです ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 沈黙は死を招く!!      1948年、韓国済州島大虐殺・・・           1951年、保

  • ソウル・同徳女子大の盧英姫教授が書いた論文、
    「崔承喜の朝鮮舞踊と民族的自我」には、
    「彼女に舞踊を教えたのは日本人であり、
    彼女の舞踊を愛し、かつ後援したのも日本人が多かった。


    ついには日本人の師の世界を越え朝鮮の魂を生かし
    朝鮮舞踊を世界に知らしめた。

    その功労を日帝末期に彼女が関与した親日行為だけによって
    埋もれさせてしまうことはできまい」とあった。
    盧教授は「親日ですべてを否定してしまったのでは
    韓国の近代文化史はなくなってしまいます」という。



    北に行った崔承喜は当初、大歓迎され、
    舞踊研究所を与えられ、人民俳優の称号を受け、
    最高人民会議代議員にもなる。
    訪朝の日本文化人ともしばしば会っている。
    しかし五〇年代末、夫が粛清された後、影が薄くなった。
    一九六七年、粛清されたとの情報が伝わって以来、消息不明である。


    崔承喜女史、1938年朝鮮ホテルにて(左端)。  ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! ソウル・同徳女子大の盧英姫教授が書いた論文、 「崔承喜の朝鮮舞踊と民族的自我」には、 「彼女に舞踊を

  • 高崎の公園「朝鮮人追悼碑」 県、設置許可取り消しも「政治的利用の疑い」 反省強いる碑文に抗議も

    2014.4.18 10:37

    遊歩道に面した朝鮮人追悼碑。この前で集会が繰り返された=17日、群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」
    遊歩道に面した朝鮮人追悼碑。この前で集会が繰り返された=17日、群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」

     群馬県内の平和団体などが県の施設設置許可を受けて県立公園「群馬の森」(高崎市)に建立した朝鮮人追悼碑について、定期的に集会で日本政府を批判するなど「政治的利用の疑いがある」として、県が許可取り消しも含め、対応を検討していることが17日、複数の関係者への取材で明らかになった。

     問題の碑は平成16年、「追悼碑を建てる会」(現「追悼碑を守る会」)が建てた。会の「共同代表」には民主党の角田義一元参院副議長らが名を連ねている。

     碑は戦時中、朝鮮半島から県内の工場や工事現場に徴用され、事故や過労で死亡した朝鮮人を追悼する名目で、正面に「記憶 反省 そして友好」と書かれた銘板を掲げている。

     一方、背面には「朝鮮人に対し、多大の損害と苦痛を与えた歴史の事実を深く記憶にとどめ、心から反省し、二度と過ちを繰り返さない決意を表明」など、過去の「反省」に重きを置いた文章が日本語とハングルで併記されている。

     16年2月、建てる会は当時の小寺弘之知事に「県立公園施設設置許可書」を申請。県は翌3月、「政治的行事および管理を行わない」などを条件に許可した。

    だが、関係者によると、同会は16~24年の毎年、碑の前で追悼集会を開催。「強制連行への謝罪が必要」など日本の過去と政府の歴史認識を批判してきた。県によると、24年5月以降、県に「碑文の内容がおかしい」など計108件の抗議があったという。

     県の設置許可は10年ごとの更新制。守る会は今年1月31日の期限を前に、昨年末、更新を県に申請。県は同会に集会内容を照会したが、「明確な回答がない」(都市計画課)として対応を保留している。

     これを受け、県内の複数の団体が3月20日、「明らかに許可条件違反だ」などとして「追悼碑の設置許可取り消しを求める請願」を県議会に提出した。

     県会与党の自民党も「追悼碑の趣旨から外れて反日活動の道具になっている」(幹部)と疑義を強める。6月16日の次の県議会最終日に請願を採択し、使用許可を更新しないよう県に求める構えだ。県が許可を取り消せば、守る会は碑を撤去し、敷地を原状回復する決まりだ。

     守る会関係者は産経新聞の取材に「県は(集会内容を更新の)判断基準にすべきではない」と話した。

    下は、朝鮮人が建てた追悼碑 ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 高崎の公園「朝鮮人追悼碑」 県、設置許可取り消しも「政治的利用の疑い」 反省強いる碑文に抗議も  2

  • 現代の・・は、・・人命を奪ったと言いますが、





    史実は、・・・命を助けられたのです。





    日本統治は、韓国人の命を救った
    2013/09/15 00:00

    「下水道は、市内の汚水を昼夜絶え間なく城外へと排泄したている。
    そのため、下水道の泥は真っ黒で、遥かな昔からの汚水によって
    染められ悪臭を空気中に放散して旅人を悩ましている」
    「ソウルは汚いことと臭いことでは世界一である」
    これは、イギリス人のイザベラ・バードの
    「30年前の朝鮮」に記されている言葉です。


    韓国では、17世紀から19世紀にかけての200年足らずの期間に、
    年間10万人以上が死ぬ規模の疫病が6回もありました。


    日本が韓国を保護国としていた1907年、
    韓国総監の伊藤博文公は、大韓医院を創設、
    朝鮮総督府の前身である韓国総督府は、
    1909年、慈恵病院を設立することを定めた官制を発布しました。
    韓国での本格的な医療が開始されたのです。


    日韓併合の1910年から厳しい防疫や検閲が実施され、
    コレラやペスト、天然痘などの流行は、
    1918年から1920年を最後に絶えたのです。
    また、ハンセン病患者のために、
    6000人収容という世界的規模の小鹿島更生園も造られています。

    朝鮮半島の人口は、1753年には、約730万人、
    1850年には、約750万人、1906年には、約980万人、
    1912年には、約1400万人、1938年には、約2400万人となり、
    日韓併合により、韓国人の人口は、倍増したのです。

    現代の韓国人は、日本が半島から人命を奪ったと言いますが、
    史実は、日本により、韓国人は命を助けられたのです。

    2012年10月12日付けの朝鮮日報は、
    「ソウル大学医学部のシン・ドンフン教授と檀国大学医学部の
    ソ・ミン教授の研究チームは10日、景福宮の垣根や光化問広場にある
    世宗大王像のほか、市庁舎、宗廟の広場などの場所で、
    14世紀~19世紀の地層から回虫、鞭虫、
    肝吸虫などさまざまな寄生虫の卵が発見された」と報じています。

    シン教授は「ソウルの四大門の内側に当たる場所から
    寄生虫の卵がたくさん出てきたということは、街に人糞が散在し、
    多くの人が寄生虫に感染していたことを示す証拠」と語っています。

    今も当時の面影を残す慈恵病院(韓国) ↓

    まだ、こんなヒドイ村長選挙が!! 現代の・・は、・・人命を奪ったと言いますが、       史実は、・・・命を助けられたのです。

  • <<
  • 50 28
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン