ここから本文です


悲報!


香川県議会が「日本の名誉回復を求める意見書」を可決! 


売国政党、共産、社民は反対!







日本に不要なもの 朝日新聞、日本共産党、社民党の関係者全部!

朝日新聞と日本共産党が撒き散らした嘘への罰は

まだ執行されていない!


”朝日新聞が慰安婦の強制連行に関する記事を取り消したことなどを受け、香川
県議会は11月定例議会最終日の19日、報道が国内外に与えた影響を検証した
上で、日本の名誉回復に向けた取り組みを政府に求める意見書を賛成多数で可決
した。 ”(四国新聞‎ 2014/12/20)


あらためて「朝日新聞の犯罪」がこういう形で告発されることは大

賛成です。最近明らかになったことでは、現在、朝日新聞の社長で

ある「渡辺雅隆」に関しては、「植村隆の捏造記事」との関係もさ

さやかれています。



渡辺は、植村の記事が出た当時は「大阪本社の社会部長」であり、

植村の捏造記事二も関与していたことを、池田信夫が「アゴラ」に

おいて「強制連行」をでっち上げたのは植村隆ではない 」

という記事で紹介されています。池田氏の主張が正しければ、まさに

「朝日新聞の捏造記事の黒幕こそが現社長の渡辺雅隆」であり、この

人事は、「朝日の反省」ではなく「朝日の犯罪隠し」ということにな

ります.



朝日新聞の関係者の人たちに言いたい。 「日本国民をなめないでい

ただきたい。日本国民を侮辱し続ける朝日新聞の記者と関係者への怒

りは、朝日新聞が世界に対して、日本国民と日本の名誉回復を図らな

い限り消えることはないのだ」と。

国内政治全般  悲報!    香川県議会が「日本の名誉回復を求める意見書」を可決!     売国政党、共産、社民は

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン