ここから本文です
  • 1

    *****

    ”ACTA”が衆院を通過したら日本に未来はナイ。
    国会議員(衆議院議員)に一人でも多く”ACTA”の危険性を知らせましょう。
    ●何の前触れもなく、突然サイトを閉鎖され、さらには刑事罰さえ科されるACTA法案
    ACTAとは、反、模造品、貿易、協定のことのはずですが、
    貿易協定と偽って、もっともっとこれ以上のことをしようとしています。
    ACTAでは、国境を越えてプロバイダーが著作権の検閲と判決を言い渡し、刑を科す法案で、
    国家は刑の執行を行うのみです。

    ●暗黒夜行  『ACTA 偽造品の取引の防止協定でネット検閲が強化される!Say NO to ACTA 』
     http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/92a6da05d400b1c91499438a2e373e6b
    ●カレイドスコープ  日本が世界の先頭に立ってネットの自由を死なせる
     http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1512.html

    ACTA反対——クラーケンを止めるんだ[日本語吹替版&日英字幕]
    http://www.youtube.com/watch?v=NbfS6PaG6Hc

    アクセス禁止にされた『ACTAちゃんのブログ』が下記バックアップサイトにあります。
    これも、いつ消されるか判りません。皆様、全文をコピペで保存し、下記URLの拡散を・・・。

    ACTA ちゃんのバックアップサイト
    『TPPに慎重な衆議院外務委員会議員にACTAの危険性を伝えましょう』
    http://acta-chan.blogspot.co.uk/2012/08/tppacta.html#!/2012/08/tppacta.html

  • <<
  • 193 165
  • >>
  • 土下座しろおーー!!




    "日帝時代の公然たる土地収奪はなかった。"
    "慰安婦強制動員したという客観的な資料は一つもない。"
    "慰安婦の営業者の半分は朝鮮人だった。彼らがどんな権力を持って動員したでしょうか。"
    "今日私たちが幸せになれた基礎を過去に侵略した人がしてくれれば拒否しない。"

     このような話は日本学者らがしたのではない。 我が国代表的な学会要人という人がTV放送に出演して遠慮なくした話だ。


    インタビュー後、MBCに抗議電話殺到
     MBC製作スタッフは"インタビュー以後数多くの抗議電話がかかってきた。製作スタッフに対する激励電話もあったが大部分は'そのような人がどのように歴史を指導するか' 'どのようにそのような考えを持てるか' '最初から日本に送れ'という内容だった"と明らかにした。


    李 栄薫(イ・ヨンフン、1951年9月10日 - )は大韓民国の経済史学者。ソウル大学経済学教授・落星台経済研究所所長。経済史学会会長・韓国古文書学会会長も務めていた。1985年に博士号を取得している。

     安秉直・李大根らと李氏朝鮮時代から現代にかけての韓国の経済史を研究している。特に植民地支配下の朝鮮経済の研究で知られ、「日本による植民地時代に韓国が土地と食糧を収奪されたという韓国史教科書の著述は歪曲されたものだ」という主張を提起し、「私たちが植民地時代について知っている韓国人の集団的記憶は多くの場合、作られたもので、教育されたものだ」としている。


    これにより教授職辞任を要求され、学会追放の運動がマスコミや反日勢力を中心に激しく巻き起こり、危機的状況に追い込まれたイ・ヨンフンは以後自身の主張が事実と違うと釈明しなければいけない事態となり、更にマスコミ公開で10分間も土下座をさせられ40分間も慰安婦おばあさんによる大声の罵倒を黙って聞かされた。


    2008年11月25日ソウル市教育庁の"現代史特講"で講師で配分されたが、"親日派論議が起きるとすぐに排除された。

    2007年5月25日 大韓民国の話を出版した。小説アリランは捏造、日帝が土地を強奪したのは嘘だと書いてまたも強い批判を受ける。

    自称元慰安婦たちに土下座させられるイ・ヨンフン教授 ↓

    ACTAの危険性を知らせょう 土下座しろおーー!!     "日帝時代の公然たる土地収奪はなかった。"   &

  • 警察庁、朝鮮学校無償化の流れを北朝鮮の対日工作と認定!!





    「朝鮮総連は依然として北朝鮮に従属する組織である」





    2014年03月16日13:07


    3月14日、警察庁が官報として「昨今の情勢を踏まえた国際テロ対策」焦点第283号を発表した。
    資料によれば、「朝鮮総連は依然として北朝鮮に従属する組織である」とした。

    また対日諸工作として、高校授業料無償化の対象から朝鮮学校が除外されたことや、
    朝鮮学校への補助金支給を見送る自治体が増加していることに関して、

    その不当性を訴える街頭宣伝や、国会議員、地方議員、自治体等に対する要請行動等を展開し、集会やデモにおいて著名人の参加や支援意見の発表を得るなど、
    朝鮮総連の活動に対する支援等に向けた働き掛けを展開したとしている。

    また日本が北朝鮮に対する物資の輸出入制限を続けている中、中国を経由して
    不正に北朝鮮へ物資が輸送される外為法違反についても論じている。

    北朝鮮による拉致問題に関しては、北朝鮮工作員が拉致された本人に代わり、
    日本人のふりをして日本国内で工作活動を行っていくことが目的であったとした。

    ACTAの危険性を知らせょう  警察庁、朝鮮学校無償化の流れを北朝鮮の対日工作と認定!!      「朝鮮総連は依然として北朝鮮に

  • 『”韓国は世界最悪”と評したIMF報告』に


    狂乱状態に陥った韓国人。


    韓国経済はもはや時限爆弾だ



    国際通貨基金(IMF)がこのほど公表した「アジア

    太平洋地域経済見通し」で、米国が利上げした場合に

    韓国の国内総生産(GDP)が0.98ポイント下落

    するとの予測が示され、韓国社会に衝撃を与えている。

    各韓国メディアによると、米国が利上げした場合には

    他のアジア諸国もマイナスの影響を受けるが、日本が

    マイナス0.86ポイント、中国が同0.79ポイン

    ト、インドが同0.15ポイントなどとなっており、

    韓国への打撃が一番大きい。



    韓国政府は来年の経済成長率を4.0%と予測してい

    るが、3%程度となる可能性がある。

    韓国の影響が大きいのは、韓国の外資は外部環境に敏感

    なために米国が利上げをすれば金融部門からの資本流出

    が懸念されることに加え、対米輸出も鈍化が予想される

    ため。



    このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは様々な

    意見が寄せられているが、その多くは経済の先行きへの

    不安を訴えるものだ。主なコメントは以下の通り。

    「国が率先して借金を勧める中、利率が上がり始めたら

    本当に破滅。銀行は外国のものだし」

    「来年には恐らく… 住宅ローンを抱えた人々が、借金の

    急増に直面か??」

    「経済は米国がコントロールしているのに…『創造経済』

    はどこへ?また米国を言い訳に…」

    「甘い誘いに要注意。利息が低いからと貸付を受けたら、

    一発でやられる。国の状況が尋常ではない」

    「パク・クネはこんな状況でも海外飛び回ってファッショ

    ンショー」

    「恐ろしい予言。ローン延滞の急増で貸出金利が上昇、裁

    判所の競売急増、住宅価格の暴落。不動産が高い割合を占

    める韓国は、死に至る」

    「米国が金利を引上げる可能性が日増しに高まる中、海外

    の影響を受けやすく家計負債が大きい韓国が金利を引き下

    げるのは、最悪の経済政策」

    「家計の負債が厖大。今の韓国経済はまるで時限爆弾」

    「将来の歴史書に、最悪の大統領にパク・クネが選ばれそ

    うなのは気のせい?」

    「IMFよりさらに厳しいIMFが来るのか。心の準備を

    せねば」

    「国が『問題ないだろう』と騙した訳だ。本当にダメな政権!」

    「韓国大企業のOECD貯蓄率1位………ふざけんな」

    ソース:XINHUA 2014年10月28日
    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economy/399616/

    ACTAの危険性を知らせょう 『”韓国は世界最悪”と評したIMF報告』に     狂乱状態に陥った韓国人。

  • 意図的に、または歴史と宗教に無知なまま勝手に





       ごろつきのように徒党を組んで押し掛け、政治的な争いに割り込む





         度を超えた民族教育・反日教育の悲劇がブーメランとなって・・・





    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    暴風が通り過ぎていった。舞い上がったほこりが落ち着く前に、確かめるべきことがある。先月、首相候補に指名された文昌克(ムン・チャングク)元中央日報主筆を「親日派」と追及し、候補辞退に追い込んだ事件。

    文昌克氏が首相になる資格を十分備えていたかどうかは、確かめる必要がなくなった。しかし、3年前に文氏が教会で行った講演を問題視して「歴史と民族の名をもって」首相候補撤回を要求した歴史学者たちに、尋ねたいことがある。

     あちこちで文候補を攻撃していたため注目を集めなかったが、韓国歴史研究会や韓国史研究会、韓国近現代史学会など韓国史関連の7団体は、当時「韓国歴史学界が国民に差し上げる文」という声明を発表した。

    7団体は「文候補の発言は、帝国主義歴史観として批判され、今では克服されたと考えられている西欧のオリエンタリズムや、帝国主義・日本の植民史観、そして極端な反共国家主義歴史観を信仰レベルにまで内面化した状態で発せられた妄言」と批判した。

     韓国史の各学会が問題にしたのは「怠惰で自立心が足りず、他人の世話になること、これが韓国民族のDNA」「日本による植民支配は朝鮮王朝500年を無駄に浪費した韓国民族が原因」「8・15解放は独立運動の結果ではなく、神から与えられたもの」といった講演内容だ。

     ところで、抗日運動家で歴史学者でもあった丹斎・申采浩(シン・チェホ)が、『大韓毎日申報』の主筆だった1910年に書いた論説「20世紀の新国民」の中に、次のようなくだりがある。

    「韓国には昔から遊び暮らす人が非常に多く、書生・宦(かん)族・土豪など…一族全てが遊び暮らしてばかりいて、何ら力を持たない農・工・商家の利益を奪い、国民をむしばむ者が多数いる」。

    丹斎は、この論説の中で「勤勉性の不足」「進取の力の不足」など、当時の朝鮮人の資質を批判した。さらには「韓国の同胞は、屈強で勇敢なところが最も欠けている国民」「公共心がほとんどない国民」「韓国は昔から利己心が凝り固まり、他人を排除する性格が強い国」と毒舌をまき散らした。文氏が講演した内容より明らかに激しく、決してソフトではない。

     1970年代に名うての抵抗運動家だった咸錫憲(ハム・ソクホン)も『志で見る韓国の歴史』の中で、朝鮮が滅んだ理由を「神の怒りのせい」と書き、38度線を「神が作った」と書いた。

    「38度線は、神がこの民族を試そうとして下した試験問題だ。もしかすると、最後の問題なのかもしれない。これに及第すれば助かり、落第したら永遠に滅びてしまうのだろう」

     申采浩や咸錫憲を「親日派」「時代錯誤な歴史観を持っていた」と批判する韓国史の学者はいない。亡国と分断の危機に直面した知識人が、民族の奮起を促すために呈した苦言だと分かっているからだ。

     文氏が信仰告白なみのレベルで行った教会での1時間程度の講演を、意図的に、または歴史と宗教に無知なまま勝手に編集したKBSはさておくとしよう。誠実な研究者であれば、この講演が申采浩や咸錫憲と軌を一にするもの、という事実くらいは分かるだろう。

    ところが韓国歴史研究会などは、どういうわけか、KBSの偏向やミスを正すどころか、文候補を引きずり降ろす運動の先頭に立った。韓国史分野を代表する各学会が、ごろつきのように徒党を組んで押し掛け、政治的な争いに割り込むとは手荒だ。

    何よりも、学会の各メンバーがこうした声明を出すことに同意したのかどうか、また声明文の内容をきちんと理解していたのかどうかが気になる。

    金基哲(キム・ギチョル)文化部次長


    よく冷静にして論理的に書けていますね。
    日韓関係もこの視点で論評するようにお願いします。

    ACTAの危険性を知らせょう 意図的に、または歴史と宗教に無知なまま勝手に         ごろつきのように徒党を組んで押し掛け、

  • ★立命館大学に複数の失踪者 教職員が関与か?★
    http://tmp3.2ch.net/test/read.cgi/asia/1076568538/


    同じ学校から複数の失踪者

    立命館大など、教職員が関与か-失踪調査会が見解示す

     北朝鮮に拉致された可能性のある失踪者を調査している特定失踪調査会(荒木和博代表)は二十五日、東京都港区の友愛会館で会見し、拉致問題に関する見解を発表した。見解は、日朝首脳会談から一年が経過したのを機にまとめたもので、失踪者に共通する特徴などにも言及している。

     会見の中で荒木代表は「邦人以外に、在日韓国人、在日朝鮮人が、帰国事業としてではなく、拉致されている可能性がある」と指摘。「拉致問題解決には、国が国民奪還の意志を明確に示し、(経済制裁などを)実行することが不可欠。拉致被害者の救出の責任は、政治家や官僚だけでなく、私たち国民すべてにある」との見解を示した。

     調査会は一月の設立後、これまでに不明者約三百七十人について調査を進めてきた。
     会見では、今年七月三十日に公表した失踪者百五十人について、うち二十人(九組)が同じ小、中または高校の卒業生だったことを明らかにした。

     また、立命館大学の経済学部、経営学部出身者が数人失踪していること、五年、十年の周期で失踪していることなども分かった。調査会関係者は「教職員組合がなんらかの形で関与していたのではないか」と話した。

     拉致の疑いが濃い失踪者として今回発表された山本美保さん=当時(17歳)=と、秋田美輪さん=当時(21)=は、それぞれ持ち出したセカンドバックが海岸で見つかった。調査会は、セカンドバックが何らかの目印にされていた可能性がある、として、調査を進めている。

    国内ニュース
    http://www.worldtimes.co.jp/w/japan/news/030926-100602.html

    ACTAの危険性を知らせょう ★立命館大学に複数の失踪者 教職員が関与か?★ http://tmp3.2ch.net/test/r

  • 馬鹿を云うな!!






           正気の沙汰ではない!!






    嘘つきばかりである!!






                     そのことが恥かしく、情けない!!







    在日に捧ぐ 同胞・金満哲氏の良心
    2011-02-03 | 日記

    有名な文章であるし、書いたとされている金満哲氏は
    済州島出身の評論家とされているだけで、委細不明・・・


              金満哲の言葉・・・


    同胞韓国人は嘘つきばかりである。私はそのことが恥かしく、情けない。

    「韓国は独力で近代化を成し遂げた」って。

    馬鹿を云うな。

    韓国の近代化は日本の莫大な資本と人材の投与によって成し遂げられたものである。

    「韓国は日本の統治に抵抗をもって対抗した」だって。馬鹿馬鹿しい。

    同胞韓国人はロバのように日本の統治を甘受したのが実態だ。
    ごくごく一部の抵抗はあったが上から下までみんな日本にあこがれ、
    日本人になろうとしたのだ。

    「韓国が独立したのは韓国の手によるものだ」

    にいたっては呆れてものも言えない。

    誰も日本からの独立など望んでいなかったのにアメリカに強制的に
    独立させられたというのが真実だ。

    「漢河の奇蹟」だって!笑わせる。

    日本から賠償金という名目で莫大な経済援助と技術援助で
    成し遂げられたものだ。

    これだけお膳立てしてもらえばどんな未開民族でも経済成長するだろうよ。

    「日本文化の祖が韓国」とは恐れ入る。一体、併合前の朝鮮半島のどこに
    「文化」なるものがあったのか。


    併合前、我々先祖は乞食同然の生活をしていたではないか。現在の韓国の姿、
    まさに他人により作られた砂の楼閣だ。


    虚飾と偽善と歪曲とおごりに満ち満ちている、真似と依存と歪曲が全てである。


    このような韓国の本質を知らず「韓国こそ世界一」などとほらを吹いて
    自己満足している本国、在日の韓国人は正気の沙汰ではない。
    これが恥でなくてなんであろうか。


    呉善花拓殖大教授いわく、

    「呉 日本人が本当に、韓|国と北|朝鮮との良好な関係を築きたいと考えるなら、
    あんなに安易に謝罪してはいけないのです。

    真の友情を欲しているのなら、歴史に関わる誤解は解かなくてはならない。
    そう努めることが相手を認めた誠意ある態度だと思います。」


    下は呉善花拓殖大教授 ↓

    ACTAの危険性を知らせょう 馬鹿を云うな!!               正気の沙汰ではない!!        嘘つきばかりであ

  • ベトナム人を不法就労させ、


        生活保護を不正受給させた容疑


            在日韓国人の金安喜容疑者(70)を再逮捕!!!


    従業員の生活保護費不正受給を手助けしたとして、兵庫県警組織犯罪対策課と
    長田署は20日詐欺ほう助の疑いで、神戸市長田区の靴製造業グリーンシューズ役員、
    金安喜容疑者(70)=別の詐欺ほう助罪で起訴=を再逮捕した。

    再逮捕容疑は昨年11月、ベトナム国籍の従業員ボ・ティ・ツイ・ハン容疑者(48)
    =同区、詐欺の疑いで同日逮捕=の求めに応じ、実際は二十数万円だった給与を約2万円と
    過少に記した明細書を渡し、ボ容疑者が生活保護費を不正受給するのを助けた疑い。

    同社では15人ほどのベトナム人が勤務。金容疑者は同種事件で起訴されており、
    県警は安くて熟練した労働力を囲い込むため、従業員の不正に加担したとみて調べている。

    http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201408/0007256098.shtml

    ACTAの危険性を知らせょう ベトナム人を不法就労させ、        生活保護を不正受給させた容疑            在日韓

  • 日本は朝鮮を併合したので合って植民地化していない、併合なので日本内地と同等の近代化政策を進めた。
    李朝朝鮮が日本の併合で近代化したのは事実であり、残っている各資料や写真がそのことを如実に物語っている。

    民間レベルで差別が有ったのは事実だが、ほとんどが朝鮮から日本内地に密入国して日本語も話せない、その状況ではどの国でも差別されるのは当たり前だ。

    正式に渡航した朝鮮人は日本内地で選挙権も有ったし立候補も出来た。朝鮮では選挙権はなかったが朝鮮初め台湾等外地では日本人も選挙権が無かった。だから、植民地では無く併合で有り日本人と同等の人権が有った。

    まして朝鮮の自治に関していえば、当時の朝鮮人の知事が大半であり現在の韓国人の主張は全くの【ウソ】です。【従軍慰安婦 強制連行 創氏改名 ハングルの禁止……】全て【ウソ】です。

    韓国人が言う豊かな朝鮮が…は日本が併合して戦時中も被害が無く無傷で残った朝鮮であり、せっかく無傷に残ったのに民族間抗争で破壊しつくしたのは朝鮮人自身なのです。

    日韓併合100年目にして出た菅談話は、一般国民でも解る歴史認識を無視した自虐的談話です。本当の意味での日韓友好に砂を掛けるだけで、解決どころか日本国内に嫌韓派を増やしただけです。韓国の為にもならないし、日本人には万死に値する談話です。

    ACTAの危険性を知らせょう 日本は朝鮮を併合したので合って植民地化していない、併合なので日本内地と同等の近代化政策を進めた。

  • 裏街道





         潜入はお茶のこさいさい





                  捕わる者僅か2割





    「密航4ルートの動態
    日韓結ぶ海の裏街道 潜入はお茶のこさいさい、 捕わる者僅か2割」
    産経新聞 昭和25年(1950年)6月28日(水)付朝刊

    朝鮮南北戦争の拡大によって憂慮されることは、南鮮避難民の日本への殺到だ。
    終戦以来、悩みのタネとなっているこの密入国は、
    今次の戦乱で明日にでも、どっと押寄せてくる危険がある。
    目下、政府は緊急対策をねっているが、今ここに
    “日本密航への途”を衝き、その実態を明らかにしてみよう。

    (略)

    これら4ルートを通じて終戦後、我国に不法入国した朝鮮人の総延人員は
    約20万から40万と推定され、在日朝鮮人推定80万人の中の半分をしめているとさえいわれる。

    <敗戦国の悲しさ>

    これが取締りは目下、海上保安庁と国家警察本部が当っているが、
    密輸団は火砲装備を持っているに反し、我が監視船は何ら装備なく、捕捉率はきわめて悪く、密輸船の2割程度しか捕捉出来ない現状にある。

    また、入国した際の外国人登録証明は暴力と買収につきるといわれ、
    それがそのまま合法化する場合が多いようだ。
    (略)


    強制連行されたという在日朝鮮人のふしぎ!
    ・ 戦後60年、本国から返還請求がないのはなぜか。
    ・ 戦後60年、本国が在日問題をとりあげない理由はなぜか。
    ・ 戦後60年、本国に助けを求めなかった理由はなぜか。
    ・ 戦後60年、自分達で帰国事業を立ち上げなかった理由はなぜか。
    ・ 戦後60年、日本人に対して帰還事業を提案しなかった理由はなぜか。
    ・ 朝鮮戦争時、帰国して戦わず自国を見捨てた理由はなぜか。
    ・ 嫌いな国に60年も居座っている理由はなぜか。
    ・ 在日朝鮮人について、韓国国定教科書に記載がない理由はなぜか。


    下は、長崎県の海岸に乗り上げ打ち捨てられた韓国からの密航船 ↓

    ACTAの危険性を知らせょう 裏街道            潜入はお茶のこさいさい                    捕わる者

  • くよくよと思ってみても愚痴となり





                  敗戦罪とあきらむがよし





    日韓併合条約

    第六条
    日本国政府は、前記併合の結果として、全韓国の施政を担任し、同地に施行する法規を遵守する韓人の身体および財産に対し、十分なる保護を与え、かつその福利の増進を図るべし。

    第七条
    日本国政府は、誠意忠実に新制度を尊重する韓人にして、相当の資格ある者を、事情の許す限り、韓国における帝国官吏に登用すべし。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    韓国人の安全と財産を保護し、福利につとめ、官吏に登用する。
    これらの、どこに差別と搾取がありますか。どこが植民地で、どこが侵略ですか。

    日本の軍人になりたいと、懇願の血書を書いたのは、誰あろう朴槿恵大統領の
    父上である朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領です。朴正煕元大統領は大統領に
    なってからも、日韓併合の朝鮮にとってのメリットを率直に認めていた方です。

    戦後、日本にいる友人達とのパイプを活かして、韓日基本条約を締結。
    李承晩政権下で再び世界の最貧国に転落していた中、日本から国家予算規模の経済援を引き出し、「漢江の奇跡」と呼ばれる急成長を成し遂げ、それが日本のお陰であることも、むろん当人ですから、解っていました。

    歴代、私腹を肥やすことが慣習の大統領達の中にあって、ほぼ唯一
    身辺のきれいな、スキャンダルのない大統領でした。これは、
    陸軍士官学校で叩きこまれた日本精神のしからしむることではないでしょうか。

    この見方があながち我田引水でないことは、戦犯として処刑された陸軍中将洪思翊(ホン・サイク)の辞世の句にも見られます。
    彼もまた、多くの日本人軍人と同じく、処刑されるのですが、何も言い訳はせず、日本軍人としての生涯をまっとうしました。

    「昔より冤死せしものあまたあり われもまたこれに加わらんのみ」
    「くよくよと思ってみても愚痴となり 敗戦罪とあきらむがよし」

    どうでしょう。見事な潔い散り方は、まさしく帝国軍人です。そして彼の意識もそうであったでしょう。

    そしてそれ以上にここで記憶せねばならぬのは、「韓国は日本と共に戦った」いや「日本人として戦った」ということです。端的な事実です。それを韓国が「侵略」呼ばわりするのは、これも大きな筋違いである、ということです。靖国神社には、日本軍人としての朝鮮の方々がお祀りされています。

    下は、栄光に満ちた朝鮮人志願兵 ↓

    ACTAの危険性を知らせょう くよくよと思ってみても愚痴となり                    敗戦罪とあきらむがよし

  • 開城駅で出征兵を見送った軍歌




            ある朝鮮人女性、金寿姙さんの追憶・・・




     宮様が開けし扉は又閉まり近くて遠い大和なりぬ

     日韓友好を願っておられた高円宮殿下を思って詠みました。短歌を正式に学んだわけではありませんが、形式ぐらいは学校で教わりましたからよく作りますよ。聴覚障害者の息子を抱え普通の人生ではなかったので、心を吐露する場が必要だったのかもしれません。

     〈女学校では「国語」の授業で日本語を習い、国語以外に「朝鮮語」の教科があった〉

     「朝鮮語」の授業も確か1940年代に入ると一切行われなくなりました。朝礼では必ず「皇国臣民ノ誓詞」を斉唱していました。小学校から日本の教育を受けてきたので、自分は「皇国臣民」だと思って疑わなかったです。

     父は日鮮共学の開城商業学校を出て、朝鮮総督府が作った金融組合に勤めていました。職場の同僚はみな日本人で、父は「日本人はみな親切で礼儀正しく正直だ」とよく話していました。家では「義理に背くな」「他人(ひと)さまの迷惑になるな」と日本式のしつけを受けました。

    父から日本人の良いところばかりを聞かされて育ったのですから、日本を悪く思えません。朝鮮人として差別や虐待を受けたこともないですし、何か損害を受けたこともないです。日本に対する恨みもありません。統治されたのは、自分たちの力が足りずそうなったのですから。

     〈朝鮮総督府が朝鮮人に対し、新たに「氏」を創設させ、また「名」を改めることを許可した「創氏改名」には従わなかった〉

     父は知日家でしたが、朝鮮人としての誇りもあったのでしょう。「姓まで変えることはない」と創氏改名はしませんでした。それで被害に遭ったこともないですし、創氏改名をするよう強要されたこともありません。ただ便宜上、日本人名が必要なときは「金村」と名乗っておくように言われました。

     〈卒業アルバムに掲載された出征兵を見送る女学生たちの写真を見ながら、軍歌「戦友」を口ずさむ〉

     14番まですべて歌えますよ。軍歌は女学校で教わりました。当時、日中戦争の真っ最中で、日本の兵隊さんが大陸に出征するときは玄界灘を渡って、京城(現・ソウル)から満州との国境、新義州までをつないだ鉄道路線「京義線」を使っていたんです。

    女学校の生徒たちが1クラスごと交代で開城駅まで出向いて、出征兵を乗せた列車を見送りました。日の丸を振りながら、軍歌を歌ってね。

     女学校を卒業後、同郷の人と結婚しました。41年に夫が満州の「興農合作社」で働くことになり、撫順に移り住みました。翌年、生まれた長男(72)が生後6カ月ぐらいのときに髄膜炎を患い、ろうあ者になってしまいました。

    女学校時代の金寿姙さん ↓

    ACTAの危険性を知らせょう 開城駅で出征兵を見送った軍歌              ある朝鮮人女性、金寿姙さんの追憶・・・

  • “その場にのまれたっちゃあ・・・”



                      “まぁ、うかつでした・・・”




               牧師ごときが、政治家になると・・・



                  言い訳がましいことを平気で口にする!!



           言い訳したことを、神に許しを請うべきでしょう!!



    土肥 隆一(どい りゅういち、1939年2月11日 - )は、日本の牧師、元政治家(衆議院議員・7期)。

    世界宣教東京大会顧問。民主党では国のかたち研究会(通称:菅グループ)代表を務め、党倫理委員長などを歴任した。

    1939年(昭和14年)、日本統治時代の朝鮮京城府(現大韓民国ソウル)に出生。日本社会党出身。福岡県立修猷館高等学校卒業、東京神学大学大学院修士課程修了。大学院修了後、日本基督教団所属の牧師として宗教活動を行う。

    日本社会党所属の衆議院議員・河上民雄(河上丈太郎の子)の秘書をつとめた縁で、河上の引退後に地盤を引き継ぐ。所属政党は現在までに日本社会党(1990年-1995年)民主改革連合(1995年-1998年)、民主党(1998年-2011年)。

    2004年、年金未納問題の際に1年7ヶ月間の未納期間があったことが発覚した。

    現在も日本基督教団の現役の牧師として、理事長を務める社会福祉法人傘下の授産施設「恵生園」(兵庫県朝来市)に併設された「和田山地の塩伝道所」で説教を行っている。

    2011年3月、竹島領有権放棄問題により民主党を離党表明し、離党届が受理された。2009年の政権交代で民主党政権が誕生して以降、民主党所属国会議員が民主党を離党したのは4人目。
    2012年10月に民主党・無所属クラブの要請により、民主党に復帰。

    2011年(平成23年)2月27日、日韓キリスト教議員連盟の日本側会長として、竹島領有権の放棄を日本側に求める下記の「日韓共同宣言」に署名し、韓国の国会で韓国の議員らと記者会見を行った。

    「竹島領有権主張問題 共同宣言文の骨子」

    一、日本は恥ずかしい過去に対し、歴史の真相を糾明し、日本軍慰安婦、サハリン強制徴用被害者など、歴史の被害者に対する妥当な賠償措置を履行しなければならない。両国の善隣関係は、真実の謝罪と賠償が出発点となる。
    一、日本は、平和憲法改正と軍国主義復活の試みを直ちに中断しなければならない。
    一、日本政府は歴史教科書歪曲と独島(注、竹島の韓国名)の領有権主張により、後世に誤った歴史を教え、平和を損なおうとする試みを直ちに中断しなければならない。

    3月9日になってこの事実は明らかになり、問題化した。土肥は第一報を報じた産経新聞の取材に対し「個人的には、竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と語った。波紋はまたたく間に広がり、9日夜の首相ぶらさがり会見で、菅首相は土肥の行動に対し、「大変遺憾」と語った。

    土肥はマスコミ各社のインタビューを受けたが「個人的には竹島は日本の領土とは一概には言えないと思っている。日韓両国が互いに自国の領土と主張すれば、問題はいつまでも解決しない(朝日新聞)、「(竹島は)政治的には日本の領土だが、話し合いはすべきだ(時事通信)、「竹島は日本の領土との認識に変わりはないが、日韓双方の主張があり、韓国側の主張にも納得できる部分もある(読売新聞)」、「(竹島に関してはどのように?)それはもう、日本の領土ですよ。あの文章はやっぱりね、今読み直してみても、相当一方的だなということは感じるけれども。その場にのまれたっちゃあ、のまれたし。こんなにマスコミに取り上げられるとは思ってもみなかったからね。まぁ、うかつでした(FNN)」等ニュアンスがバラバラの発言を行っている。

    こいつが、そのいわくつきの土肥 隆一 ↓

    ACTAの危険性を知らせょう “その場にのまれたっちゃあ・・・”                     

  • ★浜松抗争事件

    1948年(昭和23年)4月に静岡県浜松市で発生した抗争事件。“浜松大紛争”とも呼ばれた。

    戦後、市内の国際マーケットは在日朝鮮人が押さえていたが、闇市は的屋の関東霊岸島桝屋一家分家(服部)が押さえていた。県議会議員となった服部治助の跡を継いでいたのが「小野組」小野近義であった。

    在日朝鮮人らは、在日本朝鮮人連盟の威光を背景に、地元の自治体警察であった浜松市警察の介入を許さず、禁制品を公然と売り捌いていた。小野組の方は比較的合法な物品しか売っていなかったため、客足が奪われることになり、小野組は朝鮮人に反感をもっていた。

    1948年3月には、浜松市警の巡査が賭博の現行犯で朝鮮人を逮捕しようとしたところ、返り討ちにあって負傷する事件が発生。小野組は、その巡査を救出して近くの病院に収容、病院周辺を警護して朝鮮人の来襲を阻止するなど、一触即発の事態を迎えつつあった。

    4月4日夕方、朝鮮人が小野組組長宅を襲撃したことで、朝鮮人・小野組・浜松市警の三つ巴の抗争が勃発した。小野組は直ちに報復すべく会合を開いたが、朝鮮人はその会合場所を襲い銃撃した。

    浜松市警も抗争を鎮圧するために出動したが、朝鮮人は伝馬町交差点でこれを迎えうち、警察との間で銃撃戦となった。5日以降の数日間の戦闘で死者数人・負傷者約300人を出した。浜松市警は岐阜軍政部にMPの出動を要請し、400人のMPが浜松に派遣されたことで漸く沈静化した。

    この事件により、増長していた朝鮮人の評判は地に落ち、逆に小野組は浜松市民有志から50万円の見舞金が送られた。同年8月4日、静岡地方裁判所浜松支部は17人に懲役6ヶ月~4年を言い渡した。

    ACTAの危険性を知らせょう ★浜松抗争事件  1948年(昭和23年)4月に静岡県浜松市で発生した抗争事件。“浜松大

  • OECD加盟国で




           チャイナタウン=中華街のない国が一カ国だけあります!!




                   なぜだかわかりますか???




    朝鮮排華事件(ちょうせんはいかじけん)は1931年7月3日から発生した朝鮮半島における朝鮮人による中華街襲撃事件とそれに係る中国人殺傷事件のこと。朝鮮内排華事件、朝鮮華僑慘案、朝鮮事件とも呼称される。

    韓国統監府が設置された当時の李氏朝鮮統治下の華僑は3,361人であったが、日本統治時代を通じて居住者(山東出身が80%)が増加し、1930年には67,794人に達していた。華僑居住者の存在とともに排華事件が起きることとなっていった。1927年12月には中国における朝鮮人迫害を受け朝鮮全土で大規模な排華事件が起きていた。

    1931年の排華事件は、満洲長春(後新京)西北に入植した朝鮮人が周辺の中国人との間に了解を得ることなく用水路を建設したことに端を発し、朝鮮人と中国人の衝突が起こり、中国・日本(朝鮮人保護は日本の義務であった)双方の警官隊による発砲事件にまで発展した万宝山事件が起きていた。

    もともとは1909年に締結された条約により、日本人・朝鮮人は満州において土地を賃借し農業を行う権利を保障されていたが、中国人地主郝永德が中国政府の許可なしで勝手に朝鮮人に賃借し、賃借契約を結んだ朝鮮人が用水路を作ったことが当地の中国人農民の農業生産に影響したため、中国人農民約四百人によって水路破壊作業が始められた。

    「中国側は一方的に破棄する」と批判され、将来の保障がなされないままに事件が収束したため、中国人・日本人・朝鮮人が平等に経済活動を行える満洲を目指す協調外交を主唱する幣原喜重郎外務大臣の外交方針を根本から崩すものとなったため幣原外交の行き詰まりの原因の一つとなった。(幣原協調外交は、政友会・マスコミからは軟弱外交と批判を受ける。)


    7月4日午後9時30分、京城府外新堂里において100余名の朝鮮人と40名の中国人が衝突し、朝鮮人1名が死亡し中国人1名が重傷を負う事件が起きその他数か所に渡って中国人住居が放火される事件が起きた。

    同日午後11時より仁川では数千人の群衆が警察に反抗し外里派出所(交番)を襲撃して破壊するとともに電線を切断するなど暴動を激化させていった。このため総督府は警察官に武装させて厳重警戒を布いたところ午前3時にようやく襲撃団を解散させることができた。

    7月5日、朝鮮総督府は各道知事に民心を刺戟・扇動する記事を掲載しないよう新聞・通信社に対して警告するよう通牒する。同日、平壌では午後9時から翌7月6日3時にかけて数千人の朝鮮人が中華街を襲撃し、狂暴の限りを尽くし中国人88名を殺害し、102名を負傷させた。事件を食い止めようと已む無く警察が発砲したため朝鮮人1名も死亡した。

    総督府は事態の悪化を防ぐため、職員を派遣するとともに補助憲兵の応援を頼み現地駐屯部隊からは将兵51名が派遣された。また、警察官115名を増派して、武装警官350名をもって警戒にあたったが警察官35名が負傷する事態となった。

    事件発生地の仁川では警察官30名と乗馬5頭が負傷した。このような暴動のさなか総督府は被災者の収容に務めていた。

    7月6日には駐京城中国領事から中国政府及び駐日大使に対して日本警察が即時武装し鎮圧するよう求める要請がなされた。

    7月7日、平壌では平壌大同両警察署、醫学講習所、道立病院、平壌府及び中国人経営の工場で中国人避難民4,000名を収容保護していた。しかし、先の工場では午前4時半に3,000人の朝鮮人によって襲撃され、これを防ごうとした警察官が已む無く発砲し朝鮮人1名が死亡した。数日間にわたって行われた暴動で中国人商店はことごとく襲われ、中国人家屋は破壊された。

    事件は朝鮮半島に留まらず、日本内地でも在日朝鮮人による在日中国人襲撃事件が各地で引き起こされた。

    7月23日に蒋介石が全国民に向けて発表した声明では朝鮮華僑慘案として取り上げられた。

    朝鮮人暴徒に襲撃された平壌の中華街  
    戦後は、中国人は北も南も半島から根こそぎ追放されました。↓

    ACTAの危険性を知らせょう OECD加盟国で            チャイナタウン=中華街のない国が一カ国だけあります!!

  • 国立墓地と少しも変わらない




              ここには数万人の勇士たちも眠っている





    韓国有名人の「靖国神社参拝」

    私が自分から行きたいと行った場所は靖国神社ただ一ヵ所だった。

    ここには日本の戦争に駆り出されて命を失った
    真に無念な数万人の韓国人勇士たちも眠っている。
    ソウルの銅雀洞にある国立墓地と少しも変わらない。

    誰が見ても靖国参拝問題をめぐっては日本に優位がある。
    参拝するなと不平を並べたてるほうよりは、
    颯爽とお供を引き連れて殉国の英霊に参拝する方がはるかにカッコよく見える。

    靖国神社から帰る道すがら、こんなふうに問い返されているような気がした。
    「我々は豊臣秀吉を信奉している。おまえたちは李舜臣を信奉しているではないか。
    我々は伊藤博文や東条英機のために儀式を行う。
    おまえたちが安重根や尹奉吉のために儀式を行うことについて、
    我々は口出ししたりしない」


    チョ・ヨンナム氏著 「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」より

    この人が命を賭して発言するチョ・ヨンナム氏 ↓

    ACTAの危険性を知らせょう 国立墓地と少しも変わらない               ここには数万人の勇士たちも眠っている

  • 北朝鮮の国章は




               あの水俣病の



    チッソが造った!!




    、        ダム、水力発電所及び送電線が記載されている !!





    朝鮮民主主義人民共和国の国章 朝鮮語:조선민주주의인민공화국상징)は、1948年に制定されている。


     中央にはチッソが造った水豊ダムと水力発電所を配し、ダム湖の向こうにある白頭山の上には赤い星が光を放射している。国章の縁は稲の束で囲まれており、稲穂を束ねる赤いリボンにはチョソングルで「朝鮮民主主義人民共和国」と書かれている。


    水豊ダム(スプンダム、すいほうダム)は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)平安北道の朔州郡と中華人民共和国遼寧省の寛甸満族自治県の鴨緑江(国境)にあるダムである。

    朝鮮半島が日本の統治下であった1937年に満州国と朝鮮の電力確保の為、建設が開始された。建設されたのは鴨緑江下流の平安北道新義州府(現在の新義州市)から80km地点の日満国境(現在は中朝国境)であった。

     湛水面積は日本の琵琶湖(670.33平方キロメートル)のほぼ半分に相当し、総工費は約5億円である。なお、この金額は同時代に構想されていた「東京・下関間新幹線」に匹敵する巨額であり、その費用は当時朝鮮半島でも一大重化学企業であった朝鮮窒素肥料(朝鮮窒素)(現在のチッソ)が負担した。

     太平洋戦争の泥沼化の中、1944年3月、水豊水力発電所(発電能力:60万kW)と共に竣工した。この発電規模は当時の世界最大級であり1940年当時の日本国内の水力発電規模280万kWと比較してもその大きさは容易に比較できる。

    7基の発電機は各々約10万kWの発電能力を持っていたが、当時世界最大級の能力であり、製造を受注した東京芝浦電気(現在の東芝)は製造のために新工場を建設したという。

     1945年8月9日、ソ連軍(赤軍)侵攻により、7基の発電機のうち5基を略奪された。略奪された発電機は、カザフスタン共和国、イリティッシュ川(エルティシ川)上流のダムで確認されている。

     朝鮮戦争中に雷撃を含む、アメリカ軍機の攻撃を受けたが、ダム構造が堅牢であったため決壊を免れた。戦後に北朝鮮は発電能力を増強して復興した。

    竣工から60年以上経過した現在もダム本体は大きな改修工事が行われず現役であると思われ、現在も北朝鮮の重要なエネルギー源の一つである。なおダム湖は中朝国境となっており、北側は中国領である。

    これが北朝鮮の国章 だああーーー  ↓

    ACTAの危険性を知らせょう 北朝鮮の国章は                あの水俣病の    チッソが造った!!     、  

  • 見解の異なる者との対立を自ら望む!!






                 暴力的民族主義が






                         歴史論争を封殺!!






    2007年06月03日
    李栄薫教授「韓国の暴力的民族主義が歴史論争を封殺」--朝鮮日報--
    ----------------

     「韓国人の歴史意識は観念的かつ道徳的であり、見解の異なる者との対立を自ら望む傾向にある。また政治指導者らは、大韓民国が何かの間違いで建国された国だと考えているようだ。金大中(キム・デジュン)政権が第2建国委員会を発足させたことや、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が韓国近現代史を“正義が敗北し、機会主義がはびこった”時代と規定したことだけを見てもそれは明らかだ。こうした間違った歴史意識は社会や国家を分裂させ、韓国の先進国入りを難しくしている」

     ソウル大経済学部の李栄薫(イ・ヨンフン)教授(56)は、今週出版される『大韓民国の話』(キパラン出版社)を通じて再び口を開き、序文にこう記した。

     李栄薫教授は大学の中だけで過ごしてきた「書生」だった。その教授が2004年にテレビ討論に出演したところ、世論の集中砲火を浴びた。「慰安婦動員に協力した(韓国人の)民間人らの責任も追及すべき」と主張したつもりが、「日本軍性奴隷は公娼制度の一形態だった」と主張したかのように伝えられたためだ。

     また昨年12月に「教科書フォーラム」が開催した韓国近現代史「代案教科書」セミナーでは、4・19革命(1960年に不正選挙の結果を不服とした民衆デモにより、当時独裁体制を敷いていた李承晩〈イ・スンマン〉大統領が下野した事件)顕彰団体の会員らに胸ぐらをつかまれたこともあった。

     だが、なぜ李栄薫教授は、こうした屈辱を受けながらも再び立ち上がったのだろうか。28日午後、記者は教授の元を訪れ、その理由を尋ねてみたところ、教授は「昨年初めに出版された『解放前後史の再認識』の編集にかかわりながら、韓国社会の中産層がこれまでの50年間、民族や民衆、階級などといった日常生活とは何の関係もない歴史からどれだけ苦しめられたのかを痛感した。

    そこで、こうした状況を何とかしたいと思い、自由と信頼、法治の文明精神に基づいて書かれた新たな歴史を示そうと考えたことがきっかけになった」と答えた。


    このヒト、いわゆる知日派で(というか、割と普通のアタマを持っているヒト)、少し前に従軍慰安婦問題に異を唱えた。

    マスコミの策略にはまり、結局「自称 強制連行された元慰安婦のおばあさん」たちに土下座をさせられ、なんとか学会からの追放を逃れた。

    自称元慰安婦の前で土下座をさせられるイ・ヨンフン教授 ↓

    ACTAの危険性を知らせょう 見解の異なる者との対立を自ら望む!!                    暴力的民族主義が

  • 非常に荒っぽい方法で盗まれ、行方不明







                 再び姿を現したのは翌年







                          既に勝手に国宝に指定






    盗まれた重要文化財、いつの間にか韓国の国宝に!



     14世紀末、朝鮮半島の支配が高麗から李氏朝鮮にかわると、儒教が仏教に代わって最大宗教勢力となり、廃仏運動が発生した。その結果、押し出されるようにして経典や仏画などが日本に渡るようになり、1488年に如円坊という僧によって長崎県の安国寺に持ち込まれた「高麗版大般若経」もその一つと考えられている。

     「高麗版大般若経」は国の重文として安国寺の宝財殿に安置されていたが、1994年、南京錠を破壊して押し入るという非常に荒っぽい方法で盗まれ、行方不明になった。再び姿を現したのは翌年の1995年、驚いたことに、既に勝手に韓国の国宝に指定されており、韓国人の「正当な所有物」となっていた。

     前年の盗難事件を韓国政府が知らない筈もなく、韓国博物館の関与も囁かれていることもあって、現在では国家ぐるみの犯行との疑いが非常に濃厚となっている。1998年2月、日本の文化庁は外務省を通じて韓国に調査協力を求めたが、 韓国政府は「個人所蔵により要請に応えることは難しい」と、事実上の略奪宣言に等しい回答で調査拒否を行った。 2001年、この事件は、そのまま時効となっている。

     盗まれた「高麗版大般若経」は現在、韓国博物館会会長であるユ相玉(ユ・サンオク)氏の私有財産となっている。美術品収集家としても有名なユ相玉氏(72)は韓国高級化粧品会社「コリアナ化粧品」の会長でもあり、同社が経営する化粧品博物館「space*c」では、2005年7月まで「高麗版大般若経」をユ相玉の私有財産として 
     堂々と展示していた。

    ユ相玉と、安国寺からの強奪を指揮した窃盗グループとの関係は、未だ不明である。ユ相玉の前は、申という人物の所有物となっていた事も、直接の関わりあいを追求するのを難しくしている。

     ユ相玉は、化粧品博物館「space*c」の開館(2003年)にあわせて、申から「高麗版大般若経」を手に入れたのではないかとする見方もある。その場合、氏は盗品を買っただけであり、犯行の指揮には関わっていないことになる。

    ただ、韓国博物館会会長という立場からして これが日本からの盗品であること、日本の国家重要文化財に指定されていることを知っていたのは まず間違いないと見られており、この盗難事件との密接な関わりが否定されているわけではないようだ。
     
    この件に関し、コリアナ化粧品広報部は「大変微妙な話で,内容をきちんと把握しないことには応えられない。」と、一切の取材を拒否している。

    これが、韓国人に盗まれた「高麗版大般若経」 ↓

    ACTAの危険性を知らせょう 非常に荒っぽい方法で盗まれ、行方不明                     再び姿を現したのは翌年

  • この人を知らずして、韓国近現代氏を語るなかれ。





                   半島史上最高の叡智!!




    尹致昊(ユン・チホ、いん ちこう、윤치호、1865年1月16日 - 1945年12月9日)は、朝鮮・韓末の政治家・啓蒙家、日本統治時代にかけての教育家・独立運動家。終戦直前に貴族院朝鮮勅選議員。

    1880年代は獨立協会、萬民共同会の領袖として活動し、獨立新聞社の第2代社長である。1909年韓英書院と大成学敎の校長を務め、同年新民会に参加した。1920年代以降、延禧専門学校•セブランス医学専門学校•梨花女専門学校の財団理事として活動しており、教育活動に専念した。彼は朝鮮人初の英語通訳もある。号は佐翁、日本名伊東 致昊(いとう ちこう)。本貫は海平尹氏。大韓民国第4代大統領尹潽善は甥、第13代ソウル市長の尹致暎は従弟。

    開化派の父などの影響もあり、1881年に17歳で紳士遊覧団(朝士視察団)だった魚允中の随行員として日本に渡り、朝鮮初の日本留学生の一人として開化思想を吸収した。外務大臣の井上馨と謁見し、井上の斡旋で同人社に入学した。独学で日本語を勉強した後、1882年に東京帝国大学哲学教授の夫人ミレットや英語講師の神田乃武、1883年1月から横浜にあるオランダ領事館の書記官レオン・ポルデルから英語を学んだ。

    留学生活の中で金・玉均、徐光範、朴泳孝、兪吉濬などの開化派の人物や福沢諭吉、中村正直などの文明開化論者と親交を深めた。始め、同人社で学び、慶應義塾で語学学習をし、福澤諭吉邸で独立協会を組蛾した人物との交流を深めていった。身分や嫡出、男女差別がより少ない日本社会と、欧米の文物に触れ、以降朝鮮の文明開化の必要性を信念とするようになった。4月からアメリカに渡って西洋の学問に接し、直接新しい学問を学んだ。

    “ 人種の偏見や差別が激しい米国、悪臭がする中国、そして悪魔のような政府がある朝鮮ではなく、東洋の楽園であり世界の庭園に恵まれた日本で生きてみたい。 ”



    “ 清人の家は陰気で測量もなく日本人の清潔で明るい家と比べることができない。しかし我が国の人々の便所のような家をどうして清人の2階建ての家と比べられようか。 ”

    “ 私の国の自慢することは一つもなく、ただ欠点のみを知られることが多いので一層情けなく、一層日本が羨ましくて耐えられない。 ”
    —尹致昊1888年12月29日の日記
    “ 朝鮮が今の野蛮的状態に留まるよりはいっそ文明国の植民地になる方がより良い。 ”
    —尹致昊1890年5月18日の日記[7]

    以後10年間余り中国と米国に亡命・留学して文物に接し、西欧民権思想とキリスト教の信仰を受け入れ、裕福だった実家やプロテスタント宣教師、朝鮮の開化派、日本人開化人士などの支援により学業に励むことができた。またJ.アーレンとW.B.ポネル教授の影響でプロテスタントに帰依を決心し、1887年4月3日上海で洗礼を受けプロテスタント信者になった。留学期間中、西欧の民権思想と合理主義、職業倫理意識、民衆の参政権を受け入れ、改革する必要性を確信することになった。

    ACTAの危険性を知らせょう この人を知らずして、韓国近現代氏を語るなかれ。                     半島史上最高

  • 日本人の誤解!






    日本人と韓国人は見た目が似ていても、精神性が根本から違うことを理解せよ
    日韓友好年である2005年に起きた事件についても韓国の反応はわかりやすい。

    被災者に「もっと死ね」と言う民族。

    ちなみに2005年日本で起きた“列車事故”の時も
    韓国人は同様に日本人が死んだことに大喜びした。
    阪神大震災の時など、新聞の第一報の見出しが「天罰だ!」だったという
    目を覆いたくなるような卑しい国民性だ。


    韓国人は災害などで「自分が困ったときに助けてもらうのは当然」と
    考えているくせに、他人が苦しんでいるのを見ても何とも思わない。
    韓国は助けてもすぐ裏切る。
    韓国に裏切られた国は日本以外にも世界中に存在する。

    少し余談になるが、韓国人は犬を食う時に「できる限り苦しませて殺す」ことで
    肉が美味くなる、と考えられている。他国の食文化をあれこれ言うべきではないので
    簡単に書くが、こういったメンタリティの“根”の部分が日本人には理解が難しいのだ。
    一方、韓国の宗主国だった中国には「殺して食った相手の力を自分の物にできる」
    と考える文化がある。この『喫人(チーレン)』という食人文化は19世紀まで続いていた。

    (孔子が弟子の子路を食人したというのは余りにも有名な話ですが・・・)

    よく韓国人が反日デモなどで「チョッ・パリ(日本人)を殺して食ってやる!」と
    ヒステリックに叫んでいるのは、もしかすると中国伝来の精神性なのかもしれない。
    ここでは“飢えてもいないのに犬猫を食べる”という食文化レベルの話ではなく、
    「わざと苦しませて殺す」という部分に着眼して頂きたい。

    いずれにせよ、日本人とは「感覚が違う」ということだけは覚えておいて頂きたい。

    このように、自分以外が苦しむ様を楽しそうに観る韓国人の姿は、
    韓国特有の「ことわざ」の中にもみることができる。

     「他人の牛が逃げ回るのは見ものだ。」
     「姑への腹立ち紛れに犬の腹を蹴る。」
     「川に落ちた犬は、棒で叩け。」

    などなど。ひとつひとつが非常に「自分本位なことわざ」ばかりで、
    日本人の価値観では不道徳ともとれる内容である。

    ことわざというのは幼い頃から親や教師に教え込まれる基礎教養。
    そうした文化と民族の根本姿勢は隠そうとしても些細なところで
    見え隠れしてしまうのである。

    “日本人の被災者はもっと死・ね!”韓国人より ↓

    ACTAの危険性を知らせょう 日本人の誤解!         日本人と韓国人は見た目が似ていても、精神性が根本から違うことを理解せ

  • <<
  • 193 165
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン