ここから本文です
  • 「猿芝居まで演出」 トランプ大統領と拉致被害者家族の面会を労働新聞が非難





    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞(19日付)は、トランプ米大統領のアジア歴訪を批判する論評を掲載し、トランプ氏が訪日の際拉致被害者家族らと面会したことについて「日本国民さえ振り返らない拉致(被害)者とやらの家族に会ってやる猿芝居まで演出し、日本の新たな対北制裁措置を引き出そうとずる賢く振る舞った」と非難した。

     北朝鮮メディアが拉致被害者との面会に触れたのは初めて。論評は安倍晋三首相についても、「主人に仕えることが体質化した安倍は結局、わが方の35団体と個人に対する新たな独自制裁を発表することでトランプの機嫌を取らざるを得なかった」と批判した。

     論評は「いつ勃発するか分からない戦争の時限爆弾のようなトランプを除去することが、朝鮮半島や世界の平和と安定のための最善の方策だ」と主張した。

  • <<
  • 2 1
  • >>

  • 韓国の憲法(大韓民国憲法)には以下のような条文があります。



     第2条  国家は法律が定めるところによって在外国民を保護する義務を負う。

     第34条 身体障碍者及び疾病、老齢その他の事由で生活能力のない国民は法律が定めるところにより国家の保護を受ける。


     在日韓国人は韓国国籍を持っていますから韓国でも生活保護を受けられます。月額で40万ウォンですから日本円では4万円ぐらいですね。日本だと単身で平均12万円ですから韓国は日本の3分の1です。

    ですから在日は韓国では生活保護を受けないんです。中には日本で生活保護費を受け取って、韓国で暮らすという話も聞いたことがあります。実際、在日ナマポの里帰りはユーチューブでも見られます。

    在日韓国人ナマポ=貧しいというのはデタラメです。在日ナマポの実態は、子どもから生活費の援助を受けて、更に日本の生活保護費を「お小遣い」にしているのが実態でしょう。なんせ14%ですから。これは民族ぐるみの集団詐欺じゃないですか? 在日韓国朝鮮人には良い人などいませんよ。

     外国人への生活保護に関しては自民党の責任もまぬがれません。よく言われるように、外国人生活保護の根拠は「厚生省(当時)の課長通達」ですから、厚生労働大臣が「通達取り消し」をおこなえばよいのです。

    それができない原因は自民党にあります。最高裁判所さえ「外国人への生活保護費の支給は違憲」と判断しているのですから、このことをしっかり主張する議員や政党を強化すべきです。「国籍のある国家が自国民を保護する」。 これは世界では当たり前のことです。

    「猿芝居まで演出」 拉致被害者家族の面会を非難  韓国の憲法(大韓民国憲法)には以下のような条文があります。      第2条  国家は法律が定める

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン