ここから本文です
  • <<
  • 62 38
  • >>

  • 「私は韓国人を好きになれない」


    =何が中国人にそう思わせるのか―中国ネット


    2015年7月27日、中国のネットユーザーは、「韓国では、漢字とその文化は朝鮮半島から発展し、中国大陸に伝わったと主張する声がある」と述べ、韓国が歴史を改ざんしているとコメントした。


    漢字のほか、朝鮮半島の伝統的な打撃法が中国に伝わり、太極拳となったとの声もある。そしてその太極拳が日本の柔術、柔道に変化したとしている。

    韓国は日本に対し「歴史を正視しろ」「歴史を改ざんするな」などと批判しているが、韓国の歴史改ざんに比べると日本は取るに足らない。

    韓国人は自分が正しいと思うと、どんなことがあっても考えを曲げない。周りにこんな頑固な人間がいたら、きっと疲れるだろう。そのため、私は韓国人を好きにはなれない。

    放射性廃棄物最終処分問題について  「私は韓国人を好きになれない」    =何が中国人にそう思わせるのか―中国ネット   2015年7

  • 17年と8ヶ月(244日)前に韓国本国からの留学生(明治大学)が





    「(前略)しかし、世の中には韓国の国籍を持つ健康な男性でありながら、この義務を背負わなくていい特殊な部類が居る、在日韓国人といわれる部類である。

    彼ら在日は歴史的な事情により、韓国の国籍を持ちながら日本の永住権(ママ)を持ち日本で生活しているコウモリ的な存在である。

    国民の義務は負わないのに権利だけを持つ彼らには韓国の国民でありたいのであれば軍隊へ行き国民の義務を果たすか、それがいやなら日本に帰化してしまえといわざるを得ない。

    おいしい所だけを持って被害者面で甘えている彼らは精神的再教育が必要なのである。
    私は特に自ら考えることを怠けている在日諸君に軍隊をお勧めする。

    (中略)浅い考え、ろくでもない価値観で世の中、知りきったつもりでいるはず。
    (中略)いや、そこは何も考えてはいけない、完全に将棋の駒にならなければならない所である。

    その軍隊といわれる世界が貴方を待っている。
    (中略)少なくとも男らしき逞しい身体は手に入れることができる。
    さあ、結論は軍隊だ。」


    と書いたとおり、国民の義務は負わないのに権利だけを持つろくでもない価値観を持った在日韓国人よ、本国人にバカにされたくなければ軍隊に入って
    精神的再教育を受けろ!


    パク・クネの父と盧武鉉(ノムヒョン)元大統領から吐きかけられた侮辱を晴らせ!

    「在日は分別なく故国を捨て、日本に密入国した」(朴正熙)
    千年政治と日本復活の条件/私は在日韓国人など信用していない 盧武鉉大統領

    放射性廃棄物最終処分問題について 17年と8ヶ月(244日)前に韓国本国からの留学生(明治大学)が      「(前略)しかし、世の中

  • ★中国新聞 政経講演会 

     2025年の韓日関係 

     元駐日韓国大使・申珏秀氏 

     朝鮮半島統一へ協力を



    韓国の元駐日大使申珏秀氏が
    「2025年の韓日関係
     ―北東アジアの平和と繁栄の夢物語」
    をテーマに講演。

    「朝鮮半島の統一には
     日本の協力が必要。
     その貢献は韓日関係の
     改善にもつながる」
    と提言した。要旨は次の通り。
    (田中美千子)

     今、北東アジアの勢力図は転移期にある。
    中国が台頭し、不透明な外交安保政策を展開。
    これを受け、日本が保守化の傾向を強め、
    周辺国を懸念させている。
    中国は「自国を包囲する政策だ」と反発。
    韓日関係も悪化している。

    こうなると、米国も困る。
    中国の台頭に対応するには、同盟国である
    韓国や日本との良好な関係が不可欠だからだ。

     朝鮮半島の統一に向けた協力は、
    日本が韓国人の心をつかむ機会になるだろう。

    韓国では、朴槿恵(パククネ)大統領が年頭の
    会見で統一のメリットを強調し、
    社会の関心事になっている。

     関係改善を進める日本こそ、
    北朝鮮を改革、開放の道へ導けないか。

    また、
    統一には膨大な費用がかかるため、
    日本の資金協力も大切だ。

     さらに、韓日関係の改善に何が必要か。
    日本は歴史認識を修正するような行動を
    抑制してほしい。
    右傾化が警戒されており、政策の透明性も
    高めた方がいい。

    歴史認識については共同の研究会を早期に
    発足させ、長期的に取り組むべきだ。
    02年のサッカーワールドカップ日韓大会のように
    具体的な成果が見えることも必要。
    共通の関心事であるエネルギー分野での
    協力などが考えられる。

    放射性廃棄物最終処分問題について ★中国新聞 政経講演会     2025年の韓日関係     元駐日韓国大使・申珏秀氏     朝鮮

  • 【民主党】徳永エリ議員


    「イスラム世界の国々は親日でした。


    安倍首相の資金援助表明がテロ組織を刺激した」




    「テロ組織を刺激」民主・徳永氏、FBで首相の人道支援表明を批判
    民主党の徳永エリ参院議員が21日に自身のフェイスブックで「いくら人道

    支援とはいえ、資金援助を大々的に記者会見でアピールする、テロ組織を刺

    激したことは否めないと私は思います」と記し、

    イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件に絡

    んで安倍晋三首相による人道支援表明を批判した。

    徳永氏は「イスラム世界の国々は親日でした。日本は戦争をしない国、世界

    平和への希望の国だったからです」と指摘。さらに「(首相が)なんと言お

    うが、集団的自衛権の行使容認、憲法改正、武器輸出三原則の変更。国際社

    会は日本は変わってしまったと受け止めている」とした。

    投稿は岡田克也代表が21日午後、記者団に「政府の足を引っ張るようなこ

    とになってはいけない」と政府への全面協力を表明した直後に公開された。

    放射性廃棄物最終処分問題について  【民主党】徳永エリ議員     「イスラム世界の国々は親日でした。     安倍首相の資金援助表明

  • 自分が好きだからといって他人にも犬をかわいがるよう強要するのは問題だ!!





    キムチとともに世界的な食べ物にすべきものが犬肉!!




           二千年来の食文化は、世界遺産に登録しなければならない!!




    下の文章は、2000年7月25日付け朝鮮日報日本語版の記事です。
    要は、韓国で、犬肉論争が生じた原因は、犬肉を食さない日本人が、朝鮮を
    植民地化したためである、と。


    <「犬肉を世界的な食べ物に」
    高句麗 | ハリス  食品栄養学専攻の教授が「食用犬論争には一考の価値もない」として末伏(8月10日・立秋後最初の庚の日)を控えて『韓国人と犬肉』という本を発行した。


     チュンチョン大学アン・ヨングン教授が著者。アン教授は本の中で、国内外で犬を食べるようになった歴史から犬関連の説話・夢、食用犬の種類、薬理的効果、犬をつかまえる方法、これまでの論争についても整理・紹介し、犬と犬肉に関する談論を集大成した。


     アン教授は犬肉に関する古今東西の情報を整理し、犬肉食用反対論の非論理性を主張する。例えば「愛玩動物論」に対しアン教授は、米国の人類学者マービン・ハリスの「西洋人は犬を愛しているから捕食しないのではなく、犬より効率の高い肉食動物があるから捕食しないのだ」(『飲食文化の謎』1994年)という主張を引用して批判している。

    また「愛犬文化自体が西欧文明の否定的影響の一つで、家族制度の崩壊によるもの。自分が好きだからといって他人にも犬をかわいがるよう強要するのは問題だ」ともいう。韓国における犬肉食用の歴史を探る過程で、4世紀頃の高句麗アナク古墳の壁画から倉庫で屠殺された犬が鉤にかけられている姿を見つけたのも目を引く一場面だ。


     アン教授は犬肉のスープや寄せ鍋など伝統的犬肉料理を食べる方法はもちろん、焼きもの、蒸しもの、煮もの、串焼き、てんぷら、腸詰、ギョウザ、干肉、しゃぶしゃぶ、スープ、缶詰など新しい食品化の可能性についても真摯な議論をしている。彼は「犬肉論争の構造的問題」という章で、犬肉を食べない日本人による植民地支配の影響をあげ、「キムチとともに世界的な食べ物にすべきものが犬肉」と主張している。

    朝鮮日報/朝鮮日報JNS>

    麺入り鍋犬の生丸茹で。
    エキスを取り出すため、3日間ぶっ続けで茹でます。

    放射性廃棄物最終処分問題について 自分が好きだからといって他人にも犬をかわいがるよう強要するのは問題だ!!      キムチとともに世

  • 【朝日新聞】黄(ファン)論説委員




    「在日韓国人の涙が教える投票の意味」




    2014年12月02日

    生まれて初めて投票したのは2012年の総選挙だった。
    ただし、12月にあった日本の総選挙ではない。4月にあった韓国の総選挙だ。

    09年の公職選挙法改正で、海外に住む韓国人も総選挙と大統領選の投票ができるように
    なり、在日2世の私も「有権者」になった。
    ハングルで印刷された政党名の横に印を押して投票した。手が震えた。

    法改正は、自然に与えられたわけではない。兵庫県の在日男性らによる裁判で、
    韓国憲法裁判所が違憲と判断して実現した。

    だからこそ、投票所では、感極まって涙する人もいた。「人間になった」と言いながら。
    参政権は人を人たらしめる権利の一つなのだ。

    朝日新聞 2014年12月01日

    朝日新聞はじめ各マスメディアには相当数の在日の方がいらっしゃいますね・・・

    朝日新聞 黄論説委員 ↓

    放射性廃棄物最終処分問題について 【朝日新聞】黄(ファン)論説委員     「在日韓国人の涙が教える投票の意味」      2014年

  • 堂々と主張すべき




        間違った歴史認識の修正を




            来年は戦後70年だ




    【反撃せよ!ニッポン】


    創作された「歴史」の修正を主張する時期に来た K・ギルバート氏


     近年、「歴史修正主義」という言葉を目にする機会がある。通常あまり良い意味では使われない。「ホロコーストはなかった」などの、荒唐無稽な主張がこう呼ばれる。

     いわゆる「従軍慰安婦の強制連行」は、最初は小説内の創作だった。それが反日的プロパガンダによって、いつの間にか歴史的事実として世界中に認識された。歴史の創作(捏造)がまさに完成しつつあったのだ。歴史の真実を伝える側が、逆に「歴史修正主義者」として非難されてきた。

     朝日新聞の意図的とも思える「誤報」と、その後の放置、誤報の拡散に加担した日本人弁護士、「日本たたき」の結論ありきで、真実の追究は二の次だった国連人権委員会、加えて、日本的な「事なかれ主義」で、毅然たる対応を取らなかった外務省や政府の責任は重い。

     慰安婦問題に限らず、日本の近現代史では後から創作された話が、世界では「正しい歴史」として認識されているケースが多々ある。代表例は日本が東南アジア諸国や中国大陸で「侵略戦争を行った」という話である。

     はっきり言うが、これは戦後占領政策の一部としてGHQ(連合国軍総司令部)が世界中に広めたプロパガンダである。慰安婦問題と同様、真実とは異なる嘘が、今や「歴史的事実」として認識されている。

     GHQの最高責任者だったダグラス・マッカーサー元帥自身が後に「日本の戦争は、安全保障(自衛)が動機だった」と米上院の特別委員会で証言したのは、彼の懺悔とも受け取れる。

    最初に嘘をついて、これを広めたのはGHQだから、嘘が暴かれることを、わが祖国・米国も喜びはしない。しかし、来年は戦後70年だ。そろそろ、日本は近現代の間違った歴史認識の修正を堂々と主張すべきである。今こそ反撃せよ、ニッポン!

     ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。80年、法学博士号・経営学修士号を取得し、国際法律事務所に就職。83年、テレビ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー出演し、一躍人気タレントとなる。

    放射性廃棄物最終処分問題について 堂々と主張すべき         間違った歴史認識の修正を             来年は戦後70年

  • 最大のタブーに挑戦




          抹殺をはかる可能性




    「慰安婦は自発的な売春婦」という韓国での署名活動のリーダーの身を案じます。しかし、同時に、こうした真実の活動が行われるようになったことに心から敬意を表したいと思います。大変な恐怖のなかで、最大のタブーに挑戦しているわけですから、当然、韓国政府当局も政府機関を使ってこの運動のリーダーの抹殺をはかる可能性があります。

    しかも、「国家の不祥事は外に言うべきではない」という世論が形成されますから、こうした「慰安婦は自発的な売春婦」と言おうものなら、まさに袋叩きにあってしまいます。

    2013年には、95歳の韓国人男性が日本統治時代を「肯定」する発言をしたところ、居合わせた男の怒りを買い、殴られて死亡するという事件が起こりました。http://www.j-cast.com/2013/09/13183859.html?p=all

    同様に、李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大学経済学教授は、「従軍慰安婦連行が強制的でないのは歴史的事実 お金のため」と発言しましたが、従軍慰安婦を自称する元売春婦の前で「土下座謝罪」させられたほどです。
    《動画》http://www.youtube.com/watch?v=KjQNeO_rxxM
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw922352?news_ref=w_crank

    この告発をされる方々は、大変だとは思いますが、無事に頑張ってほしいと願わずにはいられません。

    なお、この問題をどうみるかということを、韓国人の心理面に通暁しておられる識者に伺いました。

    ・自分たちの劣等感を隠し、虚勢を張ったり実力以上のことをして見せたりする自国の国民性を、憎むと言うよりも心を痛めている方のようです。

    ・例えば、韓国は世界有数の整形手術件数の多さで知られている国なのですが、女性たちが(最近では男性も)自分の顔の造作を作り変えて美しく見せようとしている気持ちは、「本当は人前に出したくない自分の本当の顔」があるからです。本当はそのような辛く悲しい気持ちがあることを隠し、人よりも美しく見せることで悲しさを忘れようとしているのです。

    ・このような韓国の国民の根底にある「真実の苦しみ」にこの方は気づいているようです。

    ・また、多くの韓国人たちも知ってはいるのですが、認めることは死ぬことよりも辛いようです。

    放射性廃棄物最終処分問題について 最大のタブーに挑戦            抹殺をはかる可能性      「慰安婦は自発的な売春婦」と

  • 外国人への生活保護って何が問題だかわかりますか? 


    「日本人生活保護受給者」と「外国人生活保護受給者」の最大の違いは何か?


     それは「財産調査ができるかできないか」なんです。



    私たち日本人は韓国の銀行に預金はしませんが、在日韓国人は韓国の銀行にだって預金します。そういう場合、日本の役所がどこまで調査能力があるか?ですよね。韓国の銀行が日本の役所の調査に協力すると思いますか? 

    在日韓国人が日本の生活保護費を食い物にできる仕組みは「役所に財産調査ができない」からです。(日本人の調査は可能です) そしてもっと重要なことは、日本の役所は「法令主義」で公金を支出するのに、在日韓国人の場合、財産調査をおこなわないまま「したこと」とにして生活保護費を支給していることです。


     ①外国籍者は資産調査ができない。外資系の銀行預金は調べられない。

     ②夫婦別姓の外国籍者は1世帯ではなく2世帯扱いするように要求してくる。

     ③扶養親族を見つけられない。(いても意図的に拒否される)

     ④外国籍者の申請時には在日系や左翼系弁護士が随行し行政担当者を恫喝する。


     在日韓国人は「生活保護=在日年金」と考えています。日本国民は「年金は掛け金を積み立てるもの」、「生活保護は危急時の一時的な制度」ということを理解していると思います。ですから日本人の生活保護者は「1・7%」に対して、在日韓国朝鮮人は「14%」にもなります。

    在日韓国人が「強制連行」「日本名を強制された」という被害者宣言は、実は生活保護の理由にも使われます。つまり「ウリたちは被害者だから補償金(生活保護費)を受け取る権利があるニダ!」という具合に。

    そうでなければ、在日韓国人は「親の面倒を一切見ないカス民族」ということになります。在日韓国朝鮮人にとっては生活保護の不正受給でさえ「憎き日本からむしりとる」ことですから罪悪感などないんです。

     韓国の憲法(大韓民国憲法)には以下のような条文があります。
     第2条  国家は法律が定めるところによって在外国民を保護する義務を負う。
     第34条 身体障碍者及び疾病、老齢その他の事由で生活能力のない国民は法律が定めるところにより国家の保護を受ける。

    放射性廃棄物最終処分問題について 外国人への生活保護って何が問題だかわかりますか?    「日本人生活保護受給者」と「外国人生活保護受

  •  サハリンの韓国人は
     なぜ帰れなかったのか(新井佐和子)
     http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2004/09/post_14.html
     AA300_SH20_OU09_.jpg

    (略)
     戦前、戦中、開拓民として、
     また戦時動員によってサハリン(樺太)に渡り、
     終戦後も同地にとどまらざるをえなかった
     韓国人を故郷に帰還させるべく、
     黙々と運動を続けた日韓夫妻がいた。

     昭和十八年末、樺太人造石油の労働者
     募集に応じて渡樺した朴魯学と、
     戦後朴と結婚した堀江和子である。

     昭和三十三年、幸運にも日本人妻とその家族の
     引揚げに加わることができた朴は、
     その後半生を同胞の帰還運動に捧げ、和子は
     献身的にこれを支えた。

     だが、昭和五十年、サハリン残留韓国人帰還の
     ための裁判がはじまると、この問題はにわかに
     政治的色彩を帯びて、
     日本の戦争責任、戦後補償問題へと発展してゆき、
     夫妻の活動は忘れ去られていった。

     サハリン残留韓国人はなぜ祖国に帰れなかったのか。
     その責任は本当に日本にあるのか。
     だれがこれを政治的に利用しようとしたのか。
     夫妻の足跡をたどり、
     ことの真相を明らかにした労作。

    (中略)
    戦後サハリンには朝鮮族に三つのグループがあった。

    ひとつのグループは、先住朝鮮人であった。
    戦前から入植していたり出稼ぎでやって来た者、
    戦時動員で来た労働者が含まれる。

    その出身地はほとんどが朝鮮半島の南であり、
    心情的にはのちの北朝鮮を忌避していることから、
    現在は自らを「韓国人」または「韓人」
    と称している。
     
    もうひとつのグループは戦後にやって来た
    「派遣労務者」である。
    朴の手記には彼らののことがつぎのように記されている。

     二十一年五月ごろだろうか、
     北韓[北朝鮮]からの派遣労務者が
     四千トン級の船で千名もやって来た。
     長いあいだ戦争に疲れた耐乏生活のためか、
     その服装は同じ同胞でありながら
     恥ずかしいぐらいみじめであった。

     他の先住民らはその憐れな同胞を
     接待してやった。
     その後何回となく船は着
    いた。

     労務者の数は約五万人。
     しかしこの人たちは私たちと思想がちがって
     いたせいか、常に双方のあいだは
     不和であったので、たびたび喧嘩が起きた
     のである。

    (中略)
    三つめのグループにソ連系朝鮮人がいる。
    ウズベキスタン、カザフスタンなどの
    中央アジアに移住していた朝鮮族のうち、
    共産党、軍人、ロシア語のできる者が、
    先住朝鮮人や派遣労働者を管理し、
    思想教育をほどこすために派遣されてきたのである。

    エンゲーベーの市町村支部にはソ連系朝鮮人の役人が
    ひとりずつ配属されていた。
    この中央アジアの朝鮮族とは、
    一九三七年(昭和十二年)、
    スターリンの強制移住政策によって、
    朝鮮の国境近くの沿海州から移住させられた
    人びとであった。

    現在約五十万人いるが、この人たちはいま、
    自らを高麗人と称している。

    放射性廃棄物最終処分問題について  サハリンの韓国人は  なぜ帰れなかったのか(新井佐和子)  http://finalvent.co

  • 「日王ではなく天皇と呼ぶべき」




    元月刊朝鮮編集長が主張




    「李明博前大統領も訪日時に天皇と呼んだ」




    1: 蚯蚓φ ★:2013/10/18(金) 23:17:38.28 ID:???

    チョ・カプジェ元月刊朝鮮編集長が16日、チョ・カプジェドットコムとツイッターを通じて「日王を天皇と呼ばなければならない」と主張した。

    チョ元編集長は自身の文で「日王と表現するのは韓国人の気概や不満を感情的に表出すること」 とし、
    「メディアが天皇と呼んでも突然権威が高まるわけではなく、日王と格下げしても権威が落ちるわけではないから、両国関係を未来指向的に持っていくのに呼称は呼んで欲しいというとおりに呼ぶのが原則」と主張した。

    引き続き「天皇を日王と格下げさせたメディアは死んだ金正日(キム・ジョンイル)を今も国防委員長と呼んでいるのに、友好国の日本の天皇を日王に格下げするのか考えるべき問題」として「メディアが約20年間、天皇を日王と呼んで韓国人の不満を見せたが、これからは国家の公式呼称と一致させてはどうかと考える」

    李明博(イ・ミョンバク)前大統領が日本を訪問して日王を天皇と呼んだ事実も公開した。
    チョ・カプジェ代表は「大韓帝国以前まで朝鮮は王といったが日本は古代時代から中国に対する事大主義を採用せず天皇と呼んだ。

    私たちが皇帝を称することができないのは、三国時代から中国について低姿勢を取ったからで、王が中国から冊封される形式を継続したため」と付け加えた。

    イ・ゲドク記者

    ソース:シンムンゴ(韓国語) チョ・カップジェ"日王でない天皇で呼ばなければ"
    http://www.shinmoongo.net/sub_read.html?uid=47988


    韓国ソウルでの天皇土下座シーンですって  ↓

    放射性廃棄物最終処分問題について 「日王ではなく天皇と呼ぶべき」      元月刊朝鮮編集長が主張      「李明博前大統領も訪日時

  • ★チュチェ思想


    主体(チュチェ)は、哲学およびマルクス主義の用語
    「主体」を朝鮮語に変換したもので、また「主体」と
    は北朝鮮では「自主独立」や「自立精神」を意味する
    場合も多い。

    主体思想は「常に朝鮮の事を最初に置く」との意味で
    も使われている。

    金日成では、主体思想は「人間が全ての事の主人であり、
    全てを決める」という信念を基礎としている、とした。

    1972年の憲法で「マルクス・レーニン主義をわが国の
    現実に創造的に適用した朝鮮労働党の主体思想」と記載
    された。

    ハングルでは「주체사상」、朝鮮漢字では「主體思想」
    と表記される。

    『朝鮮で革命を行うために、我々は朝鮮人民の慣習と同
    様に、朝鮮の歴史や地理学も知るべきである。それらが
    彼らに適合し、彼らの生まれ故郷や祖国への激しい愛情
    を彼らに呼び起こすことを通じてのみ、我々の人民を教
    育する事が可能になる。
    — 金日成』

    本当のことを言うと、金日成は朝鮮民族の2000年来の
    属国主義、そのことによる異常なまでの寄らば大樹の陰と
    言う事大主義根性にほとほと嫌気がしていたのです。

    戦後いち早く金日成は漢字を徹底的に追放し、ハングル
    のみの表記を強制しました。これは、長年朝鮮人に染み
    ついた中国はご主人様という自国民のあまりにも卑屈な
    態度を何としても変えさせたかったからです。

    これが主体思想登場の背景なのです。

    はい、これ本当です!

    放射性廃棄物最終処分問題について ★チュチェ思想     主体(チュチェ)は、哲学およびマルクス主義の用語 「主体」を朝鮮語に変換した

  • 韓国系日本人の中には、こういう方もいらっしゃいます。





                 永住外国人への地方参政権付与に反対!!





             「在日の耐えられない軽さ」とは???





    鄭 大均(てい たいきん(、チョン・ テギュンとも)、1948年 - )は、日本の学者。首都大学東京人文科学研究科社会人類学分野教授、国家基本問題研究所客員研究員。専攻はエスニシティ、東アジアのナショナル・アイデンティティ、日韓関係論。韓国系日本人。

    岩手県生まれ。父親は1922年に内地へと渡航した朝鮮人で、1923年に出版され、朝鮮人によって書かれた最初の日本語小説として知られる『さすらひの空』の著者である鄭然圭。母親は岩手県黒沢尻町(現在の北上市)出身で、戦後疎開先である同地で大均を出産した。

    岩手県立黒沢尻北高等学校、立教大学文学部および法学部を卒業。1973年から74年にかけてアメリカ合衆国東部で暮らす。1978年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校修士課程修了(M.A、アジア系アメリカ人研究)。履歴については自叙伝的作品である「在日の耐えられない軽さ」(中公新書)に詳しい。

    米国から東京に戻り、英語学校で教えながら1980年頃から在日論を書き始める。その後70年代に東京で会った元韓国人留学生の友人からの誘いを受け、東亜大学校人文学部(韓国釜山市)や啓明大学校外国学学部(韓国大邱市)などで14年間教鞭をとる。この辺の体験も部分的に「在日の耐えられない軽さ」に記されている。

    啓明大学校副教授から転じ、1995年に東京都立大学(現首都大学東京)人文学部に助教授として着任、1999年に教授。2004年に日本に帰化。妻は韓国の大学教員。


    妹は鄭香均。香均は、日本国籍でないことを理由に東京都の管理職選考試験の受験を拒否されたとして都を訴え、二審で一部勝訴(慰謝料支払のみ認定)するも、最高裁において(最大判平成17年1月26日民集59-1-128)敗訴が確定した。これに関し、鄭大均は正論やニューズウィークの誌上、「在日の耐えられない軽さ」の中で妹に苦言を呈し、日本国籍の取得を勧めた。

    日本に帰化した韓国系日本人(元在日外国人)の立場から、永住外国人への地方参政権付与に反対しており、国会で参考人招致を受けた際も反対論を展開している。

    鄭 大均(てい たいきん(、チョン・ テギュンとも)、1948年 - )は、日本の学者。首都大学東京人文科学研究科社会人類学分野教授 ↓

    放射性廃棄物最終処分問題について 韓国系日本人の中には、こういう方もいらっしゃいます。                   永住外国人

  • 学校では教えない 





           本当の日本の歴史





    マレーシア人が感謝する日本の解放





    マレーシア外務大臣 ガザリー・シャフィー氏は、

    「日本がどんな悪い事をしたというのか。

    大東亜戦争でマレー半島を南下した時の日本はすごかった。

    わずか3ヶ月でシンガポールを陥落させ、

    我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。

    私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやって来たと思っていた」

    と語っています。


    マレーシア歴史学者、ザイナル・アビディーンは、

    「日本軍政は東南アジアの中で最も政治的意識が遅れていたマレー人に、

    その種をまき成長させ、マラヤにおける民族主義の台頭と、

    発展に大きな役割を果たした」と語っています。

    150年以上にわたるイギリスの植民地支配に苦しめられていた、

    マレー人は半島を進撃する日本軍を心から歓迎し、食糧を提供し、

    ジャングルの地理案内をし、軍需物資の運搬まで手伝ってくれたのです。

    このような現地の人々の支援もあって、日本軍は60日間の激戦の末、
    イギリス軍のアジア最大の要塞、シンガポールを攻略しました。
    1942年(昭和17)2月15日、ついにイギリス軍は降伏し、
    150年におよんだイギリスのマレー支配は終わりを告げたのです。

    フランスのドゴール将軍はこの日の日記に、
    「シンガポールの陥落は白人植民地主義の長い歴史の終焉を意味する」
    と記しています。


    マレーシア首相、マハティール・ビン・モハマド氏は、 

    「日本の戦争責任を問うならばそりより以前、

    非人間的な支配と収奪を続けた欧米の宗主国の責任はどうなるのか。

    日本が来たことで植民地支配から解放され近代化がもたらされた」

    と語っています。


    マレーシア上院議員ラジャ・ダト・ノンチャク氏は、

    「私達は、マレー半島を進撃していく日本軍に歓喜の声をあげました。

    敗れて逃げていくイギリス軍を見た時に、

    今までに感じたことのない興奮を覚えました。

    しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで、

    将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、

    それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教育を行ってくれたのです」

    「私たちアジアの多くの国は、
    日本があの大東亜戦争を戦ってくれたから独立できたのです。
    日本軍は、永い間アジア各国を植民地として支配していた西欧の勢力を
    追い払い、とても白人には勝てないとあきらめていたアジアの民族に、
    驚異の感動と自信とを与えてくれました。
    永い間眠っていた自分達の祖国を自分達の国にしようというこころを
    目醒めさせてくれたのです」

    「かつて日本人は親切で心豊かでした。

    アジアの国の誰にでも自分の事のように一生懸命尽くしてくれました。

    おおらかで真面目で希望に満ちて明るかった。
    戦後の日本人は自分達日本人の事を悪者だと思いこまされた。


    学校でもジャーナリズムもそうだとしか教えなかったから
    真面目に自分達の父祖や先輩は悪い事ばかりした残虐無情なひどい人達だと思っているようだ。だからアジアに行ったらペコペコ謝って、
    私達はそんなこと致しませんと言えばよいと思っている。

    そんな今の日本人が心配だ。本当にどうなってしまったんだろう。
    日本人はそんなはずじゃなかったのに。

    本当の日本人を知っている私達は今はいつも
    歯がゆくて悔しい思いがする」と語っています。


    マレーシアの中学校の国定教科書には、日本は解放軍であると記されています。 ↓

    放射性廃棄物最終処分問題について 学校では教えない              本当の日本の歴史      マレーシア人が感謝する日本の

  •  1885年3月16日 時事新報 より





    日本の不幸は支・那と朝鮮だ。





              福沢諭吉「脱亜論」





    この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが
    もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまり
    にも大きい。

    地球規模で情報が行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りなが
    ら過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。

    国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
    もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

    「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべき
    である。日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。


    ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
    この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。

    悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。私は気持ちにおいては
    「東アジア」の悪友と絶交するものである

    放射性廃棄物最終処分問題について  1885年3月16日 時事新報 より      日本の不幸は支・那と朝鮮だ。           

  • あなたは国連人種差別撤廃条約とコンプライアンスのどちらを尊重しますか??



        
         
         あなたは不法滞在者を見かけたら警察に通報しますか??





    それは差別になりますか???・・・




    東京五輪なんてボイコットだ




           では、一番楽しみにしている人は誰??




              韓国から10万人以上が押し掛けてくる???




    ボイコットどころか韓国人売春婦10万人が東京五輪集結 !!





    2020年の東京五輪開催が正式に決定し、日本国内は歓迎の声であふれている。一方で、水産物禁輸措置をとるなどして東京五輪に対し“牽制”していた韓国からは「東京五輪なんてボイコットだ」という過激な意見も。ところが、東京五輪を一番楽しみにしているのが、実はその韓国だという。世界に10万人以上いるといわれる韓国人売春婦が、五輪の経済効果を求めて来日するというのだ。

     6日に韓国が福島県など計8県の水産物を全面輸入禁止にすると発表したことは「東京五輪つぶし」と指摘されていた。東京電力福島第1原発の汚染水問題に世界が注目する中、禁輸措置により「日本は危険」と強調。8県には海のない群馬と栃木が含まれており、韓国のいい加減さ、デタラメっぷりも明らかになった。

     今や韓国が世界中に売春婦を“輸出”しているのは有名な話。日本、米国、オーストラリアなど約10万人の韓国人女性が性風俗に携わっているというデータもあり、朴槿恵大統領が頭を抱えているともいわれている。

    「04年に韓国では売春を禁止する法律ができました。それにより韓国国内で、風俗嬢が稼ぎにくくなった。だからより稼げる海外に出て行く売春婦が増えたのです」(生駒氏)

     そんな事情から韓国人売春婦と風俗店をつなぐブローカーが暗躍している。「海外旅行気分でしこたま稼げるぞ」「海外の方が稼ぎがいいから」などと売春婦に甘くささやき、“輸出”しているという。

     五輪効果を求めてやってきた韓国人売春婦たちは、稼ぎを母国に送金する。つまり、経済効果の一部が売春婦を通して韓国に吸い取られてしまうというのだ。

    「東京の風俗業界にとって五輪はマイナスです。五輪前後は客が増えるでしょうが、それは一時的なものに過ぎません。新宿、渋谷、池袋などの、ただでさえ少なくなった店舗型風俗は五輪直前に繁華街の“浄化”ということで閉店に追い込まれるかもしれない。規制は厳しくなると思います」(生駒氏)

     また、韓国内でも韓国人売春婦に頭を悩ませている。複数の韓国紙によると、来年から遠征売春したことで韓国の警察に逮捕された場合、「国威を損なわせた」として1~3年間パスポート発給が制限されるという。これまでは遠征売春先で逮捕されて強制送還された人のみにパスポート発給を制限したが、対象が拡大されるわけだ。

     しかし、韓国事情通は「当然、偽造パスポートで遠征売春する人はなくならないでしょう。日本への入国審査に指紋の提供が義務化されています。でも、不法残留で強制退去処分となった韓国人の女が特殊テープを指に貼り付け、日本に再入国していたことがありました。発覚したから騒ぎになったけど、そのまま入国できちゃったケースもほかにあるでしょうね」と指摘する。

     相も変わらず「歴史を勉強し直せ」だの「慰安婦問題を謝れ!」とネット上で大合唱を続けている韓国の人々。自国の売春婦がこぞって日本を目指しひと儲けを狙っていると知っても、何事もないように日本を非難し続けるのだろう。

    日本の左翼の最大の犯罪とは???
    それは、各個人が迷いに迷ったら最後はあなたの良心に従いなさいと、公然と、明確に言ってこなかったことです。
    各個人が心で板挟みと葛藤に苦しんでいても、教条的信条を壊れたテープレコーダーのごとく繰り返すだけです。



    ごく最初は、あなたの良心にささやきかけるように訴えてきます。

    おっとどっこい!

    自分たちの意見・主張に同意しない限り、蛇のようなストーカーに変身します。


    各個人が持つ究極のよりどころである良心の存在・良心の自由というものを一切認めないわけであります。
    このことは逆に言えば、自らがカルト的・悪魔的かつ非人間的な存在であることを明白に証明するものであります。

    韓国での売春禁止法に抗議するソウル市内での売春婦連合のデモ。
    会員数33万人を誇る。
    実に成人女性の7人に1人。
    いまや、労組を上回る圧力団体となった。 ↓

    放射性廃棄物最終処分問題について あなたは国連人種差別撤廃条約とコンプライアンスのどちらを尊重しますか??              

  • 警察庁、朝鮮学校無償化の流れを北朝鮮の対日工作と認定!!





    「朝鮮総連は依然として北朝鮮に従属する組織である」





    2014年03月16日13:07


    3月14日、警察庁が官報として「昨今の情勢を踏まえた国際テロ対策」焦点第283号を発表した。
    資料によれば、「朝鮮総連は依然として北朝鮮に従属する組織である」とした。

    また対日諸工作として、高校授業料無償化の対象から朝鮮学校が除外されたことや、
    朝鮮学校への補助金支給を見送る自治体が増加していることに関して、

    その不当性を訴える街頭宣伝や、国会議員、地方議員、自治体等に対する要請行動等を展開し、集会やデモにおいて著名人の参加や支援意見の発表を得るなど、
    朝鮮総連の活動に対する支援等に向けた働き掛けを展開したとしている。

    また日本が北朝鮮に対する物資の輸出入制限を続けている中、中国を経由して
    不正に北朝鮮へ物資が輸送される外為法違反についても論じている。

    北朝鮮による拉致問題に関しては、北朝鮮工作員が拉致された本人に代わり、
    日本人のふりをして日本国内で工作活動を行っていくことが目的であったとした。

    放射性廃棄物最終処分問題について  警察庁、朝鮮学校無償化の流れを北朝鮮の対日工作と認定!!      「朝鮮総連は依然として北朝鮮に

  • 狂気に包まれた黒魔術教育!!


            
                   そして、集団自閉症に陥る子供たち!!!




               ますます強まる鎖国教育!!



                        ますますゆがむ民族の人格!!





    韓国の地下鉄に子供達が描いた絵が展示される様子が日本のニュースで報道された。
    これらの絵は、優秀作品として選ばれ展示されたものだが
    1. 「日本人を犬小屋に飼う、殴る、射殺する」
    2. 「日本国旗を踏みにじる、燃やす、刃物を突き立てる、目玉焼きに模してフォークを突き刺す、日本国旗の葬式をあげる」
    3. 「韓国から発せられたミサイルにより日本列島が延焼する、日本列島を檻に閉じ込める、日本列島を消しゴムで消していく、日本列島をゴミ袋に入れゴミ箱に入れる」

    といった呆れた馬鹿馬鹿しい表現ばかりであった。韓国の子供たちは
    1. 他国人(ひいては隣人、自分以外の人間)を殺傷すると褒められる
    2. 他国の国旗(ひいては隣人の大切なもの、自分以外の人間の大切なもの)を傷つけると褒められる
    3. 他国の存在(ひいては隣人の存在、自分以外の人間の存在)を否定すると褒められる
    といった倫理観の上で育てられている恐れがある。

    また、中国人・韓国人に共通して言えることではあるが、留学・ビジネスのためや日本法人のスタッフになるなどして来日した際に、自分が母国で教わってきた反日教育に基づいた日本の姿と自分の目で見た日本人の姿や日本文化の実像とのギャップ、「文明未開の野蛮人が住む不潔な土地」「自国よりも文化面で遥かに劣る国」と教わってきた筈の日本の現実、すなわち自身の国以上の発展や衛生環境の高さを目の当たりにして、激しいカルチャーショックを受けるケースが多い。特にインテリ層の場合には、母国の教育や、さらには母国の政治の全般に対して内心で疑問や不信を抱くようになる者も珍しくはない。


    日本の国旗日の丸にションベンをかける韓国の子供。
    ソウル市内の小学校のトイレでの日常的な光景。 ↓

    放射性廃棄物最終処分問題について 狂気に包まれた黒魔術教育!!                             そして、集団自

  • 不法に占有しているんです





          「差別、弾圧だ」





               当然の権利としてここにいるんです





    ■不法占拠!在日団体「高槻むくげの会」を高槻市が提訴


    市立第一中学校の一室を1年以上、不法占拠している
    として、大阪府高槻市は5日に同市の
    在日韓国・朝鮮人団体「高槻むくげの会」に対し、
    明け渡しを求めて大阪地裁に提訴する方針を明らかにした。9月定例市議会に関連議案を提出する。

    市教委によると、昭和60年度に「在日韓国・朝鮮人教育事業」をスタート。
    市教委は同会と日本語の識字学級や地域子供会などを共同で行い、「便宜供与」として
    同中学校青少年課分室の一部、約30平方メートルの使用を認めてきた。

    しかし、市教委はこの事業を平成13年度から「多文化共生・国際理解教育事業」に変更。
    在日韓国・朝鮮人だけでなく、ブラジル人やフィリピン人などにも部屋を開放することになったが、「高槻むくげの会」が占有した状態が続いた。

    このため昨年1月、同年3月末までに部屋を明け渡すよう求めたが、
    「差別、弾圧だ」などと拒否したという。
    同会は4月以降も明け渡しに応じず、
    部屋を無断で使用して日本語講座などを有料で開催。
    光熱費は中学校が負担しているという。

    市教委青少年課は「他の市民に説明がつかない。
    どうして韓国・朝鮮の人だけが、
    水道代も電気代も払わず、中学校を使えるんですか。

    校内にあるむくげの会の事務所の前には、
    会の関係者以外立ち入り禁止の看板が出されていました。
    フィリピン人やブラジル人にも開放しなければならないのに、
    むくげの会が不法に占有しているんです」とコメント。

    同会の李敬宰(イ・キョンジャ)会長は「提訴は非常に遺憾。断固戦う。
    不法占拠と市が主張する根拠はここ(中学校)に事務所があるからですか。
    我々の活動を市がキチンと引き継いでくれるなら、いつでも出て行きますよ。
    市がやらないから、当然の権利としてここにいるんです。

    以前議会で、我々がここに事務所を置くのはおかしいと追及したことがあった。
    市教委が、行政の一環だから問題ないと答弁し、事務所問題には決着がついている。
    今さら市が明け渡しをいうのは、朝鮮人つぶしとしか考えられないですね」 と反論している。

    産経関西:2006年09月06日記事 及び
    週刊新潮:2006年9月21日号 134ページ記事 より


    こいつが「高槻むくげの会]の李敬宰(イ・キョンジャ)会長 ↓

    放射性廃棄物最終処分問題について 不法に占有しているんです            「差別、弾圧だ」                 当

  • 歴史の語り部が声を絞り出す!!





           このような話を後世に残して行かなければならない!!





       もう少し正しい歴史の話として、子供達に教えておくべきだろう!!





    ウー・ヌ或いはウ・ヌー(ビルマ語: ????, U Nu, 1907年5月25日 ? 1995年2月14日)は、20世紀のビルマにおける主要なナショナリストかつ政治家。

    なお、「ウー」は男性に対する敬称であり、彼の正しい名前は「ヌ」である。


    1907年にワケマで生まれ、1929年にラングーン大学卒業。翌年にタキン党(英語版)に加入、日本軍のビルマ占領後、1943年にバー・モウ政権下で外相・宣伝相に就任。戦後は反ファシスト人民自由連盟、通称(AFPFL)の副総裁。制憲議会議長となる。

    1946年のビルマ独立に関するイギリス・ビルマ協定に首席代表として調印。1947年7月19日にアウン・サンAFPFL総裁の暗殺事件が発生、後を引き継ぐ形でAFPFL総裁に就任。翌年の1948年1月のビルマ独立に伴い、初代首相に就任。

    1947年制定の憲法の規定に基づき、1948年1月4日~1956年6月12日、1957年2月28日~1958年10月28日、1960年4月4日~1962年3月2日にかけてビルマの首相職を歴任した。

     戦後の賠償問題を真っ先に日本と妥結し、その後の各国の交渉に良い意味で多大な影響を与えた人物である

     彼は生涯、ビルマが過酷なイギリス植民地統治から独立できたのは、日本および日本軍のおかげと、日本軍への終生の敬意を誓っていた。

    因みに、この話はミャンマー人で知らない人が居ないくらいに有名な話なのだそうです。


    下は、来日すると必ず靖国神社を参拝していたビルマ(現ミャンマー)・ウーヌー首相

    放射性廃棄物最終処分問題について 歴史の語り部が声を絞り出す!!             このような話を後世に残して行かなければならな

  • <<
  • 62 38
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
Yahoo! JAPANからの口座開設限定!最大32,000円キャッシュバックキャンペーン