ここから本文です
  • 1

    *****

    米政府は、金正日総書記が小泉首相との会談で、米政府が重大視しているミサイル拡散、核開発疑惑などの大量破壊兵器拡散問題で、どのようなメッセージを表明するかに大きな関心を寄せている。

     ボルトン国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)が29日ソウルで、「悪の枢軸」と繰り返して北朝鮮を非難。大量破壊兵器開発問題、通常戦力の削減問題などで、北朝鮮に融和的な姿勢を取らない方針を強調した。

     また、ブッシュ政権は、オルブライト国務長官を訪朝させながら具体的な成果を生まなかったクリントン政権の北朝鮮外交を「甘過ぎた」と強く批判した。今回小泉首相の訪朝を支持する一方で、日朝首脳会談では、厳格な姿勢で臨むよう小泉首相に期待しているとみられる。

     
     首脳会談で首相は、日本人拉致疑惑とミサイル開発など安全保障上の問題解決を金総書記に要請する。

    小泉首相は「拉致問題の解決なしに日朝国交正常化はない」と言い続けてきた。
    拉致された人を一緒に連れて帰るくらいのリーダーシップが期待される。

    また日本側は、ミサイル発射実験の凍結や日本近海で起きている北朝鮮工作船による不法活動や麻薬密輸問題などについても、北朝鮮側の対応を確認する必要もあるだろう。


    みなさんのご意見や関連する情報を投稿して下さい。

  • <<
  • 232801 232754
  • >>
  • <<
  • 232801 232754
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託