ここから本文です
  • 住民は本当に韓国に失望したし憎むようになった、と関係者がラオスダム被害に言及 被災地は未だ酷い有様だ

    ※Google翻訳で韓国語を和訳(一部修正)
    韓国が作った、ラオスのダムの事故、その後
    http://www.nocutnews.co.kr/news/5036312

     ラオスでのダムの事故が発生したか二ヶ月が過ぎたが、ラオスと周辺国の住民数万人はまだ痛みを訴えている。

     水害地域住民と地元の市民団体は、最近、韓国を探し、ダム建設に関与していた韓国政府と企業の対応に物足りなさを示した。

    ◇近隣諸国カンボジア、食料安全保障赤灯

     事故が起きたセーピアン・セーナムノイダムと隣接するカンボジアサイアムパンニャンソム住民コン別(32)氏は20日、CBSノーカットニュース記者と会い、「村の学校や病院、そして主要な交通手段である数十隻の船が一気に消えた」と吐露した。

     続いて、 "今年の農業は網打ち、家畜もたくさん失った。住民一人は避難中のヘビに噛ま死ぬこともあった」とし「これは、カンボジアの人々に非常に不公平なことだ」と糾弾した。

     最近の状況につきましては、「まだ下痢をする人も多く、牛と水牛の場合、皮膚病を患ったり、複数の次期もした」と説明した。

     また、「韓国が支援するというのは全然、聞いたこともない」とし「村の住民は、私たちに被害を受けることした韓国には本当に失望したし、また憎むようになった」と付け加えた。

     韓国政府とSK建設などは、事故直後から一ヶ月間、3回グホダンを派遣するなどの緊急復旧に必要な人材と費用をラオス支援した。 ただし、このようなサポートがラオスとの国境に戻って周辺国には及ばなかったか、実際の体感度が低かったものと思われる。

     カンボジアの地方政府は、ニャンソムをはじめとメコン川流域17の村で発生した被災者が、なんと1万5千人に達すると推定したという。 北部地域の場合、農耕地85%が浸水され、食糧安全保障にも赤信号が点灯していると伝えられた。
    https://youtu.be/NglAG_zT2KU

    ◇まだテントで生活するラオス人たち

     19の村で7000人以上の被災者が発生したことで知られる、ラオス南部の住民の苦痛も現在進行形である。

     住民の多くが家を失うまだ役所や道路、学校などに設置されたテントの中で生活していると伝えられた。 病気や爆発物の損失懸念など2次被害も相変わらずだ。

     事故直後から現場を取材した、タイ公共放送PBS記者楽しみラポンコムパパン氏は去る19日、韓国の市民社会TFが開催したフォーラムで「ラオス住民のほとんどが下痢や腹痛を訴えるなど似たような症状を示す」と述べた。

     また「これらの事故当日発生したことを忘れられず、深刻な精神的苦痛を訴える」とし「病院がとても込み合い、座れて、十分な治療を受けられず、タイの医療スタッフにまで支援を要請するのが実情」と付け加えた。

     今月初め、現地調査を行ってきたエネルギー気候政策研究所イヨウンランラオ再生可能エネルギー支援センター長は「SK建設が事故直後の避難所を建設したこと以外は、これといった進展がない」とし「コイカなど韓国政府機関も不在で、国内のNGO支援事業も10月以降でも行われる予定だ」とした。

     ラオス政府は、現在までに39人が死亡したことが確認されており、行方不明者93人を探していると明らかにした。 国内・外NGOは、実際の死傷者の規模が数百人に達すると見ている。

  • <<
  • 3 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!