ここから本文です
  • 犬の食用目的の屠殺に初めて有罪判決が出たニダ!



    犬の食用目的の屠殺に『動物保護法違反』初判決…犬農場主人に罰金



    (聯合ニュース 韓国語 2018/06/21)




    動物の権利団体『ケア』は、食用目的で犬を殺した事件に対して「正当な事由なく動物を殺した行為」として有罪を宣告した初の判決が下されたと20日、明らかにした。

    ケアによれば、富川にある犬農場主人A氏は昨年10月10日、犬を電気衝撃で殺した疑い(動物保護法違反)で起訴され、仁川地方裁判所富川支院で去る4月16日、罰金300万ウォンを宣告された。

    裁判所は食用目的で犬を殺したA氏に対し、動物保護法上の〈農林畜産食品部令で定める正当な事由なく死に至らしめる行為〉(8条1項4号)を適用して有罪を宣告し、これは韓国で初めて出た判決であるとこの団体は説明した。

    動物保護法は、農林畜産食品部令により、人の生命・身体・財産に対する直接的な脅威あるいは被害がある時や、ある動物を他の動物の餌としてやむを得ず使わなければならない時を除けば、動物を殺す正当な理由がないと見る。

    ケアは「これまで食用目的の犬の屠殺行為に対し、裁判所は動物保護法上の〈残忍な方法で死に至らしめる行為〉(8条1項1号)あるいは〈公開された場所で殺したり、同じ種類の他の動物が見ている前で死に至らしめる行為〉(8条1項2号)でのみ処罰してきた」としながら「これは不法屠殺場で密かに行われる犬の屠殺を防げなかった」と指摘した。

    引き続き「私たちは犬の屠殺が動物保護法上の〈正当な事由なく殺す行為〉に該当すると見て、関連証拠と該当条文を指摘して告発を進めてきたが、ついに裁判所の初の判断が出た」として歓迎の立場を表明した。

    これらはこの日午前、ソウル高等検察庁の前で記者会見を行い、「牡丹市場などの犬の屠殺商人のような犯罪に対して同じように告発したが、水原地検城南支庁など他の検察庁では不起訴処分を下した」としながら、検察は不起訴事件の抗告で、富川の事例のように積極的に判断すべきと促した。

    引き続き「ケアは『ウォッチドッグ』という監視団プロジェクトを発動し、全国の犬農場と犬屠殺施設を捜し出して違法行為を管轄官庁に同時多発的に告発するものであり、犬の食用禁止法が通過する基盤を作る」と付け加えた。(機械翻訳 若干修正)

アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ