ここから本文です
  • <<
  • 25 1
  • >>
  • 仙台市・公立中学での「南京事件不適切授業」



    の教員と学校名!



    反日教師に勝手はさせない!









    教師の「教材選択権」は尊重されるべきだが、偏向
    教育は許されない!


    日本国民は「デタラメな反日教育」の実施を見過ご
    すわけにはいきません。

    「教育権」・・・皆様はこの言葉から何を思い浮かべま
    すか? 日本人なら誰もが知っている日本国民の三大義
    務は「教育、勤労、納税」ですよね。

    ここでいう「教育」とは「親が子どもに教育を受けさせ
    る義務」のことです。日本は世界的に見ても、義務教育
    の普及率が高い国であることは間違いありません。     
       
      
    「教育権」に関しては「子どもたちが教育を受ける権利」
    のこともありますし、教師が「何を教えるか」を選択でき
    る「教材選択権」も教育権に含めて語られることがありま
    す。

    日本では、「教員免許法」という法律の下、原則として幼
    小中高の教員は全ては、「教員免許」を所持していないと
    教師の仕事ができないことになっています。(民間人校長
    のような例外もあります)

    学校における教員には、「何を教えるか」については、文
    部科学省に「学習指導要領」という基本的なガイドライン
    はあるのですが、ご承知のように日本では都道府県単位で
    教科書選定ができる関係で、日本全国で「同一教科書同一
    内容」の授業はおこなわれていませんし、現実問題として、
    「教科書を使って何を教えるか」から「教科書以外の教材を
    使って何を教えるか」の最終選択権は「教員個人」にゆだね
    られています。

    一応は「国民からの負託」ということが大前提にあるのです
    が、日本の教育界は日教組(民主党系)や全教(共産党)の
    影響が強い都道府県もあり、文部科学省の意向を無視した教
    育がおこなわれている都道府県もあります。

    教育公務員の場合、大卒22歳で教員採用試験に合格し、いっ
    たん採用されると管理職にならない場合、60歳定年まで38年
    間教壇に立ち続けます。(その後非常勤講師の道もあります) 

    ある意味、反日的な悪質教員をいったん採用してしまうと、
    任期途中での排除は難しく、反日教育を延々と続けさせるこ
    とになるんです。

    日本は民主国家ですから、反日教員という理由だけでは懲戒
    免職にはできませんし、そういう連中が「改心」することは
    ほぼありません。 現在の「日本の教育の問題」は「教師の
    質の問題」なんですね。

    では私たち日本国民は「まったくの無力か」というと、今の
    時代はインターネットがあります。とにかく、学習指導要領
    にもそわない「自虐史観教育」を公然とおこなっている反日
    左翼教師は「特定」することです。

    その行為を広く父兄や生徒たちに知らせることです。「デタ
    ラメな教育は許さないよ」という国民的な視線で監視するこ
    とです。

    そのことを多くの人たちでおこなえば「ニュースソース」は
    守れます。

    全国の学生や保護者の皆様、「これは偏向教育だ!」
    と思ったらぜひネットで拡散してくださいね!

    鈴木史朗氏 【南京大虐殺は真実ではないと思う理由】 ↓

    しばき隊リーダー格 有田芳生 仙台市・公立中学での「南京事件不適切授業」    の教員と学校名!     反日教師に勝手はさせない

  • 国家反逆罪!


        国民の血税で・・・


           通敵、利敵行為ほしいまま!


              年内にも理研解体決定か・・・


    「党・軍・政」総ぐるみ攻勢かける中国に手を貸す日本の研究機関 理研の名も

    レーザー技術開発
    理研は、昨年9月10日に中国科学院上海光学精密機械研究所(SIOM)との間で
    研究協力覚書を締結した。

    レーザーおよびその関連技術の開発のために「理研-SIOM連携研究室」を上海に
    設置する念の入れようである。

    だが、人民解放軍系のニュース・サイト「多維新聞」は昨年9月17日付で
    「解放軍、反衛星兵器を開発中。高密度レーザービーム大量破壊兵器で対米攻撃」と
    題する記事を掲載。その中で毛沢東の指示によって、
    レーザー兵器開発のためにSIOMが創設されたと正体を明かしている。

    理研は「SIOMとの協力は外為法の安全保障貿易管理規則に従っている」(広報室)と弁明している。

    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140829/its14082914000002-n1.htm

    SIOMに関して: 1964年に創立された中国の一番早い、最大規模のレーザー専門研究所であり、
    現在現代光学上の最重要な基礎と応用の最先端科学を探索することによって、大型レーザー開発と
    光量子最先端技術を開拓する国家重点総合研究所です。

    以下理研の広報より抜粋
    http://www.riken.jp/pr/topics/2013/20130911_1/

    平成25年9月10日、中国科学院上海光学精密機械研究所(SIOM)において、協力覚書の調印と理研-SIOM連携研究室の成立式が行われました。本覚書は、レーザー科学研究とその関連の技術開発を促進することを目的としており、その連携研究を推進するため、SIOMに理研-SIOM連携研究室が設置されました。

    式では、中国科学院や中国科学技術部からの来賓が見守る中、覚書の締結がなされ、来賓の祝辞、看板除幕式、ラボツアーなどが行われました。

    理研と中国科学院は、1982年に研究協力協定を締結して以来、着実に協力を重ねてきました。今回設置された連携研究室は、科学院との初めての研究室になります。また、理研の緑川克美主任研究員とSIOMの李儒新所長は、長年に亘り、光学と精密機械研究において、研究交流を行ってきており、今回の連携研究室の設置により、レーザー科学研究やその関連技術開発にさらに拍車がかかることが期待されます。

    しばき隊リーダー格 有田芳生 国家反逆罪!        国民の血税で・・・          通敵、利敵行為ほしいまま!

  • 外務省は在日韓国人の巣窟だった!!



    佐藤優「僕の外務省の知り合いには帰化韓国人が多数。



    特定秘密保護法案が成立したら彼ら元韓国人はどうなるのか!!」 ⇒ 



    反対意見に見せかけた内部事情暴露ではと話題に… 



    2ch「日本の患部暴露しちゃったよこの人w」



    「嫌味たっぷりやなww逆効果狙ってるとしかww」



    「めっちゃ必要な法案って事ですね」「大賛成!可決はよ!!」



    2013.12.05 News U.S.

    特定秘密保護法案 徹底批判(佐藤優×福島みずほ)その2

    (前略)
    佐藤  それから、外務公務員法にはかつて外国人条項があったんです。機関によっても違いますが、最後の頃は〈配偶者が外国人である場合、二年以内に日本国籍を取得できない配偶者、もしくは外国籍を放棄しない場合においては自動的に身分を失う〉という条項があった。今はその身分条項はなくなっているわけです。

    福島 はい、そうですね。

    佐藤 いまの日本の政治体制からすると、中国人や韓国人、ロシア人、イラン人などと結婚している外務省員は全員、特定秘密保護法案が定める適性評価に引っかかりますよね。

    適性評価では、評価対象者の家族及び同居人の氏名、生年月日、国籍を調べることになっていますから。しかも、配偶者には事実婚が含まれます。

    外務省で秘密を扱っていない部局は、文化交流部とか外務報道官組織とか、そのぐらいのところですよ。どこの部局に行っても、必ず秘密が出てくる。

    アフリカでもテロの話が出てくる。そうすると外務省のなかにおいて、中国人や韓国人、ロシア人、イラン人などと結婚している人たちはもう将来の出世が閉ざされる。

    福島 かつては、外国人の配偶者では大使になれないとなっていました。でも最近は、妻が外国人だっていう大使は増えていますよね。

    佐藤 ええ。それに昔は配偶者の国には赴任させなかった。たとえばお連れ合いさんがドイツ人の場合はドイツには絶対に赴任させなかった。

    ある意味、そこが一番人脈もあるわけなのに、ものすごく硬直した戦前の体制みたいなものが残っていました。それがなくなったのはいいことだったと思うんですよ。

    ところが今度の特定秘密保護法案で逆行する流れになる。事実上、外務省では外国人と結婚すると出世できないってことになります。

    福島 大使ですら配偶者が外国人ではダメだとなっていたのをやめたのに、今回の特定秘密保護法案は多くの公務員の「配偶者や家族が外国人かどうか」を調べる。外国人ではダメだとはなっていないけれど、実際は、特定の国の人と結婚している人はバツですよ。

    佐藤 私の知っている外務省の職員でも、日本国籍を取得した人がいます。もともと韓国籍だったとかね。親が在日韓国人、在日朝鮮人で日本国籍を取得した人は何人もいますよ。

    そういう人たちはどうなるのか。こういう人たちの力をきちんと活用しないのか。ようするに公務員というのは日本国民と日本国家に対して忠誠を誓っている人。そういう人が公務員として受け入れられるのに、特定秘密保護法案は、一種の人種条項みたいな使われ方になりますよね。

    福島 はっきりとした人種条項ですね。

    佐藤 ユダヤ人から公民権を奪ったナチスの「ニュルンベルグ法」(「帝国市民法」と「ドイツ人の血と名誉を守るための法律」)の現代版じゃないかと思うんですよ。それなのに、この人種差別条項に対して議論が起きない。

    議論を徹底的に尽くすということすらしないで、勢いで通しちゃうのはよくない。これは権力の弱さですよ。こういうことは弱い権力がやることなんです。

    全文は
    http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=3937

    「親が在日韓国人、在日朝鮮人で
    日本国籍を取得した人は何人もいます」

    http://www.news-us.jp/article/381928424.html

    しばき隊リーダー格 有田芳生 外務省は在日韓国人の巣窟だった!!     佐藤優「僕の外務省の知り合いには帰化韓国人が多数。

  • これが真実の本音なのです!!





    民主党が2007年度参議院議員総選挙で大勝した際のYahoo掲示板での書き込み




    今までは、我が同胞たちは比較的攻撃的な声闘というやりかたを使ってきましたが
    今後はそれだけでは難しい状況になりつつあります。
    これからの日本社会を背負う 日本人の若者世代をどう理解させていくかが大きなポイントです。

    お人好しな日本人の気質をうまく利用していく必要があるのです。
    今までの「私たち在日はこれほど差別されてきた被害者なのです」という事実を伝えるだけでは 日本人の若い世代は一歩引いて疑います。 これからは 「私たち在日も日本に貢献していきますから手を取り合いましょう」というメッセージが必要でしょうね。
    日本に対して姿勢を低くするのは我々の自尊心が傷つくものですがそれも数年の辛抱です。

    生活保護支給に関してはもうすでに問題なく支給してもらえる状態を勝ち取っています。
    同じ条件の日本人がいたら我々のほうが有利なやりかたです。
    これは申請の時にどうやればいいかがマニュアルになっていますから
    まだ知らない人がいる地域は各支部から配布をお願いします。

    年金支給や参政権は自民党政権では無理でしたが民主党政権なら実現できます。
    日本の政治を我々が動かすことができる時代がこれから来ます。
    目の前の気になることは少し目をつむって将来の我々の大きな勝利のために進みましょう。

    とにかくこれから2年は忙しくなります。次の衆議院選挙は2009年の9月。
    ここでも民主党に過半数を獲得してもらう必要があります。
    そのためには良識ある日本人をもっとたくさん増やす必要があります。

    この記念すべき2009年のために戦後我々の同胞たちは日本のマスコミ各社に
    同胞を送り込み日本人の良心の改革を進めてきました。
    その結果が今回の選挙でようやく出てきましたね。

    数年前から日本帰化も強化していますから、同胞有権者も増えていますし
    白先生や金先生のように日本国籍を獲得して立候補することもできるようになりました。
    両方から攻めていきましょう。

    我々のアボジたちができなかった「革命」が我々の世代で実現しようとしています。
    民主党にはそのための重要な道具として動いてもらいましょう。

    しばき隊リーダー格 有田芳生 これが真実の本音なのです!!       民主党が2007年度参議院議員総選挙で大勝した際のYaho

並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託