ここから本文です
  • 生活保護の最大の問題は、給付水準が普通の生活をも上回っていることです。

    一人暮らし大学生の家賃込み生活費は「平均でも」月9万円程度(*1)なのに、最も生活保護者の多い大阪の一人暮らし保護費は家賃込み月12.0万円、二番目に多い東京は月13.4万円(*2)なんですから。

    しかも、生活保護者の医療費、NHK受信料などは無料。東京など自治体によっては水道の基本料も無料であるにもかかわらず、です。

    早急に、保護費を大幅に引き下げるか、児童養護施設のような、福祉施設入居を要件とする完全現物支給方式に変え、真に困窮した人しか入る気にならない制度にすべきだと思います。

    そうすれば美味しい制度ではなくなるので、不正受給や就労意欲喪失、年金不払いやギャンブルに使い込むなどの諸問題も、全て解決できます。

    約4兆円にのぼる矛盾に満ちた生活保護制度は、速やかな改善が必要です。



    *1 年額1,047,500円/12:独立行政法人日本学生支援機構「平成22年度学生生活調査について」(平成24年1月)(学寮生を除く)
    データは全国平均だが一人暮らし大学生は都会に多い。

    *2 生活扶助79230円、住宅扶助限度額53700円、期末一時扶助13890/12=1158円、計月額134088円


    (拡散歓迎)

  • <<
  • 35 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
かんたん口座開設・販売手数料無料!! ヤフーグループのYJFX! 投資信託