ここから本文です

おでんはいかが?

  • 8,276
  • 12
  • 2019/01/01 22:07
  • rss
  • <<
  • 8276 8257
  • >>
  • 8276(最新)

    佐川官兵衛 1月1日 22:07

    青木 月斗 1879~1949
    あおき げっと
    明治12年11月20日~昭和24年3月17日
    正岡子規門の俳人。本名は青木新護。

    大阪市東区(現、大阪市中央区)船場の生まれ。
    若くして神薬快通丸・天眼水本舖の「青木薬房」を継ぐも、
    後年、俳誌「同人」を主宰して各地句会の指導に当たり、家業を廃して俳句に専念する。

    その雄渾流麗な独特の書風でも広く親しまれた。

    その文学的素地としては、文芸好きな母方の血筋を享け、
    小学校時代の教師に文学家の斎藤黙蛙、
    友人に、後に画家の西山翠嶂、赤松麟作、
    俳人の山中北渚、松村鬼史がいた。

    1894年道修町に転居し、大阪薬学校に入学するも中退して家業に従事する。

    1897年頃より俳句を始め、初めの号は月兎(げっと)。
    家業の傍ら、友人たちと俳句活動に励む。

    東京の新聞「日本」、俳誌『ホトトギス』に投句し、正岡子規に認められる。

    1898年秋に友人と三日月会を発足させ、
    1899年10月に主幹発行した俳誌「車百合」は関西俳誌の嚆矢となった。

    創刊に際し、正岡子規から「俳諧の西の奉行や月の秋」の祝句を贈られた。
    同年12月に上京、根岸庵の正岡子規を訪い、一泊の上、翌日の蕪村忌に列席している。

    以降、「倦鳥」の松瀬青々と並び、大阪俳壇の草分けとして活躍する。
    1900年妹茂枝が俳人河東碧梧桐と結婚。

    1902年『車百合』廃刊後は、
    『くぢら』や『俳星』など各地の雜誌に寄稿し、
    巨口会など関西や商用中の九州の句会に出席した。

    当時の新傾向俳句には組せず、1915年『ホトトギス』課題選者。

    文学・美術各方面の交遊が深く、
    日野醉來の『不二新聞』(宮武外骨社主)文藝欄を担当。
    『大阪新報』や各地の新聞の俳句選者を担当。

    関西や九州の句会の指導に当たり、1907年に月斗と改号。
    1916年より美術と俳句の雑誌「カラタチ」を主幹した。

    1920年には俳誌「同人」を創刊、以後終生、主宰として、
    与謝蕪村、子規を現代に継ぐ正統俳句の普及指導に務めた。

      初夢やうらうらとして金砂子
      春愁や草を歩けば草青く
      金魚玉に聚まる山の翠微かな
      柘榴自ら侘しきものと思へるや
      女狐の耳まで裂くる欠びかな

    名利を追わず、道に厳しく人に優しく、豪宕の反面に細心と洒脱味を持って慕われ、
    その純粋さゆえに、ある時期より、いわゆる俳壇からはやや距離を置いたが、
    西日本俳句界の雄たる存在として、全国的にも多くの俳人を輩出した。

    1945年に戦火を避けて奈良県大宇陀町に疎開、
    1949年3月17日、肝硬変のためその地にて死去。享年71。

    辞世の句「臨終の庭に鶯鳴きにけり」

    墓は、京都一乗寺の金福寺、本人が敬仰した与謝蕪村の墓に辺りして、同人社により建立された。

    「同人」主宰は菅裸馬が継承。
    没後も広く追慕され、月斗が没した3月17日は「鶯忌」と呼ばれている。

  • 生田 花朝女 1889~1978

    いくた かちょうじょ
    明治22年11月22日~昭和53年3月29日
    明治時代から昭和時代にかけての日本画家。

    菅楯彦と北野恒富の門人。
    本名、生田稔(みのり)。
    始め花朝と号し、のちに花朝女と号した。

    1889年、大阪市天王寺区上之宮町で生まれており、現在は生誕地の碑が建っている。

    父は国学者の生田南水。
    父に俳句、藤沢黄波に漢学、近藤尺天に国学を学ぶ。

    大阪第一師範学校附属小学校を卒業後、喜多暉月に四条派を教わる。
    1912年、菅楯彦に師事してまず大和絵と有職故実を学んでいる。
    1921年に北野恒富に預けられ、白耀社にも所属した。
    1925年の第6回帝展に出品した「春日」が初入選を果たした。

    翌1926年の第7回帝展に出品の「浪花天神祭」(所在不明)が、
    帝展における女性画家による初の特選となっており、当時は注目を集めた。

    さらに翌1927年、第8回の帝展に「四天王寺曼荼羅」を無鑑査で出品、
    (大阪城天守閣蔵)
    これ以降、1934年の第15回帝展まで連続入選をしている。

    また、この間、1930年、第2回聖徳太子奉讃美術展には「春宵興会」を無鑑査出品したほか、
    1936年秋に開催の文展招待展に「泉州脇の浜」という作品を招待出品をすると、
    その後、1939年、1941年と新文展に無鑑査で出品している。

    第二次世界大戦後は、1949年の第5回日展に「投壺」を依嘱出品、
    1954年の第10回日展、1967年の第13回日展にも作品を依嘱出品している。

    花朝女は樗会を主宰し、菅楯彦の画風を継承して
    主として大阪の風物を親しみを込めて描き続けた。

    その功績により、1952年に大阪市民文化賞を受賞、
    また、1958年には大阪府芸術賞を受賞した。
    1978年3月29日、大阪・帝塚山の自宅で死去。享年88。

  • 高島 秋帆

    (たかしま しゅうはん)
    江戸時代後期から末期の砲術家。
    高島流砲術の創始者(流祖)。

    「火技之中興洋兵之開祖」と号すことを認められた。

    寛政10年(1798)、長崎町年寄の高島茂起(四郎兵衛)の三男として生まれた。

    先祖は近江国高島郡出身の武士で、近江源氏佐々木氏の末裔。
    家紋は「丸に重ね四つ目結」。

    文化11年(1814)、父の跡を継ぎ、のち長崎会所調役頭取となった。

    当時、長崎は日本で唯一の海外と通じた都市であったため、
    そこで育った秋帆は、日本砲術と西洋砲術の格差を知って愕然とし、
    出島のオランダ人らを通じてオランダ語や洋式砲術を学び、
    私費で銃器等を揃え天保5年(1834)に高島流砲術を完成させた。

    また、この年に肥前佐賀藩武雄領主・鍋島茂義が入門すると、
    翌天保6年(1835)に免許皆伝を与えるとともに、
    自作第一号の大砲(青銅製モルチール砲)を献上している。

    その後、清がアヘン戦争でイギリスに敗れたことを知ると、
    秋帆は幕府に火砲の近代化を訴える『天保上書』という意見書を提出して
    天保12年5月9日(1841)、武蔵国徳丸ヶ原(現在の東京都板橋区高島平)で
    日本初となる洋式砲術と洋式銃陣の公開演習を行なった。

    この時の兵装束は筒袖上衣に裁着袴(たっつけばかま)、頭に黒塗円錐形の銃陣笠であり、
    特に銃陣笠は見分に来ていた幕府役人が「異様之冠物」と称するような斬新なものであった。

    この演習の結果、秋帆は幕府からは砲術の専門家として重用され、
    阿部正弘からは「火技中興洋兵開基」と讃えられた。

    幕命により江川英龍や下曽根信敦に洋式砲術を伝授し、
    更にその門人へと高島流砲術は広まった。

    しかし、翌天保13年(1842)、
    長崎会所の長年にわたる杜撰な運営の責任者として
    長崎奉行・伊沢政義に逮捕・投獄され、高島家は断絶となった。

    幕府から重用されつつ脇荷貿易によって
    十万石の大名に匹敵する資金力を持つ秋帆を
    鳥居耀蔵が妬み「密貿易をしている」という讒訴をしたためというのが通説だが、
    秋帆の逮捕・長崎会所の粛清は会所経理の乱脈が銅座の精銅生産を
    阻害することを恐れた老中水野忠邦によって行われたものとする説もある。

    武蔵国岡部藩にて幽閉されたが、洋式兵学の必要を感じた諸藩は秘密裏に秋帆に接触し教わっていた。

    嘉永6年(1853)、ペリー来航による社会情勢の変化により赦免されて出獄。

    幽閉中に鎖国・海防政策の誤りに気付き、開国・交易説に転じており、
    開国・通商をすべきとする『嘉永上書』を幕府に提出。

    攘夷論の少なくない世論もあってその後は
    幕府の富士見宝蔵番兼講武所支配および師範となり、
    幕府の砲術訓練の指導に尽力した。

    元治元年(1864)に『歩操新式』等の教練書を「秋帆高島敦」名で編纂した。
       (著者名は本間弘武で、秋帆は監修)
    慶応2年(1866)、69歳で死去した。


    秋帆が日本語の「号令」を用い、
    それが明治以降の軍隊や学校に受け継がれたと言う人がいるが、
    オランダ人は、秋帆に「軍事用語は必ずオランダ語を使うこと」を条件に
    西洋砲術を教授したので秋帆は日本人の美徳として師の命令を厳守し、
    (これはオランダが日本への影響力を強めるための施策であったが)、
    門人に対する号令は全てオランダ語で行っていた。

    ランドセル(背嚢=ランセル)やハトロン紙(紙包火薬=パトロン)など、
    オランダ語の軍事用語の中には外来語として一般に普及したものがあるが、
    他の外来語に較べて数が多いとは言えない。

    後に攘夷思想に基づく外国語排除運動によって、
    幕府や雄藩でオランダ式号令の日本語化が進められるが、
    オランダ語に親しんだ門弟や将兵には不評で混乱を招いたという。

    その後門弟達が苦心して日本語化した号令が、
    形を少しずつ変えながら日本の軍隊や学校の号令として普及した。

    いくつかの例を揚げると、
    「進め(マルス)」・「止まれ(ハルト)」
    「気をつけ(ゲーフトアクト)」・「前へ習え(ペロトン)」
    「休め(リユスト)」・「頭右(ホーフド・レクツ)」
    「右向け右(レクツ・オム)」・「狙え(セット)」
    「撃て(ヒュール)」・「捧げ筒(プレゼンテールト・ヘットゲール)」

           ・・・等がある。

  • 椿 椿山1801~1854

    つばき ちんざん享和元年~嘉永7年

    江戸時代後期の日本の文人画家である。
    江戸小石川天神に生まれる。
    主に花鳥画、人物画を得意とした。

    名は、弼(たすく)。字は篤甫(とくほ)、通称を忠太、亮太。
    号は、椿山の他に、琢華堂(たくげどう)、休庵、四休庵(しきゅうあん)、
    春松軒、碧蔭山房(へきいんさんぼう)、羅渓、琢華道人(たくかどうじん)。

    旗本槍組同心・椿嘉左衛門定重が54歳のとき、二男二女の末子として江戸に生まれる。
    椿山7歳の時、父と死別。

    長じて世襲制であった槍組同心となり、
       兵学(師は平山行蔵)
       槍術・居合(片山流抜刀法)
       馬術などの武術を習得した。

    同心勤務をしながら、微禄を補うために画を志した。
    はじめ金子金陵に就いて沈南蘋風の花鳥画を学んだが、
    金陵が死没してしまい、その師・谷文晁に一時入門する。
    17歳の頃、同門の渡辺崋山を慕い崋山塾に入門。
    崋山を終生の師とする。

    はじめ椿山は同門の者から不器用といわれたが、
    画の修業を怠らずたいへんな努力をした。

    これを知った崋山は「後に必ず名をなすだろう」といったという。
    早い時期に槍組同心を辞職し、画業と学問に専念する。

    師・崋山の作風をよく受け継ぎながらも
    その作風は柔軟な筆遣いと温和な彩色に特質がみられる。

    花鳥画・虫獣画・人物画に名品が多い。
    また俳諧・煎茶にも通じ、笙の名手としても知られる。

    椿山は穏やかで誠実な人柄であり寡黙であった。

    友人からは「飯少なく、遊少なく、眠少なく、言葉少なく、磨墨少なく、着筆少なく、彩色少なく、酒を飲まず、女に近付かず、煙草を喫せず、故に十少と称す」と評されていた。

    親孝行で知られ年老いた母を孝養で報いた。
    子弟の情宜にも篤く崋山が蛮社の獄で捕らわれた際には、
    救済運動の中心となり奔走した。

    崋山自刃後は、弟弟子の福田半香・平井顕斎らとともに
    献身的に遺族の後見をし、崋山の二男・小華を弟子に迎え養育して
    後に養女の須磨を娶らせた。

    また密かに田原まで亡き崋山の墓参をしている。

    享年54。東京都新宿区の円福寺、港区青山霊園に墓と碑がある。

    椿山の息子・華谷(恒吉)は崋山に入門して
    豊かな才能を示していたが椿山に先立つこと4年の嘉永3年(1850)、
    わずか26歳で夭折し跡を継ぐことができなかった。

    師・崋山の教えである写生を重視しつつも
    中国明末清初の画家・徐崇嗣、惲南田、張秋谷などの
    着色花鳥画の伝統技法(没骨法、たらし込み)を取り入れ
    崋山の画風を発展させ、写意と装飾性をもつ独自の様式を完成させた。

    晩年に及んで、神妙の域に達し超俗洒脱の趣のある作品を遺している。

    代表作の「渡辺崋山像」は崋山45歳のスケッチを元に没後3年目に画稿を描き、
    13回忌にあたる嘉永6年(1853)10月にようやく完成した。

    崋山伝授の洋画の陰影法に加え闊達な線描、淡雅な彩色を融合して
    肖像画の心象表現(写意)に新味を加えた傑作とされる。

    私塾琢華堂には延べ373名の弟子が入門。
    武家だけではなく商人や女性にも門戸を開いていた。
    ただし大酒飲みは入門を許されなかったという。
    はじめ学問・素読・居合・書画を教えたが弘化2年以降は画塾となった。

    崋山・椿山の画の系統を特に「崋椿系」と称す。

    門弟
       野口幽谷・浅野梅堂・岩瀬鴎所
       長尾華陽・安西采石・人見淇堂
       葭田蔡泉・島 霞谷・斉藤巻石
       渡辺如山(崋山の実弟)
       渡辺小華(崋山の次男)
       椿 華谷(椿山の実子)

  • 杉原元人 1912~2009

    (すぎはら げんじん)
    三重県出身の日本画家。
    1912年 川端画学校卒業
    1946年 児玉希望に師事、日展初入選
    1955年 日展特選白寿賞受賞
    1968年 日展菊華賞受賞
    1969年 日展審査員(同77、84、87、92年)
    1970年 日展会員に推拳
    1978年 天皇皇后陛下御座所の間に「瀬波の海」献上
    1979年 外務省の依頼で作品制作
    1984年 国際芸術文化大賞受賞
    1985年 日展評議員に就任、日春展審査員、日春展実行委員
    1989年 紺綬褒章受章
    1992年 日展参与に就任
    1993年 日展文部大臣賞受賞
    1994年 千葉県教育功労者表彰
    1996年 勲四等瑞宝章を受章
    2005年 画集刊行「杉原元人」(美術年鑑社)

  • 狩野 興以 ( ? ~1636)

    (かのう こうい)
    生年不詳 - 寛永13年7月17日
    安土桃山時代から江戸時代の狩野派の絵師。
    元の姓は松屋、通称・弥左衛門、あるいは弥兵衛。

    関東に生まれる(足利、伊豆国、武蔵国などの説あり)。

    京都に出て狩野光信の弟子となり、
    その代表的門人として知られる。

    慶長10年(1605)高台寺大方丈障壁画、
    元和5年(1619)女御御対面御殿、
    寛永3年(1626)二条城、
    同6年(1629)台徳院霊廟などを、
    元和から寛永期の重要な障壁画制作に参加した。

    元和9年(1623)、狩野貞信から狩野安信への狩野宗家相続の誓約書に血縁者に並んで末席ながら署名しており、
    狩野派の中枢で活躍した重要な画人だったのに間違いない。

    江戸狩野の基礎を築いた狩野探幽、狩野尚信、狩野安信ら3兄弟の養父の役割を果たし、
    その功績で狩野姓の世襲を許されたと後世の史料は伝える。

    また、「法橋」印を押す作が見られることから、
    正確な年は不明ながら法橋に叙されたと考えられる。

    晩年に紀州徳川家の御用絵師格となって長男の興甫がこれを継ぎ、
    次男の興也は水戸徳川家、三男の興之は尾張徳川家と御三家に仕えた。

    尾張藩に三男興之の文献資料はなく
    一時的な在藩だったようだが、
    他の家系は各藩で代々御用絵師として続いていく。

    没後は、江戸赤坂の種徳寺に葬られた。

    水墨画の遺品が多く、古典的な画法を会得した堅実で温和な表現が特色である。

    二条城白書院障壁画が代表作とされたが、
    近年の研究では作風の違いや、部屋の格と興以の狩野派内での序列が合わない事から、白書院は狩野派の長老格狩野長信作の蓋然性が高まっており、興以は老中三之間の「雪中柳鷺図」を描いた可能性が指摘されている。

  • 鈴木 大拙 1870~1966

    (すずき だいせつ)
    本名:貞太郎(ていたろう)
    英: D. T. Suzuki (Daisetz Teitaro Suzuki)
    明治3年10月18日~昭和41年7月12日
    石川県金沢市本多町に、旧金沢藩藩医の四男として生まれる。

    禅についての著作を英語で著し、日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者(文学博士)である。

    著書約100冊の内23冊が、英文で書かれている。

    梅原猛曰く、「近代日本最大の仏教学者」。
    1949年に文化勲章、日本学士院会員。

    名の「大拙」は居士号である。
    同郷の西田幾多郎、藤岡作太郎とは石川県立専門学校以来の友人であり、
    鈴木、西田、藤岡の三人は加賀の三太郎と称された。

    また、金沢時代の旧友である安宅産業の安宅弥吉は
    「お前は学問をやれ、俺は金儲けをしてお前を食わしてやる」
    ・・・と約束し、大拙を経済的に支援した。

    生前、1963年にノーベル平和賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している。

  • ドンキングマン

    1911年3月31日~2000年5月12日
    Dong Kingman  中国語→曾景文

    中国系アメリカ人アーティストであり、アメリカを代表する水彩画マスターの一人。

    カリフォルニアスタイルスクールオブペインティングの最先端を行く画家として、
    彼は都市および風景画、ならびにハリウッド映画産業におけるグラフィックデザインの仕事で知られていました。

    彼は広範な批評家の称賛を獲得しており、彼の作品は
    メトロポリタン美術館、ボストン美術館を含む
    世界中の50以上の公共および個人のコレクションに含まれています。
    ブルックリン美術館。 deYoung博物館と美術館、シカゴ。

    Dong Kingmanは、香港出身の中国人移民の息子、
    カリフォルニア州オークランドで Dong Moy Shuを生まれました。
    5歳半で、彼は家族と一緒に香港に戻り、そこで父親は乾物商売を始めました。

    彼はBok Jai学校で彼の正式な教育を始めました、
    そこで彼は中国の習慣に従って学校名を与えられました。

    彼が芸術家であることを熱望していたことを聞いて、
    彼のインストラクターは彼に「キングマン」という名前を与えました。
    ( 広東語では 「風景」と「作曲」)

    彼は後に2つの名前をキングマンに結合し、
    中国の命名規則に従って彼の姓を最初に配置し、
    ドンキングマンという名前を作りました。

    キングマンはチャンサンウェン学校で彼の教育を続け、そこで彼は書道と水彩画に優れました。

    彼はLingnan Academyのパリで訓練されたSzeto Waiのもとで学びました。

    Kingmanが最初に北ヨーロッパの動向にさらされたのはSzetoの指示の下でした。
    キングマンは後にSzetoが彼の「最初で唯一の真の影響力」であったと述べるでしょう。

    キングマンは10代後半にアメリカに戻った。
    1929年に彼は様々な仕事を抑えながらフォックスモーガンアートスクールに通った。
    彼が水彩画に集中することを選んだのはこの時でした。

    彼の重要なブレークスルーは1936年、彼がサンフランシスコ芸術協会で個展を開いたときに起こりました。
    この展覧会は彼に国民の認識そして成功をもたらした。

    1930年代後半、キングマンは
    ワークスプログレスアドミニストレーションの芸術家として働き、
    救援プログラムで300以上の作品を描いた。

    1942年と1944年に、キングマンはグッゲンハイムフェローシップを受けました。

    第二次世界大戦中 、彼は米軍に起草されたが、
    カリフォルニア州キャンプビールとワシントンDCの戦略サービス局の地図作家としての仕事に転勤した。
    エレノアルーズベルト 。

    キングマンは戦後ニューヨークのブルックリンに定住し、
    その後1946年からコロンビア大学とハンター大学で美術指導者として10年間勤務しました。
    ニューヨークで彼はミッドタウン、WildensteinおよびHammerのギャラリーと関連付けられた。

    キングマンは1926年にJanice Wongと結婚した。
    彼女は1954年に亡くなり、
    1956年に作家Helena Kuoと結婚した。
    Kuoは1999年に亡くなった。

    1950年代に、キングマンは国務省のために米国の文化大使と国際的な講師を務めました。

    1950年代から1960年代にかけて、
    キングマンは映画業界でイラストレーターとして活動し、
    " 55 Days at Peking "、 The Sand Pebbles 、
    そして " Flower Drum Song "のハリウッド映画などの
    主要な映画の背景をデザインしました。

    カリフォルニア州ビバリーヒルズにある映画芸術科学アカデミーの
    マーガレット・ヘリック図書館のフェアバンクス映画研究センターには、
    300以上の彼の映画関連作品が常設されています。

    1981年、 中華人民共和国文化省が10万人以上の人々を集めた絶賛された展覧会を主催したとき、
    キングマンはアメリカと中国の間の外交関係の再開に続いて個展に登場する最初のアメリカの芸術家として歴史を作りました。

    1990年代には、1995年に台北市立近代美術館、
    1999年に台中省博物館で台湾で主要展示会が開催されました。

    ドンキングマンは、2000年にニューヨークの自宅で膵臓癌で89歳で亡くなった。

  • <<
  • 8276 8257
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順