ここから本文です
  • 最近、マンスリーマンションを1ヶ月以上の期間を借りようと「ニオンマンスリー」が提供する部屋を物色していたところ大概のマンスリーマンションは定期借家法の適用により1ヶ月を超える期間の契約は消費税法に拠り消費税を徴収していませんが、この会社は「当社はホテル運営方式を採用しているので消費税が加算されます・・・」と平気で賃料に消費税を加算して請求して来ます。請求さいれても支払い義務は法的にありませんが相手を見て請求しているようです。この会社が提供するウィクリーまたはマンスリーは他社と比較して賃料や清掃料金といった点で価格を低くしてネット検索を通して一般客の目に留まる戦略を取っているようです。更に変なことに、複数のサイトに掲載されている説明が同じ場所の同じ部屋で価格が異なり消費税の説明も課税対象が具体的に示されておりません。心配なので、この会社へ電話で問い合わせたところ「当社は全てに消費税が掛かります」と説明され、驚くことに「税務上、全く問題ありません」とまでキッパリ。広範囲に不特定多数の者から故意に消費税を徴収している点で、悪質な業態を運営する企業ではないかと思われます。
    もし、この会社が提供するサービスを過去に利用した者は、個人であれば払い損になり、企業であれば後から支払いを税務署から否決されて更に預り消費税の支払いを求めれ二重払いとなります。たしか商事の時候は3年だったと思いますので、沢山の被害者がいると思いますが不当に支払いをされた方は消費税の返金を求めることを勧めます。平気で消費税を請求するとこをみると、この会社は消費税を・・・・・どのように処理しているのか気になるところですが、組織ぐるみのようなので何か嫌な詮索をせずにはいられないのは私だけでしょうか。健全な同業他社も同じ目で見られては困りますので、足元を見た下種なビジネスはいいかげん止めるよう強く求めます。特に土地勘の無い旅行者や出張者の方は注意が必要です。

  • <<
  • 5 1
  • >>
並べ替え:
古い順
新しい順
アプリでサクサク「掲示板」を見る Yahoo!ファイナンス公式アプリ
ファイナンスストア